今日も明日も明後日も

kyou mo ashita mo asatte mo

今日も明日も明後日も
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌10
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
48
評価数
15件
平均
3.3 / 5
神率
6.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
大洋図書
シリーズ
H&C Comics ihr HertZシリーズ(コミック・大洋図書)
発売日
価格
¥639(税抜)  ¥690(税込)
ISBN
9784813030584

あらすじ

幼い頃に両親を亡くし、年の離れた姉とふたりで暮らす高校生の滝川葵。気が強いキャリアウーマンの姉とは違って、ワガママも言わない穏やかな男の子に成長した。そんな葵が出会ったのは、背が高くてかっこよくてサラリーマンには見えない大人の男・恭介だ。ある日、変質者に襲われそうになったところを助けられてから、恭介といるとドキドキするようになってしてしまい…!?

表題作今日も明日も明後日も

梶 恭介
滝川 葵

同時収録作品近距離恋愛

神谷 仁
石野 三生

評価・レビューする

レビュー投稿数3

絵がとても好みで、受け様が可愛かったです

この作家様、商業ではこの本が初めてということで、当然私も初読みでした。まず、絵がとても綺麗で私の好みでした。少し粗めのタッチもとても良かったです。また、受け様がとてもとても可愛らしく書かれていて、恭介さながら天使かよ と突っ込んでしまいました。笑
ただ、受け様があまりにも女々しくて弱々しいのでちょっと心配でした。その分大人の恭介が包み込んであげていてなんだかこちらまで癒されました。
セックるシーンは少ないです。恭介が葵くんを襲った変態に嫉妬して、触られたところはどこなんだと葵くんを問い詰めながら攻めるという、とてもおいしいところでフェイドアウトしてしまい、もっとみせてー!と思ってしまいました。笑

1

青春だね

初読みの作家さんです。
表題作
『今日も明日も明後日も』
幼い頃に両親を亡くして、気の強い姉との二人暮らし。
絵に描いたような良い子に育った葵。
優しくて真面目で、健気で一途・・・
そんな葵の前に突如現れた大人な男彼恭介。
偶然にも姉の同僚という恭介に惹かれて行くのだが・・・

葵くん、良い子過ぎです。
そして恭介さんも、イイ男。
どちらも理想の受けと攻めで、どことなく頼りない
健気で一生懸命な葵をこれまた大人の男恭介が守り抜こうとする。
安心感はあるけど、ハラハラドキドキがちょっと足りないかな。
でも、お互いが気持ちを打ち明けるでもなく
少しづつ少しづつ距離を縮めながら、気持ちを確認していく感じがいいです。
途中、葵くんは自分のお姉ちゃんと恭介さんが恋人同士だと勘違いし
勝手に自己完結させようとしたりしたけど
弟の気持ちを知らない姉から「弟は失恋したらしい」ときかされた恭介が
葵のもとへ駆けつけて一件落着・・・という感じです。

大きな波のあるお話ではありませんが、安心して読み進められます。
初恋の割には、恋に堕ちたら意外と大胆な葵にも注目続きです。
案外恭介さんの方が、たじたじで大人の理性を試されている姿は
見ていて同情してしまいました。
なかなかの甘々ストーリーですが、描き下ろしは更に激甘でした。

同時収録
『近距離恋愛』
不器用な高校生同士の、純情Loveです。
私はもともと学生ものが好きなので、割とはまりました。
恋愛に慣れてない真面目な三生が自分の仁に対する想いに気づき始め
その気持ちにおろおろしながらも、
素直に好きだという気持ちを大事にしていきます。
仁の方も、前々から三生に想いを寄せながらも
なかなか素直になれないでいたが捨て猫騒動から一気に距離を縮めていく。
バンドをやったりしていて、一見派手でクールにに見えるけど
本当は繊細でだれよりも相手のことを考えて責任感も強い。

そんな二人が、ぶつかり合い傷つき合いながらも
少しづつお互いの愛を育んでいく・・・青春ストーリー。
私が一番萌えたのは、描き下ろしで体操服を忘れた三生が仁に借りて
ぶかぶかなジャージを着ているところ。
その姿を見た仁が放っておくはずもなく・・・
描き下ろしだけでも、癒されました。

どちらのお話も、「青春」ていう感じがして良かったです。

3

BLの癒しとは何か

センスの良いタイトル、表紙イラストの美しさ、そして大洋図書ブランドに期待しすぎてしまった。はっきり言って、これはBLではない。男同士であればBLになるというものではない。私たち腐女子がBLに求めるものは、簡単に言えば、「自己不全感を補ってくれる何か」ではないかと思う。いつになっても根強い男尊女卑が抜けない日本で、女としての生き辛さを一時でも忘れさせてくれるもの。性的弱者であるゲイの主人公達に自分を重ね合わせ、そのままの自分を愛してくれる攻に癒されたい。少なくとも、私はそうである。
一方、このストーリーの主人公は、料理上手で控えめで気が利き、男に甘えることの上手な、妙に女子力の高い少年である。彼に、自己不全感はまったく無い。両親を失うという不幸な境遇にあるが、男前の姉に守られ、格好いい攻に守られ、不足しているものが何もない。この男前の姉の存在が、主人公の不自然さを更に際立たせてしまっている。格好いい攻は、男前の姉を選ばない。選ぶのは守られているだけの主人公である。
作者は、読者が癒されるようなBLを描きたい
とあとがきで言っているが、これでは私達は癒されない。むしろ同時収録の続き方が、自己評価の低い主人公たちが、互いの存在をかけがえのないものとしていく過程が描かれていて、好感がもてた。ガガ

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ