――永遠の愛を、お前に捧げよう。

秘密の王子と翡翠の花嫁

himitsu no ouji to hisui no hanayome

秘密の王子と翡翠の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
6
評価数
2件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
笠倉出版社
シリーズ
クロスノベルス(小説・笠倉出版社)
発売日
価格
¥890(税抜)  ¥961(税込)
ISBN
9784773086874

あらすじ

「プロポーズの答えを聞かせてくれないか」
祖父母の許で暮らす樹里は、突然現れた金髪の紳士・レオナールから「両親を助けるため、ヴェレットに来い」と告げられる。自身の出生、会えない両親、それらに重大な秘密があると悟った樹里は、彼に従うことに。遠い異国で何も教えられず、屋敷に閉じ込められる日々。寂しさを感じていた樹里を、レオナールは外に連れ出してくれた。口調は傲慢だが、ふとした時に触れる手はとても優しいと気づいた樹里の胸は高鳴ってしまう。この気持ちは何なのか……戸惑う樹里に、レオナールは求婚と共にくちづけてきて!?

表題作秘密の王子と翡翠の花嫁

レオナール 樹里の父の母国から迎えに来た紳士
井草樹里 両親と別れ祖父母と暮らす大学生

その他の収録作品

  • 王子の嫉妬と花嫁エプロン
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

王道花嫁


六芦かえでさんのふんわり甘いイラストがピッタリのセレブ花嫁ものの
甘いラブストーリー。
出会いはある事情と攻めであるレオナールの誤解と思い込み、その背負った背景の為に
互いに相容れない出会いとなっています。

それが次第に誤解や思い込みが溶けて、傍にいるようになると互いに好意に変わり、
惹かれあい、途中にトラブルがあって1度は離れることになるが、
攻めが受けを迎えに行ってのハッピーエンド。
甘くて健気受けで、セレブな王道花嫁ものです。

内容は、日本で畳職人の孫として祖父母と暮らす樹里、両親は健在なのですが、
何か訳があって樹里とは6歳の頃から別に暮らしその間1度も会っていない。
そんな時に下町には不釣合いな車が祖父母の家に現れ、樹里を迎えに来たという、
イケメンのキラキラオーラの攻めレオナールとその秘書がやってくる。
両親の為に行くことになるが、女装が条件で、実は樹里は両親と暮らしてた
6歳までも女装で生活していた過去がある。
このあたりに何か秘密があるようなのです。

離れて暮らす両親の身に危険があると両親を助けるためにも樹里が父親の生まれ故続き郷に
行くことになるのですが、はっきり理由も聞かされずレオナールの屋敷で
生活するように。
未だに連れてこられた理由も解らないままに、始めは冷血な雰囲気だったレオナールが
次第に樹里を理解すると同時に過保護的になり、プロポーズされるまでになります。

王家の後継者問題に巻き込まれる樹里ですが、事実を知った後は今度は
レオナールの邪魔になると、相愛になったのも束の間一方的に離れることに。
王家の問題より恋人が何より大事と言う甘いウエディングラブでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ