三角関係、職場不倫…痛くて切ない下剋上オフィスラブ!!

さよなら、セックスフレンド

sayonara sex friend

さよなら、セックスフレンド
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神7
  • 萌×26
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
73
評価数
19件
平均
3.9 / 5
神率
36.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896441970

あらすじ

言葉はキツいし態度はツンケン、でも仕事は出来るデザイナー・伊澄は、所属するデザイン事務所のオーナー・但馬の愛人であり、部下・ゆうじとはセフレ関係。しかし、一途に思いをぶつけてくるゆうじが伊澄の中で大切になっていき!? 大人の恋を描いた表題シリーズほか全7編+描き下ろし大量収録!!

表題作さよなら、セックスフレンド

三春ゆうじ,デザイン会社のデザイナー
桐ケ谷伊澄,オーナーの愛人でデザイン会社社長

同時収録作品囚われの男

呉服屋の若旦那 那智
サラリーマン 準一郎

同時収録作品妖婚

妖狐 ヤコ
導師 明来

同時収録作品妖婚

氏神 真央
道場の当主 愛染

その他の収録作品

  • あなたの願いはきっと叶う
  • カバー下:あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

萌えが詰まっている1冊

電子にて。初読み作家様です。
どの話もすんごく自分好みのストーリーでした!!
絵も好み。

表題作は、報われない恋をしていながら自分の事を好きと言ってくる攻めと身体の関係を持つ切なさが好き。

2話目の囚われの男は、那智さんのドSっぷりに惚れ惚れ!w
元のお話も読んでみようと思います。

妖婚は、萌えの要素すべてが詰まってて最高でした…!
エロも大満足だしラブコメで面白いし犬と狐が可愛い!
もっと読みたいな~。

電子なので局部が白抜きでそこだけが残念でした。。

0

人外ものがとっても楽しかった

入っている作品のタイプが様々で、表紙と表題から連想するような一冊でなかったことに驚きつつ、いい意味で予想を裏切られた1冊でした。

タイトルを読んで、何となく同じピアスさんから出ている「ドSティックに抱いて」のような作品か、リンク作かと勝手に思ってしまったですが、全然違いました。
一番長いのが「妖婚」という人外もので、4話あるのですが、これがもう大好きで大好きで神評価をつけました。
表題作とはタイプが全然ちがう、ドタバタコメディーです。

生真面目・ツンデレ・潔癖な僧侶の明来と契約を結んだ狐のヤコ。
契約とはお約束ながら、主人の体液をもらうことです。潔癖な主と飄々とした怪…。すごく楽しかった。
ライバル(?)の真央と愛染のカップルのほうが途中でお気に入りになってしまい、中が悪いながらに助けあう2組のカップルが楽しかったです。

女装しておとりになったりとキャラもストーリーも楽しくて、人外ものってあまりというか、私はほとんど読まないのですが、これが面白かったのでもっと読んでみたいと思いました。

「囚われの男」
「ドSティックに抱いて」の那智と準のカップルのその続き後のお話です。
準が那智を相手に童貞を卒業するか?のお話の続きなんですが、あんまり進展してないような…。
結局前と同じ、SとMの関係で終るのですが、那智が鬼畜ながらに準を溺愛しているのはしっかり伝わってきます。
前回のカップルが好きなら楽しめると思います。

「さよならセックスフレンド」
こちらは表題作ですが、ちょっと苦手なお話でした^^;
タイトルから推測できると思いますが、主人公は体の関係を持つ人が何人かいます。
私はこの主人公・伊澄が誰がどう好きなのか、一体何をどうしたいのかが理解しがたく、クロオさんの描く、強気だけど実は泣き虫…なキャラは普段はとてもとても好きなのですが、この人ははなぜか仕事では当たりがキツイのにプライベートでは淫乱で泣き虫というキャラクターがうまく頭の中で合致せずに混乱しました。

攻めでセフレであるゆうじが振り回されているのが少々というか、かなり気の毒。
これはこの方の作品で読んだ中では唯一苦手かもしれません…。

ただ、全体的には面白いお話が多かったと思います。
人にオススメしたくなる1冊でした。

1

ピアスだから仕方ない。

タイトルはコレだし、表紙もよく見るとアレだった!(笑)
中身はエロ満載ですけど、それ抜きでも結構切ない系でいいと思うのです。なのにこのタイトルかあ。まあ、ピアスだから仕方ないですね。

男女でもそうだけれど、愛人の方は何で相手の男に上手い事利用されてる事に気づかないんだろう。
リアルでも身近で色々ありましたが、「妻とは別れる」「お前のが大事」とかいう男に禄なのいませんって。いや、本当に。※私の実体験ではないです(笑)
まあ、わんことまとまってよかった、よかった!

SM話は好みではなかったですが、妖怪物!!!
妖怪は好きですがファンタジーBLが少々不得手なので苦手な筈のこの話が!めっさ可愛いんですけども!

ヌイちゃんが!

………BL部分じゃなくてすみません。あのマイペースわんこが可愛くてしようがない。
ヌイ、ケン、ヤコ(狐時)がめっさ可愛かったです。
擬人化は苦手ですが、擬獣化は大好きです!!!可愛い。
あ、BL部分も可愛かったです(笑)

2

ヌイかわいいよヌイ

BLって発売時に買い損ねたらどこにも売ってないってことよくありますよね。
やっと読めました。これで既刊のクロオさんのコミックは全部クリア。
表題作はタイトル通りなんだけど、ちょっと先行き心配な危うさが残ったな~。
もうひとつの妖かしの話は、もう少し遅い発表だったら間違いなく表題で1冊にして出せたのでは。もったいない!なんて思ったりもしました。
それにしても、ピアスのファンタジーものなんて、未だかつてないのでは?
現在の人間界に馴染もうとする野狐の笑えるセリフや、ワンコぶり(狐だけど)も可愛かったけど、いやもーヌイ!!かわいすぎる~♥このヌイとケンの擬人化も見てみたかったな。

1

ピアスだったのね

実はこの本、
タイトルと表紙買いして、
クロオ千尋さんって作者さんのお名前も、以前に読んだ印象だと、もっと、こう、切ない系のセンシティブ?な感じを期待してて、、、、

まあ、表題作は、それなりに、絵もきれいだし、不倫三角関係のお話で、切ない系なのは間違いないけど、、、
それにしては、エチシーン、、、長くね?、、濃くね?、、、

で、表題作があっさり終わって、次の「囚われの男」
「このお話の~中略~ピアスシリーズ既刊「ドSティックに抱いて」を~」
あああああ
ピアスだったのか、
って言うか「ドS~]って、読んだことある気がするぞ。レビュ書いてないけど。
だったら、エロがしつこくても、まあ、納得。
エロエロ妖怪バトルも納得。

よく見たら表紙も、ソファでガッツ挿入っちゃってる的な、下半身脱いじゃってますな絵だったのね。

0

雀影

セルフつっこみ

ドナドナ箱発掘シリーズ
ドナドナ箱の本を売りに行く前に、間違えて再購入しないようにここにれびゅしてあるかどうか確認しているんだけど、結構な高確率でレビュしてない。
良くも悪くも印象薄いと、レビュー後回しでとりあえずドナドナ箱。
200字以上のレビューって、簡単そうで実は結構荷が重い。

こってりめの作品が読みたかったのですが…

帯に『三角関係、職場不倫』だなんて書いてあったので
どんだけドロドロ!?と、
たまにこういう修羅場チックなものもいいかも、と
タイトルが結構直球ですが頑張って購入してみましたww

『さよなら、セックスフレンド』
伊澄はデザイナー事務所の社長で、
そこのオーナー(既婚者)と不倫をしています。
仕事には厳しくて、言い方がちょっとキツくて、
とらえどころがないように見えますが
セフレとして付き合っている社員の三春にしてみれば
寂しさを埋めてあげたくて、本当は自分だけを見て欲しいのです。

Hになると途端に可愛らしくおねだりするという痴態、
ギャップは好きですし、エロくなっていただいて大歓迎ですが
泣いてしまったり喘ぎが可愛らしいのが残念でした…。
出来ればもう少し男らしく
(といっても「うおぉ」とかじゃないですが!w)
感じてほしいなぁと個人的な感想です。

そして、三春だけじゃなく、社内の新人くんにまで手を出して
もしかしたらここは恋愛体質アピールなのかもしれませんが
嫌でした…;;

伊澄はオーナーと別れるつもりもなく、
とうとう事務所続きを辞めてしまった三春です。
伊澄はある夜、一人で灯りも付けず事務所に残り、
新人くんが忘れ物して戻ってきたのを三春と間違えて泣いてしまいます。
そこまでなら、ちゃんと三春を大事にしとけばよかったのに…。
失くして気づく大切さ、ってやつなんでしょうね。
ま、そこへ三春が訪れてくれますけどもw

「事務所開くのはまだだけど引き抜きたいから
オーナーと別れてついてきてくれ」なんてかっこいいね!!
何もかも手放すのは簡単じゃないけど、
きっと三春なら大丈夫!!
心ごと預けられるHで何度も繋がって、とても気持ちよさげでした。
年下の男が好きな人の為に頑張る姿っていいですね…。
至らないところもあるのがまたいとおしいw

…で、表題作は前・後編のみで、
あとは『ドSティックに抱いて』というコミックスの続編(?)、
『囚われの男』ですが、
恋人(受け)が襲われそうになって、その相手を虐げつつ
目の前で愛し合うというのがちょっと…あんまり好みじゃなかったかな…。
SとMっていう関係性は嫌いじゃないのですが。

『妖婚!お狐様と傲慢坊主』Act1~4は
私が単に妖怪バトルものは萌えと違うので
お好きな方は良いだろうなー…と。
そしてこれがメインかのような長さ(泣)


結果として、表題作の年下攻めの三春が健気だった!という感想です。
色々うるさくてすみません;;

2

表紙に惹かれて買いました♪

人間関係入り混じってるので一冊まるまる表題作ならよかったなぁ(´・ω・`)
表題作だけだったら神評価にしました!
長髪攻め最高です♪
他の本のお話の続きも入っていてびっくりしちゃいました
でもどのお話も可愛かったし絵も丁寧で好きです☆
エロが多めかな?
だけどエロに特化した作家さんという感じもないのでお話をじっくり読みたいな
ファンタジー物に出てくる動物たちが可愛かったです(///▽///)
表紙裏の描き下ろしも良かったな~~

0

新しい恋に飛込め

ほんと、表題通りの展開でしたね。
ただしサヨナラはセフレ関係を意味していて、その後は家族になりましょう的な話。
受けの桐谷はデザイン会社の社長、それも会社のオーナーである恋人に
桐谷のために作ってもらった会社なのですが、いつの間にかその関係は
桐谷の心に影を落としているような雰囲気なんです。

恋人なのに、その恋人はいつの間にか女性と結婚し家族を持っている。
今の立場は会社や立場まで与えられたまるで愛人待遇で、恋人を家族に取られる日は
寂しくて、職場の社員である、攻めになる三春と抱き合うことで寂しさを
紛らわせているが、その長さが次第に二人の関係を大きく変えてしまうことに。

社長とオーナーの関係を間近で見てきた三春は、桐谷の苦しさも切なさも全て見て、
いつの間にかセフレ以上の気持ちを桐谷に抱くようになる。
三春の独立問題を絡め、桐谷と恋人の惰性的な関係を三春が愛で打ち壊す、
そんな新しい恋のはじまりの話でした。

2

評価は中立かな。

あんまり受が好きになれなかったかな。まぁ可愛かったけど

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ