卑怯者の純情

hikyoumono no junjo

卑怯者の純情
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
43
評価数
11件
平均
3.9 / 5
神率
27.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥580(税抜)  ¥626(税込)
ISBN
9784344832336

あらすじ

上司との情事を見られてしまった相手は最悪な人物だった――。同僚の高木に弱みを握られ身体を開くよう脅迫された真寛は……!?

表題作卑怯者の純情

高木夏彦,営業部の同期
佐々倉真寛,上司と不倫するシステム部社員

その他の収録作品

  • 勝負の行方
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

素直になれないけど、本当は…

例えそれが正しい事だとしても、
どうしてもトゲのある言い方しか出来ない真寛は、
自分とは真逆で場を和ませ、誰が悪いともしない同期の高木が苦手。
上司の涌沢は、交流下手な真寛を「僕だけは君を理解出来る」と
妻子のある身にも関わらず、真寛に甘い言葉を囁き
社内の資料室でイケナイことを…。
それを高木に見られて、「続き、しようぜ」と迫られます。

この、あらすじだけでもわくわくでした!
私は悪い印象同士が恋に堕ちる過程が好きなのでw
でも、こちらのお話は、真寛が高木を本当に嫌いだったわけではなく、
自分にはないものばかり持っているといううらやましさと
単純に、気にかけて嬉しいと思う事を
わざわざ自分で抑制してしまっていたのでしたが。

高木も、勿論真寛を嫌いなわけではないのですが
涌沢との情事を目撃して、関係を知ってしまった事から
嫉妬心ゆえの言動が…。
ああ、こういうの好きです…。

勘違いとすれ違いを繰り返し、縮んだ距離がまた遠くなりますが
高木が都内の営業所に異動になる事になり、
ここで素直にならなきゃいつなる!?みたいなベストタイミングで
続き
高木じゃなくてもグッときましたよ!

酒に酔った時は、わりと自分の気持ちとちゃんと向き合える真寛が
ツンツンしてても可愛いんです!!
高木は他の人間には当たり障りの無い態度でいられるのに
真寛に対しては優しくしながらも意固地になったり。
それもこれも、真寛が涌沢のような性質の悪い男に引っ掛かっちゃったから!
ホント、表向きはすっごく温和で評判が良いのに、
優しい言葉と態度で真寛を逃がさないようにしたりしてずるい大人!!
ちゃんと別れを切り出した真寛に対して、
「いつでも帰っておいで」と関係を継続したがったり
い・や・な・や・つ!!!ww
そこまでふてぶてしくなれるもんなの!?と思いましたが
もう高木と真寛の間には入れませんよーだw

早くお互い真実を打ち明けちゃいなYO!と
多少じれったくもなりましたが切なさもエロも充分楽しませていただきました♪
金ひかるさんのイラストも、
まさにイメージに合った真寛と高木で、
表紙では真寛のあまりピンクじゃないてぃくびに喜んでしまいましたw
萌ですが萌×2寄りです!!

2

最悪なのは、、、

同期入社の新人研修で出会った高木と佐々倉。
誰からも好かれリーダーシップもある高木に最初は憧れた佐々倉だったが、自分でも気にしている意固地な性格を高木にさりげなくフォローされ、心の底では感謝しつつもつい裏腹な態度をとってしまいます。
そのままギクシャクしているうちに、佐々倉は上司と不倫関係に。
ある日佐々倉は、社内の資料庫で上司に不埒な真似を仕掛けられていた現場を、最悪な相手、高木に見つかってしまいます。

最悪なのは、高木の仕打ちじゃなくて、ずっと目を逸らして認めようとしていなかった自分の気持ち。
その気持ちに素直になったとき、、、。

もう、おわかりかと思いますが、この本も絵師様買い。
イラストが金ひかる先生なので予約買いです。
意地っ張りなツンデレ美人ちゃんと、ちょっとムッツリなハイスペックイケメンは金先生のテッパンです。
この本も大当たりでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ