2013 Autumn

2013 Autumn

2013 Autumn
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
3件
平均
4.3 / 5
神率
33.3%
著者
 
媒体
小説(同人)
サークル
MICHI HOUSE〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN

あらすじ

『おとぎ話のゆくえ』番外編、「黒い瞳」。
視力が落ちたと言う湊に頼まれ、隼人は眼鏡屋について行くが・・・

表題作2013 Autumn

来杉隼人 25歳
野衣湊 18歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

奪われた幸せ 与えられた幸せ

「おとぎ話のゆくえ」の若様と来杉。
実家の100倍くらい都会の京都で続く学生生活……
湊(=若様)、家庭教師しているんだ!と思いながら読み始める。

どうも最近目が悪くなったようだ(以前は2.0w)という湊は
眼鏡屋に行くのに来杉につきあって欲しいと頼む。
いつもながら適当で口が悪く、でもなんだかんだ言って湊が大事な来杉と
真っ正直な湊。
「やりたくなったか」と訊かれて、こくこく頷いている湊には
来杉は永久にかなわないんだよね〜。

そして、一方の湊も思う。
出会わなければ苦しくなかった……、黒い瞳に。

この二人のなんとも言えない傍から見るとコミカルなやりとりを、
読むといつも切なくてたまらなくなる。
それは、彼らの将来に起きるであろう困難が頭にちらつくからだろうか。
それとも、そんな彼らが出会って共にあれる奇跡に
胸を打たれるからだろうか……

後書きによると、若様は攻めに転じる気満々らしい(笑)
もう暫く、おとぎ話の続きを信じさせて下さい、作者さま!

4

"湊だけの、黒い瞳。"

『おとぎ話のゆくえ』より、隼人と湊。

今秋のJ庭にて無料配布された
「黒い瞳」というタイトルの、6ページの小冊子です。



「結婚する前は両目しっかり開いて、
 結婚した後は片方つむるんや」

家庭教師先の夫婦から、そんな話を聞かされ、帰る道々。
そういえば最近、視力が落ちたと気がつく湊。
今までは2.0あったのが、都会(?)に出てきて
目を酷使した結果、見えが悪くなった模様。

隼人に、どんな眼鏡が似合うか聞いてみるが
「食い倒れ人形みたいな奴」と、いつもながら適当。
でも、一緒の布団に入り、
コンタクトにしようかな~と言ってみると
「やめとけ」
「そんなでっかい目ぇだと、こぼれ落ちんだろうが」
とか、相変わらず不意打ちで甘い台詞を吐きますねーw
後日、ちゃんと眼鏡屋について来てくれるし・・・
ツンデレの見本のような御人です。

で、眼鏡屋にて、衝撃の事実が明らかに!?
なんと湊の視力、2.5ありました。
学校では、2.0以上は2.0としか言われないので
勘違いしていたと・・・元はいくつだったんでしょうw
「―てめえはどこ続きまでアホなんだよっ!」
と、隼人に後ろからスパーンとしばかれ
綺麗にオチがついたのでしたw


コミカルなお話ですが、愛も詰まっていて素敵。

隼人は、湊の視力が落ちたと聞き、内心とても心配していたと。
(口では「悪いのは頭だけでじゅうぶん」とか言ってますがw)

そして、そんな隼人にべったり惚れ込んでいる湊。
冒頭のトーマス・フラーの名言~ロシア民謡「黒い瞳」まで
「瞳」に絡め、
隼人への想いがロマンティックに綴られています。

瞳を開いていても、閉じていても。
見えるのは、隼人の黒い瞳だけ、ですかーー
まさに恋は盲目状態のまま、ずーーっと一緒に生きていてほしい二人です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ