ナルキッス

nar kiss

那喀索斯之吻

ナルキッス
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神15
  • 萌×217
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
13
得点
179
評価数
50件
平均
3.7 / 5
神率
30%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799714072

あらすじ

自分の姿を見ればところ構わずナルシストの人格が現れてしまう成は、大学一モテメンの護にその秘密がバレてしまう。
しかし護とキスしたらナルシーから戻ることが判明!!
ナルになるたび優しくて紳士で王子様みたいな護がキスしてくれるけど、そのたびにドキドキして胸がキュンてなる…!
それに、護とのヤらしい夢まで見ちゃって、どうしたらいいの…!?

表題作ナルキッス

高階 護 イケメン完璧男 18才
本庄 成 極度のナルシスト 18才

その他の収録作品

  • Last kiss
  • ナルエッチv 描き下ろし
  • あとがき 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数13

少女漫画 

画風も中身もタイトルも、どうも少女漫画だなあと思っていたら
昔は、山岡まりこさんという小学館Cheese!の少女漫画家さんだったようです
男女に直しても、違和感がない話です
せっかくだからナル設定をもっと生かして、繋がっている最中にナル化しちゃう話とかも見たかったです

0

ちょっと特殊(?)なコメディ

う~ん、コメディ大好きなんですが、最初のつかみについていけず、そのまま最後まで置いてかれた感を味わった作品でした。
ノリについて行けずにすみません…。

主人公の成は極度のナルシスト、自分の姿を見たら3時間くらいうっとりしてしまいそのまま動けなくなってしまう。それが他人の瞳に映る自分の姿であっても…て、そんなことあるの?まぁギャグだから、て思って読んでたら→特異体質→二重人格ときて、え、あれ違う人格なの!?と思いました。
鏡を見たら自分が大好きな違う人格が出現。キスで封印、て。

文字にしたらなかなか面白い設定ですか、読んだときはかなりぽかんてなりました、ごめんなさい!
ギャグなんだと思って読んでたので(ギャグですが)展開についていけず、主人公のハチャメチャな行動のノリにもついていけず、ちょっとこのぶっ飛んだ主人公が苦手でした^^;
可愛いんですが!

気になったのは、成は自分を「可愛い・綺麗・完璧」て言って称えるナルシストですが、実際の成について周りからの評価がなくて、この子が超美形だとか周りからも思われてたらまだ説得力のある設定なんですが、そのへんわからなかった続きのが曖昧でナルシストってこういう普通の人でもなるんだっけ?て思ってしまいました。
攻めキャラである護はカッコイイとか周りから人気高いんですが。
この護も優しい好青年てキャラで、「いい人」って感じで面白みがなかったのも残念。

後半はナルシストである人格を封印するという、コメディ路線を外れていくのですが、ちょっとギャグにしろシリアスにしろ、中途半端に感じました。ぶっ飛んだ設定なだけに…ギャグなのかシリアスなのか。
いえ、本人たちは真面目なんですが、こっちはどういうノリで読めばいいのか…。

絵はすごく可愛かったしえろも好みでした!
その分お話が自分に合わなかったのが残念に感じました。

2

あっぱれ!!

絵もお話も好きで、作家買いしている猫野まりこさん。今回も笑いあり、切なさありの甘々なお話でした。

とにかく、成のナルシストっぷりが半端なく、毎回笑いました。そして、鈍感すぎます!護が好きだと伝えてるのに、全く聞いていません。ナルを直すためとはいえ、何度もキスしてるのに「親友だから」ですませているし…。そんな成とナルに根気強く、時には嫉妬全開で付き合う護がホント王子様のようで、かっこ良かったです。

成の兄弟もナルシストらしいので、他の兄弟のナルシストぶりも見たいと思いました。

4

なにこれ笑った

猫野さん!安定の猫野さん!
ギャグで設定も特殊でわらったな~!
なんで鏡見たらナルシストって…なんなんやー(笑)。
でも、しっかり流れがしていて、全然読んでてつまらないって思わなかった。
むしろ、護がめっちゃかっこよくみえたし、成もかわいい~!
ナルがね、また面白かった。やっぱり護のこと好きなんジャン!ってなったわ。
確かに、あとがきであるようにめっちゃ甘い。砂吐いた。
大丈夫だったんだぁ…久しぶりに甘いの見た。

4

王道!

丸ごと一冊全部がひとつのストーリーでした。

絵がキレイ!
初めてみた作家さんだったのですが、
とってもワタシ好みの絵を描かれる方のようで
ソコ(←ココ割と大事~w)も含め楽しめました。

内容も、明るくてGOOD。
シリアスがダメと言うのではなく!
明るくて、でもホロリと来るようなところもあり、と
王道まっしぐらな感じでとっても読みやすかったです。

攻め様が、結構ガッツリ睨みを効かせているシーンが多々あり
これもまたオカシくてw

もう少しひねりがあると、より一層楽しめそうだなーとは思えましたが、
でもでも、軽く明るく楽しめる作品でした。

3

甘すぎて恥ずかしい(/ω\*)

けっこう激し目?のBLを好んで見てる気がしますが、ナルキッスは漫画読み始めの初心に戻ったような感じがするお話でした。

たまには、こういう甘いのも見なあかんなぁとしみじみ。

甘いだけでなく初めて恋をする葛藤とか、自分のナルシストに悩みながらも日々明るく頑張っている成がよかったです。
そんな成を好きになって、なかなか気持ちに気づいてもらえないけど親友として成を見守る譲もすてき。
またかっこいいんですよね。

大学のトイレで擦り合い、最後のHシーンよりエロい気が、、、
もう、なんかごちそうさまでした♡

脇役達もあんまり深くは描かれてないけど興味ありました。
中でもいっちゃん先輩がお気に入り。ポテトチップス箱で何個も買って部室に置いとくとか、かわいい!

笑えるところもあり、大好きな作品です!

3

良いラブコメ

初買いの作家さん。
かわいい絵柄に王道展開で読みやすいです。

アホかわいい受けとハイスペックでやさしい攻めのカップル。
受けの成が天真爛漫でほんとうにかわいい!
表情豊かできらきらしてます。
成は鏡で自分の姿を見るとナルシストの人格が出てきてしまうんですが、
シリアスにこじらせすぎず最後はハッピーエンド。
先輩たちもいいキャラしているしもっともっと続いてほしいです。
個人的にナルシスト3兄弟のおはなしも読んでみたい!

こちらは運よくかわいいサイン本で買えました。
大切にします。

3

買ってよかったーー!!

はじめはタイトルで気になって、あらすじを読んだらこれは面白そうだな!と思って買いました。   いつも作家買いなので新品で買うのを悩みましたが、、良かった!!
すごくおすすめです☆
主人公の成が可愛いいのにハイテンションで嫌味がしません。女の子っぽい受けが苦手な方でも大丈夫です! 相手の護はイケメンなのに優しくてほんわか癒し系です。なので二人の恋の進み方が読んでいて和みましたね。設定も面白く、自分を見るとナルシストになってしまう体質で、普通のキャンパスライフの物語とは一味違う感じがしました。

一話一話の展開が飽きず、最後まで楽しく読めます!こんな可愛い絵なのにエロもちゃんとあります!!なんか妙に汁だく(笑)でエロいです。。。///

4

あははははははははっ((o(>▽<)o))

初笑いwww
と、言いたいところですが、読んだのは半月ほど前。
でもあまりにも面白くて、笑い声しか感想が書けないよ!!
となって、年始にとっておきました。
いやもうね、同人シリーズといい、何ですかね?このノリはww
あまりにもアホらしいノリがツボで、年始はじめに読み返しました♪


簡単あらすじは。
ナルシストに生まれたばっかりに、色々苦労している成くん。
鏡を見ると、ナルシーに変身してしまいます!!
イケメンで芸能人の息子、譲に特注コンタクトレンズを踏まれちゃった事をキッカケに、ナルシー変身を見られてしまい。
コンタクト弁償とナルシー防御役(なんとキスが防御に!)として、譲とはどんどん仲良くなります。
成にとって初めての友達、そして親友♪
譲の提案で、一緒に大学のサークルにも入っちゃいます。
でもそのサークルはおかしなサークルで…?!?!


成くんが(ナルシー)に変身すると、もっすごく俺様になるんですが。
このナルシーも含めて、譲は成を受けとめようとしてくれます。
ナルシストに暴走する成と、成を好きになってしまってエロ暴走する譲のやり取りが、続き本当にバカバカしいほど面白い!!
時々、子供向けのギャグ漫画かと思ってしまうくらいなんですが、エロがしっかり描かれているので子供には見せられませ~ん(>o<)

ネタバレになってしまいますが。
告白シーンの描き方が、昔読んだ青春学園もの漫画のようで、大笑い!!
あれはぜったい狙って描いたに違いない☆
そして、ラストにお風呂シーンがあるのですが。
ここで成がやっている事が、子供のころよくお風呂でやったよ!!ってまた大笑い☆
先生…初笑いしすぎて苦しいです~(>△<;

この笑い、ツボな人にはたまらな~い作品やと思います!!

5

かわいいっ

鏡をみるとナルシストに変身、そのナルぶりに笑っちゃいました。私、bl漫画で笑えたのはじめてかも・・・・まもるは、イケメン性格よし、こんな人いたらほんとモテモテだろうと思います。まもるは、なるのナルシストぶりというか女王様みたいな感じのときと普段のかわいいキャラ両方みちゃったし、あと手作り弁当に惹かれたんでしょうね。なるは友達と思ってるけど、まわりや読んでるものからみて恋人どうしのあまあま状態、まもるがちょっとかわいそうだったなあ。でも、けっきょく結ばれめでたしめでたし。
一冊まるごと二人のおはなしだったので読み応えばっちりでした。

あと表紙からして少女まんがぽくて、この本は本屋で買えました。blまんがって表紙からレジに持っていくのが恥ずかしいのが結構多くて私はもっぱら通販でかってます。

3

アップの表情の可愛さに胸キュン!!

「同人シリーズ」を読んだ時、
この世界観は学生モノの方が合ってるんではないかなと思ったので、
今回、同じテンションで学生!ということで、とっても楽しみにしていました。

鏡で自分の姿を見ると、
自分の中のナルシー(別人格)が登場し、破天荒な行動を取ってしまう成(受け)。
そしてそれを阻止出来るのが、護(攻め)のキス(実は勘違い)、
ってもう、設定からしてワクワクするのです!

天然可愛いドジっ子の成と、誠実で包容力のあるイケメン護という、
ある意味正しいBLキャラ二人の組み合わせ、
そして猫野さんなら、不安要素ありません☆

キャラのアップのコマが多く、二人の表情がとても丁寧に描かれています。
特に、成の屈託のない笑顔は天使のようで、ものすごくカワイイ~!
護が夢中になってしまう気持ちがよく分かります。
そして二人の身につけている服や靴、バッグに至るまで、毎回とってもオシャレ♪

護が成に告白をしようするも毎回成にハズされたり(無意識です)、
研究会のメンツに邪魔されイライラした護が激しく貧乏ゆすりしていたり、
ノラ猫が登場して告白を阻止されたり続きと、思わず笑ってしまう場面も多数。
吹出し外の台詞もひとつひとつが面白いです。
お互い想い合っているのに、なかなかくっつかないところもとても微笑ましかった。

大学のトイレでの抜きっこは、ちょっとだけ唐突な気がしました。
成は天然なので、意味を理解していない設定ですが、
さすがに大学生ですから、ここまですれば、護の想いが伝わるのでは…?
ギャグキャラで「またやろうね!」と言われる護が可哀想すぎでした☆
自分的に、いっそこのシーンはない方が、ラストの二人の心が繋がった後のHが生きるんじゃないかと思ってしまいました。
やはり、初めてお互いの体に触れる場面は、大切にして欲しいな~。

そして好みが分かれそうな3等身のギャグキャラですね。
「同人シリーズ」でも思いましたが、流れに合っていれば違和感がなく、とても楽しく読めますが、シリアスなシーンでの登場は控え目にして欲しいかなぁ。
阿仁谷さんの「ミクとネオ」を思い出しました。

研究会の市川先輩が、ちょっと気になるキャラでした。
あて馬として、もっとグイグイ来て欲しかったですが、
成のお兄ちゃんと面識があるようなのでスピンオフがあるのかな?
だとしたら楽しみです!
後姿だけの成のお兄ちゃんにも、興味シンシンです。

ギャグ要素てんこもりで、一見コミカルな作品ですが、
主人公自身が多重人格に苦しんでいるというのは、見方によっては重たいテーマかも知れません。
そこを、“もう一人のナルも、成の一部なのだから、彼ごと愛している”という、護の揺るぎない気持ちで、作品をきちんとした形でまとめているのがすごく良いと思いました。

5

愉快可愛い、テンションMAX

表紙の雰囲気からしてあの『同人シリーズ』と同じ作家さん?と最初作者名を見るまでわからなかった本(汗)
しかし読みはじめると、おおーこのテンション!
そして全体的に愉快だけど作者さんもおっしゃられているように糖度高め。
それが最初から最後まで、ゆるむことなく怒涛のようにおしよせてくるから、まるで大食い大会かダービーに出た馬の気分☆(?)
元々が糖度高めだとはおもうのですが、そこにかわいらしさが追加されて、最初から最後までとても堪能した1冊となりました♪
あ、自分的にキュンキュンもありましたv


生まれた時からナルシーの成宮は、鏡があると所構わずナルシー発揮してしまう為にそれが悩みのタネ。
自分の顔がよく見えないように装着しているコンタクトを落としてしまい、それを踏んだのがイケメンモテメン家柄良しの完璧男・衛。
彼にナルシーを知られてしまい、また衛もそのモテメン要素によって人から正統評価を受けないことが悩みだと、ほんとうの自分を知ってもらえない事が悩みな二人は似たもの同士とシンパシーを感じて親しくなる。
そして衛は成宮に恋を覚えキスをするのだが、そうされてもナルシー続きが出なかった事で、成宮はトキメキを覚えたはずなのに、ナルシー予防策と勘違い、しかも親友と勘違いして、そのまま二人の想いのすれ違いが続いていくというもの。

成宮の天然っぷりがはじけてます!
ナルシーだったから友達もできなかったし、彼女もできなかったから勘違いしちゃったんだね(笑)
親友がキスするか?エッチするか?
それがわからない成宮にイライラするどころか、可愛くてねぇ~♪
結構彼は純粋だと思うんです。(ちょっとズレてるけど)
それにナルシーが二重人格という表現をさせているのも注目ですv
否定された自分と、否定しながらも上手くやっていきたいと願う自分と、
ナルシーの成宮はクールで高慢なのに、ナルシー発動している時上半身裸の変態チックテンション見せるそのギャップも変だな~と思いつつ、やっぱりそれも成宮だvと納得。

衛が正常キャラで、彼が平常に引き戻してくれる役割をしてくれます。
でも、成宮かわいいから惚れるのわかるな~。

入ったサークルの愉快な面子も邪魔しない程度にいい味出して、二人の恋愛の進展に貢献してくれてますし、バランスがよかったです☆

たのしい、かわいい、面白い、かわいい成宮にちょっとキュンとする、
ナルシー設定で1冊テンコ盛りになるほどのこの本、「ごちそうさまでした!」とてを合わせる。。。

7

可愛いナルシーちゃん

重度のナルシストぶりで友人ももちろん彼女もいない成が本当の恋に目覚める話。
可愛いナルシーぶりが萌え萌えなお話でした。

大学でも有名なナルシスト、でも自分では必死にそれを隠しているけれど
実はみんなにモロバレしているくらいの変人気味です。
そんな成が出会い頭にぶつかった相手は同じ大学のイケメン護。
護は親も有名人なイケメンでなんでも完璧にこなす男なのですが、自分より優れてる
護が成は大嫌いな相手だったりします。

そしていつもは特注コンタクトで隠しているもう一人の自分が護のイケメンぶりに
つい飛び出してしまう。
もちろん二重人格ではなくて、極端なナルシーぶりの再発行動です。

しかし、その姿に実は一目惚れしちゃう護くんは、それから成の事情を知り、
コンタクトも壊れて不便な成の手助けをする目的で行動を共にする。
成はナルシーな自分を拒絶もせずに受け入れてくれた護をいいやつ認定し、
親友として付き合うようになります。

成のナルシストぶりも激しいけれど、護の嫉妬深さも相当なもんでした。
成は護が親友として良くしてくれると思い込んでいるし、今まで自分以続き外に
好きな相手なんかいないからなかなか恋に気がつけない。
護も何度か思いを告白しようとするけれど、その度に些細な邪魔が入ってしまう。

ふたりの付き合いは傍から見れば立派な恋人なのに、成本人が気がつかないのも
護がお気の毒なくらい面白い。
極端ナルシーに変化して女王様キャラになる成を護のイケメンアップキス攻撃で
可愛いナルシーに戻す行為も全ては愛のなせるワザ。
成が恋に気がつくのはいつになるのかという可愛くてコミカルだけど、
恋する切なさも描いてる以外に胸キュンなストーリーでした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ