恋はかけ違い

koi wa kakechigai

爱情绕错了路

恋はかけ違い
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神31
  • 萌×225
  • 萌17
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
15
得点
308
評価数
79件
平均
4 / 5
神率
39.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
新書館
シリーズ
Dear+コミックス(コミック・新書館)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784403664168

あらすじ

体だけじゃなく、長く付き合える恋人が欲しい。
そんな藤田が掲示板で見つけた理想の相手は、なんと同じ会社の秋元だった。
秋元は性格が悪いことで社内でも評判の男。
けれど彼の顔が実はけっこう好みだった藤田は、秋元を食事に誘ってみたところ、彼の望みはセックスだけだったようで……?

恋する男ってかわいくってちょっとバカ!?
新鋭・栖山トリ子の初ディアプラス・コミックス!!

表題作恋はかけ違い

藤田あきよし リーマン
秋元よういち 同じ会社のリーマン

同時収録作品恋する種まき

八百屋 市村亘
花屋 倉橋まき

同時収録作品かわいくってどうしよう

店舗ビルのオーナー 大谷
ワインバーの店長 三葉

同時収録作品おとなりカンケイ

高校生 志郎(シロ君)
お隣さん 松藤

同時収録作品あなたの隣が欲しいのよ

喫茶店バイト 伊坂
引っ越してきたばかり 西田

その他の収録作品

  • その後の秋元さん(描き下ろし)
  • カバー下:あとがきとイラスト

評価・レビューする

レビュー投稿数15

魔性なのか不器用なのか

短篇集です。
表題作が一番面白かったですねー。

主人公・藤田(攻め)の相手の秋元(受け)が
魔性なのか不器用なのか分からない感じでした。

いや、褒めてるんです。

そこが良かったなぁ、と。

ゲイの藤田は出会い系で長く付き合える男性を
探していた。
そこに現れたのは、秋元。
驚愕している藤田をよそに秋元は素通りしようとしてしまう。

次の日、結局
秋元に押し切られる感じで、
Hをしてしまう藤田……。

いやあ、でもここまでみたら、
「秋元って男遊び凄いな」
とかって思ってしまうんですけど、
なんと、処女!
ひえええええ、びっくり!
処女なのに、こんな対応って一体何!?

それでも頑なに、
会話を拒み、ただ体だけの関係を求める秋元…。
「なんか過去にあったのかな…?」
と、思ったら、そのとおりでしたね。

でも、最後は素直になって、
「藤田が理想の男」ということを告白する秋元。
ああ、ここは可愛かったなぁ…。

最初は秋元のことを「魔性かな?」とか勘ぐったんですけど、
結局は不器用なだけだったんですね。

続きも、もうちょっと人間関係、頑張りましょう!

秋元さんが全力で可愛かった!

2

眼鏡受け

眼鏡の受けといったら、
やっぱりツンデレでしょう。

というわけで、表題作は、ちょっとずれてる眼鏡クンのカワイイ初恋物?
いや、出会い系で恋人探しするサラリーマンの話だから、カワイイはアレかな?
でも、初めてで右往左往しちゃうのは、あんまり年齢とか関係ないだろうし、
うん、やっぱりかわいい。

この表題作と「あなたの隣が~」は、元々ゲイの二人が出会っておつきあいを始める話。
他の3編はノンケが落ちる話。
わんこ攻め(恋する種まき)、誘い受け(かわいくてどうしよう)、年上受け(おとなりカンケイ)
絵がきれいで、ちょっとしたギャグのセンスがいいのでサラッと読める。

0

不思議なテンション

表題作が面白くて、おかしくて、楽しく読めた一冊でした。

ツンデレは好きですが、このツンデレはちょっと変なテンション。
主人公はついていくの大変そうですね。
お話というより、この只管変な受けのキャラクターに圧倒されて、最後までサラリと楽しく読んじゃえた。

それ以外で面白いと思ったのは「恋する種まき」ですね。
わんこ攻めが、あんまり好みじゃないんですが…なんていうかこの子、泣いたり泣いたり泣いたりで…「もういいよ!わかったよ!」てなるのも分かる気がしました。

最後の「あなたの隣がほしいのよ」だけがちょっとしっくり来なかった…。
え、何でくっついたの??本当に好きなの?ってなりました。
それ以外はどれもレベルが高かったのでオススメです!

2

メガネ祭り

宝井先生推奨で絵柄も好みだったので買ってみました(●´ω`●)
すごくメガネですねww 半分以上メガネ受けだなんて・・・

「恋はかけ違い」秋元さん可愛い
かなりのツンデレボーイ秋元さんでしたが射止められて良かったね笑
言葉を伝えるのが苦手で処女だけど快感に弱い秋元さんが可愛くて仕方ない1話でした!
すぐに嫉妬しちゃったり、嬉しくて鼻息荒くなったりと萌えポイント満載です(^o^)

「恋する種まき」ヘタレ攻めがイイ
栖山先生は年下攻めがお好きですね~大好物です
ヘタレなゲイと市村さんが気になって仕方ないノンケ
いいですね~ノンケの方がグイグイくるのは
フローリングじゃなくてベッドでしなさい!!笑

「かわいくってどうしよう」もふもふ
メガネ受けくん第二弾です 前作の市村くんの友人のゲイですね~
ヘタレでちょっとモサいおっさん攻めですが愛と温かさに溢れてます~♡

あとの2作品は私が苦手とする好きな人に好きな人がいる~話だったりと読むのが大変でした・・・恋人がいるのになんで好きになってしまうんですかね・・・

2

受けが可愛すぎてつぼ

ずっと気になっていた作者さんで、既刊コミックスの中で一番気になったこの作品をついに購入してしまいました。

思ったとおり絵が綺麗で、お話もどれも面白かったです。読者のツボを抑えているというか受けが可愛い過ぎて辛いです笑

それぞれのお話の感想は他のレビュアーさんが書いていますので簡単に感想だけ…

どのお話もキャラが可愛いんです。とはいってもみんなそれぞれ性格が違うし、キャラを生かしているって感じがします。見てて癒されます。キュンキュンしますよ!笑

可愛い攻め・受けが好きな方はぜひ読んでいただきたい。読まないと損ですよ!笑

0

よかった!

私は眼鏡受けに特別な萌えを感じない人なので、表題作はあまり好きになれないかな、と思っていたのですが全然大丈夫でした!
受けの子のズレっぷりがめちゃくちゃかわいいです( ^ω^ )

攻めの子も優しくてかわいくて好きです。
やっぱり登場人物が好きになれると読みやすいですね。

表紙のイラストがものすごくきれいなのですが、中の絵も上手くて良かったです。

あと多分全ての作品で誰かしらゲイなんですよね。
作者さんは眼鏡受けがお好きなようですが、ゲイ設定も好きなのかなと思いました。
だから女の子キャラは表題作の女性社員しか出てきません。しかもモブレベル。
でもオトコだらけ!!っていう印象もないんですよね。
きれいめかわいいめのキャラばかりだから気にならないのかなと思います( ^ω^ )

買ってみて良かったなあと思える本でした。

2

かわいいメガネ受けが多いです

メガネ受けに惹かれて購入。

短編5編と描きおろしでしたが、どれも可愛かったです!
とくに受け顔のしゅん…とした表情が可愛くて…
短編の詰め合わせなのが惜しいくらいです。
どれも続きをもっと読みたいと思わせる作品でした。

個人的に好みだったのは
「恋はかけ違い」「かわいくってどうしよう」
こちらの2篇は攻めのキャラも可愛かったりして面白かったので
特に印象に残りました。
どの作品も明るくほのぼのしたお話ばかりで安心して読める1冊です。

そして短編のうち3編もメガネ受けで……かわいい……
どのメガネ受けも可愛かったです!

0

可愛いトコを詰め込んだ短編集

社内で評判の悪い秋元に密かに好意を抱いていた藤田。
それがたまたま偶然、掲示板で意気投合した「アキ」と待ち合わせたら秋元だった。

偶然を大切な出会いとして意味付けしたい藤田。
多少?の行き違いに目指す場所は一緒でも思惑の違いがやるせない。
秋元の視野の狭さに俺が何とかしなきゃ!と奮い立つ気持ちも分かる気がします。
独特な孤独を誇示する秋元のマイルールが暗く陰湿に感じないのはそんな藤田のおかげかもしれません。

他書き下ろし含めて5作品。
それぞれ目を瞑るべきダメな所やおかしな所が可愛くてチャーミングに描かれているのですが、度が過ぎることなく記憶に残りにくい。

まとまりの良い短編にどこをより効果的に見せたいのか。
罠も仕掛けもないせいか可愛いんだけどもうひとひねり欲しい。
そんな読後感でした。

1

受けが可愛い!

表紙の眼鏡さんにやられて即買いしました。
読んだら受けの秋元さんが可愛くて可愛くてしょうがなかったです!
ツンとした冷酷な感じの人なのかと思ったら実はコミュ障のピュアな人・・・!

全体的にほわーんとしていてとても癒されました。
この作家さんの描く男の子は受けでも攻めでも可愛らしいです。

0

どやぁ

表題作の「恋はかけ違い」の秋元さん(受け)が可愛すぎるったらないです!

コミュニケート下手で身持ちが固くて(←w)クールで冷徹っぽいのに
おせっくすにすぐもっていこうとする。
そんでもってやってる最中のギャップが可愛すぎる。
いやいやいや、そのギャップはずるいとつい突っ込んでしまう可愛さ。
攻めにだけ見せてる、ドヤ顔や泣いたり怒ったり忙しい顔がなお一層可愛さを引き立ててるような気がします。
巻末に入ってた秋元さんのその後で萌死にしました。
秋元さん。。。あかーん!
下手なのにふぇらしちゃうとことか、頑張って上乗ってしまうとことか
自身の萌えどころ満載でした。

ただ、表題作の受けがかわいすぎてそれにばっかり気持ちを持っていかれて
他の作品がうす味に思えてしまいました。
全部の話通して割と王道な感じが、まぁいんじゃないってのが素直な感想です。
面白いけどそこまで気持ちが盛り上がる作品はなかったです。

そして至極どうでもいいのですが、カバーめくった下の作者のあとがきや裏設定に書かれていたシロくん可愛かったです。

2

受けが可愛すぎる!

最初はあんまり受けが好みじゃないかなぁと思っていたのですが、話が進むごとにいろいろな誤解が解けていって、最後の受けが赤面している所がもう「可愛すぎるだろ!」となっていましたw

他の読み切りは最期の作品が一番好きだなと思いました。
「好きになった人はもう他の男と付き合っている」のにどんどん惹かれていくという過程がよかったです。最期はハッピーエンドだったので本当によかったなと思いました。

全体的に読んでいて辛くなったり悲しくなったりする場面はあまりなかったのでほのぼのした感じを存分に楽しめて良かったと思います。


0

受けのドヤ顔が可愛い!

Renta!で試し読みをして続きが気になり本屋さんへ走りました!笑

絵がキレイで見やすいなぁ、と思ってたのですが作品が変わる毎にちょっと見分けがつかなくなりました……泣
線が細く画面が平たんに見えるからかもしれません。でも丁寧な絵だと思います。


最近の自分の傾向が上司受けメガネ受けなど、なのでビジュアルはドンピシャ。でも思ったより受けの人は可愛らしい人でした。持論がとんでもなくズレていて変な思いこみも…仏頂面の受けさんが泣いたりするところには萌えませんでしたが最後のドヤ顔には不覚にもきゅん!でした……!!


他の作品もストーリーがまとまっていて読みやすいです!ただ、やはり短編はその続きも読みたくなりますね…


2

全収録作品、続きが読みたいです。

新刊チェックで粗筋を読みましたが、可もなく不可もなくといった感じだったのですが、
今回は特典ペーパーが付いているということで、とりあえず買ってみようと思い、
いつものお店で予約をして購入しました。

『恋はかけ違い』、『その後の秋元さん』
これはもしや究極のツンデレというものでは?と思うくらい、
他人に不快感を与えてしまう究極の無愛想さで本来なら嫌いなタイプなのに、
何故か秋元さんには微笑ましさと愛着がわいて、可愛いと思ってしまいました。
秋元さんが周囲の人に対して少しずつ柔軟になっていく様子や、
秋元さん視点でのお話を読んでみたいと思いました。

『恋する種まき』
人柄が良ければゲイの友達がいても大丈夫だけど、
自分自身が男同士で付き合うことには抵抗がある受けが、
いつの間にか攻めに恋愛感情を持つようになっていた過程の描写が良かったです。
誠実で好青年な攻めに好感を持ちました。

『かわいくってどうしよう』
初めて読む作品だと思ったら、雑誌で既に読んでいました。
雑誌で読んだ時も同じ感想でしたが、可愛いキャラクターものが
大好きな攻め本人自体が続き可愛いと思いました。
しかも、中年のカッコ良いオジサンというところに、さらに萌えました。

『おとなりカンケイ』
如何にも「お隣の奥さん」という印象を受けました。
純情で、今は何の力もなく未熟だけれど、
受けを守ろうとする攻めに好感を持ちました。

『あなたの隣が欲しいのよ』
男運が無く、好きになった人に恋人がいたと、辛く苦しい想いをする
受けの気持ちがとても伝わってきました。
受けが今度こそ幸せになってほしいと願いました。

今回の評価は、迷うことなく「萌×2」です。
物語の内容や展開、人物設定、絵など、とても萌えました。
ただ、全作品一話だけというのが非常に惜しい思いで一杯です。
もっと続きが読みたいと思いました。

今回は新刊で購入するには動機が弱すぎたため、
もしかして購入したことを後悔するのでは、
と、注文後に心配になりましたが、読んでみて、
むしろ物足りないと欲が出るくらい十分に作品を
楽しむことが出来たので、後悔せずに済んで良かったです。

1

構えずに読める短編集

栖山さん、初読みです。
真面目眼鏡受けがつめ寄るような表紙に興味が湧き、購入してみました。
短編集という事で、5話楽しめます。

◆『恋はかけ違い』
掲示板で理想だと思ってやりとりをしていた“アキさん”が
実は女性ばかりの職場で評判の悪い“秋元さん”で
体だけの付き合いが嫌だからゆっくり恋を育みたいのに
会話もロクに出来ずHする流れになってしまい…。

この秋元さんが、なんかもうツンツンしてて
Hシーンではギャップがあって楽しかったのですが
後半ツンキャラがブレてしまったように感じてしまいました…;
本心を明かして恥ずかしいとかはわかるのですが
コメディ方面に持っていかなかった方が好みでした。すみません!

◆『恋する種まき』
花屋の従業員・マキが、店近くの八百屋の息子・市村くんに好意を持たれ
会話するだけで真っ赤になる純情さに悪い気はしなかったのですが
自分はゲイじゃないからナイと思っていました。
ある日、男にキス(ほっぺ)される市村くんを見てしまい
なんとなく面白くなくて
自ら家に誘い告白させてこっぴどく振ろうという算段でしたが…。

続き
年下ワンコ攻めはホントに可愛いなぁ…。
でもちょっと感極まって泣きすぎかな?w
マキは正面切って「好きです!」と言われ、
静かにキュンとときめいている姿がツボりました♪


◆『かわいくてどうしよう』
市村くんにキスした、ワインバーの店長・三葉のお話。
ゲイバレして店舗を移すことを余儀なくされ、
移ったビルのオーナー・大谷さんの理解してくれる姿勢に惹かれます。
本当はお酒が飲めない大谷さんは
三葉にご馳走になってつぶれてしまいますw
同じビルに住んでいる大谷さんを抱えて連れて行きますが
寝室にぎっしり置いてあるファンシーなぬいぐるみにびっくり!
別れた奥さんと子供が忘れられないのかと勘繰りますが…。

男やもめってやっぱり美味しいですね♪
ただ、個人的な好みとして、三春は攻めだったら嬉しかったなぁと…。
大谷さんが受けてくれてたらもっと萌えていたと思います!
でも大谷さんの順応力の高さにはまいりました☆
さすが「今の時代自由恋愛じゃない」と三春に言ってくれただけありましたw


◆『おとなりカンケイ』
母と引っ越してきたマンションの隣に、大学生・松藤さんが住んでいて
回覧板を届けた際、落としたコンタクトを拾ってあげた事がきっかけで
たい焼きを何度も差し入れしてくれて、
年上なのに可愛いと思ってしまう高校生の志郎。
ある日、松藤さんが男とキスしているのを目撃してしまい…。

大学の先輩の存在にモヤモヤして、
松藤さんを独り占めしたい志郎が可愛かった!
ノンケなのに独占欲に囚われるって良い♪
松藤さんも、自分はゲイだから、
ノンケの志郎を好きになってもいいのかなんて聞くところ、
素直で良かったです。


◆『あなたの隣が欲しいのよ』
河原で写真を撮っていると、男が自転車で転んでぶつかってきて
傷ついたレンズを弁償させようと思ったところ、
相手(伊坂)が初恋の人に似ていました。
引っ越ししてきたばかりの為、コーヒーが美味しい店を紹介してもらい
伊坂もゲイだとわかったのはいいけれど
ちゃんと彼がいるらしく、落胆する西田です。
店が気に入り、通いつめるうちに伊坂と仲良くなり
諦めもなかなかつかなくて…。

友達でいいと思っていても、好みの顔だとそう割り切れませんよね;
しかも伊坂が似ている初恋の相手から結婚すると連絡が入り
落ち込んでいるときに慰められたらもっと好きになってしまうもの。
ただ、そこへ訪れてきた伊坂の彼が
「付き合ってる女がいるからお互い様だな」ってあっさり別れてくれたけど、
その後伊坂さんが西田にinしてたってことは
元カレは受けだったんじゃないのかい!?
なのに女できたのかぁ…と引っかかってしまいました;
そこは“男”の方がすんなりくる気がします。
受けでも女相手にするバイもいるんだろうけども。


◆『その後の秋元さん』描き下ろし
表題作の続きです。
秋元さんがやたらHをしたがる割に未開通って
どこか信じがたい藤田ですが
言い争いの後「捨てるな」と泣きついてきた秋元さん。
…やっぱり最初とキャラが違うなぁ…w
でも、慣れないフ○ラと上に乗って頑張る姿がかわいかったです!

怒った顔、青ざめた顔、情けない顔、嬉しそうな顔、といったように
表情が豊かで全体的にクセが強くなく、するする読めるので
初心者さんにも抵抗が無く楽しめるコミックスだと思います☆

ちなみに帯が宝井理人さんで、
「怒った顔が最高です!」と書いていらっしゃって、
確かにいい怒り顔でしたw

4

ほのぼの穏やか

 勘違い、すれ違いを乗り越えてハッピーエンドな、ほのぼのと幸せな少女漫画のような短編が5編。男女の恋でもありそうなエピソードですが、穏やかさに癒されます。ひと悶着後にちゃんと思いが通じ合う安心感。ハード&シリアスな本の合間のお口直しに。
 表題作の受けは、あらすじからツンデレを期待しましたが純粋すぎた気がします。もう少し性格悪くても良かったなぁと思います。
 Hも少なめで、少女マンガ好きな友人を徐々に引きずり込む1歩目にも最適な本だと思います。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ