ねえ先輩、教えてよ

ne senpai oshieteyo

学长,教教我吧

ねえ先輩、教えてよ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×217
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない8

--

レビュー数
13
得点
164
評価数
51件
平均
3.5 / 5
神率
25.5%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784199605710

あらすじ

母親の再婚をきっかけに、学生寮に入ることにした平野(ひらの)。寮では上級生が下級生の「指導係」になる伝統があるのに、指導係の森丘(もりおか)になぜか「俺はお前の面倒はみない」と言われてしまう!! どうして先輩は俺に冷たくするの……戸惑う平野の耳に森丘の過去の噂が!? けれど、次第に森丘の深い優しさに気づいて??!? 純情ワンコと過去に傷を持った先輩のハートフル学園ラブ?

表題作ねえ先輩、教えてよ

森丘冬士・何かと黒いうわさのある平野の指導係
平野晴斗・母の再婚で義父と義妹に気を使い寮に入る

その他の収録作品

  • かきおろし番外編
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数13

時々ホロリとしつつも、面白くて優しくて・・・

何作か読んだことのある渡海奈穂先生原作のコミックスということで興味を持ち購入しました。小説の「学生寮で、後輩と」と関連しているということです。小説未読でも問題なく読めますが、私はコミックスを読んで小説の方にも興味を持ちました。今度読んでみようと思っています。

受け様の家族のエピソード(母親の再婚によって気持ち的に居場所を見失って寮に逃げて来たものの常に寂しさが重くのしかかり・・・)や攻め様の過去のエピソードがらみで切なくてホロリ・・・としてしまう場面もありつつ、基本的には結構面白くて、更には恋を知って心の傷がいやされて攻め様受け様共に、前を向いて歩きだすという優しくて素敵なお話でした。
思わず笑ってしまう面白いシーンや台詞が結構あるのですが、これはコミックスならではだな・・・とも感じました。

0

ほんわか~

大好きな小嶋ララ子さんの作品だ!と思って飛び付いたら、原作は違う方でした。でも、とっても可愛らしくて、全寮制の男子高校生って言う設定も、萌えました。

レビューを書くのは初めてですが、実は何度も繰り返し読んでしまうお気に入りの作品です。

メインカップルの二人の他に、同じ部屋の同級生二人組や、寮長など二人を取り巻く寮の子達がとてもいい子&わちゃわちゃしていて高校生っぽいのも読んでいてニヤニヤしてしまいます。同じ登場人物で小説も出ているそうなので、普段は小説は読みませんがこれは読んでみたいなと思っています。

0

寮で先輩×後輩という安心感

寮もので先輩×後輩です。ですが親切な先輩ではなく冷たくて無愛想モード全開です。一方主人公の春斗は卑屈っぽく諦め感を出したキャラ。

最初の印象はどちらもよくない…という感じですが、暖かくてひたすら可愛いと思える作品でした。
渡海さんの小説は何度か読んだことがあるので、渡海さんらしいほわほわ感は思った通りでしたが、作画の小嶋ララ子さんの漫画は初めてでした。これ以上ないくらいイラストがぴったり。
ふわふわしていて、春斗の頭をくしゃくしゃしたくなる…。

春斗は親の再婚で出来た新しい家族に気を使い寮に入ります。
寮には先輩が後輩をマンツーマンで指導するシステムがあり、春斗の指導役になった森丘は春斗に冷たい。
気を使ってばかりで損な役割の春斗と、人に関わろうとしない先輩の森丘。
最初はぎくしゃくしていますが、関係は少しずつ進んでいきます。

この先輩・後輩の1対1システムって、形は全然違うけど海外のミッション系の学校を彷彿とさせてすごく好きです。
自分だけの「特別な先輩」のような感じというか。大勢いる先輩の中から「この人は自分の」って感じですもんね。その先輩に嫌われたら続き辛いと思うのですが、春斗は最初のほうはなにもかも諦めた感じです。
不敏に感じるけど、弱い男でなく、肝が座っていて意外と短気で強かという事が読んでいると次第にわかってきます。
森丘も人が嫌いで関わらないのではなく、過去に起こした問題のせいで、自分のせいで迷惑がかからないようにという考えの下、周囲から一線引いています。そういう所が森丘は逃げ腰で消極的。
最初の印象とは正反対に、次第に春斗が先輩を守るという視点にかわっていきます。

ほのぼのしていて暖かいお話ですが、本当にゆっくり進むので微笑ましい反面、後半で「これは恋だ」と気づく瞬間、え、そうなの?て思ってしまいました。
長いページをかけて先輩後輩の絆を作るハートフルストーリーを見せられて後半まで恋愛要素が全くなく、どこから恋心に発展したかがわかり辛かった。
それがちょっと恋愛ものとしての萌えに繋がらなかったかなぁと思います。


森丘が春斗を「かわいー」と言っているのがかわいくて「かわいー」て言い方とかホントに可愛いって思ってるんだなぁって思いました。
シリアスで深い恋愛ものよりほわほわした安心感が欲しいときにオススメです。

0

最高に萌えた

評価ばらけてますねー!
個人的に大好きな属性カップルで、大好きな男子寮で
さらに大好きなララ子さんの画で
なんかもう隅から隅まで萌えました


1

かわいい!!!

ずっとずっと気になっていた小嶋ララ子さんの作品。といっても今回は原作が渡海さんですが。「学生寮で、後輩と」は読んでいたので、リンク作品と気がつかずに買ってびっくりしました。

かわいいなあ、と始終にやにやしてしまいました。特に犬化した平野くんがかわいい。全部気持ちが筒抜けなのに、それでも頑張って意地を張ったり一緒にいたいと口に出してみたり。
「不適切な関係になったら退寮になる→迷惑になる」寮長の脅しがしっかりきいていて、でも一緒にいたいから好きって気持ちを出さないように隣にいようとする。ああもう、かわいいなあ。の一言です。
よくこういう設定のものは受けが攻めを避け始めて、おかしく思った攻めが問い詰めて実は好きなんですハッピーエンドだと思うのですが、一緒にいたがる平野くんはとてもかわいいと思います………かわいいしか言ってなくてすみません…
同じ部屋の南矢名も田崎もいい奴で、終始ほのぼの読み終えることができました。いつか自宅生がもつ森丘先輩のイメージも変わればいいな。
またララ子さんの作品を買ってみようと思います!

1

エロが少ない

いつもエロエロなララ子先生にしてはほぼエロがない作品で新鮮味があり面白かったです!その分ストーリー重視されていてキャラクターの心の中が分かり共感出来たりと良かったです。
過去に傷があり周りに壁がある攻めの心を徐々に開いていく後輩受けくん
受けくんが真面目なのでなかなか手を出せない先輩オフゥ・・・
好きなのを知っていてからかう先輩とふりまされる後輩受け
照れ屋な所もかわいいです・・ララ子先生好きです・・・・

0

ララ子さんの絵は癒されますー

とりあえず可愛いです、とにかく可愛いです。
なんかはじめから最後まで可愛かったです笑

先輩後輩ものです。
はじめは遠かった距離が少しずつ少しずつ近づいて恋になっていく。まさしく高校生の青春って感じのお話です。
ジャンル的には切甘なんでしょうが、ララ子さんのほんわかした絵柄だとそこまで切なく感じず、読みやすかったです\( 'ω')/

また舞台が同じの別のCPのお話が小説として発売されているので、2冊まとめて読んでみるのもいいかもしれません◎

1

これぞ青春の恋

青春の時にしかできない恋って感じですね。
黒い噂のある森岡冬士なんだけれど実は面倒見が凄く良くて、頼りになる先輩。
この展開は王道って感じなんですけれど、
受けキャラ平野晴斗が健気で可愛いです。

森岡に対する気持ちが恋愛感情ってわかったとたんに、すごくあわてて、寝ている森岡にキスをしそうになっちゃったりしてるし。
私がこれまで読んでいた作品は攻めキャラが受けキャラが寝ている時にキスをするシーンが多かったけれど、今回は受けキャラが攻めキャラが寝ているところをキスしそうになってるって平野って襲い受って感じですよね。

0

王道青春BL

寡黙で俺様な先輩×健気でかわいい後輩という私のドストライクゾーンをついてきたこの作品。無愛想な先輩に最初は好意を抱いていなかった後輩ですが次第に先輩の隠れた優しさに気づき心引かれていきます。かわいいっ!

過去のトラウマに悩まされ続ける先輩、ギクシャクした家庭環境に悩む後輩。2人が互いに寄り添いあって問題を解決していきます。

個人的には先輩がめちゃめちゃタイプです!クールで俺様でちょっと近寄りがたいけど、好きになった相手には優しさも見せてくれる。まさに私が思い描いていた攻めでした。

逆に後輩の天然さはちょっとニガテだったかもしれません。

絵も小嶋さんらしいほんわかしたかんじでかわいらしかったです。

1

ただただかわいいわんこ

わんこキャラというとだいたい攻めの大型犬をよく見るのですが、ではなくて受けのチワワわんこキャラ。ひたすらかわいいです。小生意気だけどまっすぐな純情受けワンコが閉ざされた先輩の心を開くまでのストーリーが丹念に描かれているので、ただの甘いラブストーリーでも納得して読むことができました。
ワンコの平野くんがたまに犬として描かれてるのですが、小鳩先生の描く小型犬がものすごくかわいいです。
平野くんは、ただ純情なだけじゃなくて、ちょっとずるい側面もあるし、ワンコなだけじゃなくてきちんと男の子として描かれているところがすごくいいなと思いました。
また、小鳩先生の平野くんの描き方が素敵です。コマのたびにちょこまかと動たりぷるぷる震える小動物感満載の描写が最高に合っていました。

何も考えずただただかわいい受けを堪能したいときにおすすめの1冊です。

0

ただただかわいいBL

小嶋ララ子さんも渡海奈穂さんも好きなので
発売を楽しみにしていました。
きっと可愛いBL本だろうとは予測していましたが
本当にただただ可愛いだけのBLだった気がします。

進学系男子校の寮が舞台で、
教育係の少し怖い先輩と、外部入学でオドオド可愛い子犬系後輩の話です。

ふたりともそれなりに心に抱えるものを持っていますが
周囲からみると「そこまで悩む必要なくね?」という
いかにも思春期らしいものなので
全体的なふわふわで甘い、可愛いだけの印象が残ってしまいました。

サーモンピンクの表紙がすごく可愛いです。


収録作品
「ねぇ先輩、教えてよ」
Lesson1/Chara Selection11月号'12
Lesson2/Chara Selection1月号'13
Lesson3/Chara Selection3月号'13
Lesson4/Chara Selection5月号'13
Lesson5/Chara Selection7月号'13
Lesson6/Chara Selection9月号'13
かきおろし/表題作CP番外編16頁
続きあとがき/渡海奈穂さん・小嶋ララ子さん
約230頁・表紙下なし
カバーデザイン:鈴木 恵(imagejack)

2

とにかく可愛い。

けど・・・それ以外に特に言うことないなあ。

渡海さん原作漫画は、以前にものすごいハズレを引いたので、もうやめようと思いつつも買ってしまいました。

渡海さんは(まだ一応)作家買いなんですが、正直なところ渡海さん原作の漫画はどれもあまり好みじゃないんです。それ以前にBL漫画そのものがあまり合わないのかも・・・

こちらは、↑レビュータイトルでも書いたとおり、小嶋さんの絵柄もあってとにかくふわふわ可愛らしいです。ストーリーは結構切ない要素もあるんですけどね。

ただ、どうだったかと訊かれれば『普通』です。ホントにそれしか言うことない。
キャラクターもストーリーも、特筆するようなことは何にもない、ただ普通。
あ、普通だからダメなんじゃなくて、単にまったく私の好みじゃなかったってことです。

ほのぼの可愛い雰囲気を楽しむにはいいと思います。

小嶋さんの絵柄は可愛くて決してキライじゃないんですが、イラスト(挿絵)のほうが好きですね。漫画はどうしても荒い印象です。

う~ん、申し訳ありませんが、別に読まなくてもよかったなとしか感じませんでした。

続きなみに、リンク作の小説『学生寮で、後輩と』は非常に好みだったんですけどね・・・

8

二人の距離が少しずつ縮まるまで

母親の再婚で1歳違いの義妹と義父が出来た主人公の晴斗は二人に気を遣い
寮がある進学校に進学するが、外部組であり、伝統的に新しく入って来た寮生には
先輩のお世話係が付く事になるが、そのお世話係は怖い噂もある先輩冬士。
しかし、教えてくれるはずも冬士は初めから晴斗の世話をする気が無くて
家でも疎外感を感じていた晴斗が寮でもそんな風にされ、寂しさを覚える。

不愛想で晴斗の世話を面倒だと思っていることが見える冬士だが、
次第に実は面倒見が良くて優しいと思わせる行動を感じさせられ、怖い第一印象が
次第に薄れ、晴斗は妙な噂のある冬士が本当はどんな人物なのか気になるように。

少し近づいたと思ったらバスケ部にまつわる冬士の黒い噂のことが原因で
また離れてしまう距離感。
冬士の優しさゆえの行動が切なくて、同時に冬士の中に出来てしまった澱が見える。
冬士の過去の出来事を同室のバスケ部員の同級生から聞き及ぶ晴斗だが、
自分の指導係にされたのは冬士の過去のこだわりを少しでも払拭させたいとの
冬士の同級生の心遣いだったと知り、冬士が優しいのは自分だけではないと、
誰にでも優し続きく特別扱いされていた訳ではないと知り何故かひどく落ち込む晴斗。

少しずつ晴斗の中で何かが育っていくような展開で、青春してる感じです。
冬士と晴斗の勝手な思い込みですれ違って今度は晴斗が冬士を誤解させ傷つける。
それを後悔し落ち込む晴斗が、偶然冬士の過去のこだわりになった相手と
偶然出会い、更に過去話を笑いのネタにしている相手を殴り倒してしまう。
大人しめで真面目だと思っていた晴斗との激しい一面ですが、
一途な先輩への思いも感じられるシーンで、その後の涙が余計に染み入ります。

冬士との出会いで、晴斗の心の成長も感じられるし、恋すると強くも弱くもなる
そんな風に感じる気がします。
晴斗の家族との自分から距離を置いてしまった溝も埋めて行く流れもあって
ほのぼのとした暖かな恋心を感じさせる話で素敵でした。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ