大好きな人から受けるED治療?

十年目のラブメソッド

juunenme no love method

十年目のラブメソッド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×25
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
5
得点
49
評価数
17件
平均
3.1 / 5
神率
5.9%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
シリーズ
B-PRINCE文庫(小説・アスキー・メディアワークス)
発売日
価格
¥640(税抜)  ¥691(税込)
ISBN
9784048660426

あらすじ

男性器専門の整形外科医として有名な宇海。しかし実は童貞・ED・短小なため、彼女を作ることもできず、職業柄誰にも打ち明けられず一人で悩んでいた。そんなある日、巨根に悩んで来院した患者が高校生の頃憧れていた家庭教師の理人だと気づく。宇海のEDの悩みを知った理人は、他人が触れば勃つかもしれません、と言って宇海を快楽の虜に! かくして、宇海のED治療という名目でエッチの個人授業が始まるのだが……?

表題作十年目のラブメソッド

載寧理人 元家庭教師で塾講師 31才
樫原宇海 男性器専門の美容外科医 28才

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

童貞・ED・短小な主人公

1冊丸ごと表題作です。宇海(受け)の視点で進んで行きます。

宇海は、男性器専門の美容整形外科医。CS放送で悩み相談にものっているのに、自分のアソコはED・短小なため、まだ童貞です。そんな悩みを、10年ぶりに再会した元家庭教師の理人(攻め)に知られ、ED治療に協力するとエッチなことをされるようになり…という内容です。

宇海のEDは、ストーリーの半分辺りで、治ります。それ以降は、理人がゲイであることを隠していたり、宇海に好きになられたら困るとか、宇海がショックを受ける出来事が続きますが、友人・宮前の協力により二人は恋人同士になります。

コミカルかと思えば、そうでもなかったです。かといって、重いというものでもなく。切なさも少しだけで、泣きそうになる程ではなく。エロはあったのですが、全体的な雰囲気は中途半端に感じました。

宇海のアソコが某チョコ菓子を彷彿とさせる「なめこの森」に似ているとか、職場から尿道ブジーを持ち出してエッチに使用するとか、面白かったです。

ただ、理人がちょっと…。理人は年上なのですが、雇われていた事から宇海に敬語を使います。ただ、その態度がどう続きもしっくり受け入れられませんでした。自分を殺した忠実な男にしては、ED治療だと触るところがどうかなぁと思いまして。敬語攻めは好きなのですが、ベットでは豹変するというわけでもないようで、どうにも理人がつかめず落ち着きませんでした。

私はどうにもノリきれませんでしたが、場面やセリフ、設定は面白いですし、展開も良かったです。年上敬語攻め、年下かわいい受け、BLに寛大で祝福ムードな作品がお好きな方にお勧めします。

0

かわいい受け

オティンティンでお悩みの2人のお話ですw

受け様は男性器専門医で短小EDとお悩みの可愛い容姿の方です
攻め様は受け様の元家庭教師で、巨根という悩みで来院
そして再開

受け様のED治療と名目でいろいろされちゃうという
読めてしまう展開ですが、それはそれで面白いんですよね(*´∀`*)うふ

個人的にかわいい受けは大好物なので楽しめました
攻め様が終始、敬語で喋るので紳士的なイメージでしたが
そうでもない感じなのでキャラがつかみにくかったですが・・・
楽しめた作品でした

1

エロレッスン

あらすじは他の方のレビューがあるので省略します。
そう、この作品はストーリーよりもなによりも、タイトル通りエロレッスンを堪能するもの(笑)
レッスンで可愛く理性をなくす受け。
敬語で冷静に攻めたてる攻め。
そして川琴さんの軽やかな文章力。
ブジーなんて道具初めて聞いたけど、道具有りだとちょっとSっ気が出てきたり、凌辱っぽくなったりすることが多いけどそんなことはなく、ただひたすら受けが可愛く見えるだけ。しかも最後までしないのにこの乱れっぷり。さすがです!
でもあくまでもレッスン。
切ない!でもエロ可愛い!!
やっと両想いになってHも最後までできたときには、お腹いっぱいになりましたw

2

敬語攻め好きーにはピッタリですよ

川琴さんの本を読むのは二冊目です。
新刊の『今夜、きみと星につなごう』があまりに可愛くて、他の本も読んでみたくなったので。


受けの宇海は男性器専門の美容整形医師。
そんな職業でありながらEDの、28歳。

攻めの理人は宇海が高校生の頃の家庭教師で、今は予備校講師。
31歳で、色々な意味で大きな方です。


初めてのえっちで失敗してから、すっかりEDとなってしまった宇海。
そんな宇海と理人は医師と患者として再会し、なんとその後、宇海は理人からED治療を受けることに。

その時点でどう考えても『人間愛ではそこまで出来ませんよ、宇海ちゃん!』という感じなんですが、けっこうラストまでグルグル考え続けております。
理人の気持ちについて。
北沢きょうさんのイラストにより宇海は可愛い子ちゃんちっくですが、かといって、読みながら女の子で良いんじゃない?と思うことはありませんでした。
個人的には、もう少し可愛げがあっても良かったかなと思うくらい。

最後までのえっちはそれこそラストにあるだけなんですが、それまでの『治療』と称した行為がえっちぃなんですよね。
続きかも理人は年上なんですが終始敬語ですので、敬語攻めです(笑

2

自分の短小でEDに悩む男性器専門の整形外科医

専門のお医者様なのに、自分がEDってとっても可愛そうな設定です。
それもナニが小さくて初体験の時に彼女に言われた「○○この森」のお菓子に例えられ
大笑いされてしまったことが原因でEDになり、28才になっても独身で彼女すらいない。

EDで短小で童貞、そんなお気の毒な受けになる宇海は男性器に悩む男性の為に
日々努力して、自身が悩みを持っているから真摯に患者と向き合う。
そんな宇海の元へやって来た新患はナニが大きいのが悩みだと宇海とは真逆の悩みで
しかもその患者は過去に半年間だけ家庭教師をしてもらった相手で、
更に信頼していたのに突然目の前から何も言わず消えてしまった相手だったりする。

この両極端な悩みの二人の10年ぶりの再会ラブですが、二人共にヘタレなので
一向にラブに進展しません。
専門医だけど自分の治療は出来ない宇海がもしかして性癖がゲイなのかと2丁目で
確かめようとした時トラブルになりそこで助けに入ってくれたのが理人。
話の流れで、ゲイだと確かめる手段とED治療の手助けを理人がすることに。

10年前は信頼できる特別な相手だと思っていたが、気持ちが続き恋になる前に消えられ
裏切られたように思った相手からのED治療と言う名の行為。
その中で理人に対してやっぱり恋心が育つが、理人にはキスを避けられ、
好きになられては困る発言をされた事で告白以前にフラれてしまう。

この二人ホントにヘタレ、理人は10年前も逃げたけれど、今回も半分逃げてるのに
宇海の見合いは許せても男に宇海が行く事だけは絶対許せない独占欲はあり、
宇海のクリニックの将来の為に身を引こうとしても踏ん切りがつかない、
二人の焦れった相愛になるまでのお話です。

ちょっと当て馬みたいな宇海の大学の先輩でMRの宮前さんは、なかなか良いヤツでした。
宇海ちゃんのウルウル瞳に箍が外れて酔っていることもあり襲いかかろうとしますが、
基本はいい人で、煮え切らない主役二人の後押しを痛い思いをして実行する
友達思いのステキキャラでした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ