苦くて甘いくちづけ

nigakute amai kuchiduke

苦くて甘いくちづけ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
20
評価数
6件
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784832288829

あらすじ

新米リーマン・蒲池は、会社と家を往復する だけの毎日に物足りなさを感じていた。 たまたま足が向いたいつもと違う帰り道、 駄菓子屋の店番をしている八尋と出会う。 強面だし、ヘビースモーカーだし、なんかイジワル… そんな八尋に近づくつもりなんかなかったのに、 強引に唇を奪われた蒲池は、タバコの味がする キスを忘れられなくて――。

表題作ほか、蒲池の上司の デキる男・三科の恋のお話も収録! 描き下ろしあり★

表題作苦くて甘いくちづけ

八尋、駄菓子屋の店番
蒲池佑、サラリーマン1年目

同時収録作品経理部の小池さん

三科、蒲池の上司
小池、経理部

同時収録作品千歳くんはいじわる

千歳、高校生
小清水、高校生

その他の収録作品

  • 甘いお誘い

評価・レビューする

レビュー投稿数1

不器用さが可愛いです

表題作含む、3作品が収録された短編集です。サラリーマンものが2作品と、高校生ものが1作品で、どの作品も不器用な恋心が可愛いです。

表題作では、天然で言動がいちいち可愛い受けに萌えるし、普段意地悪なのに意外と健気な攻めにもキュンとなります。付き合いだしてからも、一緒に暮らすのにあれこれと画策してる攻めが可愛かったです。

高校生のお話が収録された『千歳くんはいじわる』では、嫉妬からギクシャクした2人が、今から嘘をつくと宣言して、自分の本音をぶつけ合った不器用さにキュンとなります。相手の顔に油性マジック(!)で自分の名前を書いて、所有権を主張したのは笑ったけど…。
これは既刊コミックス『千歳君はうそつき』の続編で、そちらも気になるので読んでみたいと思います。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ