船上ハレムに囚われて

船上ハレムに囚われて
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
オークラ出版
シリーズ
アクアコミックス(コミック・オークラ出版)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784775521908

あらすじ

音大を出たばかりの晴輝は、ピアニストとしてはまだまだ半人前。
なのになぜか、倍率1000倍超えのピアノ演奏の仕事に採用されてビックリ! 半信半疑で仕事先の客船にやってくると、今度はその桁外れの贅沢さと高待遇にますます驚いてしまう。気後れしながら船内を見物していた晴輝は、男同士の濃厚な濡れ場を目撃してー!? 
エキゾチックな傲慢王子と新人ピアニストの、ハラスメントなラブゲームin豪華客船♡

表題作船上ハレムに囚われて

ラシード、ガーミディー王家の第二王子、25歳
芹沢晴輝、新人ピアニスト、23歳

その他の収録作品

  • 砂漠の国に囚われて

評価・レビューする

レビュー投稿数1

傲慢王子の本気な執着

題名通り、船上での傲慢王子のハレムのお話です。

音大を出たばかりの晴輝の仕事先は、豪華客船でした。その桁外れの贅沢さと高待遇に驚いていると、船内で男同士の濃厚なエッチの濡れ場を見てしまいます。
そして、観客が誰もいない演奏会に訝しんでいると、突然呼び出されます。
向かった先に居たのは、石油王・王家・第二王子のラシード殿下でした。
そこで、この船は自分のハレムで、お前は今夜選ばれたと言われます。
傲慢で俺様な王子に反発していた晴輝。でも、時々見せる、ラシードの不器用な優しさにいつしか惹かれていって…というお話です。

船上にいる演奏家がみんなラシードの愛人という立場を喜んでいるところや、その取り巻きたちに拉致されるところも、王道だと思うけど、傲慢な王子様の独占欲や嫉妬に萌えます。
一方の晴輝も、王子に媚びなくて自然体でいたり、王子を怒りつけるのも、好みでした。
最後は国にまで連れられて行った晴輝に、王子に一生囚われる未来が予想できて、王子の愛情にお腹いっぱいになりました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ