歓楽宮

歓楽宮
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
4
評価数
2件
平均
2.5 / 5
神率
0%
著者
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
芳文社
シリーズ
花音コミックス(コミック・芳文社)
発売日
価格
¥562(税抜)  ¥607(税込)
ISBN
9784832281394

表題作歓楽宮

オリヴィエ
ローラン

その他の収録作品

  • 無明煩悩
  • 堕天獄
  • カンタレラ
  • L’Amourはあなたのもの

評価・レビューする

レビュー投稿数2

コスプレ凌辱エロ

趣味じゃなかったです。
短編集なんですが、どれも凌辱エロです。
舞台が昔のヨーロッパとか日本で、どの作品も、衣装はすごくキレイです。衣装の書き込み具合いとその美しさだけなら、100点満点をあげたい。
受けは監禁されて縛られて、いろいろ開発される。アナルに鈴とか卵とか入れられてました。
ただ、ストーリー性はないに等しく(凌辱もののテンプレ通りです)、私は萌えなかったです。
やっぱ、もうちょいストーリーが欲しいよーと思いました。
エロは大好きなんだけど、ひたすらそういうシーンばかりのテンプレストーリーだと萌えないんだよね、私。

1

愛の宴

表題作『歓楽宮」
名前のとおり、快楽をむさぼるための部屋。そこにつれてこられたのは敵国の兵士・ローラン。
かつては共に戦ったオリヴィエが、今は敵国の傭兵として、自らを陵辱するのに手を貸している。どうして・・・どうして・・・訴えても覆らない気持ちの有る場所は・・!?
まさかの犬姦!?が、結局未遂で終わってしまったのが残念でなりません
。゚(゚ノД`゚)゚。
本来ならば、やられなくてよかったね・・と思うところなんだろうけど。
馬での辱めプレイ。あれは萌えた!

■無明煩悩
「 夢幻伽藍 」の表題にあがっている作品。
感想はそちらにて
■堕天獄
まさかの馬×人間。
姉を上記で殺されてしまった弟くんと~な話。
キリシタン・踏み絵。歴史教科書なネタななにより斬新でした。
捕らえられ、陵辱され。それでも信じた神の元へ。
落ちた天子の行く先に・・・・どうも不思議なお話。
■カンタレラ
年老いた父に陵辱され続けていた末弟。
その父無き今、残された遺産をめぐって・・・・の・・!?
なんだかんだでかわいそうだったのは金髪君でしたね。
素直に優しくできないって気持続きちわからなくはい。
鎖に繋がれた同士のエロっていうのも悪くないw

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ