ぼくのひとみ

boku no hitomi

ぼくのひとみ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×24
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
61
評価数
18件
平均
3.4 / 5
神率
16.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ホーム社
シリーズ
EYE'S COMICS BLink(アイズコミックスブリンク・ホーム社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784834262346

あらすじ

そのヒトミは誰のもの?
真野銀河は、最近ルームメイトになった喜多村 瞳が少し苦手。男にしては綺麗な顔立ちで、妙に色っぽい雰囲気のある彼は、前の寮ではなんと盗撮の被害にあっていたらしい。どう馴染んでいこうか悩んでいる中、部屋に戻ると銀河の目に飛び込んできたのはひとりえっちに耽る瞳の姿で……!? どうにも危なっかしい瞳が気になるのは、友情なのか、それとも──…
【収録作品】鍵なんていらない

表題作ぼくのひとみ

同時収録作品トビラの向こう/鍵なんていらない

高校の寮生 伊藤
同室の高校生 純

その他の収録作品

  • きみのひとみ
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数5

いい意味で歪んでいる

一つ目も二つ目も最高に良かったです。
銀河×瞳は、2人でいるときは瞳がすごい大人っぽく見えます。ホクロがセクシーだし、vネックのような洋服着てるときもセクシー。まつ毛が本当なら黒色なのに、白っぽく見えるのも綺麗だな〜と思えて素敵です。
初めてエッチなことするときに、瞳がひょいっと銀河を持ち上げてしまうとこは男っぽいと思うし、見ていてひゃあ〜となりました。銀河もすぐ顔が赤くなるから、もうきゅんきゅんしました。2人とも素直でとても可愛くて、見ていてほっこりもしました。
純×伊藤は、もう純が可愛すぎましたー。そして、初めの方は銀河邪魔しやがってーとか思ってましたが、銀河いいやつ。というか皆いい子すぎます。何気に銀河と純が最後に2人で会話してるのもほのぼのして好きです。
タイトルも可愛いし、もう完璧。また読みたいです。

1

村上さんの可愛い系BL

村上さんの作品はリーマンモノばかり読んでいたのですが、こういう可愛い系がしっくりくる作家です。絵柄も可愛い。

男子校の寮で、綺麗な顔をしている故に「そういう対象」になってしまう瞳。それが理由で転寮することになり銀河と同室になります。
男子から女の子扱いされてもヘラヘラしている瞳を苦手に思う銀河。
馬鹿なんじゃ?なんて思ったりもするのですが、瞳は「そういう対象に見られても本気で僕を好きになってくれる人はいない」と言います。
「僕を大っきらい!って目で見るのは銀河が初めて」…とも。

これを雑誌で読んだ事があり、この「大っきらい」って件が面白かったので、1冊にまとまったら買おうと思っていました。瞳は銀河を嫌っているわけじゃないけどふよふよして正体の掴めない感じ。対する銀河の、瞳に対する印象が良くない。
ここからまず友人関係を築き、そこから友人以上恋人未満な関係になるまでが暖かい感じで描かれています。

ただ、最初瞳が受けかと思ったけど…そうじゃないのかな。個人的にはどっちでもいいんですが、あんまりリバは好きくないのでハッキリ決まった方がいいな~。続きがいつ出るかわかり続きませんが気長に待ちます。

「鍵なんていらない」
同じ寮の別のカップルのお話。雑誌で見たときこっちの方が先の話だったはずなのになんで後に??って思いました。時系列的にもこっちを先に入れてくれたほうが分かりやすかったかも。

周りに気づかれたくない、声を出したくない、「寮だから」という悩みに悶々としてすれ違うカップルのお話です。内容としては王道系でした。

1

あれ?

喜多村瞳(アキラ)×真野銀河の高校生ものです。
寮制の男子高校に通っている銀河の同室として入ってきた瞳は
盗撮されて部屋が変わったというワケアリな人物だった・・・

しかも一人H(後ろもしているところまで!)をしているところを何回も見られて
少し気まずい雰囲気になります。←そりゃそうだww
で、なんじゃーかんじゃーと銀河が後ろは気持ちいいのか?ととんでも発言をして、
瞳に開発されそうになったりしていました( ゚ω゚;)

と色々あって両想いにはなりましたが、今回はここまでで、
まだ続きがあるそうなので楽しみです((´∀`*))

【トビラの向こう】
伊藤聖人×純です。表題作と瞳×銀河と同じ寮の2人の話でした。
この2人は、もうすでに付き合っているのですが、付き合っていて、
同じ部屋ということで、ヤるヤらないの話でケンカする話でした。
でもまぁ最後はハッピーエンドでしたが・・・。

正直、なんで今さらBLの王道でもある寮の漫画を描かれたのかが不思議ですねぇ~。
「眠れぬ夜は誰のせい」という作品で、すでに寮の話は描かれていたので
もういいんじゃないの続き?って思っちゃいました。←ごめんなさい。
できれば、村上先生にはリバ作品をもっと布教して欲しいなぁ~と思います。

2

ギリギリ清い?

男子校寮生活もの。

口元ほくろに魅惑の魔性を期待し、見事な誘いぶりにニヤニヤさせていただきました。
属性も確定。
と、後はストーリーに集中のはずが、瞳の暴走。
そして2人の身長差に気づいてちょっと混乱。

攻(?)とあるあたりに先生の趣味が炸裂していて可愛らしさが詰まっていました。
どっちでも美味しくいただけるのですが、どっちでもいいからせめて最後まで見たかったよ!!
そんな不満を訴えたくなります。

他「トビラの向こう」「鍵なんていらない」
同じ寮内の別のお部屋のカップル。
こちらもエロ可愛さに悩殺されます。
健気で我慢出来ない青少年の正直な心うちがダダ漏れで、きゅんとくる瞬間を存分に楽しみました。

2

安定のかわいこちゃん。

シリーズ好きでその流れで村上さんの作品は何気に購入している気がする。

あれ?今更ってな感じの学生寮で同室になって恋しちゃうって設定だった。
今更ってか、定番なのかな。
BLの王道なのかな?

いつものごとく、綺麗な美人くんと、ちょっと勝気でツンデレぎみの黒髪くんのお話でした。

絵柄はいつもとおり過去含め同じ顔なので新しい作品を読んでいるって印象はしなかった。

難しい内容じゃないし、苦手意識もつほど乱れたイラストではなので、BL読み始めな方にも読みやすい作家さんなのかなとふと思いました。

ですが、リバ系統多いので
そちらが苦手な人は要注意です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ