身体から始まった酷い男。なのに心まで奪われる――!?

いじわるな悪魔

ijiwaru na akuma

いじわるな悪魔
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×218
  • 萌11
  • 中立4
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
12
得点
154
評価数
48件
平均
3.4 / 5
神率
18.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
笠倉出版社
シリーズ
カルト・コミックス X-kidsセレクション(コミック・笠倉出版社)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784773098273

あらすじ

大学生の八田は、同じマンションに住む元サッカー選手の牧山に食事に誘われ部屋に入るが、自分の方が食べられてしまった。牧山は女性との噂が絶えない華やかな芸能人、地味な自分とは違う。分かっていても、恋愛に不慣れな八田は溺れてしまう。そんな八田をからかうように、牧山は恥ずかしい事を要求し、激しく身体を求めてくる。抱かれる度に敏感になり、悶えさせられる八田だったが、内心は遊ばれているだけ、と切ない。心まで満たされたい八田の願いは叶うのか――?

表題作いじわるな悪魔

牧山要,同じマンションの最上階に住む元サッカー選手
八田裕也,マンションの3階に住む大学生

その他の収録作品

  • エンディング

評価・レビューする

レビュー投稿数12

主体性ください!

S気がある攻めに翻弄される話と思いきや、それだけでは終わりませんでした。
ちゃんと心通じ会わせたあとにも、攻めの態度にいつも不安な気持ちを抱える受けなんですが、毎回問題が解決しては、なんだかんだと常いちゃいちゃしています。
えろくはないんですが、エロスを感じました。
攻めのために変わるという受けは好きです。
でも主体性が無さすぎかな?とも思いました。
モデルも最後であんな結果に終わってしまいますし、もうちょっと続ける忍耐がほしかったです。
そもそも始めた理由が理由なだけに、仕方ないんでしょうが、ここまで攻めに囚われている子は心配になります。
モデルをしていた時の受けのビジュアルが素敵でしたので、勿体ない気もしました。
特に病んでいる印象はありませんが、攻めじゃなく受けが病んでいきそうで怖いです。
でも、キライじゃないです、このお話。
一回目読んだときには、売却を考えていたんですが、読み返してみて、違った見方ができました。ある意味、スルメ作品かもしれません。

1

電子系って

なんでしょう、このいきなりな展開は、
とりあえず初回から出し惜しみ無くエロ。

自分、紙の本派で、ちょっと電子系に軽く偏見あったりするんですが、
なんかこれ読んで、電子系に対する偏見がガッツリズッシリ増幅されちゃった感がありまくるんですが、

絵自体は、ちょっと誰とかに似てるけど、まあ、それは気にしない方向で、これはこれでいいとは思うのですが、
お話の展開の早さには、ちょっとついて行けない。
なんでエレベーターに乗り合わせただけで、見ず知らずの初対面の人の家に上がり込んでご飯食べられるかなぁ、
で、いきなりやられちゃって、気持ちいいって、、、、
この初回の一連が、もうちょっとゆっくり時間かけてあったら、もう少し萌えようもあったのに、、
この拙速さが電子系の限界なのか?って、偏見持っちゃう。

4

展開はや(笑)

まず、展開が早いのと、普通の感覚ではそうならないだろ…という展開に違和感がありました。ちょっと無理ある。そのあとのストーリーの流れは良かったと思いますが、受けの八田くんが攻めの要さんに翻弄され、どんどん見た目を変えていくうちにモデルになって人気が出るとかカッコいいって言われるようになったりするのですが、全然かっこよさが伝わらない(要さんのがかっこいい)し、モデルとして撮った姿の八田くんと実物の八田くんが同じ人物と思えない位違いすぎて違和感が半端なかったです。
エロ多めですが、最後のロータープレイが一番エロかったです。

2

わかっちゃいるけど、止められない

同じマンションに住む元サッカー選手の要に食事に誘われた大学生八田。
要の部屋に行くと、襲われてしまい・・
今日会ったばかりの、それも男性に・・

最初は、拒んでいたものの、体は正直で熱くなり
ずるずるとのめり込んでしまってどうしようもない。
ある日、要のところに女性が来ているのを目撃
異常なまでに嫉妬してしまう八田。
その時自分が、要を好きになっいてたと実感する。
自分は遊びだったのか・・・最初からわかってはいたものの
すでに要なしではいられない自分になりはじめていて・・

要の心が欲しい、好きって言って欲しい・・・
体だけではなく、心も満たされたい・・
最初はお遊び半分好奇心からだった要だけど
最後には、もうメロメロに八田を好きになってしまう。

最初から最後まで、エロ多めの作品です。
どんどん、色っぽくなっていく八田。
ごく普通の大学祭だった八田が、要に翻弄されつつも
最後には要を自分なしではいられないほどに
のめり込ませてしまう男になったというお話。

0

一途で小悪魔

八田くんの一途さとかわいらしさに、これまで女を喰い散らかしてきた牧田が惹きこまれていくのが面白かったです。

1度読んだ後の感想は、なんで牧田は八田にそこまで入れ込んでいったのかよくわからなかったし、八田は牧田から構われまくっているのに牧田の想いに不安に感じているところに疑問を感じたりしたのですが、改めて2度目を読んでいると牧田がどんなところで八田にほれ込んでいったのかがちゃんと見えてきて楽しめました。

八田はどちらかと言うと、流されやすい普通の大学生。そんな八田がセックスから始まる恋に落ちて奮闘していく姿はかわいさ満点でした。
突然だいたんなことを口走ってみたり、牧田のいやらしいお仕置きにもメロメロになってこたえていたり、天然小悪魔っぷりをいろいろと発揮してくれます。

元サッカー選手の牧田ですが、サッカーにあまり詳しくない八田は牧田の過去や牧田の自分への想いに不安を抱いてはグルグルします。それでも自分が1番大切にしたいことのためにまっすぐな八田が、とても魅力的でした。

牧田によって開発され、牧田の好みで見た目も変わっていくところはどこまで牧田色に染まるの!と牧続き田ラブすぎる八田がかわいらしかったです。

全体的にエロてんこ盛りなので、その部分でもいろんなプレイを楽しめて満足でした。

0

中身が薄い。。

表紙に一目惚れして即購入しましたが、、、、
すいません。自分はダメでした。

背が小さくて目が大きい女の子っぽいナヨナヨした受けが苦手なので、
この受けはきっとガテン系なはず!!と期待が大きすぎました。。

本作の受けは、外見こそ男らしいですが、
男性っぽくない思考回路と行動の女の子でした。。。
後半になるにつれて目が大きくなっていってるのも気になります。
まずそこが何より残念。。。

あとは電子書籍だったせいか、
一話一話が短くて中身が薄っぺらいです。
感情の起伏もわざとらしく感じ、会話も寒いです。。。
建物や主要人物以外の描写が適当だったのも減点です。

攻めは色っぽくて素敵なキャラだったので非常に残念です。



3

悪魔と小悪魔

これあのカップルに似てるなぁと思いました。有名小説家×苦労性大学生のやーつです。
牧山はマンションの最上階に住んでますし年の差もあって、受が素直で攻のヤキモチと^^
ただこちらの受の八田くんは恥ずかしがりながらも貪欲なので、エロさは満点です。

なにせページをめくって10ページ目にはもう行為に至っているくらいです。初対面でサカるほどかなー?と初見では八田くんにさほど魅力を感じませんが、其れはもう牧山のセックスに対するポテンシャルの高さなんだろうと。

だから元サッカー選手かどうかはあまり関係無いんじゃないか、と思いました。
と云いますのも、牧山が元サッカー選手と背表紙のあらすじにあり其れに惹かれて手に取った私はあまり旨みを感じられませんでしたので…;
唯一、あとがきで八田の両親がミーハーなサッカーファンで「要君て第三高のよね!」とはしゃぐ4コマ漫画には強く共感しました^^(高校サッカーから見てると思い入れが強くなっちゃうんですよね…。)
なのに八田くんはサッカーに関して何も知らないという、、、八田くん目線で牧山を見てる感じを追体験する為かな…?

其処に期待をしな続きければ、毎回様々なスタイルで楽しんでいる二人のエロを堪能できるかなと。シリアスなのかと思ってたらほの甘いお話でしたし。
ピアスの穴を開けてもらう行為は不変のエロティック。(アニメのL●VELESSを思い出しました)

2

立ち込める甘い欲望

あっさりといただかれてしまう八田。
余韻に浸りながら、快楽に流されてしまった後悔よりも次があるのかを期待してしまう。欲望の忠実さに要のテクニックが気になってしまいます。

ささやかなスキンシップと抱かれる喜び、そして要の過去。
体だけでなく気持ちまでを求め始め、要に釣り合いたい一心でピアスを開け、髪を染めても世界はそれほど広がらず、結局は遊びでもいいからと次を願うだけの日々。

最初が最初なだけに片思いのまま体だけが近づくだけで、意志の疎通を怖がり、拒みながらも確かな気持ちを欲しがってしまう。
もういっそ手に入らないならと諦めるも、考え方の違いなだけで最初から欲しい物は目の前に差し出されていた。

格好良い「俺」だけを見せたい要とそれについていくのが精一杯な八田。
そんな2人のアンバランスさを濃密なベッドシーンが補っていた感じなのですが、告白の後には体裁を繕わない要が独占欲丸出しで、愛人気質な八田とはいい感じにラブラブで何より。

1

雰囲気が抜群にエロい!

表情や二人の言葉や距離感から感じられる やらしさが、行為そのもの以上に伝わって物凄くドキドキしました。

受の八田くんが攻の要さんに染まっていく様を 純粋と取るか女々しいと取るか、好みが別れそうですが
描かれ方がとにかく可愛くて!私個人としては女々しさを上回るピュア青年でした^^^

いさか先生の柔らかいタッチの絵と雰囲気エロスに大いにハマりまして。電子書籍のみでは満ち足りず、紙書籍を購入して大満足している次第です。

欲をいえば
かなり終盤になるまで要さんの気持ちが見えなくて。
始まりも成り行きな感じだったので好きになったキッカケに明確なものがなくて。なので、もう少し八田くんに要さんが惹かれていく描写が欲しかったな、と。好みのえっちシーンが満載だったので欲張って辛い評価にしちゃいましたm(_ _)m

2

悪魔が磨く原石

地味で大人しい大学生・八田が、
同じマンションに住む元サッカー選手の芸能人・牧山に
美味しくいただかれちゃって、身体も外見も色々と開発され一躍人気者になるけど、欲しいのは牧山の心ただ一つで…という健気な恋心を、切なくもコミカルに描いたお話。


よく見るとイケメンの八田(受)。
第一話から、
並ぶと牧山と背が変わらなかったり(むしろやや高?)
脱ぐとイイ身体してたり…と、
磨けば光りそうな素材の良さが伝わってきます。
そして、牧山の友人の誘いでモデルの仕事を始めてからは
どんどん垢抜け、人気モデルに…というスピーディーな展開は
シンデレラを見ているようで実に楽しい♪
しかし性格は相変わらず健気で控えめで、
どれだけ女子にキャーキャー言われようが
考えるのは牧山のことだけ…というギャップにグッときます。
(カメラの前ではすごいドヤってるのにw)

牧山(攻)はいかにも遊び慣れた、意地悪な大人なのですが
独占欲や変人な一面もあって、なんか憎めない。
ピーマン嫌いだったり、
八田を驚かせるため必死で尾行したりw
妙に子供っぽい感じが可愛いです。
続き付き合うようになっても「八田君」「君」とか
ジェントルな言葉遣いを崩さないところも何か好き♪
もっと八田にベタボレなところが見たかったですv


派手な絵ではないのに、
ちょっとした表情が妙に色っぽくて良いなーと思いました。
牧山の目の下のシワや、悪そうな笑顔がキャラに合っていて
ちょっと老けたイケメンならではの色気を感じますw
原石イケメンな八田との対比も良くてお似合いだなと♪

ちょっと惜しいな~と思ったのは、エロシーン。
回数は多いし、ピアッシングや玩具などシチュにも工夫が見えるけど、そのわりに何か薄いなーと。
上品で読みやすいとも言えますが、
個人的にはもう少し肉感とか躍動感が欲しかったですw

2

貫かれるたびに嵌ってしまう

凄く色気のある作品だと思うのです、帯に「貫かれるたびに嵌ってしまう」って
コピーが入っているのですが、それもない様にばっちり沿ったナイスコピー。
大学生で大人しい人見知り気味の八田は一人暮らしの自宅マンションに帰ったとき、
エレベーターで偶然乗り合わせた牧田に腹ペコで鳴った音を聞かれ、
同じマンションのよしみで食事に誘われ、食欲に負けてお邪魔してしまう。

初めて会った相手なのに牧田の大人の色気に惑わされるように抱かれてしまう。
多少始めは強引だったが、身体からハマってしまったように熱に犯されるように
始終牧田のことを考えてしまう。
牧田は常に女性との噂が絶えないモテる元サッカー選手で住む世界が何もかも違う、
始めは1度だけだろうと思っていても、もう1度会いたい遊びでもいいから
抱いて欲しいと思うようになる八田なのです。

いじらしいほど一途に思いを募らせていく八田と、恋愛ごとに成れた感じで
悪い男ってこんな風かもと思わせる色気を八田相手に撒き散らしているのですよ。
子供の八田くんなんて牧田の手にかかればすぐに快感でメロメロ。
身体を落されて心まで牧田の続きことで一杯になってしまう。

八田くんが一方的に翻弄されて振り回されているかと思えば、実は既に牧田を
振り回していたりする八田くん。
後半に大人の吐き出す好きと青年の吐き出す好きの言葉の重みの違いで
微妙に誤解してすれ違ってしまったり、好きな人の好みになりたいと自分を
変えようとしたり、甘苦しく切ない恋心がものすごく伝わってくる作品で素敵でした。

3

俺が小悪魔ならあなたは魔王

電子配信だった作品を書籍にまとめた1冊。
ああー!!もう超好きです。
題名の「いじわるな悪魔」って攻めの事ですが、このいじわる加減と彼を好きで自分のものにしたいと願う健気な受けの組み合わせが、ゆるぅりとコミカルに時に切なくエロく展開していくストーリーも含め、何よりもキャラクターに魅力を感じます。


マンションのエレベーターで一緒になった最上階に住む牧田に食事をごちそうになった大学生の八田は、ついでに牧田においしく頂かれちゃいます。
カラダから始まる恋。
牧田は女性の噂が絶えない遊び人の元サッカー選手。
ぐいぐいと牧田のペースに乗せられてカラダも心も「好き」を実感し、自分のモノにしたいと願うのだが、牧田は自分に本気なの?


この牧田のキャラクター、大人の余裕なのか我儘な子供みたいなのか、自分本位であるけれど何故か憎めない。
ピーマンが嫌いで、家に押しかけてピーマンの料理を喰わす女は嫌い。
その料理をおいしそうに食べてくれる八田。
勝手に部屋に上がってシャワーまでつかっていたり(驚)部屋に来る八田に「ただいま」って言わないの?って。
エッチはちょっと意地悪続きで、それで八田を昂らせる。
仕事を始めて余り会えなくなると、八田に焦らしプレイで更に苛める。
「かわいいから苛めたくなる」
だけど着実に彼に生まれているのは八田への執着愛。
かわいくてかわいくて手放したくない感満載。
それを解りやすく表現するんじゃなくて、大人の余裕なのか意地っ張りなのか、でも結局牧田が八田を好きすぎて翻弄されてるんじゃないだろうか?
オロオロする代わりに意地悪したりエロなエッチで八田をとかしてしまう。

八田は健気です。
多分彼は牧田比でとっても普通でまともな男の子。
牧田が好きで悩んでも自分のモノにしたいと望んで決して受け身だけじゃない。
もっと彼を知りたいと、彼の友人がしているブランドのモデルをしてみるが、自分の知らない牧田を他人が知っていることで嫉妬してみたり、その愛は結構深いのです。
あんな意地悪な男・・・と思うがそれは決して不本意でないのは意地悪なエッチはとても甘くて蕩けるエッチだから。
そしてその後に見せてくれる笑顔が好きだから。

実はエッチシーンが実にいいのです!
牧田の言葉による八田を恥ずかしがらせるセリフが、決してクサイと思わない。
よくある定番の、君はエッチだね、とかそういうたぐいのセリフなのにエロく感じるのは八田君の表情と反応がエロいせいかも!?
一番ゾクゾクくるエロは、ピアス穴をあけるという八田に目隠しをして、カラダを触るシーン。
一体どこに開けるのか、恐怖と期待と快感で八田が興奮の極限を迎えるシーンの描写、この本の中で一番のエロスを感じました♪

かわいいけど決してひ弱じゃない、決して受け身じゃない八田君の魅力もあるし、牧田の掴みどころのないキャラクターも魅力。
あとがきにある、牧田の執着愛とそのちゃっかり性格で八田家に認めさせてしまう4コマ漫画に笑ってしまうのでした。
自分的「神」に近い萌×2です☆☆☆


8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ