狼憑きと夜の帝王 書き下ろしペーパー

ookamitsuki to yoru no teiou

狼憑きと夜の帝王 書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
狼憑きと夜の帝王初版・フェア参加店限定配布特典ペーパー

あらすじ

文庫発刊記念・フェア参加店購入者限定配布ペーパー
本編終了後の番外編♪
ふと気がついた煌は仏壇の前に座っていた。壁に犬神一族歴代当主の遺影が並び、線香の香りが立ち上る中、しわがれた声が響き…

表題作狼憑きと夜の帝王 書き下ろしペーパー

御門礼司・ウォータービジネス界で帝王と呼ばれる男
犬神煌・一族本家の末裔で狗神銀の主で御門の恋人

評価・レビューする

レビュー投稿数2

夢のように幸せな現実

大好きな本編のその後のお話です。

本編で、邪魔者を排除して、やっと安心して過ごせるようになった二人。
煌はふと気づくと、杖をつく老人に「まだお前を諦めていない」と言われます。また、あの辛い日々が始まるのかと、恐れおののいた途端に目が覚めます。

どちらが夢なのか分からなくて、焦る煌。すぐに御門に会いに行って、こっちが現実だと安心している様子に、最愛の人と出会えた煌の幸せが伝わってくるようで、キュンとなります。
そんな素直な煌に、嬉しそうな御門も良かったです。
今まで苦労した分、幸せになっている現実の煌の様子に、胸が温かくなります。

1

やっぱり続編希望!

本編後御門と暮らしながら霊媒の仕事をしているような流れの番外編でした。
仕事終わりにあの青の部屋で眠りにつきながらも一族本家で囚われた夢で飛び起きる。
そして、探すのは愛する御門の姿なのですよ。

銀を伴い御門の元へ、御門の姿を見た事でやっと安心する事が出来る煌。
現実が余りにも幸せすぎて、夢のような日々だと感じる煌なのです。
だから悪夢にうなされてしまう方が現実みたいな不安に感じてしまう。
そして夢だと思える御門との時間が本物だと、幸せすぎるから夢と現実が逆転している
そんな風に思えるくらいの煌の幸せな日々と言うショート。
やはり、一族を根本から一掃出来るような、そして煌と銀コンビの活躍する姿を
是非続編で読んでみたいと思わせるのです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ