ぼくらパーク(表題作 となりのきみと!)

bokura park

ぼくらパーク(表題作 となりのきみと!)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神8
  • 萌×28
  • 萌6
  • 中立1
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
11
得点
91
評価数
27件
平均
3.6 / 5
神率
29.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758072830

あらすじ

秋一と中矢は誰もが認める仲の良い親友同士
けれど本当は──…恋人同士だった!
ばれないようにこそこそ…
なんてことこの二人にはあるわけない!
超絶仲の良い二人の関係を怪しむ人もいないまま
今日もバカップルの日常がはじまる★

SとMの関係をエッジーに描いた『拗』
4人の男性高校生を取り巻く劣情を描く『私情』
他にも2本の短編と描き下ろしをぎゅぎゅっとつめ込んだ一冊

表題作ぼくらパーク(表題作 となりのきみと!)

高校の同級生で恋人 秋一
高校の同級生で恋人 中矢

同時収録作品

高校生
高校生

同時収録作品私情

高校生 坂口 /相川
高校生 竹田/七尾

同時収録作品みかん

同時収録作品寝起きの話

同級生 谷内
高校生 根木

その他の収録作品

  • 寝起きの話 その後
  • くすぐり
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数11

四季のラブラブ記録

表題作は当て馬などもおらず、普通の高校生活の中に2人のラブが詰まってるといった感じでした。
とっても安心できる世界なので、他のシリアスなBLを読んでいてページをめくるのがしんどくなったときなんかにこの作品の秋一と中矢をみて休憩しています。

短編の中に四季のイベントが入っているのも良かったです。
バレンタインはラブラブだからといってただ素直に手作りチョコを渡す内容じゃなかったのが逆に良かったし、冒頭のアイスクリームの話は好きな人と過ごす1分1秒を惜しむような高校生らしさを感じました。

あとは攻めの方が受けっぽいかな?と思えるシーンが少しあった気がします。

★拗
すごく短くて心に響きませんでした。
ほのぼのとした表題作のすぐあとにあるのでよけいにダークに感じたんだと思います。

★私情
こちらもほんのりダークさがあります。
仲間内4人の中で、唯一みんなの状況を把握しているはずだった1人にオチがありました。

★みかん
こちらはほのぼのしています。
出席日数により卒業がヤバい男子とその友達の話。

★寝起きの話
pixivで読みましたが、そのあ続きとの話が追加されています。1番エロさがありました。
2人の仲が進展する所をみたかったですが、1人がもう1人をからかって今の状況を楽しんでいるような節があるようです。

この★4つをはさんで最後に表題作がもう1話ありましたよ。

1

何回でも読みたくなる!

初めてBLを買った時の作品がこれでした!
BL初心者でもとても楽しめます!!

とにかくイチャイチャわちゃわちゃしてるのがかわいい短編集です。
高校生カップルかわいい……
ほかの本も出してくれないかと期待しております!!笑

1

ラブラブな二人のギャグたっぷりな恋愛総集編

■プロローグ
男子高校生の中矢(なかや)と秋一(しゅういち)がお送りするギャグたっぷりな恋愛日常ストーリー。
中矢と秋一は恋人同士だが、学校では堂々とイチャイチャしているので、逆にガチで付き合っていてもバレない!
特に意味もなく、オチもない男子高校生の日常風景をギャグとBLを巧みに織り交ぜながらお送りする一冊!

■感想
本作はラブラブな二人の日常を短編で切り集めた、いわゆる「恋愛総集編」のような形式の読み物です。
ギャグコミックスとBLコミックスのミックス本とでも言いましょうか。完璧なるノロケ本です(笑)
「バレンタイン」や「文化祭」などタイトル毎に、読み切りのようなライトさで読者を笑わせてくれます。
とにかく中矢と秋一の一挙手一投足がいちいち可愛くて、読んでいて心がほんわか暖まるので評価を「神」とさせて頂きます。

1

あほかわいい

可愛い高校生カップルの日常をひたすら描いたショートショート。

最初から2人が出来上がってる状態でいきなり始まり、特別な説明もなくマイペースな2人のたたみかけるような会話が続くので最初は「??」てなったのですが、読んでいくうちに味が出るというか。1回さらっと読んで、2回じっくり読むともう可愛くて可愛くて。

山や落ちの少ほとんどない、お話によってはえ、これで終わり?みたいなのもたくさんあるのですが、些細な会話や小ネタが楽しめます。
web掲載作だと知らずに読んで、これずっとこんな調子で進んでいくのかな?て思ったんですが、あほかわいいって言うのでしょうか、途中からもうすっかりはまってしまうというか…

ほっこりと幸せな気分になれます。
登場人物に大きな個性はないのですが、もしかしたらそれが逆に良いかも。強いて言えば秋一方がやんちゃで変態チック、中矢は秋一よりは少し生真面目?
受け攻めは固定みたいですが、やはりそこまでの個性が感じられなくて2人まとめて可愛い!てなってるだけの雰囲気が少し惜しいかも。

なぜ秋一が攻めなのか、中矢が受けなのか、2人の差分があればよりよか続きったかもしれません。

後半の短編も全て男子高校生ものです。
表題と変わってシリアスなものが多く、ちょっと暗めなものもあります。
後半のお話はどれもなかなか面白かった。

リアルな男子学生かというとちょっと違うのですが、男子高校生がいっぱいな妄想の中に浸りたい方にはオススメの一冊だと思います。

1

男子高校生萌えにはおすすめ

『となりのきみと!』について

WEBでずっと読ませて頂いていて紙でも読みたい!と思っていたので購入しました。

短いお話がたくさんのDKの日常、萌えがたくさんつまってます^▽^
とにかくかわいい男子高校生!じゃれたりちょっとしたことで興奮したり、かと思ったらすぐただの友達みたいな顔したり。
すごくかわいかったんですが表題作のこの二人のガッツリしたえっちが読みたいなーと思いました。

長めのストーリーものも読んでみたいです!できればまたDKで・・・♡
次回作も楽しみな作家さんです。

1

男子高校生

pixivで拝見させていただいていた作品がコミック化するとのことなので買わせていただきました(●´ω`●)
瞬一さんの絵は和みますね~髪の毛がすごく柔らかそうです
話は繋がっていないので読みにくい所もあるので、支部の方も見ていただきたいです(・∀・)
秋一と中矢の男子高校生らしいほのぼのとしたアホ可愛い話がギュッと詰まってます!たまにあるキスシーンなどにドキドキしちゃいますね~
短編詰めなので中矢秋一以外の作品も収録されていますが、シリアスなものもあり大変楽しめる一冊になってます♡

1

ああ、懐かしきかな高校生活

必要のない難しい事はあんまり考えてなくて、
友達としょーもないことでも大笑いして、
本当に普通の高校生活がある感じです。

ちょっと違うのはその中にふつうにホモが紛れ込んでるだけで、
その紛れ込み方が男子の性欲というあまりにも自然なスタートだったり、
男子同士でよくある肉体的なじゃれあいっこだったりするもんだから
本当にこういうお話があっても何にも不思議はない感じなんですねぇ。

ここまでリアル高校生男子が友達を可愛いと思わないとは思いますが、
それでもまぁノスタルジーを感じてしまいました。萌え萌え。

1

堂々カップル!

最初のほうの作品は、秋一と中矢、どっちが攻めでどっちが受けかわかんないけど
とにかくかわいくてほのぼのしたかんじです(^^♪

ときどき見せる、ふたりのちょこっとえっちな(?)表情も
瞬一さんらしくて好きですね!!(^O^)

とにかく男子高校生がいっぱいです!!!
男子高校生同士のほのぼのとした日常を読みたいひとにはおすすめだとおもいます。

これを読んだら、絶対瞬一さんにはまると思います❤\(゜ロ\)❤(/ロ゜)/❤

1

男子高校生のすゝめ

瞬一先生の初コミックス待ってました!
瞬一先生のHPやpixiv、Twitterを拝んでいた身としては、本当に待ち望んでいた書籍化です。

瞬一先生の描く男子高校生は、男子高校生としての任務を果たしている。
実際の男子高校生達もこんな日常を送ってるんだろうなって、思わずにはいられない!
会話や仕草、行動。ひとつひとつがとてもリアルな男子高校生。
馬鹿をやり合う姿なんてものは、正に、理想的な男子高校生達のお姿。

男子高校生を愛する瞬一先生だからこそ描くことのできた――日常。青春。
そして、時に、男子高校生ならではのシリアス。ぶつかり合い。すれ違い。

男子高校生には、まだまだ沢山の愛と夢と希望が詰まっている!
ページを捲る度に緩む頬。次々に繰り広げられる彼等の日常。
男子高校生の良さ、男子高校生ならではの出来事が詰まった素晴らしい作品です。
男子高校生がそんなに好きでない人も、きっと好きになれるはず......!

1

男子高校生を堪能する

まるで四コマの雰囲気があるような1話完結が数本まとまって作品になっている
オムニバスとはちょっと違うけれど、男子高校同士のラブラブカップルの日々で
思わず笑えたり、胸キュンしたりと青春しているなぁ~って感じる作品です。

なんとなくゆるくてほのぼのしていて、読んでると和んでくるから不思議。
リアルな男子高校生の日常でこんなほのぼのなんてあるかしらと、
ちょっと意地悪目線でみようと思っても可愛さが先に立ちます。

そんな甘くてほのぼのした高校生同士のカプがあるかと思えば今度は同じ高校生でも
痛い内容があったりとびっくり仰天。
なんて引き出しの数が多い作家さんなのだろうと興味を抱いてしまいます。

ほのぼのから痛い系切ない系にコミカルまで、この1冊で色々な高校生男子を
堪能できるある意味高校生男子萌におすすめの1冊。

2

男子高校生の日常

インタビューやあとがきで書かれているように、男子高校生への萌えがつまった1冊。
特にストーリーがというより、日常の1シーンを抜き出してそこにあふれる妄想が詰まった、実に「そうそう!」というこうあったら絶対いいなという場面がギュっとつまっています。

メインとなるのは【となりのきみと!】
仲良しをこじらせた秋一と中矢のカプ(カプです)
日頃からクラスメイトの前でいちゃいちゃしてるので、二人正々堂々と「僕たちラブラブだからな~」と言えて、クラスメイトには過剰な仲良しとして公認されていて、誰も恋人だとは疑わない。
男子って、スキンシップの激しい仲の良さを見せる場面ってあって、そういうシチュから始まる妄想がネタとなっている気がします。
二人は一緒にお泊りするくらいだけどエッチはなさそう。
どうやら秋一がゲイで、中矢は違うみたい。
二人でTVを見ながらドタンバタンじゃれあってもエッチにもつれこまないあたり、何か二人らしさが見える。
二人とも好きが見えるんだけど、その度合いは同じくらいのようでいてこじらせ具合は秋一のほうが強い?
中矢のほうがやんちゃっぽくサバサバしている。
続き
クラスメイトに女装させられノリノリだった秋一が、中矢にみられた途端恥ずかしがって、中矢にも女装させて自分しか見ないようにしたりとか、
端々に見える、過剰な友情のその先の世界をチラりとのぞかせながら見せて行く二人は実に男子高校生でした。

【拗】
アブノーマルセックスの関係がバレてパニックになって怒りをぶちまける片方と、それをを愉しんでいるかの片方。
高校生なのにプレイだけでない精神的なSM部分が露わになる一瞬。
怖いです!

【私情】
クラスメイトの相川に輪姦される妄想を持つ竹田と、竹田を好きな坂口と、相川と関係をもとうとして駄目だった相川が気になるクラスメイト。
皆つるみながら脳内でそんな事を考えているのか。
これもまた一方通行っぽい関係でありながら、唯一そこに真実が一つまぎれている。

【みかん】
大好きで大好きで大好きで、そんなワンコと、ほだされちゃって恥ずかしいじゃないかなツンデレの組み合わせ。

【寝起きの話】
居眠りしているクラスメイトが寝起きによくある生理現象を見せた為、ボッキマンとからかいながら抜いてやる。
好きな気持ちを茶化すことで隠すクラスメイト。


読みながら、彼等を頭において色々更に妄想する。
ただ萌えを与えられるだけでなくて、一緒にその世界を自分の中で広げていくことができるそんな主人公達が描かれている気がします。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ