有能なSP×高潔な監察官―――淫らで危険な駆け引き

秘匿捜査~蜜約の鎖~

hitoku sousa

秘匿捜査~蜜約の鎖~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
18
評価数
6件
平均
3.2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
海王社
シリーズ
ガッシュ文庫(小説・海王社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784796405324

あらすじ

警視庁所属の監察官・羽鳥は、同じく警視庁所属のSP・小田切に弱みを握られていた。それは、小田切との情事でのあられもない自分の写真――。
とある若手政治家の不審死をきっかけに羽鳥は小田切の監察を命じられる。しかし小田切に怪しい動きは認められず、逆に監察対象であることがバレてしまう。
その事実を知った小田切は羽鳥を無理やり抱き、その姿を写真に収めて羽鳥を脅し事件の謎を解くために協力を強要してきて――! 複雑に絡み合った事件と淫らな駆け引き――SP×監察官のアダルト・ラブ。

「高潔な羽鳥監察官が、こんなに淫乱だとは思いませんでした」
品行方正で『高潔な監察官』と称される羽鳥に命じられた任務――それは警視庁所属の有能なSP・小田切の監察だ。小田切にはある事件での情報をマスコミにリークした疑いがかかっていた。しかし過去にまで踏み込んだ調査は小田切の怒りを買い、羽鳥は無理やり身体を暴かれてしまう。猛々しい雄に穿たれ、快楽に耐性のない身体は男の愛撫に簡単に陥落して…。更にその情事の写真をネタに羽鳥は脅され、事件の謎を解くために協力を要請されて――!?


表題作秘匿捜査~蜜約の鎖~

小田切隆彦 警視庁SP(警部) 34歳
羽鳥佳文 警視庁監察官(警視) 29歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数1

言葉攻め、強引な行為、濃いエッチ

どうもこういった無理やり犯しておいてそれを脅迫材料に好き勝手するという攻めには萌えないというか好みではないので、それを拒めない受けの不甲斐なさにイラついてしまいました。
まあ、拒めないのは嫌よ嫌よも…ってヤツで最初っから結構好きだったみたいだから、それじゃあ拒めないワケだよねというものなんですけど。

そにしたって、小田切は職務に忠実なあまりなのか、殺された人に対して思い入れがあったのかわかりませんが、自分のことを疑っている監察官を犯して脅迫するという手段に出てまで協力させる必要があったことなのかが理解できない。
そして職務外で捜査を始めても、強引な体の要求は続くし口説くようなことや揶揄いばかりで不真面目すぎ。
危険は承知で他人を巻き込んでまで真実を探りたかったのに気もそぞろと言う感じで真剣さが見えなかった。
いくら好きになったからといってなんでも許せる訳はない。

長続きしそうにないカップルみたいです。
吊り橋効果かなと思わせる薄っぺらい感情しか見えなかった。
せっかく国際的な陰謀や政治の腐敗を軸に二人の出会いと恋愛感情の進行が重なり面白くなりそうな設定だったのに続きとても惜しい作品でした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ