溺愛の檻

dekiai no ori

溺爱之槛

溺愛の檻
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
6件
平均
2.5 / 5
神率
0%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥630(税抜)  ¥680(税込)
ISBN
9784775523223

あらすじ

二階堂自動車の後継者である司は、モナコで開かれたパーティー中に何者かに攫われ、いかがわしい闇オークションに出品されてしまう。美しい裸身に拘束具のみという扇情的な姿は、刺激に飢えた金満家たちの興味を惹き、みるみる値が釣り上がっていく。最終的に桁外れな額で司を競り落としたのは、10年前まで二階堂の屋敷で養われていた男で…。原作文庫と同月発売!

表題作溺愛の檻

新田尚吾,『伯爵』と呼ばれる男で司とは幼馴染み
二階堂司,二階堂自動車の後継者

評価・レビューする

レビュー投稿数2

まさしくタイトルと表紙通り

主人公の司は一族が経営する会社の跡取りですが、海外のパーティーで罠にはめられ、人身オークションにかけられます。そのまま資産家に買われ、繋がれて陵辱されますが、その資産家は家族のように一緒に暮らしたものの10年前に行方不明になっていた幼なじみの尚吾でした。

冒頭が行きなりオークション会場で、ボンテージ姿で競売にかけられる主人公という出だし…。
小説の原作も出ていますが、もしこれを小説で読んでたらコテコテなBLだなぁって印象しか抱かなかった気もします。でも不思議と漫画だと素直に楽しめました。
絵柄が綺麗なのも良かったと思います。

尚吾はとある理由から、最初は司に復讐するつもりで競り落としたのですが、次第に幼かったころ司を敬愛し、彼に惹かれていた気持ちを取り戻していきます。
一緒に暮らしていた頃と今の尚吾の印象が大分違うのですが、何でモナコで資産家になってるんだとその辺りの説明は省かれているのが気になります。
下克上愛が好きな方、監禁陵辱ものが好きなにはオススメです。

内容はもうまさしくBLって感じで、表紙とタイトルどおりの作品です。
好き嫌いがはっきりしそうです続きが、こういうの好きかもとあらすじと表紙で選んだ方は裏切られないお話だと思います。
古いというと失礼かもしれませんが、コテコテの古き良きBLって感じ。
何だかんだ言ってもこういうのが好きでBL読んでるのかもなぁと思ってしまいました。
ですがラストがあっさりしていて、え、これで全部解決?てなったのと、主人公がちょっと乙女すぎるのが気になりました。
番外編で、正式に会社の跡取りになった司と、その秘書になった尚吾のお話が入っています。10年ぶりにもとの関係に戻った2人ですが、尚吾の態度は変わってないのでどっちの立場が上なんだか・・・という感じですね。

0

オークション萌え

原作小説コミカライズ作品。
原作小説の方は未読です。
二階堂自動車の後継者である二階堂司が裸身に拘束具を纏わされただけの姿で、闇オークションへとかけられるところから始まります。
司の美しい裸体に金持ちの変態紳士淑女達は値を吊り上げていき、最終的には桁外れな額で伯爵と呼ばれる男に競り落とされます。
伯爵と呼ばれるその男は10年前、二階堂家で司の遊び相手として養われ、一緒に育った尚吾という男でした。
司が信頼を寄せて探し続けていた男でもあったのです。
二人は二階堂家を巡っての骨肉相食むの争いに巻き込まれていたらしく、司の叔父が密かに暗躍し、司をオークションにかけたのもこの叔父でした。
全てを知っていた尚吾は、二階堂家に復讐をしようとして…。
尚吾に競り落とされ、司と尚吾の身分は逆転します。
美しい司の体に、隷属の証としてダイヤ付きの首輪を嵌めてベッドへ括り付け、体を蹂躙するのです。
監禁、下剋上、凌辱、ストーリーもこの手の設定にありがちな展開で淡々と進み、先が読めてしまうんですけれど、やはり二人の心が繋がった後の幸せそうなシーンにはドキドキさせられます(*´ω`*)
続き最初は、司を貶めてやろと思っていた尚吾も結局は非道に成りきれずに司への想いを捨てられなかったんですね。
二階堂家で養われていた尚吾がどうしてここまで成り上がることが出来たのか…その理由が気になります。
霧壬ゆうやさんの絵柄が綺麗で最後までドキドキしちゃいました。
監禁凌辱モノですが、基本的には甘々ラブラブです。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ