「麗しき魔性の籠絡」書き下ろしペーパー

uruwashiki mashou no rouraku

「麗しき魔性の籠絡」書き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
8
評価数
2件
平均
4 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
KADOKAWA(アスキー・メディアワークス)
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
麗しき魔性の籠絡

あらすじ

三神の勤めるブランドの仕事をするために来日したアーサー。
オーナーで三神の親友の中山は、どうしてアーサーが自分のブランドの仕事をすることになったのか、その理由を知ることとなる。

表題作「麗しき魔性の籠絡」書き下ろしペーパー

美貌のモデル アーサー
元モデルでブランドのプレス 三神謙介

評価・レビューする

レビュー投稿数1

マジですかー!?(by中川)

本編のその後。
三神と恋人になった ”女性より美しい”と言われる絶世のモデル・アーサー。
彼は作中で、中川のコレクションに出ることを了承していましたが、いよいよその為に来日することになります。

中川はどうしてアーサーが仕事を引き受けたのがその理由は知りません。
もちろん、三神がだまっているから。
トップモデルであるにもかかわらず、その態度は高慢ではなく、無口で他人とのコミュニケーションも積極的に取るタイプでもなさそう。
しかし観察していた中川はそのアーサーの表情と雰囲気が変わるその視線の先に三神が要る事に気が付くのです。
それは、撮影後アーサーの控室を訪れようとした時に聞こえてきた声と覗き見た様子で確信に変わったのでした。

昔は中川に恋していた三神。そんな三神の気持ちを知っていた中川。
三神も報われて、中川も切望したモデルと仕事ができてこんないい事があるだろうか?
そんな後日談です。
実は、この後中川がきっと三神を弄ってからかう様子と、その三神やアーサーの反応を想像するととても楽しそうなのですが…

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ