双子カレシ

futago kareshi

双子カレシ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない7

--

レビュー数
8
得点
72
評価数
29件
平均
2.8 / 5
神率
13.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799714201

あらすじ

貧乏だけど、平凡な春吉の毎日に現れたハイスペックな双子の転校生・優星と秀星。
なぜか春吉に懐いて迫りまくり、まんまとほだされHしてしまう!! 心も体も春吉の中にどんどん入り込む双子は、こっそり孤独を抱えた春吉に居場所をくれて―。
『3人一緒に愛し合お?』双子のおねだりは同時に×××!?
濃厚Hを受け止める、いちゃラブ3P生活+描き下ろし!

*リブレ出版様の新年特別企画として、端丘先生の『妄想くんのふたりあそび』描き下ろしペーパーをお付けいたします。

表題作双子カレシ

途中編入してきたイケメン金持ちの双子 優星/秀星 
両親を亡くし一人暮らしの高校1年生 小森春吉

同時収録作品いじわるな教室

生徒 永井愛生
数学教師

その他の収録作品

  • 双子カレシ~エンディング~
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数8

うーん。

うーん。ずっとやってます。
最後の最後になんで双子が春吉に近づいてなついたのか、そのきっかけが明かされるので、そこでようやく内容が出てきた感じがしました。
ともあれ、絵は綺麗だし、双子はイケメンだし、美味しいことにかわりはありません。
出来れば、双子を受け入れることになるまでの物語をもう少し見せていただければ、春吉に対する愛着もわいたかなぁと思いました。その分、考えたり迷ったりするところはないので、さっと読めちゃう漫画です。

1

王道は素晴らしい!

タイガ先生のイラストは本当にキレイで大好きです(^-^)

イケメン金髪双子と黒髪受けの3Pです。
始めからエロ盛りだくさんな作品になってます。玩具から二輪刺しまで……汁だらけの1冊です!

1話だけメインストーリーじゃないお話が入っているのですが、これもまた素晴らしいです。
試験中に教師(受け)のナニを生徒(攻め)が教卓の下でフェラしてるなんて、、、(*´ω`*)
いいですね~~
1話じゃもの足りないくらいです笑

1冊の中でその1話以外はメインストーリーなので、短編ばっかりの漫画は苦手という人でも楽しめます(^-^)

0

懐いてくる双子が可愛いですが・・・

ハイスペックな双子の優星と秀星になぜか懐かれまくりの地味で平凡な高校生春吉。可愛い系の優星と俺様系の秀星で、描き分けがされており、地味で平凡なキャラが何故か好かれるという設定も王道です。

双子→1人という設定は大好きです。
人目をはばからず校内でひっついてくる双子に、早く自分の教室に戻れ!て怒るくせにキスは怒らないのか?それは普通の男の反応なのか?と思っていたら、この三人、もうすでに出来上がってる関係だったんですね。
この後いきなり春吉のアパートでし始めてビックリ。
どうせなら、初めてのところから描いて欲しかった。

電子書籍の単行本化なので1話が短く、当然その短い1話の中にえろシーンがあり、割と毎回パターンは同じです。
昼間は学校でベタベタ→夜は春吉のアパートで3P。
これの繰り返しなので、ちょっと飽きて来るのですが・・・。

後半は一応双子の性格の違いや、天涯孤独の春吉が双子に救われている事、お金持ちに生まれたせいで周りを信じられない双子の境遇など、内面まで掘り下げて描かれています。
何故春吉がいいのか、もちゃんと説明されている点はただえろいだけの本でなく続きいいとは思うのですが・・・

でもバリエーション多いのになんでかえろくないんですよね。
修正のせい、というよりは単に作者さんの局部の描き方の気がします。
つるつるして不自然に見えるというか。
せっかく色々なシチュエーションを用意しているのに萌えられないのは勿体無いと思いました。

ですが、双子+1人ものとしては王道ですので、この組み合わせ目当てで選ぶ人にはオススメできるかな、と思います。

1

3Pにつられた

とにかく3Pという文字につられた感がありました。
途中で読むのめんどくさくなっちゃった…。

エロも物足りないかな、と。勢い任せというか、読んでるこちらが置いてけぼりになるような。書きたいとこだけ書きました、みたいな感じなのかな?とか思ったり。エロ目当てで買ったつもりでしたが、エロもあんまり楽しめませんでした。
ストーリー性重視の方には尚更オススメできません。

個人的には同時収録されていたお話の方がおもしろかったくらいです。

3

深く考えてはいけないww

とりあえず主人公と双子がやりまくってる話
エロ目当てならお腹いっぱいになります
萌えましたが個人的にはもう少しストーリー性が欲しかったかな

2

芯が欠けた3Pバラエティ

まず、基本的には頂けない作品につけることの多い「中立」にしましたが、
「萌」にかなり近い「中立」です。
しかも脳内でワンストーリー補えば、「神」に近い「萌萌」位まで行きます。

その位重大な欠けを感じたのです。それは
「学校ではなく家のベッドでエッチしてるのにすべてで攻め二人が上さえ脱がない着衣である」
こと・・・。そういう細かい疑問、どうでもいい人はどうでもいいんですがこだわる人はこだわるのです。
しかもこのお話は基本的に「どうエッチするのかが主題」としか思えないほど、エッチの内容についての記載の割合が高い。
こうなると「ここまで執拗に攻めが服を脱がない(受けはほぼ全部脱がされてしまうのに!)理由」が気になってしまう・・・。

二本刺しの後、お尻の穴からごぼごぼ出てくる精子、のような描写は非常に達者なのに、関係を考えた時にあっていいはずの3Pがまるっと抜けてるのがなんかもやっとします。
春吉はどっちかというと男前でムラムラくるタイプですから、攻めの体見てムラムラする受けというのがあっても良かったようなもんです。

そういう普通のエッチを脳内で補えれば十二分な続きんですけど…
もしここまでエッチ比率が高くないルチルやキャラのようなレーベル&お話なら気にならないんですけど…

4

3Pよかった。

三角関係が大好物な私にとって最高のコミック。出会い編は省かれていたけど、あまあまなストーリーで萌え萌えでした。できれば3人の出会い編を読みたかった
Hは全部3Pだからウハウハしちゃいました。このコミックは、私が好きな三角関係、攻が受を溺愛してるので、私が好きなシチュばっかりなので、出会えてよかった(T-T)
五城タイガ先生、最高~。また新刊でるの楽しみです。同時収録の生徒×先生のカップルも追試を受けてる生徒がいるのにHしちゃって、ドキドキしちゃいました。

3

3Pにごちそうさま

五城タイガさんの絵は白黒がはっきりしていてトーンも多用、書き込みも細かくてしっかりした絵なので濃い雰囲気を受けるのですが、
今回3Pモノということで内容も 双子×主人公 でまるっと一冊出来あがっていて毎回3Pが登場するので、濃さが強調されて読み終わった頃に満腹にw
しかし、ほんとうにこの3人で1冊というのは、毎回色々変えなくては(結局3人で落ち着くオチは同じだが)ならないので、作者さん大変だったと思う。


母親が早逝し、父親も1年前に病死して一人ぼっちで暮らしているごくごく普通の貧乏高校生・小森春吉は
半年前編入してきた、父親が会社の社長という金持ちで容姿端麗のキラキラした双子の優星と秀星に懐かれ好かれて、毎日お昼のお弁当を一緒に食べるのは当たり前でしかもそういう関係であるという始まり。

すでに春吉は二人を受け入れていて、毎回彼等と3人で幸せみたいなオチになっているのだが、一人ぼっちの春吉が、双子はクラスは違うけど毎日一緒に過ごして、帰っても彼等が来ていてやんちゃな双子に振りまわされたりするけれど、そのおかげで寂しさを感じない。
というのが一番の基礎になっているよ続きうです。

正直、学校へ行って生活の為に毎日ではないようだがバイトして、夜は双子とエッチして、春吉の身体は大変だと思うんだ。
もちろん、そんな部分はあまりふれられてないですが。

多分話的に3Pを見せる漫画でなければ、双子が転校してきて春吉にまとわりついてほだされるまでで多分数話展開できるのだとおもうのだが、そこは主軸じゃないから飛ばしてる。
基本、エッチは3人一緒。
バリエーションを持たせるために、双子の片方は見るだけプレイ(途中でちょっと参加)とか、玩具とか、2輪挿しなどを配置している。
春吉も一人だけだと物足りなくて、やはり三人一緒でないと満足感がないようで、、、

描き下ろしにおいて、どうして双子が春吉に?という真実が明かされている。
互いのお父さん絡みだったということらしい。
この双子、そっくりで髪の分け目も違うが見分けどころは耳のピアス。
それで判別するけれど、読んでいて、もうどっちでもいいや(笑)
さすがに3Pモノでエッチは沢山あるけれど、そんなにエロく感じないのでした。


同時掲載は、生徒×先生モノ
ちょっぴり生徒がヤンデレで、成績トップなのに先生がエッチの時にどこが感じるか教えてくれなかったらお仕置きだとテストの点を落として補習を受けて、衆人環視プレイをするという。
しかも涙を流しながらワンコ露呈させて鬼畜な事するなんて!
というちょっぴり痛いお話でした。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ