からすま君

karasumakun

からすま君
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌13
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
69
評価数
22件
平均
3.3 / 5
神率
13.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784834262339

あらすじ

「僕を喰えよ──」
都心の公園に住んでいたカラスの烏丸はある日雷に打たれ大やけどを負った一羽の鳥を介抱する。「飛鳥」と名乗ったその鳥は、記憶を無くし自分が何者か分からないと言う。まっすぐな飛鳥に次第に惹かれる烏丸と記憶を無くした飛鳥に突き付けられたのは飛鳥の元恋人の死と飛鳥が烏丸の天敵である「鷹」だったという事実だった。

表題作からすま君

雷に打たれて記憶を失った鳥 飛鳥
公園に住んでいるカラス 烏丸

その他の収録作品

  • その後のからすま君
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数7

ほんわり楽しめます

いいですねー、今度は鳥です。
そしてまたしても、傷ついてお世話されてた方が実は強くて、一生懸命お世話してた方が捕食される側の鳥でした。
噂には聞いていたけど見たことがなかったから、太った雀だと思ってたとか、「俺を食ってくれ」とかなり切ないシーンのあとで、服を脱がそうとする鷹にたいして、「あ、服が邪魔なのか」と自分で脱ぎ出すも、いよいよ本格的にさわられると、「あれ?なんか違う?」とようやく食べられるの意味が違うことに気づきます。そんな、知恵はあるのにちょっと天然な烏丸くんがめちゃくちゃ可愛いです。

続編も期待したいところです。

0

いとしの烏丸くん♪

あいかわらずかわいらしい作品でしたな(*´Д`*)
虎と狼の擬人化の次は、鳥ですか。
擬人ものっていいですよね。不自然じゃないならなおさらモユル
人型でいちゃついてるのもいいですが、たまには、動物のかたちで
イチャツイて見えるとまた面白いかもしれんな~と思ってみたりな今回。

みんなのアイドル烏丸くん。
不自由なく暮らしているさなか、いっぴきの傷ついた鳥を拾う。
記憶を失った彼を世話していくうちになかよくなり、
離れがたくなり。しかしそれはなんと天敵の・・?!
なお話。
全体的にはちゃんとまとまっててかわいらしいお話。
もうすこし盛り上がりがってもいい気はしますが、
春野作品らしいというか、ホワンとしたしあがりが良かったんじゃないでしょうか。

烏丸くんの笑顔に癒されることには間違いないw

1

今度は鳥擬人化

今回の主役となるカラスの烏丸。
頭もよく真性のヒモって感じで始まってたから、
どんなカラスなんだと思っていたら
恋愛に関しては全く初心な烏丸でした。
それにヒモっていうイメージからは考えられないくらいの良いカラス。
ヒモっていうより庇護欲を掻き立てられるような感じでした。
そして意外と天然ちゃんだったので可愛かった。

怪我をしたタカはカラスの天敵なのですが、最終的に自分の居場所には戻らず
カラスたちの仲間になってます。
最初は周りから警戒されてましたが「烏丸廃」として認定されたようです。
そして私は「烏丸廃」の意味が解らず…???
烏丸が廃れるってどういうことなんだろう…???って。
ネット検索でなるほど~でした。

0

俺を喰ってくれ

狼さんたちのお話がよかったので、これも読んでみました。
今度は鳥さんたちのお話。

からすま君はその名の通りカラスさん、飛鳥はタカです。
カラスはタカに捕食されることもあるそうで、途中でそれに気づいたからすま君は食べられるんじゃないかとドキドキしたりします。

からすま君はどうもヒモ体質なのか、まわりのみんなにいろんなものを貢いでもらって生活をしています。それについてとくに疑問に思うこともないようで、天性のアイドルというかヒモというか(笑)頭はいいのに天然で、とってもかわいかったです。
飛鳥は体力あるけどあほの子、って感じ。
どちらもすごく純粋でよい子で、読んでいてほんわり癒されました。

基本ほのぼのしていますが、からすま君が「俺を食ってくれ」というシーンは切なかったです。そして会いに行った飛鳥の恋人がもうなくなっていることを飛鳥に伝えられないからすま君にも。

描き下ろしは、烏丸君がみんながタカの飛鳥と仲良くしてくれるか心配してたら、飛鳥の天然ぶりと一途さにより立派な烏丸廃認定として受け入れられる、というお話。
「烏丸廃」にウケました。烏丸君、そういう扱い続きだったのね(笑)

1

広く浅くから深く狭くへ

今回は鳥の擬人化モノ
トラさんと狼さんとはまた違った味があってほのぼのしています。


雷に打たれ傷付いた鳥を保護したカラスの烏丸くん。
その鳥は記憶を失っているのですが飛鳥という名前と以前花と鳥がいる場所にいた事、美人な恋人がいた事を想いだし、烏丸くんは飛鳥をそこと思われる場所へ連れて行くのですが・・・というお話。

この烏丸くん、カラスだけに賢い。
そして彼が住む公園では鳥たちが仲良く共存して暮らしているようで、どうやら烏丸くんは皆に溺愛され世話をされて生活しているよう。
飛鳥はヒモ体質といいますが、後になってわかった年齢から、きっと烏丸くんはまだ若い(ある意味幼いのだと思われます)だから皆がお世話してくれている?
親に顧みられなかったことから皆から愛されたいと思う愛情欲求が強い為、一人を深くという思いを持ったことがない烏丸くん。
そんな彼が雷の光と共に落ちてきた飛鳥に多分一目ぼれをするのです(当人は気がつかない)

カラスと言うとずるがしこいというイメージがあるのですが
社会性があるとか頭が良いとか、ポジティブな面を出して暗いイメージはまとっていません続き
また作中烏丸君は地図を読んでいますが、カラスって人間みたいに色とか個体の識別ができるんだそうですね。そんな部分も多分特徴として取り入れているのだと思います。

対して飛鳥は若干天然気味に描かれている感じがします。
飛鳥は鷹なのですがそうした人工の場所で飼育されていたから野生の本能は多分あれど世間知らず?な部分をそうやって描いているのかな?と思います。

優しいカラスに優しい鷹。
二人が公園で仲間達と上手く共存して仲好く暮らす姿の終わりにほっこりするものを覚えます。
貢がれ体質の烏丸くんゆえに、他に負けじと頑張る飛鳥だが、ポテト1本・・・(爆笑♪)がんばれ!飛鳥と思うのです。

2

チビきゃらかわいいな。

公園に住んでいる?からすまくん。
雷にうたれた鳥を保護し手当してあげる。
雷にうたれ記憶が曖昧な
綺麗な鳥は飛鳥という名前だという。

この2人のお話です。
鳥。どうやってこれを描くのかなと思いましたが、姿は人間です。

飛鳥には恋人がいる
飛鳥は天敵の鷹だった。

ちょっと、いやかなり切なかった。花鳥園。
そこでの出来事。
満腹でもおそったりするのかなとか色々考えてしまった。
食物連鎖なのだから当然だろうけど。

無事に2人は恋人になるのですが
飛鳥のポテトだけじゃ生活できない。。。。。

がんばれ飛鳥。

1

やっぱり動物モノはいいなぁ♪

「デキすぎ君とヤンキーちゃん」はイマイチしっくりこなくて、
あれぇ?と思っていたのですが、コチラの新刊はとても楽しめました~♪
春野さんの作品は学園モノや日常モノより、動物モノの方が断然好きだなぁ。
今回は鳥ですよ☆

都会にある小さな公園に住むカラス(受け)と、
雷に打たれてその公園に落っこちて、受けに助けられたタカ(攻め)とのお話です。


献身的な介抱が恋に発展・・・ありがちなパターンですが、
それぞれの設定がなかなかユニークでいいなぁと思いました~

受け(カラス・表紙左):
仲間のカラスから食べ物をもらって生活している、
笑顔が可愛い真性のヒモ!?・・・と思いきや、親切でなかなか賢いヤツらしい・・・??
でも助けた攻めがカラスを食べるタカなのには気づかずw
強がり大人ぶりつつも、
タカ相手に初めての恋をして心乱される様子が、子供っぽくもあり可愛い~~

攻め(タカ・表紙右):
カラスに比べると大人、余裕アリ(でもちょっと残念な部分もアリ)のイケメン。
雷に打たれたせいで断片的に記憶喪失。
でも、とても大事にしている美人の恋人がいるみ続きたい!

傷つかないために深い愛情を求めずに生きてきたカラスが、
恋人のいるタカに恋をする。
でもタカを元の居場所に送り届けて知ったのは、既に恋人は死んでいるという事実。
記憶喪失のせいで二度も恋人の死を知らされ傷つくことになるなんて・・・
そう考えて、タカの気持ちを想いボロボロと涙を流すカラスの姿が切ない。
そして、彼女を好きだった・・・と言うタカに、
自分の想いは報われないのだと死を覚悟して「俺を喰えよ」と・・・。

でも喰えって・・・別の意味にも・・・なるんだよねw
カラスは実は何も知らない童貞で、
手でイかされても何事が起きたかよく分かってない・・・とか、可愛すぎでした☆
タカの誠実さとまじめな愛情が伝わるエッチはなかなかよかったです~

描き下ろしのその後では、
タカがカラスの好物のマッグポテトをゲットしようと奮闘~~
残念オーラ満載になっているタカが可笑しかったw


切なさとコミカルが上手に合わさった1冊でした~♪

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ