青春ギリギリアウトライン

seishun girigiri outline

青春ギリギリアウトライン
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神13
  • 萌×215
  • 萌9
  • 中立4
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
11
得点
156
評価数
41件
平均
3.9 / 5
神率
31.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
イースト・プレス
シリーズ
AZ comics(アズコミックス・イーストプレス)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784781610917

あらすじ

意味深な視線をよこすクラスメイトの檜山から告げられたのは、「愛してる」という告白だった! !
予想していた言葉に驚きつつも、男同士の恋愛なんて信じられない渡島は、当然の如く拒絶する。
だが、めげない檜山。その一途な想いに次第に檜山を気になりだす渡島だが、素直になれない自分がいて……
友情?それとも恋?二人の関係は変化していき――! ?

表題作青春ギリギリアウトライン

野球部のエース 檜山大成 高校2年生
クラスメイト 渡島北斗 高校2年生

その他の収録作品

  • 青春カウントダウン
  • 描き下ろし

評価・レビューする

レビュー投稿数11

野球部萌え!

とにかく私は野球部が好きなので私と同じく野球部が好きな方にはとにかくおすすです!
野球部の話がそこまででてくるわけではありせんが攻めのユニフォーム姿を見ることができて私的には凄くよかったです!
受けの子はとにかくかわいかったです。
ツンデレ?っぽい感じが凄く私的に萌えました。
2人で旅行に行くという学生設定ではなかなかないシチュエーションも見れて凄くよかったです!
とにかく受けの子の事が大好きな攻めがなんともかわいいです!

2

掛け合いのテンポがいい

男女共学高校にもかかわらず、モテモテ男子にロックオンされちゃった中の下男子君のお話。
高校2年生のクラス替え、見知らぬ男子にいきなり友達になってくれと言われて以来、熱い視線で見つめられ続けて、「なんだよ、はっきり言ってみやがれ」って啖呵きったはいいけれど、いきなり抱きしめて「愛してる」は、いくら何でも、ムリだろう。
って、この一連の流れの掛け合いがとってもテンポよくって笑える。
その先も、お約束のように体育倉庫に閉じこめられてみたり、修学旅行じゃ元カノと偶然会っちゃったりと、高校生らしいエピソードが続く。
好き好き言っていても、いきなりガツガツエチになだれ込んだりせず、本編ではキスや触りっこどまりで、初エッチが、書き下ろしの福引きで当たった温泉旅行てところも好感もてる。
高校生物としてはこんな感じが一番好きだな。
欲を言えば、檜山がもっとがっしりと男っぽくてもよかったのに。
野球部期待の2年生エースで、女子にしょっちゅう告られているモテ男感がもうちょっとはっきり伝わって欲しかったな。

2

可愛くって王道フレッシュな高校生BL

悩みも恋も望みも願いもすべてが青々としていて爽やかな一冊です。
年頃の男の子だからこその迷走や悶々とした気持ちが描かれているのでひたすらに可愛い!

思わず感心してしまったのは攻めである檜山の押しの強さ。男同士なら黙っているだけじゃあ恋愛始まりませんものね、押しも強くならざるをえないのかな。
渡島に対して一生懸命に想いを伝えようと努力していて、非常に好感が持てました。(あのまっしぐらっぷりはひとつ間違えると嫌われるコースですが、それもこれも若気の至りで可愛いのです)
野球部のエースうんぬんを除いても、こういったストレートで分かりやすい性格だからこそ女性にもモテるんじゃないのかなぁ。だから渡島も檜山を拒絶しなかったのかな、と感じます。
お勉強は苦手なようですが、檜山は<一般的な理想の男性像>みたいなものを兼ね備えているように思いました。……あとがきでも書かれていますが、渡島すきすきで残念なコ、というのも可愛いポイント!(笑)

渡島もまた可愛い子でした。檜山の押しと情熱によってずいぶん悩まされている様子でしたが、その苦悩を読者目線で見るのはとても楽しいものです。
檜山は続きストーリーがはじまったときから渡島のことをスキスキでしたが、渡島はゆるやかに彼に惹かれていくので、どうしても序盤は温度差を感じずにはいられません。
でも次第に嫉妬したり煩悶としたり渡島の心にも変化が見られ、ああこのふたりの恋愛は甘酸っぱいなぁ~と覗くこちらは照れくさくなっていくのです。青春、青春だわーと何度口にしたことか!
また描き下ろしでは渡島から檜山へきちんと「好き」を伝えていて安心しました。ツンデレくんですから、これはずっと甘々ターンないんじゃないのか!? なんて思っていましたので…!
石狩くんの理解も得られ、少しずつながらもふたりの関係は進展していって、そしてそのまま甘酸っぱいふたりが大人になるのかなぁとほっこりします。

評価を中立にしたのは個人的な感情でして…。檜山、強い野球部のエースピッチャーなのに、練習を仮病で休んだり試合前のときに旅行行ったりそういうのイイのかなーとどうしても納得できなかったのです。メインがラブストーリーなのは重々承知ですが、この引っかかりが大きかったため中立といたしました。

ですが爽やかで好感の持てる作風は確かなものです。
カバー下のおまけ漫画も色々な可能性を秘めていて実にいい! 渡島がオフェンスをこなす日は果たしてくるのかしら…!? アリだと私は思います!

3

惚れてまうやろー(//∇//)♪♪!!!

1冊まるごと、檜山くんと渡島くんのお話♪

なにコレ、ニヤニヤがとまんない♪(*´ω`*)♡♡

表情、展開が1話1話ごとに充実していて、なんといっても
渡島くんの表情や態度が可愛すぎっ!! (//∇//) ♪♪惚れてまうやろー♪♪!!!

等身大の男の子たちの、ラブラブゲージが自然な流れで上昇していく…タマラン♪(//∇//)

会話のテンポもほどよく、エロもほどよく、心が満たされるコミックです♪

オススメコミックとして一票(*´ω`*)

3

友達になってくれないか

「『友達になってください』つったんだろ!!てめえ!!」
「『付き合ってください』なんつったら、てめえ引くだろーが!!」
という帯のコマに惹かれて購入。
適度にドリーム入れつつ、ほぼ等身大な高校生カップルの青春ラブにきゅんきゅん☆
テンポ良く進む会話と、馬鹿すぎず暗すぎないトーン。萌え×2でした!

マイペースな野球部員檜山(O型)×強気だけどほだされやすい渡島(AB型)
檜山に告白され、念を押して断る渡島。
「…ねえだろ」→「いやぁ…ないない」→「ないよっ、絶対にな!!」
ないとか言いながら何度も真剣に考えてます(笑)

振ったけど檜山の事が気になってしょうがない渡島と、振られてもストレートに感情を表現する檜山ですが、曖昧でぬるま湯な関係は長く続かず。
「付け入る隙がありすぎて諦めがつかねぇ」
と迫る檜山に、
「0か100かって言うなら、ゼロだ。もう友達でも何でもねぇ」
とどめをさす渡島。

ですが、『ゼロ』の状態に耐えられなくなったのは渡島の方。
「…ひゃ…100でいい」
とギブアップ宣言。
とはいえ100%甘々にはならないのですが、渡島から漏続きれ出るオーラは間違いなくピンク色。幸せの予感いっぱいです。

同人誌作品5話に加え、描き下ろしでは2人の初Hシーンも。こちらも初々しくて爽やかです!

2

男子高校生の日常?

野球部のエースは恋も直球ど真ん中!


えのきさん(原作)+五浪さん(作画)=えのき五浪さんの初コミックだそうです。
昨年11月のJ庭でこなれた絵柄の表紙に惹かれて購入した作品がいきなり商業コミックスで発売されていたのでビックリしました。


高2の渡島はクラス替えで一緒になった檜山から告白をされますがノンケらしく混乱→わかりやす~い拒否態度をとります。
しかし、たった1日冷却期間をおいただけで物足りない、寂しいと思う自分に気づいてしまいます。
それまでいつも傍にいて何を言ってもめげない檜山から愛の豪速球攻撃を受けていた渡島がいつの間にか、ほだされていたというお話です。

帯に「ムッツリ×ツンデレ男子高生」って書いてありましたが檜山からは全然、ムッツリを感じません。
※巻末に少々、それっぽい描写はありますが。
檜山は一生懸命なスポーツ選手らしい芯の強い真っ直ぐな子です。
そんな檜山に押し切られて真っ赤になりながらワタワタと恥じらい強がる渡島が可愛い!

ザッツ☆ツンデレ!
初めての男子同士の恋に高校生があたふたしながら、くっつくまでの話なんですがスッキ続きリした絵柄で読みやすくテンポも良いです。

後半に収録されている【青春カウントダウン】は初読みでしたがコメディっぽい中にもきゅん、とする場面があり私的には当たりな内容でした。

冒頭から檜山が「渡島スキスキ!」だった理由(いきさつ)の種明かしから入ります。
作者さん曰く【中の下主人公】渡島が俄然可愛くなってくるんですよ、この辺りから(笑)

鹿に追っかけられたり一緒に観光してイイ感じだったのに檜山の元カノに遭遇して対抗心むき出しでヤキモチやいたことから少しだけ仲が進展した怒濤の修学旅行。
いつもと違う場所で見る相手の姿にときめいて素が丸出しになる高校生の単純可愛さイイですねぇ。
大事件がない話だけにこういう仕掛けが巧妙です。

修旅だ!同室だ!間違って酔っぱらって隙だらけだ!でどうなるかとワクワクした初夜は触りっこだけ。
高校生だもの、これが精一杯だよね…って舌打ちした私の目に飛び込んできた檜山の涙。
…つられてホロリとしてしまいました。
半信半疑で友だちの枠を越えた後も変わらない態度でいてくれる、好きな人に拒絶されない嬉しさとやっぱり好きだと自覚した瞬間に溢れる涙。
ピュアだよ…モテモテイケメンなのに檜山ピュア…そんな檜山の頭を抱きよせるちょっぴり罪悪感の混じる渡島の表情が良いです。
まだちゃんと好きって言ってないですからね、渡島は。

ここで甘酸っぱいもどかしさを抱えたまま終わるのも有りだな…と思った私は甘かったです。
スミマセン、高校生侮ってました。
巻末にマジ初夜キター(゚∀゚≡゚∀゚)
温泉!浴衣!そして準備万端だな、檜山(笑)
生理現象だけでない満ち足りた想いで零れた涙とともに告白できて良かったね、渡島。

結ばれた翌朝、露天風呂で朝陽に向かいながら語るラストシーン大好きです。
渡島が口癖のように檜山に言っていた物騒な台詞に絡めた会話なんですが晴れて伴侶となった関係らしく、とぼけながらも先を感じさせるニュアンスが可愛かったです。

‐‐‐‐‐‐‐‐

とにかく絵が巧く話にも無理がありません。
でもせっかくだから同人誌に集録されていたカラオケの話も集録してほしかったなぁ。

カバー下の渡島の妄想グッジョブ!
オフェンスを巡る彼らのアレヤコレヤを想像してニヤニヤしました。



4

王道!

これぞBL!な作品です。

表紙の印象だと制服着てる方の渡島が繊細でおとなしそうなイメージだったけど
けっこう言いたいことはっきり言うツンデレでした。
攻めの檜山が告白して、渡島がだんだん意識するようになり
好きだということを自覚するんですが、
はじめて二人で触りあったあとの檜山の涙にキュン。
「こんなんなってもやっぱり渡島だ」というセリフに檜山のいままでの不安があらわれていて泣けました。

展開もありふれた高校生ものでイラストもシンプルなのに
どうしてこうも萌えるんでしょうか!
もう何度も読み返してます。

2

王道な感じ

こちらのレビューをみて購入しました。
私はこの感じ好きです。

甘すぎなくエロすぎなくといったところも魅力的です(´∀`*)

渡島が檜山に対して気持ち悪いとかいいすぎてかわいそうだなーって思ったりしました笑

倉庫に閉じ込められるところがすごく好きです

消しゴムをくれたとか修学旅行とか、ちょっとベタすぎるかなって思うところもあるのですが、それを越すほどの萌えがありますね・:*+.

これの2巻は出ているのでしょうか??
出ているのだったら絶対に買います。

4

青春してるね

高校生同士のなんとも気恥ずかしいような恋のお話でした。
檜山のあからさまな渡島への態度や行動が読み始めの全面で出ていて
これで相手への恋心がわからないような相手はいないだろうと思えるのです。

熱視線を向けられたクラスメイト渡島もこれにはたまりません。
言いたいことがあるならと言ってしまうのですが、それが後悔のもと。
逆にギリギリ保っていたような友情関係がギクシャクしてしまう。

クラスメイトで高校生、それに同性同士、思春期真っ盛りの青春を感じる作品で
悩める高校生男子って雰囲気がなかなか良かったです。

5

ザ・高校生

この作品もまた、自分にとって”ザ・高校生”な1冊でした。
主人公の2人のキャラ具合の絡み方がとってもいいのです♪
帯に「ムッツリ×ツンデレな男子高生の青春コメディ」とはあるけれど、ムッツリではないかも?
それぞれの押したり引いたりの具合と、特に受けになる子のツンデレ具合がとても男子っぽくて、ひょっとするとそれが自分の好みにマッチしたかもしれません。
あ、もちろんキュンもあります☆☆


2年になり同じクラスになった檜山に「俺と友達になってくんねぇか?」と言われ、?と思いながら「別にいいけど」と答えて以来、いつもじっと見つめられている渡島(おしま)
こいつホモなんかな~?と思いつつ「言いたい事あんなら言えよ!気持ち悪いから!!」と叫ぶ渡島に檜山は「もっと気持ち悪い事になるから言えねぇわ…多分」と答える。
そしていきなりの「愛してる」という檜山の愛の告白に渡島は「男同志で愛なんてあってたまるか!!」と怒りの応酬。
こんな始まりから、思い切り渡島がツンデレながら檜山を完全に意識して、二人の距離が縮まるまでが表題。

そして、二人の初めての出会い=高校受験のエピソードか続きら修学旅行のエピソードが【青春カウントダウン】
描き下ろしの温泉旅行=初体験と続きます。

それぞれのキャラクターがいい!

檜山がいきなり「好き」を飛び越えて「愛してる」って言ったセリフにギョエー!って思ったんですけど、そのシチュエーション・・・雨が降ってる放課後の教室で二人きり・・・あ、コイツ雰囲気に酔ってるな(笑)
でも、すっごく好きって気持ちが伝わってきます。
渡島がキれたり、突っ込んだりすればやりあってみせる普通の男子な様子も見せるけど、案外男っぽいんです。
それに決定的に否定されれば、きちんと引いて潔さも見せる。
檜山は何故かとてもモテる設定なんですが、何だかわかるような気もしないでもない。

渡島だってちゃんと男ではあるんだけど、ツンデレな分男の子って感じかな?
告白されてとても意識するようになって素直になれないんだけど、ツンデレの極地・背中からとび蹴りかましたり、何かその姿がすごくかわいく映る。
気になるけど自分でもよくわからなくて、そしてツンデレる。それがいいのです。

告白されて意識して、という流れも告白されるまでに3カ月の友達期間があるわけで、その間ずっと見つめ続けられていたと思えば、すでにその素養があったということでこの話の展開もとてもスムーズなのです。

二人の出会いのエピソードである、受験の時に檜山が消しゴムを忘れて渡島が半分割ってくれた、それを「奇跡のパワー消しゴム」って呼んでる話はよかったな~そこでもう檜山には恋が芽生えていたんです。

その後の修学旅行エピソードは檜山モテまくりで、旅行先で元カノと再会、夜は夜で同じ学校の女子に呼び出され、どんだけ檜山モテてるんだ!!ってなものですが、
その前フリに友人達と脱童貞の話をしていて、すでに檜山は…というのがあったので、渡島の不安を呼ぶ原因にもなっていたと、ここでもいい展開の見せ方をしてるんですよね。

ストーリーにも無駄がなく、キャラクターも特徴がとてもよく出ていて
真っ直ぐで渡島一途な檜山もしかり、ツンデレながらもそれがどんどんかわいいツンデレになっていく渡島。
彼等の側にいる同級生達。
高校生らしさ(自分の考える)が日常の学校生活の中で見せてくれていて、実に等身大の男の子達が恋の階段を上っていく姿にキュンとさせるものがあるのです。
萌×2に非常に近い萌です

4

これぞ青春ラブコメ!ムッツリ美形攻×ツンデレ地味受にキュン♡

「男同士で愛なんてあってたまるか!!」帯にでかでかと書かれている渡島の台詞に、熱い視線をおくる攻と少し困った表情の受が描かれた表紙、あらすじを見てもわかるとおり学園王道モノなんだろうと楽しみにしていましたが本当に面白かった!キュン萌えさせてもらいました♪やっぱり学生モノは大好き!

冒頭から放課後の誰もいない教室に渡島(受)と檜山(攻)が2人きりという何か起こってくれるであろうシーンから始まるわけですけど檜山の視線が凄いです。熱いです。熱視線ってこういうことを言うんですね(笑)
そんな空気にたえきれず言いたいことがあるならはっきり言えと渡島が言うわけなんですがまさかの檜山の告白に「男同士で愛なんてあってたまるか!!死ね!」と逃げてしまいます。
ところが翌日登校してきた檜山と目が合い赤くなる渡島。あれ?もう意識してるんじゃん!と思いますがそう簡単にはいきません(笑)
主役で受の渡島は見た目は地味というか大人しそうなんですけど性格がツンデレだし素直じゃないし気が強めなので、最初の方は彼の口から「死ね!」「殺すぞ!」という言葉が何回出たことか(笑)だから攻である檜山が猛烈なアプロー続きチを送り続けるんですね。
もうとっくに檜山に惹かれているのに渡島がなかなかそのことを認めず進展したと思ったら後退してケンカしてゆっくり進んでいくそんな2人のやりとりを甘酸っぱい気持ちで見守れます。キスシーンがこんなにもこそばゆい気持ちになるなんて(笑)あと笑えるシーンが多くて2~3ページのわりあいで笑わせてくれますよ。
渡島と檜山はどちらも気が弱い方じゃないのでよくケンカをするのですがそれが夫婦漫才をみているようで(笑)
そして忘れてはいけない渡島の友達の石狩くんと胆振も魅力的で4人でわいわいしてるシーンが楽しいんですけど、それだけじゃなくて。胆振の「彼女と、とうとうしちゃった」発言で檜山と石狩くんはもうとっくに童貞じゃないことがわかってしまったり、修学旅行先で檜山の元カノに遭遇したりと2人の仲を少し進展させるのに良い感じにサブキャラ達が働いてくれるんです。と言っても2人の仲に気づいているのは石狩くんだけなんですけど(笑)石狩くん×胆振をぜひ見てみたい!落ち着いた攻にお馬鹿な受って萌える♥けど絶対に無理なんだろうな…残念。
檜山は正直最初は見た目がタイプではなかったんですけど読んでいくうちに素敵に見えてきて、も~めっちゃカッコいいんですよ!無口でムッツリなところも女の子によく告白されたり元カノに言い寄られたりしてめちゃめちゃモテるのに渡島しか眼中にないところとか♥そして実は檜山と渡島は入学する前に1度出会っていてそれからずっと好きだったのに渡島には思い出の消しゴムを汚いと言われ忘れられてたり(笑)修学旅行先での夜に初めて触りあうだけのHをするんですけど檜山が泣くんですよ。普段強引というかわりと強気なくせにいざ本当にこういうことをして渡島に嫌われたらと心配だったんでしょうね。渡島の態度が変わらないことに安心して泣くんですけど胸がジーンとしました。愛おしすぎる!
掻き下ろし漫画で福引で当てた旅行先で渡島と檜山がようやく初めて結ばれます♥も~2人のやりとりが本当にキュンキュンして口数は少なくても色っぽい。そしてここで初めてちゃんと渡島の口から「好き」って言葉をきけたのもよかったです。個人的に初Hのシーンが丁寧に描かれているのと、翌朝の2人のニヤニヤなやり取りが良くて本当にご馳走様って感じです(笑)本のカバーもぜひめくってみて下さい。帰りの電車での2人【渡島君はまだ専門用語を知らない】がみれます♪檜山の受か…少し見たい気も(笑)
やわらかく可愛らしい絵があまあまほのぼのな話にぴったりなのも良かった。これが初コミックスとのことで、もっとこの作家様の他の作品も見たくなりました。
とにかくキュンキュンしたい、笑いたい、癒されたい、ピュアな気持ちになりたいという方にオススメです(*´∇`*)

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ