DAWN CHORUS

DAWN CHORUS

DAWN CHORUS
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
琥珀茶房〈サークル〉
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
価格
ISBN
ページ数
20ページ
版型
A5

あらすじ

「百日の薔薇」肉球の新刊コピー本。ルッケンヴァルデ冬季休暇編。
冬の休暇、ハンスにスキーに誘われクラウスと共に彼の祖父の持つ山のヒュッテに出かけるタキ。

表題作DAWN CHORUS

クラウス,野良犬
タキ,高貴なちっちゃな猫

評価・レビューする

レビュー投稿数1

白銀の中で

続きが待たれる「百日の薔薇」のコピー本。
広げると一枚の絵になる厚紙の表に挟まれた、綴じてない16ページ。
耳のある方です……w

冬の休暇に帰省するように言われながら、気がのらないタキ。
そんな彼に「じゃあ自主訓練にしちゃおう」と、スキーに誘うハンス。
一足先に行って山小屋の仕度をしているというハンスの
クラウスとタキ。

まずは食料を調達と、市場ではしゃぐタキが可愛い。
そして雪山でスキー、タキは意外にスキーが上手でございます。
(あ、リフトはないそうで、それにタキは慣れているそうです……
ワタクシはそんなスキー場は絶対にいやでございます……!)

張りつめた日常から解放された、しばし平和な一時……
美しい雪山を眺めながら、「きれいだな」とつぶやくタキ……
先に滑り出したクラウスを見送りながら、ハンスが語りタキは思う……

  それは 暁の幻
  鳥達よりも遠い空から降りてくる さざめきの記憶だ

耳のある方の同人誌だが、おふざけな要素はほとんどなく
美しく可愛い絵で、本編の切なさを踏襲した一冊です。

3
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ