神さま、お願い ~恋する狐の十年愛~

kamisama onegai

神さま、お願い ~恋する狐の十年愛~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神37
  • 萌×217
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない11

--

レビュー数
14
得点
275
評価数
73件
平均
3.9 / 5
神率
50.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
新書館
シリーズ
ディアプラス文庫(小説・新書館)
発売日
価格
¥560(税抜)  ¥605(税込)
ISBN
9784403523434

あらすじ

「壮志に会いたい。山の神さま、この耳と尻尾を消す方法を教えてください」。狐のもののけ・佐登(さと)は命の時間と引き換えに、耳と尻尾を消す神通力を手に入れた。
だから、もう壮志は佐登だと気づかない──。
再会と別離を繰り返しながら、それでも佐登はただ一途に壮志を愛し続けた。壮志もまた、出会うたびにどんな佐登にも友情を、やがては恋心を示してくれた。
そして時は無情に流れ……? 人と狐のせつない純愛譚。

表題作神さま、お願い ~恋する狐の十年愛~

母方の祖母の里で出会った男子 壮志 5~25歳
生方山の狐のもののけ 佐登

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数14

狐の想い 強し!

大好きだったこの本もレビューしてなかったことに気付き、今頃ですが。
私にとって狐デビュー作だった気がする(笑)

泣くんですけど、なんで泣いたかっていうと。

狐と人間、いろんな事情もあって進む時間の速度が違う。
大好きなこの人を置いて、先に逝かなければならないって
分かってるのって、恐怖なはず。
その時間差を受けさんは条件としてのみ込んだはずなのに
実感した時の描写が、とても切なくて、泣いたー。

かたや、姿形が変わってもきちんと好きな人を見分けることが
できた壮志も、想いが強かったから出来たはず。
その想いの強さを感じて、号泣。

すれたところはどこもない。
一生懸命生きて、二人で仲良く歳をとっていければいいなあと
思う終わり方でした。

4

ジャパニーズ人魚姫的な?でもハピエン

泣きました。今も目の腫れが引きません。
ここ最近はもふもふ、とくに狐のBLがマイブームなので、読んでない本がたくさんあるにも関わらず衝動買いしてしまいました。

あらすじは他の方が書かれてますので、感想を。
佐登が純粋で一途で健気すぎるあまり、壮志が薄情に見えなくはないですが、致し方ない面もあるのでは、と思ったりもします。恋する気持ちは最初の出会いのときから、壮志にもあったとはいえ、親の離婚は防げなかったし、子供だから父親に引き取られた以上母方の祖母の元へは行けなかったのでしょう。年頃のしかも、都会で生きる壮志には女性との経験も避けて通れないものだったのだと。

特別、壮志が魅力的だとは感じませんでしたが、かといって酷いとも思いませんでした。いたって普通の人だな、と。
そんな、特別魅力的でもない(ひでぇ言い方)壮志を一途に愛し続けた佐登の命がけの大恋愛に心が締め付けられました。命と引き換えにしたのは、ただ一目壮志と会う為に耳と尻尾を消すことなんですよ!ささやか過ぎませんか?二百年も寿命を縮められるのに、恋を叶えたいとか、完全な人間になりたい、とかではないんですよ?

続き老いていく姿を見られたくない。でも、壮志と少しでも長く過ごしたい。そのジレンマがとても悲しかったです。
ちゃんと恋が叶って良かった〜。
可もなく不可もなくの(ひでぇ)壮志がもう少し魅力的なら『神』でした。

1

一途な初恋

はじめて名倉先生の作品を読みました。

祖母の田舎の裏山で出会った壮志と、狐の佐登。
ひと夏を一緒に遊んだ友達でもあり、初恋の相手。
人と狐ではあるけれど相手を思い続ける二人の切なく優しいお話しでした。

10年という限られた寿命の中で急速に年老いていく姿を見せまいと何度も壮志の前から姿を消す佐登の「ただ見守れればよい」という一途な思いが切なかったです。
そして、好きな相手に対しては思った以上に積極的でデレデレな壮志でしたが、衰弱した佐登を必死で守ろうとする姿は頼もしかったです。

0

何度でも恋に落ちる

とても切なく、人生や、大げさに言えば生きている今の時間が心から愛おしくなる素敵なお話でした。ケモミミファンタジーではありますが浮ついた雰囲気はありません。十数年におよぶ種族を超えた愛が非常に真摯に、ピュアに描かれていて、ちょっと泣きそうでした。

名倉和希さんは今まで読んだどの作品も相性がよく、ラブコメが多かったので、この作品もケモミミなラブコメかなっと思ってワクワクしながら気軽に読んだのですが…いやはや。良い意味で裏切られました。

壮志は自分に正直なところが何より男らしいイマドキの男性で私は結構好きなキャラクターでしたが…根本的な部分で大きくツッコミたい点がありますね!(笑) でも佐登の可愛さに免じて「神」評価にします。

4

水晶のような透明感のある恋でした

名倉先生はオフィスものや体格差、俺様攻めなどのイメージが強いので、今回の作品は名倉先生らしくもらしくない作品でした。それが新鮮で萌×2が神になりました!
そしてタイトルにも書いているように、十年越しの思い。
十年という流れの中で、短くなった命をただ一人のためにに捧げる受けと、十年の間に違う姿で出会ってもただ一人を心から愛し続ける攻め。
切なくて純粋で、究極な純愛。十年という時間の幅をうまくコントロールしている名倉先生に脱帽です。
こういう意味でも「神」評価。

小学生の時、田舎の祖母の家に夏休みを過ごした壮志(攻め)は山の中で狐のもものけである佐登(受け)に出会った。もものけと知りながらも佐登の美しさと可愛らしさに惹かれる壮志と、今まで山で穏やかな日々を送ってきたが、壮志の純粋さと明るさに心を許してしまう佐登。二人はお互い惹きつけ合いながら、夏休みは過ぎてしまう。別れの際に、来年の夏休みにまた会いに来ると壮志は約束したが、彼を待っているのは両親の離婚話でした。
両親が離婚したため、母親方の祖母のうちにはもういけない。当然佐登との約束も果たせなくなるが、子どもの壮志にはどう続きしようもできなかった。この事情を知らない佐登は夏が来るたびに壮志を待っていた。5年が経ち、佐登は壮志が約束を破れたとは考えていなかった。何か事情があってこられないのではないかと心配し、どうしても壮志に会いたかった佐登は、ついに山の神さまに願う。真摯な佐登の願いは山神に届けたが、命の期限を引き替えに、人間の姿を手に入れた。
ここまではありがちなケモノものだが、その後に繰り広げる二人の出会いと別れはこの作品の醍醐味でした。
100年もある命は10年に削られ、佐登は10年の間に普通の人間とは違う速度で成長・老化してゆく。限られた時間の中で、佐登は違う姿で壮志と2回出会った。
1回目は、二十歳の姿の佐登と中3の壮志。
両親の離婚で、父親と二人暮らししていた壮志は家事にも受験にも追われ、多感な思春期において精神が不安定でした。そんな彼の前に佐登はサトルという名前で現れた。見ず知らずの人から親切されるのに戸惑ったが、壮志は彼の好意を拒むことができなかった。そして段々柔らかくて優しいサトルに懐き、淡い恋心を抱くようになった。しかし佐登の体の中には老化が進み、これだといつかは彼に気がつかれる。壮志を愛していながらも離れなくてはいけない。壮志が志望高校に合格したのをきっかけに、佐登は別れを切り出した。突然の別れにうろたえた壮志は思わず冷たい態度をとったが、サトル(佐登)への思いは恋だと初めて気づいた。
二人は苦い思いのまま別れてしまう。
それから五年が経ち、老化が進んだ佐登は30歳の見かけになっていた。このまま山に帰って最期を待つと決めているのに、壮志が恋しくて最後に一目だけ見に行くことになった。
一方サトルと別れてからもずっとサトルと似たような金髪な美形を探し続けてきた壮志はバイト先に来た佐登に見とれた。図らずとも二人は一夜の関係を持つことになり、壮志の気持ちを拒めずにいる佐登はそのまま壮志と同居することになった。
ここまで読むとなんかこの話の中には色々盛りたくさんな気がしますね…
ケモノ設定もさるものながら、片思いがあり、誤解があり、再会があり、一夜の関係もある上についに同居ものにもなったのかってツッコミたいところだが、一つ一つ美味しく頂いてます(笑) 内容が充実しているわりにベタベタしていないのがこの作品のいいところだと思います。壮大で切ない話でありながら意外と重くなくサラサラと読めるのが意外でした。
まあ同居の時間はあまり長くないが少し物足りない気もしますね。これが原因でその後の別れがあんまりクチっと痛めないのかもしれません。
そう、この作品を読んで一番腑に落ちないのは、至って切ない設定なのに思っているほど痛くないのはなぜでしょう。
やはり色々盛りたくさんなのかな…少し急いでいるような気がします。もう少し時間と描写をかけて雰囲気を醸してくれるならもっと好きになるかもしれません。
やはり老化が原因で佐登は再び壮志の前から消えてしまう。2回目の別れからまた五年が経って、祖母の死で再びその山へ訪ねた壮志はそこで佐登と再会するが、目の前の佐登は既に衰えて衰弱だった。いつも自分の容姿を褒めてくれる壮志にこんな老衰した自分を見せたくないと抵抗する佐登に対して、壮志はどんな姿のキミでも私は愛していると告白した。
やっと再会したのに、佐登はすでに命の最期だった。
……
最終的には都合よく奇跡が起きてハッピーエンドですが…
名倉先生らしいっちゃ名倉先生らしいけどね…いつもハッピーエンドだら安心して読めるというのもいいのですが、クライマックスが短いという感じがどうしてもあるんですよね。
せっかく壮大な設定なのでもうちょって行って欲しかったな
全体的にはとても萌える話でした。名倉先生が好きな方に是非オススメしたい一冊です!
イラストも綺麗ですし、もっともふもふが見たかったです!!

2

ボロ泣き。

読んでる途中から、涙がボロボロ零れてきて仕方なかった。
何でこんなに涙がボロボロなってくるのか不思議なくらいにボロ泣き。
兎に角、自分の意思とは無関係に溢れる涙が止まらないのって、冬季オリンピックのフィギュアスケートで国民的に大人気のスケーターさんが、ずっと追い求めていた演技をやっと出来た時以来だと思う。
あの時も、いつの間にか涙がボロボロボロボロ出て止まらなかった。

自分の中で思うに、健気モフモフがダメですよ!
モフモフに健気を足したら最強です。

本当に、何で泣けたんだろう。
佐登のひたすら壮志を想うその心と、辛い時にいつも寄り添っていること、ずっと壮志の側にいたいけど壮志とは流れる時が違うこと、そのせいで老いが確実にやってきて「綺麗な自分だけ憶えていてほしい」という佐登の葛藤、老いた佐登を変わらず好きでいてくれる壮志の一途さ、姿形が変わって何回再会しても佐登のことを好きになる壮志、どれをとっても本当にいいです!

読み終わって、この番外編が載っている名倉さんの同人誌を買いあさりました。
小冊子が手に入らないのが死ぬほど残念です。
なんで当時、私はこちら続きの作品を読んでなかったのか、もの凄く後悔しています。

4

人と狐の切ない10年愛

BLアワードのノミネートに迷って再読しました。名倉和希さんは好きな作家さんです。子供の頃に少しの間だけ過ごした相手を忘れられずに、初恋をかなえるお話です。狐のもののけの佐登は、ホントに健気で一途で大好きなタイプです。

1ヵ月程度一緒に遊んで過ごした壮志が忘れられずに、壮志に会うためなら寿命を縮めることもいとわない佐登。でも10年って、意地悪過ぎないですか神様…。晴れて人間になって壮志に会いに行っても、自分のことは明かさない佐登の不器用さにキュンとなります。
一方、壮志は佐登のことが忘れられなくても、子供では何もできずに会うことができず、いつでも思い出しています。それでも、姿が違っても、惹かれるのはサトルであり、生方なのです。
衰えていく身体に怯えて、たった一人での死を選んだ佐登。

再度壮志に会えた偶然と、神様の粋な計らいで(意地悪って言ってゴメンナサイ)また同じ時を過ごせるようになった二人に涙が出ます。佐登の為に仕事を辞めて一緒に暮らし始めた、幸せそうな暮らしぶりも見れて良かったです。

7

号泣

泣けて泣けて…。

1

フツーに泣いた。再読はない

タイトルから「泣いてください!健気受け」という作品だとわかる。親切です。

重いものは読みたくないという状態のとき、
お涙頂戴なヤツでも読むか、というくらいの気持ちで購入しました。
 泣けました…が。
わたしは涙腺が弱く、簡単に泣くんです。
なので「ナニコレ」この程度?と思うひともいるかも、とも。

キツネのもののけ、サトがヒトの子供に出会って。初恋して。
完全な人間に化けるには寿命が縮むよと神にいわれたが、
それでもいい、人間の子に会いたいと。
短期間で年齢を取る条件で、人間型を保ち「あの子」を探しにゆく。
攻めの壮志が15歳の時。20歳の時。25歳の時。
年を取ることで変貌する自分の、名もいつわってサトは壮志に幾度も出会うーー。

老いさらばえた姿をさらすけど、
壮志はそれでもサトを好きだよと云う。
そういうお話。

サトにはオツムも恋情も幼稚な印象を受けました。
幼い恋から進化?発展した気持ちはあるのか?
キツイ言い方になりますが、疑問におもいました。
愛情の芽生えを裏打ちするようなエピソードがたりないのでは。
攻めにも魅力をかんじな続きかった。

泣けはしたのですが、お話を「浅い」ように感じたので、再読はしないと思います。

…ただ、これをいっちゃあ、なんですが、文章力のある作家さんの作品を読んだあとだったので、差に驚いた…
筋は悪くないと思うので、もっと恋情にも人物にも深みをもたせる描写など、して欲しかったと思います。

4

う~ん・・・

名倉さん初読みです。

ゴメンナサイ、何から何まで私には合わなかったとしか言いようがありません。

もともと『ファンタジー・人外』が自分でもどうかと思うくらいに好きなので(特に『ケモミミ・もふもふ』が好みというわけではないけど)、つい手に取ってしまいました。

設定は苦手でも何でもないんですが、とにかくキャラクターに一切魅力を感じませんでした。

壮志(攻)は、魅力がどうこう以前にかなり苦手というかハッキリ言ってキライなタイプのキャラクターです。なんだコイツ!?

特に大学時代、いくら若くても(でも20歳だろ!?)あまりにも幼稚で身勝手なバカだとしか思えなかった。

佐登(受)は、別にキライじゃないんですけどね~。それでも、確かに私は『健気受』が堪らなく好きですが、なんか違う気がしました。
間違いなく『健気受』なんですが、何故かまったく好みじゃない。


ストーリーに関しては今さらなのでもう触れませんが、散々哀れを煽った挙げ句のラストの呆気なさにまさしく唖然としました。←『ご都合主義のハッピーエンド』自体はいいんですよ。というよりそうでないと困る続きくらいです。単に書き方です。

なんというか、入り込む隙を探してるうちに、勝手に話が進んで終わっちゃった感じでしたね。
いったいこれの何をどう楽しめばよかったんでしょうか。もうそこからわからないんだけど。


イヤもう、懲りない自分に呆れてものも言えない状態です。
高評価の(とりわけ初読み作家さんの)作品に手を出して当たった試しがほとんどないのに何故繰り返す!
とりあえず、もうこの作家さんは読まない方がいいのかもしれません(私は)。

相変わらず徹底的に好みがズレてんだな~というのだけは実感させられました。

9

この愛に感動してしまう

もののけケモ耳ファンタジーで、私のツボにどんピシャリな作品でした。
キツネさんは大好きですが、この作品のキツネさんは健気で一途で愛しくて仕方ない。
それに攻め役になる人間の壮志も途中で欲望に忠実になっている時期がありますが、
キツネの佐登と二度目の再会をしてつかの間の恋人同士になってからは、
佐登への思いを疑うことが出来ないくらい必死で佐登への愛で壊れそうなくらいで、
かなり佐登限定では誠実な攻めだと感じます。

初めての二人の出会いは壮志が小学4年生の時で母親の実家である祖母の家に
夏休みの期間預けられ、そこで佐登にとっては初めての人間の友達になるのです。
出会った時に佐登にはケモ耳&尾があるから、人間では無いと知っても壮志は
佐登を一目見た時から可愛いと思ってしまい、女の子と勘違いして、男だと分かっても
その気持ちに変化がなくて、夏休みが終わってさよらなするときも幼いながらの
初恋なのねと感じるのです。

そして壮志が再会を約束して都会に帰って、佐登は夏休みを待ち続けるのですが、
5年過ぎても壮志は現れない。
約束を反故にされ、憤るのではなく、山に来続きれない何か深い事情が壮志の身に
起きたのでは無いかと心配し、壮志にもう1度会いたい一心で山の神に願う佐登。
佐登の願いは聞き届けられるが、その代償はかなり大きなものなのです。

5年ぶりに再会してもその代償がある為に長く傍にはいられない事情が出てきて、
1度目の再会は壮志が高校受験の時期で、2度目は大学生でバイト先で再会。
しかし、どちらも佐登としてではなく、二度の再会共に別人として壮志の前に現れる。
佐登の壮志の傍にいたい、でもいることが出来ない葛藤と苦しさ切なさが
身にしみるのですよ、それに置いていかれる壮志の気持ちも切ないです。

3度目の再会は壮志の祖母の死で叶うことになり、後半220Pくらいからは
読んでて涙ボロボロ状態になりました。
そして壮志がすごくいい男に感じたのが佐登の外見がどんなに変わっても
愛する気持ちが全然変わらないというところ、佐登が佐登ならそれだけで構わない、
そんな壮志の愛が、佐登の純粋な思いが奇跡を起こす!!
涙を流した分だけ幸せなラストで、それもやはり壮志の男気を感じさせる幕引きは
愛する者のことを1番に考え自分の思いに素直になった結果とはいえ素敵でした。
年明けの1月の段階でこんなに素敵なファンタジーが読めて最高でした。

13

今年初めの号泣となりました(笑)

ケモノミミは好きなのでタイトルに
惹かれて皆様のレビューを見てから購入しようと…。

サブタイトルの十年愛というフレーズに
切ない系かと思い、基本アンハッピーが苦手な私は
ドキドキしながらレビューを拝見しラストを
確認した上で購入しました(笑)

いやぁ、今年初めの号泣をさせて頂きました!
パターンとしては、ある設定かもしれませんが
主人公の佐登の一途さが本当に丁寧に書かれていて
相手の壮志を想う気持ちが伝わってきます。

そこが丁寧に伝わってきた分
ラストにかけては、もう佐登の純粋な一途さに
ホントに胸が熱くなって号泣でした。
泣けると思ってたけど、これ程泣けるとは〜…。

それと成長していきながらも自身の一途さで佐登を
愛し続けた壮志にも感動しました。

一途な愛のお話しで感動したい方へ
私としては是非オススメです!

12

恋する狐の一途な純愛

まさかこれほど泣かされるとは…というのが正直な感想です。狐のモノノケと人間の純愛でした。
壮志(攻め様)は小学校四年の夏休み、1ヶ月ほど祖母の家に滞在することになり、その裏山でサトという金髪美少年に出会います。少年といってもモノノケなので実は100歳ですが、見た目は壮志と同じくらいの年頃の子供です。あまりの可愛らしいサトの容姿に、初めは少女と間違う壮志ですが、次第に明かされるサトの性別や正体を知っても壮志は子供の純粋さで恐れることなく受け入れるのです。サトとの出会いは壮志にとっての初恋となり、子供なりの純粋な愛情でサトに尽くします。毎日のようにサトに会い、サトを喜ばせたいと紙飛行機や飴玉をサトに与えます。壮志の無垢な恋心に心を打たれます。壮志がサトから生える狐のシッポに思わず触れてまい、驚いたサトが逃げて姿を消してしまうエピソードは、サトの物慣れない様子にキュンとしてしまいました。
やがて壮志の夏休みが終わり、来年の夏休みに必ず来ると約束するのですが、翌年もその翌年も壮志が裏山に来ることはありませんでした。5年という月日がたち、サトは山をおりて壮志に会いに行くことを考えますが、その続きためには耳とシッポを隠す神通力が必要になり、山の神様にお願いをするのです。しかしその願いはあと200年ある寿命を10年に縮めることが代償でした。サトは壮志に会えない200年よりも、一目壮志の元気な姿が見られるなら10年でもかまわないと思うのです。
やがて山をおり、15歳に成長した壮志を見つけたサトは壮志に声をかけます。けれど残りの寿命が10年になったサトは驚くほどの早さで老化が進行し、見た目は20歳頃の青年になっており、サトルという名の別人として壮志に近づきます。両親が離婚し父子家庭となった壮志は、父親への不満や日々の学業や家事に追われ、かつての明るさが失われていました。彼を心配したサトは何とか彼を救いたいと思い、家事を手伝い彼の悩みに耳を傾けるのです。初恋のサトに似てはいるが、サトルがサトとは知らず、また恋をしてしまう壮志ですが、壮志と生きる時間が違うサトは長くは一緒にいられず、壮志の高校受験を区切りに姿を消してしまうのです。
その後も遠くから壮志の成長を見守っていたサトは、やがて山へ戻ることを決意し、その前に近くで壮志を見たいという思いから壮志のバイト先のカフェへ足を運びます。壮志は20歳の大学生、サトは30代半ばまで老化が進行していました。壮志はサトルに似た容姿に驚き、けれど年が違うので別人だと思うものの、惹かれるものがあってサトに話しかけるのです。一方サトは生方という別人として壮志に接します。やがて恋人同士になり同棲する二人ですが、サトは自分の正体を明かせず、残された時間や、老化の進行、壮志を騙していること、様々なことに悩み苦しみます。壮志はサトが何も話さないのは信頼が足りないからだと思い、溢れるほどの愛情をサトに注ぐのです。何か事情があるサトの様子に、出て行ってしまうのではないかという漠然とした不安を抱えながらも、サトを一途に愛し尽くします。一緒にいたい、愛しているのにずっと側にいられない、人間として壮志に出会いたかったというサトの気持ち…そんな二人の切ない純愛に涙が出ます。
壮志が可愛いと言って愛してくれる、その容姿も衰えていく、その恐怖に耐えられなくなったサトは、ついに壮志のもとを去ってしまいます。残された壮志は傷つき、サトとの失恋を引きずりながら社会人へと成長していきます。
壮志が25歳、サトはいよいよ寿命を終えようというある日、壮志の祖母が亡くなったことから、壮志は15年ぶりに祖母宅へ向かいます。初恋のサトのことが気がかりだった壮志は裏山に行き、そこに暮らす年老いたサトを見て、全ての事情を知ることになります。最後はハッピーエンドだって分かってるんですけど、分かってるんですけどね……泣けるんですよ(笑)サトにはもう命の時間が残されていなくて、弱々しく壮志に告白するのです。生方として壮志に会った時、成長していく壮志をどうしても近くで見たくなってカフェに行ったのに、運よく恋人になれて、その後のことを考えなかった、短慮だった事、壮志を深く傷つけた事を必死に詫びるのです。もう涙が止まりませんでした。サトが年老いても、その愛情が変わらない壮志。二人の願いが山の神様に聞き入れられ、サトは人間として壮志と生きることになりました。
別人だと思っていたサトルや生方に恋をしてしまったのは、本能なんでしょうね。魂で惹かれ合う二人の純愛でした。



14

無垢で無償で一途な愛情に涙

作者さん初のケモミミもの。
一体どんなだろうと、とても期待していました。
題名からしても健気で一途な想いの物語とは察せられるのですが・・・
素直にハマるととても感動。クライマックスは涙がこぼれてしまいました。


小学4年の夏休み母方の祖母の家で過ごすことになった壮志は、独りで行ってはいけないと言われた裏山の神社まで来てしまいます。
そこで出会ったのが狐のあやかしの佐登。
佐登には耳と尻尾がついていて、それを何かの遊びだと勘違いし、とてもきれいな金髪に女の子だと思い込む出会いでした。
紙飛行機をあげたり、飴をあげたり、佐登が狐のあやかしと知っても壮志は怯えるでもなく、楽しい夏休みを過ごしますが壮志は帰らなくてはなりません。
また来年を約束して別れる二人ですが、その翌年も、またその翌年も、待っても待っても壮志は佐登の元を訪れませんでした。
そして5年、神さまに壮志に遭いに行くために耳と尻尾を隠して人間に化ける神通力をお願いする佐登。
神さまはその強い思いを聞き届けてくれますが、それは佐登の寿命の引きかえ。
あと10年というものでした。


佐登にとっての1続き0年、正確には15年愛。
どうしても会いたくて会いたくて、でも神さまの与えられた条件で壮志と同じ歳のとり方をしない佐登は、壮志を見守るだけしかできなかったのです。
出会いが10歳、再会が15歳、20歳、25歳と、
同じ佐登なのに、佐登の面影のある別人として再会してはその度壮志は恋をする。
根底に初めて人間の姿で出会った時名乗った”サトシ”という20歳くらいの容姿の佐登の面影を追うように。

その再会の度の愛情も壮志の成長とともに変化していきます。
だから壮志の態度や言動が、自分勝手だったり強引だったりしても、それは佐登の事情を知らないからであり、歳相応の態度なのだと思えるのです。

佐登については切ないです。
最初20載くらいの見た目が、次は30半ば超え。壮志が25載の再会ではもう・・・
それでも壮志は佐登を愛します。佐登としらないまま。
本当に佐登は純粋にひたすら純粋に壮志の側にいたいだけ、その無償で無垢な想いが心を打つのです。

涙したクライマックスも、醒めたとり方をすれば「そうじゃなくちゃ困るでしょ」なのかもしれません。
でも神さまの条件を満たすには、どんな姿であっても佐登を一途に愛して思う壮志の姿が必要だったのですから。

今回は素直に一読目の印象を評価に残そうと思います。
二人の未来は幸せに違いありませんから。

15

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ