隣の食卓

tonari no shokutaku

邻人餐桌系列

隣の食卓
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×217
  • 萌17
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
145
評価数
41件
平均
3.6 / 5
神率
12.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799714256

あらすじ

「…お前って、キス魔なの?」
妹弟たちを養うオカン系男子の実のお隣に、ちょっと(?)変わった欣朗が引っ越してきた! あいさつ初日からオジサンに泣きつかれていた欣朗を見て“ホモだ! "と確信した実だったが、手料理を食べたときの彼の笑顔に不覚にもドキッとさせられて――?
フツーすぎるリーマンが、フツーじゃないお隣さんに懐かれ、居座られ、巻き込まれちゃう表題作ほか、十年来のこじらせ片想い&イジメから始まる執着愛、収録。

*リブレ出版様の新年特別企画として、端丘先生の『妄想くんのふたりあそび』描き下ろしペーパーをお付けいたします。

表題作隣の食卓

妹弟を養う長男で会社員 佐藤実
隣の部屋の住人 久我山欣朗

同時収録作品世界で一番幸せな言葉

再会した高校時代からの友人 緒方
女装癖のある会社員 名波

同時収録作品二人だけの国

同級生 下雅意
高校生 栗生

その他の収録作品

  • 本日の献立
  • カバー下:あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

表題作ではない!

1つのマンションの住人をオムニバスで描いた作品ですね。
この本の真髄は、表題作ではないと思いました。
下雅意×栗生の話が痛くて切なくてイイのです。
下剋上・執着・ヤンデレ好きは読むべし。

0

あったか、ほのぼの。でも引っかかる箇所もあり。

短編集でした。
嶋二さんの本は一度全部揃え、全部手放したのですが
やっぱり読みたくなってしまい、再び揃え始めているところです。

この本も良い味出してくれています。
ちょっと引っかかった話もあって、それが残念だったのですが…><
3編の話が収められていました。

   ◆◆   隣の食卓   ◆◆

表題作です。
隣の住人(受け)がホモだと知ってしまった
一家の大黒柱のサラリーマン(攻め)の話です。

両親が事故で亡くなり、妹と弟を養う身となった攻め。
隣の住人である受けはとても人懐っこく、
あっという間に攻めの家族と仲良くなり、毎食の食事を
一緒に摂るようになります。
毎日、家族の食事を作っているのは攻め。
そんな攻めの食事を美味しいと言ってくれます。

あるキッカケから受けが攻めのことを好きだということを知ります。
そして受けはホモでもないことも判明。
2人は男とセックスするのは初めてながら、エッチしちゃいます。

家族と食卓、とてもあたたかいお話でした。
それでいて萌もあり、ラストはバンザイな感じの話でした。

   ◆◆ 続き 世界で一番幸せな言葉   ◆◆

高校からの付き合いである受けと攻め。
しかし、受けはずっと攻めに片想いをしていました。
しかも、攻めに隠していたことがあったのです。
女装をし、男と付き合っており、プロポーズまでされていました。
(その男とはエッチしてないので、男とはバレていない)
一生、好きだという気持ちは隠し通すつもりの受け。
うーん、女装して男を騙したりしているヤツでなければ、
一途だなぁって同情もできるんですけどね……むむむむ。

ある日、女装姿を偶然攻めに見られてしまい、動揺する受け。
ホモであることもヤケになって打ち明けてしまいます。
どうせ友人関係が終わってしまうなら…と思い、
受けは攻めを誘惑し、そして2人は一線を超えます。

女装姿で偶然攻めの隣を歩くことになった受け。
そしてポツリと…
「俺がオンナだったら、隣にいられたのかな…」と。
うおお、胸がドキュン。切ない!
受けは確かに人を騙すような酷いヤツかもしれないけど、
心情を考えたら、可哀想でなりません。

しかし、攻めはずっと受けのことが好きだったと判明。
そのまま再びエッチへ…。
次の日の朝には、なんとプロポーズ!
あー、もう人騒がせな!
ごちそうさま!(笑)

   ◆◆   ニ人だけの国   ◆◆

イジメられっ子 × イジメっ子のCPです。

散々、学校で攻めのことをイジメ続けた受け。
うう、イジメって駄目です。
イジメ、ダメ、ゼッタイ!! ですよ、全く!

イジメられていた仕返しのように、受けの彼女の前で
受けにキスする攻め。
変な噂を立てられるのが怖くて、攻めに怒る受け。
しかし、そんな受けにまるで復讐するかのように、攻めは
レイプをします。
しかも写メまでとられてしまい……。

うう、こんなイジメの仕合っこ、見てて気持ち悪いよー!

それから何度も犯されながら体の関係をもつ2人。
でも、実は心のなかで、いつも自由な攻めに憧れ続けていた受け。
いい雰囲気になって終わりです。

でも何だかなー!
納得いかない!
イジメられっ子とイジメっ子がこんな簡単にくっつく訳ないだろー!!
恨みこそすれ、私だったらこんな風には思えないなぁ。
甘いわ!(喝)

   ◆◆   ◆◆   ◆◆

3番目の話さえなければなー…「萌×2」な評価って感じだったんですが。
残念ながら、ひとつ落として、この評価です。

イジメはやっぱり、どんな時も許しちゃ駄目だよ、うん。

他の2編はとても嶋ニさんらしい、ほんわかした良い話でした。
だからこそ、残念!
次作に期待です。

3

3つの同じマンション内での話

〖隣の食卓〗
表題作で題名の通り隣の部屋の住人の食卓の話です
色々あって仲良し3人兄弟と一緒に夕飯を食べる関係になった欣朗(社長)
妹ちゃんの痴漢を助けたりその妹ちゃんのことを気遣って帰り道に迎えにきてあげたりと中々優しい彼(痴漢も逮捕しちゃうよ)にホモ(違う)だとは知りつつ惹かれていく実
こういうほわほわしてるとこが嶋二さん好きです
〖世界で一番幸せな言葉〗
この本は女装回が多いので嫌いな方にはおすすめ出来ないです笑
私もこの話はあまり好きにはなれませんでした(女装嫌いとかでは無く)
シリアスならもっとドぎついのが良かったですね~
強引に行為に持ち込むには好きでした
〖二人だけの国〗
嶋二さんにしては重い話だなぁと思いました
ホモだホモだといじめられてる下雅意といじめてる栗生の話です
最初はいじめてるのに色々隠していじめ続ける栗生が好きにはなれなっかったんですが、周りにばれてしまった後のみじめな感じと下雅意のブラックがたまらないですね~
ネクタイで拘束無理矢理~や自宅でもあれこれ強引み笑顔で楽しそうな下雅意が素敵
どんどん開発されて依存しちゃう所も最高で続きす!
終わり方もさっぱりしていて残るものが無くてすっきり出来て良かったです

1

ほんわかするー( ´ ▽ ` )ノ

読んでいて胸があったかくなるお話。
あー、みんなでご飯を話しながら食べるのっていいなぁって実感させられます笑

実は私この作品が初嶋二さんコミックでした。
表紙の可愛さに惹かれて買ったら、もうほんわかしていて癒されました♡

短編も入っているのですが、全て同じアパートに住んでいる住人のそれぞれの恋模様のお話。
地味にそれぞれのキャラにつながりがあって読んでいて楽しいです。

絵も綺麗で繊細なのでおすすめです。
ぜひほんわか癒される作品を求めている時には読んでみてくださいー♪

1

やっぱ流行ってるから?

この作品は女装っこが二人でてきます 笑

久我山みたいなぽやっとした受け嫌いじゃないですw
嶋二さんの作品って結構多いですよね。
女装ノリノリでしたがヅラは自前という。(何で持ってんの?)

緒方x名波も女装ものでしたねぇ。いやしかし名波の女装は結構まるきり女なので、苦手な人は注意かも。

一番最後の話が一番好きでしたね。いじめられっこxいじめっこ。
嶋二さんの病み系結構ツボです。
一番最後に付き合ってるって言ったと聞いた下我意が泣くシーンは胸キュンでした。

0

芋づる式ではないよ

同じマンションを舞台にした、3組のカップルの3つのお話。
それぞれのお話は、ちょっとづつ登場キャラが関連あったりするけど、それぞれ全く別のお話。
むしろ時間軸的には、同時期に並行して起きているそれぞれの生活なり事件を描いている。
一話目は、隣に越してきた職業不明の男と、両親を亡くして兄弟3人で暮らしている家の長男(サラリ-マン)のお話。
2話目は、1話目のサラリーマン君の職場の同僚と、同僚君の高校時代からの友人君のお話で、友人君が舞台のマンションに住んでいる。
3話目が1話目の兄弟の妹と同じ高校に通っている同じマンションの子とそのクラスメイトのお話。
同じ時間軸の話なので、同じ場面が視点を変えてちょこちょこ出てくるところがおもしろい、
これで、人物の見分けがもっと付きやすいと,ずっとわかりやすいのに、ちょっと残念。

0

貴方と囲む食卓

それぞれの食卓に並ぶ愛のかたち。
同じマンションの住人がリンクする3組のCPの話。

【隣の食卓】
両親亡き後、妹弟を育てる実(みのる)の隣室に越してきた欣朗。
実の妹を助けたことから交流が深まりますがノンケふたりがLOVEに転ぶまでの理由が薄い…独りで頑張ってきた実が身の内に溜めていたものを吐き出す相手としてちょうど良いだけじゃないの?と勘ぐってしまうほどサクッとくっついてました。
多少の葛藤(躊躇い)はありましたが、友だちではなく恋人じゃないといけない理由が前面に出てないのが残念。

【世界で一番幸せな言葉】
高校時代の同級生で社会人になって再会し、頻繁に呑む緒方と名波。
再会・十年愛・世話焼きの攻と設定的にはドストライクなのに、なんかノれないと思ったら名波というキャラクターが好きになれずに苦戦していたという件。
女装詐欺ですよね…脇役スキーとしては相田さんを幸せにしてあげてほしい(泣)

【二人だけの国】
大人手前の年頃は甘酸っぱい、ほろ苦いの二択ではない。

嶋二さんの作品はここしばらく「ほのぼの」が続いていたのでこの話はとてもスパイシーで強く印続き象に残りました。
痛々しい思春期の話、大好き!

なに不自由なく恵まれた環境に身をおく栗生は密かに抱えた鬱憤を同級生の下雅意にぶつけます。
それは次第にエスカレートして性的な要素を孕んだ暴力へと姿を変えますが、ある日、下雅意に関係を明るみにされ栗生も周囲から孤立するように仕向けられてしまいます。

ハメ撮りを盾に下雅意の下克上開始。
奇妙な執着の関係は救いとは真逆の方向から始まりますが結びつきを強めます。
一緒に食卓を囲み時に朝を迎えるうちに離れられなくなるふたり。
この時点で恋というには無理がある気がしますが人の数だけ愛情のかたちがあり千差万別の想いに正解はなんてない。

それまでの生き方と決別をするがごとく髪を切った栗生が同じマンションに住む同級生に恋人宣言をしたエピはカッコよかった!
報告されて、それまでどれだけ虐げれても泣かなかった下雅意が泣く姿に焦りながら満更でもない栗生。
…涙は弱さではなく堪えきれない強い想いが溢れたものです。

作者さんは攻受逆を考えていたらしいんですが、私はこれで良かったと思います!
孤独だった彼らが「ふたりで王国」を築いていってほしい。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

カバー下の集合絵が可愛い。
【ふたりだけの王国】以外の2作はうまくいくまでの唐突感が否めません。
高校生CPが執着の理由から関係が変化する過程までの心情をキッチリと織り込んでくれているので一冊として纏まったと思います。

4

同じマンションのオムニバスもの

雑誌でちらちらと読ませてはいただいていたのですが
こうして1冊にまとめて下さると
やっぱりわかりやすいですし
それぞれのキャラにじっくり入り込める気がします。

表題作『隣の食卓』は
引っ越ししてきた隣人が突然スーツ姿の男に泣きつかれている場面に直面し
「あいつホモ!?」と慄く稼ぎ頭の長男・実(まこと)。
何を生業としているのかもわからないような
掴みどころも無く軽いタッチの欣朗(よしろう)のペースに
巻き込まれつつ、家族で食卓を囲むうちに情が湧いてきます。

妹の藍が不審者に抱きつかれるという事件の解決策として
自ら制服を借りて女子高生になりすまし
犯人を捕まえると言うお手柄な欣朗は
その姿のまま実を押し倒してキスをせがみます。可愛い…。
女装萌えはそんなに無いのですが
実は家族を大事にしているから、自分も実の家の子になりたいと
健気な面も見せてきゅーん。
家族がいない欣朗にしてみれば、親がいなくても兄弟だけで
頑張って支え合って生きている姿は羨ましく映るのでしょう。
微笑ましいお話でしたが
欣朗がノンケだったのがすごく意外でしたw

続き『世界で一番幸せな言葉』
女装の趣味はあるけれどゲイな名波は高校の時好きだった緒方と再会して
たまに飲む仲になったのだけれど
女のフリをしたまま体の関係がまだない違う男にプロポーズされます。
お金を持っていそうでナンパしたのに
真面目すぎてなかなかデキないじれったさに苛立ちながらも
結局心の中では緒方を諦められずにいました。
女装が緒方にバレた夜、抱いてもらい…。
どこかスレていそうに見えても一途なところが萌えでした。
緒方も実は高校の時から…というテンプレも嬉しいくらいですw
でもやっぱり私は、女装萌えは(省略)

『二人だけの国』
ホモだという噂がある下雅意(しもがい)は
おとなしい為からかわれの対象となっていました。
家が裕福で成績が良い栗生は不満もなさそうに見えて
中学の頃下雅意が無理矢理男にしゃぶらされているのを目撃し
気持ち悪いと言いながら、泣いている下雅意に興奮してしまったのです。
友人たちと幾度となく嫌がらせをしても泣かない下雅意に腹を立て
二人きりになると口での行為を強要します。
写メを捕られても、それでも逆らわない下雅意。
栗生の付きあっている彼女がいるのを知っていて
学校内でキスをしかけてきた下雅意の真意とは…。

形勢逆転してしまい、罵倒しながらも体は感じてしまう栗生に萌え!!
今までのおとなしさはどこへ…の下雅意の余裕さにも萌え!!
ギャップって美味しいです……。
そこには憎しみだけがあったわけではなく、
勿論好きな気持ちが隠されていて読後感が良いです。

描き下ろしの『本日の献立』では
三組のカプの幸せなその後が描かれています。
実×欣朗、緒方×名波はラブラブって感じですが
下雅意×栗生は実(みのる)の妹・藍が隣りのクラスで面識があり
後日付きあっていると言ったという報告を下雅意にしただけで
声も出さず泣いてしまうんです。下雅意が!!
二人の関係の始まりが始まりだっただけに、
そう公言してくれて嬉しかったんでしょうね…。
一方言われた藍は、自分の兄もカレシがいるので反応が薄かった、という事でしたがw

普段自分ではあんまり好きそうじゃないタイプの
『二人だけの国』が一番好きでした!

4

自分の中で終わりをつげた。

ここ最近の嶋二さんの作品を読んでいて、そろそろ無理かもと薄々自分に感じていた

好きな作家さんだったので積極的に読んでいたのが最近は読むのが辛かった。

このお話はPOPな感じで読むのはそれほど苦痛じゃなかった

マンションに住むお隣さん。
両親を事故で亡くしお兄ちゃんががんばり妹弟を育てている
そのお隣さんとひょんなことからお近づきになり恋するお話。

お兄ちゃんが黒髪くんで
お相手お隣さんがふわふわくんです

ネガや過去の暗さは好みの問題だと思うのだけど、嶋二さんのスパイスにはもうおなかいっぱいだなと再確認した作品となりました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ