大ヒット作『鮫島くんと笹原くん』の新シリーズがついにコミックスで登場!!

新庄くんと笹原くん(1)

shinjoukun to sasaharakun

新庄君和笹原君

新庄くんと笹原くん(1)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神165
  • 萌×275
  • 萌24
  • 中立12
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
54
得点
1209
評価数
280件
平均
4.4 / 5
神率
58.9%
著者
 
媒体
コミック
出版社
東京漫画社
シリーズ
MARBLE COMICS(コミック・東京漫画社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784864421263

あらすじ

笹原くんの弟でオタク気質な真希は、ある日リア充の新庄から恋愛相談を持ちかけられて……!?
タイプの違う2人のドタバタvラブストーリー第1巻!!
真希と鮫島くんの邂逅編も収録&描き下ろしも満載でお届けする大ボリュームの1冊です!! お見逃しなく!!

表題作新庄くんと笹原くん(1)

リア充同級生・新庄くん
オタク高校生・笹原真希

その他の収録作品

  • 鮫島さんと俺(描き下ろし)
  • おまけ(描き下ろし)
  • カバー下漫画(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数54

早く続きを…!!

ネタバレありますのでご注意ください!
まず、この二人は最初から思い合っていた訳ではなく、新庄くんは先生に片思いしてます。
そして新庄くんが先生と両想いになるために笹原くんに相談するのですがコミュ症なので女子と接点があまり無く、本などで手に入れた知識で新庄くんにアドバイスするのですがそれが裏目に出て上手く行きません…そして笹原くんも最初はリア充なんて、、と新庄くんに苦手意識があったのですがだんだん好きになっていって、、、という感じです!
やっとくっつく!というところで終わってしまったので是非是非続巻、出てほしいです!
雑誌での最終連載から1年経っているということで続巻が出るかどうかが怪しくなってきましたが腰乃先生には続きを書いてほしいですm(_ _)m

1

早く2巻が読みたい

長身×長身ドタバタラブコメ good job 腰乃先生〜! 体格やしゃべりが男らしいのに、高校生らしく可愛いところ満載の二人に萌えます。恋なんてくだらないとか言いつつ、新庄くんに降り回されてどんどん沼にはまっていく真希くん。こういう、最初はどっちも互いのことを恋愛対象として見てないっていうのは、私にとっては新鮮でした。二人が少しずつ惹かれ合っていく様子がジレ可愛くて美味しかったw

《個人的萌えポイント》
・家で短パン姿で椅子の上で膝抱えてPC見てる真希くん(なんでいつも短パンなのかと)
・恋愛経験豊富でメンタル強い兄ちゃん(鮫島くんとのリバに期待したい)
・そんな兄ちゃんに抱きついて泣く真希くん(しかも事後でボロボロ)
・そんな真希くんを背中ぽんぽんしてあげる兄ちゃん
あれ? 笹原兄弟ばっかりだな。

笹原(兄)くん曰く、真希くんは弱いふりして一人で騒いで一人で解決するということですが、ほんといいキャラしてると思います。新庄くんが好きだと気づいてからの迷走猛アタックは笑えるし、なのに相手から迫られたら「男ってこえぇ」ってアナタ……w
面白かった〜。早く次巻が読みた続きいです。

2

マジのどたばた

兄ちゃんはしょっちゅう俺をだます(笑)

鮫島くんと笹原くんのスピンオフというか同じ世界での出来事なので彼らもばんばん出てきますが、別に前作を読んでいなくても問題ありません。主役ふたりの恋愛模様にはほぼ絡んでくることはないので。
鮫島くんの体に鮫が出ているけどなに…? とかはむしろ前作読んでいても思うことなので(笑)、この一冊で十分成立しています。
(以下、笹原くん=真希ちゃんです)

恋愛ごとなんてヘドが出るほどだいっきらいだった笹原くんがうまく少しずつ心がほどけてゆく様がシュールで面白い内容です。
リア充大嫌い距離ナシ大嫌い、だけれども頼られると悪い気はしなくってむしろ友達少ないから本音では嬉しくって頑張っちゃう、なんてなんだか自分を見ているようで痛い気持ちになりました…。ぼっちオタクあるあるなのかもしれませんね。
人との距離の取り方が分からないから頑張り具合も分からないし正解も分からない。分からないから自分の知識を詰め込んで斜め上の行動を起こしちゃう。起こしちゃっても解決方法なんて分からない、だって非リアだから。……書いていてむなしくなってきたな。既視感ありまくり続きなんですもの。

同性を好きになるならないは別として、笹原くんのコミュ障気味なところに共感できる読者も多いのではないでしょうか。
※ただ笹原くんは真のコミュ障ではないんですね。あの兄貴と兄弟だから最低限はなんとかなってるわけで。
新庄くんと秘密を共有することによって、笹原くんも(変な方向にではあるけれど)いわゆるリア充に変わっていくというのは決して悪いことじゃないですよね。
恋愛に関して自己主張の強いキャラクタが多い腰野さんの作品のなかでは、割と発展の遅いストーリーではありますがそれでも開眼した笹原くんの態度はなかなか強烈なものがあります(笑)完全に浮いているのに、新庄くん周りの友達ってば優しいなあと思いました。もしかしたら、笹原くん=なんかちょっと変な子、って式が出来ているのかもしれませんが(笑)
よく考えればオタッキーって自分の好きなものや欲望に対して比較的貪欲なところがありませんか? 私はそうなのですが(笑)
だから笹原くんがセロファン越しにキスの確認したり、新庄くんの頭を撫でてみたり手を繋いでみたりとかって実験っぽい雰囲気を感じるのです。なのでキュンよりもシュールさにクスッとなるのかなぁ。

そして終わりがけのあの自慰描写には特に悶えました。
その前の場面で新庄くんが笹原くんをイカせているからこそ、余計に悶えました。足りないんじゃなくて快感を発掘してしまったんですよね。あんなに好きとか愛とかを遠ざけていたのに、肉欲に溺れている様がそこに在るんです。またそのうえ本人も自覚しているから背徳的な感情にさいなまれているんですよね、これがまた良い!
おまけ漫画の新庄くんは逆に呆けているようで、その対比もそれぞれのスキルを表していて面白いと感じました。新庄×笹原になるのかな、もしかしたらリバもあるかな。

発行からまもなく2年が経ちそうなこの作品。そっと続きを待ちたいです。

2

等身大の男子高校生!

鮫島くんと笹原くんのスピンオフということで笹原くんの弟、真希ちゃんのお話です。
二次元ヲタクで他人とのコミュニケーションが苦手な真希ちゃん。恋愛なんて興味もない…と思っていた真希ちゃんが初めての恋にドタバタ奮闘してる姿が可愛くって微笑ましい!あと、恋愛初心者の自分としては何だか他人事に思えず応援したくなってしまいます(笑)
真希ちゃんと新庄くんがお互いに惹かれていく過程もきちんと描かれていてBLにありがちなご都合主義じゃないところもいいです!といっても、大袈裟な事件が起こるわけじゃなくて日常のほんの些細な出来事にグっと心を持っていかれてしまったり…人を好きになるきっかけって案外こんな感じだよな〜と。そんな等身大の男子高校生の可愛い姿をたっぷり楽しめる一冊だと思います!
ただし続きものなので、読後は続きが気になってしょうがなくなってしまうでしょう(笑)

2

続きが気になる!

一巻、ということで今読むかどうするか迷いに迷って購入しました!
結果、ああ、やっぱり続きが気になる…!(笑)

真面目に見えるのにダメ系という真希ちゃんに目からウロコ!
そして恋をしていく様子がとってもとっても繊細で、どうなるんだ~~と終始ハラハラしながら読みました。
気になりすぎるところで終わっているので早く2人のお話を読みたいです。
腰乃さんのお話は重くなりすぎず、リアルにテンポ良く生き生きと読者の心をキャッチしていくところだと思います。
BLで続き物は中々続きが出ない印象がありますが、ゆっくりと時間を置いて真希ちゃんの恋の様子を描いてくださればなぁと思いました。

1

すっ好きだ....

もうもうもう 可愛い可愛いしかありませんです、はい。
二次元オタの真希ちゃんがリア充新庄君の恋愛相談を受けてなんだかんだ真剣に聞いたり、適当に遊んだりしてるうちに新庄君への興味に変わっていく様が愉快で可愛くて堪りません

他人との関わりを徹底的に排除してたから、メールしだしたら細切れに送りまくるし、距離感おかしいから新庄君の猫っ毛モフモフしまくって『真希ちゃん!これって愛撫だよ(半泣き)』って抗議される始末(笑)

新庄君も愛撫って...
モフモフされすぎて実りそうにも無い恋に疲れ真希ちゃんに懐きそうになっちゃったんです...
少し振り回されてる新庄君

そんな新庄君への想いが恋だと気づいた真希ちゃんの猛烈アタックがとんちんかんでめっちゃかわいい!!!
新庄君をお膝に乗っけてポテト食べさせようとするし、廊下で愛の告白するしでめちゃくちゃ

でも、真希ちゃんは真剣そのものです
『すっ好きだ』と、どもった告白に胸キュンで死にそうに悶えました

そんな真希ちゃんに絆されそうな新庄君とひょんな事からエッチに雪崩れこみます

しかし、びびった真希ちゃんが逃げ出す続き始末
だってきっと真希ちゃんDTだもん そりゃ怖いさ

さて続きでどうなるのかドキドキでした
腰乃さんのリアルに置き換えれそうな男子高生のボーイズラブに興奮必死でした
リアリティ溢れる彼らの恋の行く末が気になってしょうがないこの頃です

2

青臭いOTKDTラバー。

理想の男子、それはヲタク男子。
主人公のマキちゃんこと、笹原真希くんは、ご存知鮫島くんと笹原くんの、笹原弟君であり、二次元をこよなく愛すると共にリア充を忌み嫌うという、とても親近感を抱かざるを得ない魅力的な主人公。

が、しかし、リア充であろう新庄君に斜め上から(しかもやたら強気に)切り込んで行く様はちょっとしたカタルシスさえも感じてしまう。

序盤は鮫島君と笹原君のその後とも取れる日常のやり取りがあり、リア充爆発しろと言わんばかりに冷め切ったマキちゃん。
そんなマキちゃんの日常が突如、まるで青天の霹靂の様な幕開けでどんどんめくるめく変わっていき、初めての感情、嫉妬、自己嫌悪、違和感や葛藤…そこからの衝動…。と、いった具合に青春の青臭さを痛い程に感じてしまう体験を、腰乃さん独特のリアルな台詞回しやモノローグでこの2人の日常にグイグイ引き込まれてしまいます。

鮫島君の様なちょっとした潔癖の様な男子が葛藤しながらも理性に抗えず焦がれてしまう様は非常に萌えっ。
その辺は鮫島君と笹原君の世界よりも、よりリアル。な気がします。

お相手のリア充(?)新庄君も、サラッと読ん続きだだけでは汲み取れない健気さが何度か読み重ねていくと感じる所もあり、あざとい部分もあったり、何かなんだかやっぱり色んな意味でズルい子!という感じでほっとけない魅力。


【1】という事もあり、とんとん拍子に思い通じてエロも有りますよ、という流れではなく、兄たちのそれよりもより丁寧な心の動きを親近感を抱いたまま追いかけて行く事ができるかと。要はエロはほぼナシと言っていいです。

だがしかし、そこは腰乃さん。
後半に畳み掛けてくる想いの丈やそれの爆発してしまったあとのエロさは、よくあるBLとはやはり一味違うエロさがある様に思う。

読者もマキちゃん同様読み進めていく中で溜まっていたモノがブワッとクる感じ。

キタキタキタ〜!!!という所で1巻は終了。

もやもやしたまんま、だけど、確実に進展があるんだろうな、と思いつつマキちゃんの斜め上を行く可愛さや面白さ、そして新庄君の垣間見える心情。などなど、つい続巻を心待ちにしてしまう本の一つです。

ちょこちょこ挟めてくる鮫島君とのやり取りの4コマも、つい【鮫島君と笹原君】も手に取ってしまいたくなる面白さと魅力が詰まっています。
ていうかコッチでの笹原兄はアッチでの笹原君よりも強気な男らしくて、それはマキちゃん目線だからなのか、鮫島君とのお付き合いで覚醒したのか解らないですが、非常に萌えです。

1

暴走するヲタ魂

主人公は笹原くんの弟の真希。
兄とは見た目も性格も違い、二次元を愛しリア充を嫌う、趣味に生きる高校生。
ある日学校で真希が最も嫌うリア充新庄くんとぶつかった事で、彼の生活は一変。なにかと真希に絡んでくる新庄くんを、面倒だと思いつつも、真面目で世話焼きな真希は拒み切れず、物理の先生が好きだという新庄くんの恋の相談を受け協力するうちに……

二次元以外を好きになるはずがない!(ましてや男)と思っていた真希が、新庄くんの恋の協力をするうちにどんどん暴走していく様がなんとも言えず可愛いです。
ちらっと鮫島くんと笹原くんに登場する大滝くんがモブで登場していたりと、芸が細かい!
書き下ろしの鮫島さんと俺は必見。

1

もっと上位を希望!

このBLがヤバイ2015見ました。
安定のランキング圏内……。

ですが、不満があります。
もっと上位でもいいんじゃないかっ???

前作「鮫島くんと笹原くん」は1位だったし、
この作品もそれにひけをとらない出来栄え!

決して二番煎じなどではないです。

確かに本番はないですが、
最後の自慰シーンはすっごいエロいし、ちょっと切ない…。

真希ちゃんがワタワタと
新庄くんにかき回されているのが
見ててほんとにカワイイし、ほんわかします。

こんなドタバタわちゃわちゃした感じで、
次の巻も続けて欲しいなあ。

次の巻にも期待!(本番も!)

4

恋と性の目覚め

「鮫島くんと笹原くん」の続編? スピンオフ? 笹原くんは鮫島くんを見捨てたのではなく、例のクールな弟、真希くんのほうですね。

「鮫島くん〜」ではバタバタ大騒ぎしている兄の恋愛模様を冷めた目で眺めていた真希くん。名前がどう贔屓目に見ても、女子の名前だというのはおいておいて。オタクな真希くんが、二次元を飛び出してリアルの、しかもなんと同性の同級生を好きになってしまうお話です。が、好きになるまでにかなりページ数があるので、真希くんのオタク時代の少し小生意気な性格が合わないと少し辛いです。
お相手の新庄くんは、なんの気負いもない明るい子で、のっけからゲイカミングアウトですし、オタク趣味にも興味を示し理解しようとしています。彼は、真希くんではなくて、真希くんに似た教師が好きなんですけどね‥。ヘラヘラとヘタレって結構表裏一体なことが多いと思うのですが、彼もヘラヘラしちゃってなかなか意中の先生に告白できません。真希くんはその告白大作戦に付き合ってあげることにしたのですが、その微笑ましいプロジェクトに携わっている間に、新庄くんに自分のことを見てほしいと思い始めます。さぁ、どうやって新庄くんに振続きり向いてもらおうか!

真希くん、あんな斜に構えた事を言っておいて、恋愛未経験、自慰だって経験殆どありません。全てが怖い! 怖い! 怖い! でも新庄くんのことを考えると眠られない、気持ちを伝えたい! 真希ちゃんのとてつもなく格好悪いからこそ、最高に誠実だった告白は、新庄くんも嬉しかったと思います。鮫島くんとラブラブ中のお兄ちゃんのアシストもあり、なんとかヨチヨチ青春を歩き始めました、真希くん。

なんだか勢いのままエッチ! となるのですが、真希くん、新庄くんに扱かれて、そのまま興奮した新庄くんに挿れられそうになり怖くなって、なんと逃げてきてしまいました。とても分かりにくく、下品な説明で恐縮ですが‥。新庄くんに「イキ顔見せて!」と無理矢理扱かれて涙目の真希くん、とても萌えました。新庄くんが可愛い可愛い言っていましたが、本当に可愛かった! 好きな人のその瞬間の顔って本当に愛しいし可愛いですよね。オーガズムの様子が可愛いかっていうのは、エロのあるBLにおいて超重大事項だと思います。そこが可愛いだけで、七難隠す!

逃げ帰られて、新庄くんはポカーンです。可哀想な子。真希くんは家に帰っても新庄くんの感触が忘れられず、自慰に耽ります。これから、さぁ、どうしよう。

新庄くんも真希くんも、二人のお互いのためにきちんと告白しあってカップル生活をスタートさせてほしいですー。真希くんが最高に幸せを感じられるような絡みを望んでいます。新庄くんはとてもいい子なので、続刊もあまり不安なく期待しています!

2

うわ続編だよ

この表紙、レジに持って行きやすくて、ありがたかったけど、ちょっと心配にもなった。
いや腰乃さんはいつも表紙はこんなだっけか。
まるで青年漫画。
読んでびっくりだもんな。
そして「1」という数字にもびっくりだ。続きはいつですか。
これ読んだの去年の大晦日。てことは、もう8ヶ月も待ってるってことだ。

まずタイトルで笹原って鮫島の彼じゃ?と思ったけど、弟のほうか。
あの破天荒兄貴にネガティブ真面目ヲタな弟。あるかもしんない。しかし腰乃さんにしてはラブに辿り着くまでが長い!
続刊だからこの配分でいいんだろうけど、とにかく厚みもあるしセリフもモノローグも多いし読むのに時間がかかったのが嬉しかった。
続きはいつですか。

1

かわいい……

腰乃先生作品にハマって最後の最後に買った作品です。

鮫島くんと笹原くんのスピンオフで笹原くんの弟まきちゃんのお話。
人と接するのが苦手でオタクの引きこもりがちのまきちゃんが新庄くんに振り回されてる感がすごく可愛くて…!
新庄くんが一途そうに見えないのがちょっと可哀想な部分ではあったんですが、まきちゃんが気持ちに気付いてからがすごく可愛くて展開も面白くて…腰乃ワールドに呑まれました…!最後の自虐シーンはなんかすごく切なくなりましたが面白くて楽しく読める作品です。

続きが早く読みたいです。

1

ギャンキャワでした

お兄ちゃんの話で腰乃さんのお話にはまりました!

もう、むちゃくちゃ可愛かったです
話自体が私が好きな雰囲気ですごくはまりました

まきちゃんの葛藤してぐるぐるして一周回ってすごいことになってるとことかすごい可愛かったし、逆に新庄くんがまきちゃんに突然変なことされてえ?ってなってるところもまた可愛くて・・・

個人的にすごく好きな作品ですので、是非とも読んでください!

0

割と好きなお話

腰乃先生の作品が基本苦手な私なんですが、つい手にとって買ってしまったこの作品。意外と面白かったです!!!

腰乃先生のお話は筋が立っていてリアル。絵が好みだったら好きな作者さんだっただろうなーと思いながら読んでいました笑

青春だなーが第一印象。
こうなんか思春期男子って感じ。自分の気持ちよりも先に本能で動いているなーというシーンがちらほら笑
見てて可愛いww

続きものなのですっごく気になるところで終わった一巻ですが、きっと予想と違う展開に持っていくのが腰乃先生だと思うので、続き楽しみしてます笑

腰乃ワールド炸裂なので、腰乃先生ファンはぜひ買うべき♪

1

弟出たぁ!

笹原君の弟、真希ちゃんのお話。


前作でもちらりと登場はしていましたが、まさか弟の話が続きもので発売されるとは想像もしておらず、発売されることを知りタイトルを見た瞬間「え、笹原君・・・浮気?!鮫島君と別れちゃったの!?」とショックを受けましたがそういうことではないと知り、ちゃんと前作カップルも喧嘩しながらラブラブしておりましたw


だがしかし、弟の真希ちゃん、お兄ちゃんとは正反対ともいえるようなキャラでした。
真面目な見た目のクズ人間 笑
気持ちよおおおおおおおおおおくわかりますよ!!!私も見た目だけは頭良さそうに見える様で、「え、おま、大丈夫?!←見た目とテストの結果のギャップに驚く」とギャルの友達に爆笑されながら心配されてたほどでした。そして同じようになるべく楽に生きていくのさ、と思っておりました。うん、実際世の中甘くないよ真希ちゃん 笑

てか真希ちゃんの表情が可愛いwwwwwwはっと気づいた顔とか、マックおごってもらってる時これ以上頼むの?と言われ「だめか?」とショボンとするとこ最萌えでした。

新庄くんの頭もふもふされてるところも可愛かったですww続き

最後らへん新庄くんに襲われて「男こえー」って泣く真希ちゃんと、そんなこといいつつそれを思い出しながら自慰に没頭するところも良かったです。あぁ、男の子だなと思いました 笑

1

次巻が楽しみ

「鮫島くんと笹原くん」の新シリーズということで期待をこめて購入しました。
リア充新庄くんとオタクな笹原くん(弟)が主役のお話です。

これって真希ちゃんが受け・・・?で良いんですよね??
どちらかというと新庄くんの方が受けっぽいのではないかなと思いました。
個人的な好みも含まれていますが。

真希ちゃんと鮫島くんがじわじわ仲良くなっていくのも見所です。

そして前作よりも心なしか鮫島くんの受け受けしさが増しているような気がします。
鮫島くん頑張って(笑)

1

とにかく真希ちゃんがかわいい!

『鮫島くんと笹原くん』より、笹原くんの弟・真希ちゃんを主人公としたスピンオフ作品。初発の感想は、とにかく真希ちゃんがかわいい!

恋愛体質の兄にささやかなコンプレックスを抱く真希ちゃんが、ひょんなことからリア充を絵にかいたような同級生・新庄くんからの恋愛相談を受けることになります。ちょっと潔癖なところすらある真希ちゃんがヲタ力を駆使しながらどこかずれたアドバイスをしていく姿や、それを素直に聞き入れる新庄くんがとてもかわいいです。なんのてらいもなく触れてくる新庄くんにどぎまぎ意識してしまう真希ちゃんはもちろん、真希ちゃんとの距離感を測りかねる新庄くんのふたりの間の微妙な空気が読んでいる方が恥ずかしくなるくらいに痛くて初々しい。告白しただけで涙してしまう真希ちゃんはこれから立派な受けになっていくことを思わずにはいられません。

些細なことで怒ったり、喜んだり、一喜一憂する様はまさに青春!1巻だけでもずいぶんなボリュームがありますが、スピード感のある展開で長さを感じさせません。ところどころにゲスト出演している鮫島くんと笹原くん(兄)も相変わらず喧嘩したりいちゃいちゃしたり仲睦まじくて続き微笑ましいです。ひそかに仲良くなっていく真希ちゃんと鮫島くんにも注目です。

ただ、ハイテンションなギャグのつもりで読み進めると、ラスト40ページくらいのキスシーンからの自慰シーンへのギャップに驚くかもしれません!眼鏡オフの真希ちゃんの色気を侮ることなかれ、わたしは驚きました(笑)。ラストにこのシーンを持ってくる腰乃さん、さすがです。

今まで読んだ腰乃作品の中では一番気に入っています!2巻も待ちきれません、ということで文句なしの神評価です!

2

腰乃さんの作品は苦手なのですが、好き!

腰乃さんの作品は、BLのエロが苦手なので苦手なのですが、苦手だと思う暇もないくらいストーリーが面白くて 新刊が出るたび毎回チェックしています。1ページ1ページ楽しさが詰まっていて、すごいページ数も分厚いのにラストまで飽きさせない。さすがです。

『鮫島くんと笹原くん』のスピンオフですが、前作よりなんだか好きです。
新庄君が腰乃作品のキャラでは新鮮なキャラで、確かに図々しい馴れ馴れしいキャラでしたが爽やかで純粋に友達になりたいような良いキャラでした。主人公の笹原弟君は冒頭からしばらく何だかひねくれ者で可愛くないなーと思えば、デレたらすっごい可愛くてヤバかったです。きゅんとしました。チェリーボーイ具合もなかなか。

腰乃作品の中では『部活の後輩に迫られています」がわたしの中でずーっと暫定1位でしたが、この作品が1位に躍り出ました!

わたしは漫画は読んだら即売る性格なのですが、この作品は保管しておいて何度も読み返しています。続刊が楽しみです。

新庄君、笹原弟君、結局どっちが受けで攻めなんでしょうか?とふっと疑問に思いました。

2

次巻に期待!!

既刊「鮫島くんと笹原くん」の笹原くんの弟くんのお話です。

1巻と言うことで、ゆっくりとお話を進めることが出来るからかもしれませんが、私は真希ちゃん(主人公・受け)が気持ちを自覚するまでが長く感じました。

腰乃さんにしてはエロも少なめのような……。
もちろん、腰乃さんはエロだけじゃなく、セリフ回しやキャラクターのちょっした仕草にグッとくることが多々ある作家さんですし、今回も何気ないセリフに「あぁ、男の子だなぁ」と思わせられました。

必死に自分の気持ちと戦う真希ちゃんに悶えることもありました。

次巻はもっともっと悶えてニヤニヤできることを期待しています!

1

う~~~~ん・・

いつも通り「腰乃ワールド」全開!!!と言う感じ。

ただ、私には合わなかった・・・。

というのも、あそこまで身勝手な人好きじゃないんだなぁ。。。
友達にもまだなっていない、たった一度ぶつかった程度の人が
幾ら同学年だからっつって、勝手に人の鞄の中から物取って借りてくってありえなーい。
そう言うの見るだけで、イライラしちゃいましたw

もちろん、そこだけじゃなくって。
度が過ぎた身勝手甚だしいシーンが多すぎた(><)

徐々に仲良くなってからは・・・・・身勝手なヤツっていっぱいいますから
問題なかったんですけどねw

とりあえず、残念な事にあのキャラ(新庄くん)に魅力を感じられませんでした(^^;ㄮ

3

真希ちゃん最高!

「鮫島くんと笹原くん」に登場した笹原くんの弟2次元オタク真希ちゃんのお話です。

お兄ちゃんとは正反対の性格の真希ちゃんの気持ち、なんだかとてもわかります。
真希ちゃんの心の声を追いながら物語は進んでいきますが
新庄くんのからみとともに
イイ感じに鮫島くんとお兄ちゃんが登場し真希ちゃんを刺激します。
なんかこういうことってありそう・・・
と思えるような、高校生の日常。揺れ動く気持ち、抑えきれない衝動。
真希ちゃんの心の内にリアルに同感できる気がしました。
2巻が待ち遠しいです。



2

面白さナンバーワン

読者を「楽しませる」ことにおいて妥協のない、腰乃先生の真骨頂です。

分厚い本のすみずみにまで行き渡った一流の技に、この世の憂さを忘れて没頭しました。

芸は独特でありながら、「地味なオタク(私の目には十分かっこいい)が人気者のイケメンに愛される」という、嫌でも感情移入せざるを得ない、王道の筋立てに、安心して身をまかせられます。

次巻への引きが、腰乃先生には珍しく、シリアスだったのもドキドキして萌えました。
まさに「人はギャップに落ちる」ですね。



初めて腰乃先生の漫画を読んだ時の、驚きと感動がよみがえりました。

面白い漫画は、私に生きる力を与えてくれます。

2

さすがに面白いなあ。

毎度のことながら、この分厚さで文字量とか毎回すごく情報量の多いマンガになってると思うんですけど、それを飽きることなくむしろ「で、どうなるの?」って読ませる力って腰乃さんホントすごいと思います。

今回は笹原弟・真希ちゃんのお話だったわけですが。
…なんか何から何まで意外だったような。
オタクだったり勉強できなかったり受っぽかったり。
「鮫島くんと笹原くん」も読みましたし聞きましたがまさかこんなだとは思ってませんでした。
兄弟仲は良さそうな感じはしてたんですが。

オタクゆえなのか人付き合いが苦手そうな真希ちゃん。
関わりを持ちたくない人種だと思っていた新庄に絡まれるようにして巻き込まれていって。
気付けば、アレアレアレ?みたいな。
真希ちゃんの言うままに動く新庄って一体なんなんだろうなって思ったりもしたんですけど、このレクチャーの中でも徐々に刷り込まれていったものがあったのかなと思ってみたり。
3次元の恋が初めてだからなのかグルグル表情の変わっていく真希ちゃんがなんて言うか「ああ、青春だなー」みたいな恥ずかしいような気持ちにさせられたり。
っていうか、ラップ越続きしのキスとかよく思いつくなー。
2次元からの知識かしら(笑)
このまま、いい感じに転がっていくのかなーと思ったところで違う方向へ転がって、待て次巻!

うわー、すっごい気になります。
逃げ出した真希ちゃんもですが、それよりも新庄がこのことをどう受け止めていくのかとか。
早く次巻ください!
そして、叶うならこれもCD化してください。
音でも聞いてみたい。

あと、新庄のお友達も気になります。
あの2人なんかないの?(ぇ)

2

ドタバタと切ないコメディ

 侮ってましたすみません。「鮫島くんと笹原くん」は面白かったけど、同じようなトーンのドタバタラブコメならわざわざ読まなくても…と今日まで放置してました。1か月損して生きてました…!!

 切ないです、幸せに切ないです! オタクの防衛攻撃思考と、未だ自覚していない片想いの感情と、遅れてやってきた性への目覚めが、ひたすら切ない!
 登場人物達のやりとりはコメディで笑いっぱなしなんですが、モノローグが切なくて、笑いながらきゅんきゅんしてしまう初体験。
 オタク男子真希ちゃんに全部持っていかれました。人間関係めんどくさいと思いながらも真面目&オタクの探究心が災いしてどんどん深みにはまってしまう真希ちゃん。
 冷静かと思えば1人になった途端ジタバタして、強気になったかと思えばまた赤くなってのたうちまわったりして。もう十分リア充ですよ、真希ちゃん!!

5

さすが腰乃さん

腰乃さんの漫画って本当に独特なテンポ感がありますよね。
引き寄せられるように買ってしまいます。

今回主人公の真希ちゃんに共感する部分がすごく多かった。
好きだと伝えたあとの行動がおかしくてツッコミつつ読んだり。
最後の自慰シーンがなんかもう切なくてちょっと泣きました。
まさかの自慰シーンで。笑
この巻でけっこういろいろなイベント発生してるので次巻の展開が気になります。
気持ちが通じ合っているのにすれ違うのは悲しいのであまあまなら嬉しいけど・・・どうだろう。
あと鮫島君と笹原君(兄)カップルにやたら萌えましたw

4

次巻も読みます…が

腰乃さんの新刊ということでとりあえず購入してみました。
が…正直、う~ん…?続き物なのでまだ何とも判定しがたいとも思いますが、私はあまりハマらなかったです。やっぱりキャラやノリが独特なので、ちょっと引っかかるな~と感じる面もあったりしました。

でもキャラがハマればぴたりとくるのかな?と思います~かわいい男子高校生のもだもだを楽しみたい方はオススメです。
あ、既刊の「鮫島くんと笹原くん」は読まなくても通じると思いますが、結構キャラも登場するので読後推奨です!

2

やっぱり腰乃先生のラブコメは面白い!

どこも在庫切れで、六軒目にしてようやく手に入れました!!(汗

今回も腰乃節が見事に炸裂していて、
非常に楽しく読めました。

三次元なんてムリと思う気持ちと、
しかも男に告白されても……と思う気持ちと
それでもやっぱり告白されるのはドキドキ…という気持ちを
上手に織り交ぜて描ける腰乃先生はやっぱりうまいなー、
と読後しみじみ思いました。

鮫島くんと笹原兄のCPもちょいちょい顔を出し、
お得感も満載でした。
読み終わってからまだ一巻だということに気付きました。
これから真希ちゃんと新庄くんの恋はどのようにして発展するのか。
続きがとても気になる一冊です。

2

笹原家の血か!?

めんどくせー。

人とガッツリ向き合うって、人を好きになるって本当にカッコ悪くてめんどくさい。

思春期特有の人を好きになることへの不安と憧れのゴチャ混ぜ加減がコミカルにぶつけられています。
今作も他人との距離をとりかねて揺らぐ複雑な部分すらテンポよく進める腰乃節に魅せられました!

高校生:笹原真希はひょんなことから同級生:新庄の恋愛相談にのることに。
真希は二次元ヲタで恋愛経験皆無なのに面倒くさがりながらもPCから得た【知識】を新庄に授けます。

新庄が知り合って間もない真希にズケズケ踏み込んでくるところが最初、好きになれず、真希がギャーギャー文句言うのにやたら共感しちゃいました。
一見チャラい新庄ですが男性教諭への片想いでほろほろ泣いたり一途な部分も持ち合わせています。
真希もそんな部分を垣間見たことから新庄に興味を持ったんだと思います。
BLサイトから得たファンタジー☆アドバイスで告白イケる!と思ってしまう単純さには笑いましたが。

仲睦まじい自分たちの姿を偶然、同級生に写メられ、こんなん恋じゃないよ、とばかりに頬っぺチューをしてしまう真希。
腰乃さんの描く、うろたえた人間の突続き拍子もない行動がスゴいw
同性どころか異性も好きになったことのない真希が自分にかまう新庄に対しての感情は何なんだ!?とジタバタしながら気持ちを傾けていく姿にわくわくしました。

互いの部屋を行き来しハッキリ恋だと自覚してからの怒涛の甘酸っぱさ全開ラッシュにクラクラしました!
兄たちを見て初めはホモに引いてたのに本心に気づいた途端、押して押しての行動っぷりは笹原の血ですか!?
※しかも兄弟揃って受けですか(笑)

その笹原兄の性格が前よりわかりやすくなっていで嬉しい。
口は悪いし、兄弟で小競り合いを繰り返してるけど弟思い。
初めて訪れた性的な衝動におののき泣きべそをかく弟の背中をテンテンと叩く姿が優しい~。(なんで泣いてるかは知らないけれど)
鮫島くんの鮫も相変わらずバシャバシャしていて何よりです!

好きな人の身体に触れて触れられ初めて突き上げる本能から自慰に目覚めたところで次巻へ。
早く出ないかな~楽しみです!
真希は正直、鮫島くん以上にめんどくさい子です。真面目系クズだし(笑)

でも応援せずにはいられないんですよー。
次巻は頑張って振り回し振り回されぐるぐるまわって恋のバターになって溶ければいいと祈っています!


9

ローテンションから可笑しなテンション

二次元オタクな笹原くん(弟)の転び方がもう堪らなく理解できてしまいます。

コミュニケーションスキルが低すぎて、有りか無しの二極に分かれてしまう。
一度親しくなればとことん距離を縮めてしまい、引かれてしまった。
ちょっぴり恥ずかしい過去を思い出しながらも距離感を図る事の出来ない、辿たどしくも全速力で坂道を登りきってしまうという可笑しなテンションに夢中になってしまいました。

恋愛へと発展してしまったのは、新庄くんの片思いのお相手が男だったせいか、兄の影響か。はたまた二次元の知識か。
リアルと妄想の狭間で擬似恋愛していく内に止まらなくなっていく、笹原くん(弟)のジタバタともがく様が痛くて面白い。

新庄くんも弱っている所をつけ込まれてまんざらでもない様子。
このまま押せ押せで落として欲しいものですが、既にイニシアチブは新庄くんに軍配が上がっている感じですね。

2人のがっつりな絡みは次に持ち越しながら、ゆるくだらだらと絡んでくる鮫島くんと笹原くん(兄)に今回は癒されました。

3

期待を超えた!

「鮫島くんと笹原くん」のスピンオフ作品ということで購入させていただきました!
腰乃先生の作品を手にしたのが「鮫島くんと~」が初めてでしたが、あっという間に世界観に引き込まれ、キャラクターに魅了されてしまうというのは相変わらずでした。

私は「1」という数字を見逃して購入してしまったので、読み進めていくうちにこの二人はちゃんとくっつくの?なんて思いながら読んでましたがまさかの一冊読み切りでなかったという…。
しかし、まだまだ作品の続きを読めるという点では嬉しい限りです。

ところどころにでてくる大滝くんを探すのも楽しかったり…笑
鮫島くんと笹原くんの掛け合いがまた見られるという嬉しさも感じられる作品だったのではないかと思いました。

4

このノリがたまらん

好きな人にはこの作者の感性が見事にハマるのではないだろうかと常々思うが
私はどうやらかなりハマるタイプだったようで今回も笑わせて頂きました。

鮫島くんと笹原くんのスピンオフ、笹原くんの弟編になりますが、
前作の二人ももちろん登場していて美味しさ2倍もの。
兄と同じ匂いがどこかするリア充タイプの新庄くんに出会ったと言うか
目をつけられたことで始まる笹原弟の受難の日々が幕を開ける。

新庄くんが笹原弟に恋をすることから始まるかと思いきや、笹原くんに雰囲気が
似ている先生を好きだから似たような趣味をしている笹原くんに事前協力を
かなり強引気ままに、笹原くんの気持ちを無視して付きまとう。
本当にタイプ的には笹原兄の能天気加減と共通しているものがあります。

とんだ災難に巻き込まれながらも笹原弟は新庄くんの片思いのために
一刻も早く付きまとわれる事態から逃れるために恋が実るように協力していくことになる
恋の手助けをしているはずが、当たり前のように距離が近くなりすぎて来ると
やはり、目に見えないところで気持ちが少しずつ育っていたりするのですよ。

1巻目は1番続き苦手なタイプだと思った相手を好きになってしまい、
告白までしてしまう笹原弟、後半でこのままヤっちゃうの的な流れになりながら
男って怖いなんて言いながら逃げ出す笹原弟の必死さが愛しくなりました。
次回、どんな風にふたりの関係が落ち着くのか、はたまたどんでん返しがあるのか、
まだまだ、楽しみは尽きないと感じます。

5

真希ちゃん、可愛いなあ。

鮫島くんと笹原くんのスピンオフ。
ああ、そういえばオタクな弟いましたね!
眼鏡好きなので、容姿は一番萌える子でした。
しかし、勉強出来なかったんですね。ああ、そうか。私も眼鏡かけてるけれど、頭いい訳でもなかった。
そんなところもリアルで可愛いです。

笹原兄の話はもだもだハラハラ楽しく読めましたが、今回は真希ちゃんは容姿性格どっちもかなり好みで可愛いのに、何となく話にのめりこめない。
何でだろうと思ったら、新庄くんの表情かもしれません。

あまり一途に見えないんですよ。

そういうところ萌えなのかもですが、もっと見るからに分かりやすく真っ直ぐあほのこな感じが出てたら好みだったかもしれません。

しかし、真希ちゃんがどうなってしまうか気になって仕方ないです(うずうず)続刊を待つ。

余談ですが、笹原兄の性格が悪くなってるような??こんな子でしたっけ?

2

きゅんきゅんでした!

腰乃さんの新刊!!しかも大好きなΓ鮫島くんと笹原くん」の笹原くんの弟の話だと!!と、期待200%で買いました。

結果からいって、超絶面白かったです!!
まきちゃんが勘違いして、ぐるぐるなるかんじ、ほんとにほんとに萌えました!! 部屋でガッツポーズしました!!

いつも腰乃さんの作品はリアルな男子たちの心情が描かれている気がします。今回のもきゅんきゅんでした!!

腰乃さんの本はずっと買い続けていきます!!

2

安定の

腰乃先生!という感じでした。テンポがよくて面白い!
登場キャラ全て応援したくなります。可愛くて可愛くて、分厚いコミックを思わず撫でてしまうほど^^^

笹原兄カップルを弟視点で見守れたり、学校内の一コマに大滝くんが居たり、そこから そのカップル達の安定ぶりが伺えて、毎度のことながら 先生のセンスや遊び心に感謝です。
他作品とのリンク好きには本当にたまらない!

腰乃先生の描かれる「性に淡白な学生」は、バネのような躍動感があるというか…弾けた時のエロさが飛び抜けていると思います。
今回 新庄くんとの絡みは扱かれるまででしたが、その後の真希ちゃんの怒涛の一人えっち!やらしかったあ!!!!(満足!)

コミックも分厚いですが、読み応えは多分それ以上。
安定の腰乃クオリティかと。
一冊読切ではなく続くのですが、それが嬉しい。まだ新庄くんと真希ちゃんを追えるのか!と。
結末までが本当に楽しみです!

2

激しくぶつかり合う二人が良かった!!

腰乃先生の描く男子学生、やっぱり大好きですっ!!
1回目より2回目、2回目より3回目~と読み返す度に面白さが増してくる作品でした(^_^)

二次ヲタで人見知りで真面目糸クズ(笑)な真希ちゃんが新庄くんに好かれようと必死になる姿が可愛いったらないです!!!
笹原くんと鮫島くんの出番も多くて嬉しかった\(^o^)/

それから自分も人見知りだからか、やけに笹原くんや新庄くんのセリフが胸に刺さりましたw(「気まずいからって逃げてっから駄目なんだよ」とか「人を好きになるなんて
もがいてみっともなくなって そんなの当たり前のことなんじゃねぇかな」とか)

きっと最後はハッピーエンドなんだけど、それまでの過程が楽しすぎて早くも2巻が待ち遠しいです♪

2

可愛い。
とにかく可愛い!

ここからネタばれです
   ↓

好きって言うのに慣れてきた真希ちゃんが、タオルで新庄くんに頭拭いてもらっている時にもなにげに「ありがとう好きだ」とかちょこちょこはさんでくるデレが私的にめちゃくちゃツボでした(*´д`*)

カバーの4コマも鮫島くんと真希ちゃんの絡みも、すごく面白かったですO(≧▽≦)O

二巻が早く読みたいっっ(~ω~;)))

2

死ねリア充!からの・・・

「鮫島くんと笹原君」に少し出てきた笹原君の弟、笹原真希ちゃんが主人公になったお話です。コミュ障ニジオタの真希ちゃんがひょんなことからリア充な同級生の新庄くんに絡まれ、だんだん仲良くなっていくのですが、リア充コンプレックスな真希ちゃんがだんだん新庄君に心を開いていく過程がしっかり描かれていていいです。やっぱり腰乃さんは男子高校生大得意ですね!会話とかすごく男子高校生~って感じがして楽しいです。
人とのコミュニケーションの取り方がよく分からない真希ちゃんが突然人(しかもタイプが全然違う男)を好きになって、新庄くんに好きになってもらおうと試行錯誤する姿が健気で初々しくて本当にかわいいです・・・応援したくなる!
まだこの一巻では二人が始まった!ってところで終わっているので、続きが楽しみです。
笹原兄と鮫島くんもけっこうちょくちょく出てくるのが楽しいですよ。それと、あちこちにちりばめられたまど○ギパロに笑いましたw

2

男子高校生の初恋。

待ちに待った、自分的今年ベスト1のBLコミックですっ。

まず帯のキャッチコピーが秀逸です。
『「死ねリア充」「爆発して消し飛べカス」からの「すき」「だ」』
どうです?これだけで主人公真希ちゃんが中二病なオタクで、なおかつツンデレな展開の話だとわかります。
表紙カバーのポップなデザインも、明るく楽しい内容を端的に表してると思います。

で、カバー折り返しを見ると、両方にコママンガ。
カバー外すと、カバー下の表紙にも4コママンガが、みっちり。
読んでいくとわかりますが、中味の方も話と話の間に4コマやら色々詰め込んであります。
本自体がやや厚めの上に、この描き下ろしおまけ満載のお得感!
ぎっちりアンコが詰まったたいやきのようなサービスっぷりです。
このおまけが、話と話の間のミッシングリンクになってたりもするので、雑誌で既読の人も改めて楽しめると思います。
(初回限定で描き下ろしペーパーもつきますので、買うなら今でしょ!)

さて。
この作品の何にぐわんぐわんと惹かれたのか?というと、個人的に真希ちゃんに共感しやすかったっていうのが一番の理由でした。
人付き続き合いが苦手なところも、臆病なところも、頭でっかちなところも、緊張に弱いところも、ネットであらしやるような「捻くれ具合」と告白を断る時は相手が傷つかないように思いやる「優しさ加減」が同居してるようなところも、真面目系くず(笑)なところも。
三次元より二次元、恋愛なんて好きとか嫌いとかごちゃごちゃしてくだらない、なーんて考えてた真希ちゃんが、自分とは真逆なタイプ(リア充)の新庄くんと知り合って、少しずつ仲良くなっていって、「好き」を知っていく課程が、微笑ましくて、自分のことのように応援したくなってしまいましたよ。
人を好きになることで引き受けなくてはならないリスクや面倒を拒絶していた真希ちゃんが、少しずつ恐れる気持ちを克服していく様は、可笑しいながらも自分が励まされるようで。
人を好きになるのっていいなぁ…と、単純にそう思わせてくれる展開でした。

1巻ということで、まだ完結してない訳ですが、これからどう紆余曲折してどんな結末を迎えるのかが楽しみです(二人がハッピーエンドになるのはお約束として)。

4

あ、あれれ・・・

笹原君(兄)ってここまでチャライ男だったっけか・・・?

笹原君と鮫島君では勢いはあるけどここまで恋愛面で残念な男の子という表現はなくて、なんかそこはかとない違和感を感じました。

あと、笹原君と鮫島君においてこの弟君のイメージが全く記憶になかったというのもあって、最初から最後までアレアレと思ってるうちに読み終わってしまいました。

ただ、腰乃さんの得意技、演じているのか本気なのか自分でもなんだかわけわかんなくなってしまう振り回されっぷりという伝家の宝刀は健在です。

4

このハズシかたが好き

湿度の低い絵で、ドタバタとしたギャグの味付けで展開する、ちょっとひねくれた、純情高校生の初恋物語。

この真希ちゃんの一人迷走、暴走っぷり。
男子高校生は、こんな風にオバカでピュアで迷走している方が、生き生きしてて、おかあさん安心だよ。

嵌る人には堪らない、
ダメな人には完璧ダメな、
そんな腰乃作品の中でも、かなり極北なこの作品を、たっぷりのボリュームでお届け。

これで、まだ続きがあるの!?
真希ちゃんと新庄君の恋の行方(上下の攻防も)が、気になる、気になる。
早く、続きが読みたい!!

4

青春じゃないかっ!

堪能しましたが!が!
続巻早く出してくれない窒息死しそうです。
猛烈に先生及び関係者の皆様にお願いしたい、早く!!早く2巻を!!!

2次元オタの笹島くん弟が青春してるお話。
底知れないオタパワーを感じる悶々っぷりですが
笹島お兄ちゃんと鮫島くんがいい塩梅にかき回してくれます。

前半ほぼエロなしですが、そこは腰乃センセ。
最後にしっかり描いてくれてます。
焦らされた感はないんだけど、2巻で、イヤってほどのラブラブエロエロ期待してます。
早く続きが見たくってたまらない(´Д`)

4

まだ、はまれず。

 作家買いではあるものの、久しぶりに腰乃さんの作品を読むということで、読むのに小分けしてやっと読みました。

絵柄が久しぶりにすぎて読みにくくて慣れる迄にいつも時間を要してしまいます。

こちら「鮫島くんと笹原くん」を読んでから読むとより面白いですが、読まなくて読んでも話は通じますし大丈夫です。

さて、今回の恋のお相手新庄くんですが、この新庄くんをこの巻では全く好きになれなかった私でした。

一方恋しちゃう真希ちゃん、
こちらもはまらなかった。
笹原兄弟としてのやりとり大好きです。

笹原弟と鮫島くんの関係も大好きです。

新庄くんの白猫大好きです。

鮫島くん連動のバシャバシャシャークも久々見れて嬉しかった。

なのに、今回ははまらなかったな。でも、これは今のところ。

きっと2巻が出て読み直しをしていくうちに好きになっていくかもしれない。

表紙裏?の4コマはめちゃかわいかった。こんな感じのセンスはやはり好き。

4

漫画家ってそっかオタクか。ってなんか思った。

面白かった!!
安定の面白さを誇る腰乃先生さすがです。。。!!
ただ、個人的にコレの元の作品である「鮫島くんと笹原くん」が大好きだったせいもあってものすごく期待をしていたのですが期待しすぎたというのも少々あり読み終えたときには「う~ん・・・微妙・・・?」という感じだったのですが、二回目読んでみるとふっつーにめちゃくちゃ面白いんですよね。
もうほんとさすが腰乃先生。本当に今まで腰乃作品ではずれを読んだ事がない。
正直言ってどんなに面白い作者さんでもつぼに入らない作品は作品数が多ければ好みの問題もあって絶対あるはずなんですが本当に全部面白い。
ただ、その自分の趣味という点からすると漫画としての基準からすればとても面白いのですが私的には腰乃作品の中では微妙な感じでした。(腰乃作品は面白いの水準が高すぎる)
でも相変わらずの面白さテンポのよさ絵のかわいさキャラのかわいさどれをとってもすごくクオリティが高い!!
この作品は第一巻ということもあって続きがとても気になります!!!!

3

かわいい!

作家買いさせていただいてる腰乃先生の新刊ときいて即買いでした。

『鮫島くんと笹原くん』の笹原くんの弟・真希ちゃんが中心の1冊ですが、
なんて可愛いんだこの子は…!これにつきます。

リア充大嫌いでオタクな真希ちゃんと、先生に絶賛片思い中のリア充新庄くん。

恋愛経験ゼロな真希ちゃんがホント不器用で。
見ているこっちが恥ずかしくなるようなことを勢い任せにやっちゃって悶々としたり。
自分の恋心を自覚してぐいぐいアピールしまくるかと思えば……

バカな子はかわいい!かわいい!!
何度悶えたことか。告白のとこなんかは本当良いですね

新庄くんもいいキャラです。とても一途でいい子。
赤面もいいけど、ニヤッて笑う顔が可愛いです。

笹原兄カップルの話も出てくるので、
『鮫島くん~』から読んでる人は倍楽しめると思います。
鮫島くんと真希ちゃんのやりとりがまた可愛いんです!
『名前で呼んでください』の大滝くんもちょこちょこ出てきます。
高校同じだったのか(笑)

「男子高校生って可愛いな~」と思える一冊です。
厚みがあるのにあっという間でした
続きが続き気になる!腰乃先生がんばってください!

5

こ、これは!?

いやはや待ちに待っていた新刊!
我慢できずに購入と同時に開きましたとも!

まきちゃん(笹原弟くん)がヲタクという設定で
しかもなんだか斜に構えてて
そのくせコンプレックスの塊で……
基本設定だけでしっかり萌えますが
そのまきちゃんがドンドンドンドンがむしゃらに
恋をしていく過程がとても丁寧に描かれていて
リアルティ溢れる作品だなぁとおもいました。

ちょいちょい絡んでくる
鮫さんとパンダさんも甘甘で満足です。

エロさはわたし的には低かったですが
一生懸命にがんばる男子を堪能できる本作は
楽しく一気読みできる良作でございました☆

4

読み応えがある・・・・!!

この話のメインカップルはリア充の新庄くん×オタク笹原真希(弟)ですが、『鮫島くんと笹原くん』の二人もでてきます。
いや~鮫笹のイチャイチャっぷりや鮫島と真希のコンビも面白かったです(まさかメル友になるとは・・・)

新庄の恋に協力する真希ちゃんですが、協力していくうちに新庄のことを好きになっていき最後らへんには「お前を俺に惚れさせるぜ~」みたいな宣言をします
この惚れさせるっていうか好きにさせるために頑張る真希ちゃんが可愛すぎてヤヴァイです

やっぱ続刊があるので最後は切なく終わっています
新庄家に呼ばれた真希ちゃんが新庄とまぁエロいこと(未遂です)しちゃって、いざ本番みたいな感じになったら新庄を肘で殴って「ご、ごめん・・・ごめんッ・・・・ごめんッ」と言って逃げます
家に帰ってきたボロボロで泣いてる真希ちゃんを笹原くんが背中をポンポンしてあやす?シーンが良いです
やっぱお兄さんだなと思います

攻め受けは1巻の時点では分かりませんが多分新庄×真希ちゃんかな
分厚いのに読み終わったら「え。これで終り?」ってなっちゃいました
それぐらい読み応えがあります

続きヽ(`ω´)ノきが(ω´ノ)楽ヽ(   )ノしみ(ヽ´ω)ですヽ(´ω`)ノ

3

びっくりした、ほんとびっくりした…

大事な事なので二回言った。

よかった、とってもよかった(また二回言った)。
初心を思い出した、なんだかそんな気持ち!!!

最近BL熱が薄れていてレビューも
あんまり書いてなかったのに
読んだ直後にレビュー書きたくなった、
てか上手くレビューは出来ないけども
叫びたくなったという感じ!!!
机とか「ダムダム!!!」って叩きたい、
そんな感じ!!!

真希ちゃんの初恋。
不器用で免疫がないから
ストレートにぶつかるしか出来なくて
いっぱいいっぱいなところ、
萌えと切なさで私本当に泣きそうでした。
真希ちゃんの緊張や葛藤が
読んでてグイグイ迫ってくるっていうかもう!!!

さらには初めて恋が性と結び付く葛藤が
まさか腰乃さん作品で見られるなんて。
切なかった、真希ちゃん…
この巻では真希ちゃんの自覚までが
クローズアップされてて
新庄くんの真希ちゃんへの気持ちが
明確に書かれてないから
続きがとってもとっても気になります。


読んでよかった。
基本はコメディテイストで
普通の男子の会話や日常が面白いんだけど
純で初心で続き一生懸命でせつない。
本当に胸が苦しいよ。
何回も言う、よかったです。

8

ほんにまぁ今回は…

本を手に取った瞬間、正直戦慄を覚えました。
続きものだとは知っていましたが、まさか続き物で
当社比1.4倍はあろうかと言う厚みの本を先ずぶつけて
来ますか?しかも掌編収納ペーパーとカバー下漫画付きで。
幾ら力技がお得意のこの作者様とは言え無謀にも
程があるんじゃ…と思って読み進めて行って更に
愕然としました。
ええ、評者自身まったく予想すらしておりませんでしたよ。
腰乃さんの本を読んで気恥ずかしさに身悶えして
頁をめくる手が止まるなんて瞬間が来るなんて。
しかもそれを何度も味わいました。

ほぼいつもの腰乃節なんですが、この物語に限って言えば
微妙にひずみと言うか隙間を持たせている感じがあります。
だからこう落ちるだろうと言う所が微妙に違い、そこから
更に奥行きが出る。
最後の最後をいつも通り落とすのかそれともクルリと
宙返りして微妙に違えるのか。
そして本の厚みはこれ以上増えるのか。
安定期を半歩抜けた作風の行方が愉しみです。

7

笹原弟、こんなキャラだったとは……!

分厚い!のに読み終わる頃にはもう終わり!?
と名残惜しくなるくらい面白かったです。
あぁ、もっと読んでいたかった……


何がいいって、笹原くんの弟・真希ちゃんのキャラです。
もう初登場から良キャラな予感がプンプンしてましたw
斜に構えたオタクで、第一話からホモや鮫島くんのギャップを「誰得」とバッサリ。
なのにリア充な新庄くんを好きになってしまい、
逆ギレ気味にグルグルしてるのがすごく面白い。
なりふり構わずな姿を応援したくなるし、
後ろ向きで前に全力疾走しているような
不思議なアグレッシブさがツボですw

新庄くんは、遠慮がなさそうに見えて
意外と気にしぃでヘタレなところが可愛い。
真希ちゃんを煽っておいて、いざキスされたら……w

この二人、
せっかく一方が動いたらもう一方が引いちゃって、
結構Win-Winな(Lose-Loseな?)バランスで
グダグダやってるところがすごく好きですv
リア充もオタクも、余裕ない男子高校生に変わりはないんだなーというリアル感が。


Hは寸止めだったけど、
無我夢中でハァハァしてる二人が可愛すぎ続きたー!
早くも2巻が待ち遠しいです☆
(あとCDでも聴いてみたい……)

笹原くん(兄)の餃子へのこだわりとか、
真希ちゃんと鮫島くんのしょっぱい会話とか、
もうエピソードの一つ一つが非常に楽しくて大好きv

7

笹原弟、オタクなんだね

『鮫島くんと笹原くん』のスピンオフ作品です。
笹原くんの弟・真希と高校の同級生・新庄のお話。

笹原弟の真希は、リア充大嫌いなオタク男子です。
反して新庄は、片想いど真ん中のリア充男子。

新庄と真希はちょっとしたアクシデントで知り合い、懐っこい新庄がガンガン真希のパーソナルスペースに侵入していくことで進みます。
新庄が片想い中と知った後は、なぜか、まーったくリアルでの経験のない真希がアプローチ方法を伝授することに……無理だし…(苦笑

たびたび、笹原兄とその彼氏の鮫島も登場するので、そちらを先に読まれた方が話に入りやすいと思います。
兄カップルが相変わらずで面白いですし、笹原兄と真希のかけ合いもすごーく良いです!
えっち度でいえば兄編の方が上ですし、個人的にはそちらの方が萌えました。
弟編は新庄が他の人に片想い中なため、ふたりの間に甘いものが入りづらいんですね。

しかし、この作品まだ一巻なんですね。
届くまで気づきませんでした(苦笑
はじめからわかっていたら、次巻が出てから買っていただろうなあ。
真希が自分の気持ちを自覚するまでのお話なので、えっち続き度は腰乃さんの作品中かなり低いです。
えっちシーンが苦手という方も大丈夫ですね。
しかし、どっちが攻めなんでしょう?

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ