のぼせるからだ 出版社特製描き下ろしペーパー

noboseru karada

のぼせるからだ 出版社特製描き下ろしペーパー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1件
平均
4 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
小冊子
出版社
大洋図書
発売日
付いてきた作品(特典の場合)
のぼせるからだ

あらすじ

佳永と晴日のイラスト

表題作のぼせるからだ 出版社特製描き下ろしペーパー

鈴見佳永 パン屋店主 28歳、 草羽晴日 高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数1

攻の気持ちになって楽しめる

「受けっこ裸のつきあいの図」と題するペーパーです。

草羽湯の湯船に並んで浸かる佳永と晴日。
残念ながら、晴日は首からタオルをかけて横を向き、佳永はこちらに背中を向けたまま振り返っているため、大事なところは見えません。

でも、二人のチャームポイントは、これ見よがしな色気ではないのだから、これでいいんです。
傍らに仲良くストローを挿して置かれた「フルーツ/コーヒー牛乳」(注釈より)の瓶が受けっこたちの可愛さを象徴しています。(色具合から、晴日はフルーツ牛乳で、佳永はコーヒー牛乳だと思われます)

晴日の嬉しそうな笑顔と、佳永の少し恥ずかしそうな様子も、それぞれの性格を表しています。

本編では、受の気持ちになって、攻にモエモエしていましたが、このペーパーでは攻のトキメキが分かります。

「答えて姐さん」の「BLあるある」に、「受同士が仲良くきゃっきゃしている様子をほほえましく見守る攻たち」という面白い投稿がありました。
まさにそんな攻の気持ちを味わうことができました。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ