ターニングポイント ドラマCD 特典ミニドラマCD ふたりの明日

futari no ashita

ターニングポイント ドラマCD 特典ミニドラマCD ふたりの明日
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
3件
平均
3.7 / 5
神率
0%
原画・イラスト
高永ひなこ
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
フロンティアワークス〈CD〉
収録時間
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

今村が初めて主役を演じた映画で、公開前の映画評で酷評を書かれて落ち込む今村ですが…

表題作 ターニングポイント ドラマCD 特典ミニドラマCD ふたりの明日

今村敏喜 → 羽多野渉

桜木圭吾 → 前野智昭

評価・レビューする

レビュー投稿数2

短いけれどHもあり

ミニドラマCD (原作にはなし)9分30秒、キャストトーク2分42秒です。

ドラマは原作でも話題になっていた今村の映画の話。
映画の評論が酷評で落ち込んでいる今村を、桜木が冷静に分析し、慰め、励まします。「後悔してるか?」の問いに「後悔してません!」と断言する今村。「桜木さんの作品をやらしてくれるまでは止めません。そのために役者になったんですから」の後、二人は甘いエッチへと流れ込みます。

しかし…今村はまだ桜木の作品に出ていないんだ、とちょっと可哀想でした。タイミングの問題なんでしょうけれど。

今村の映画が公開されたものの、まだ見に行っていない桜木。その理由はなんと、今村が試写会に呼ばなかったから!桜木が可愛かったです。

二人の絆が深まっているのが良く分かる内容でした。

キャストトークのテーマは「映画」。前野さんはデートで爆睡、羽多野さんは逆に相手より感動して泣いたというのを暴露してくれました。あと、羽多野さんは最前列で見るのが好きとか、親しそうな会話は聞いていて楽しかったです。

0

フリトもついて得した気分^^

ストーリーは、今村が桜木のマンションを訪ねてくるのですが、なんだか元気がありません。
今村が主役を演じた映画が公開される予定なのだが、雑誌の映画評で「体は大げさに動いてはいるが表情、特に目の表現が乏しい。経験不足。今後の活躍に期待したい」とかなりの酷評。
辛口で有名な評論家なので、この人にしては誉めてる方じゃないか?と慰める桜木。
珍しくネガティブな今村がグダグダ言って桜木に甘えてるのは可愛かったけど、桜木に慰められてすぐに浮上するのは今村らしいです(笑)。
Hシーンもあって、割と長めでじっくり聞かせてくれます。
BGMもギターとピアノの落ち着いた感じの曲で私は好きでした。^^

フリトは羽多野さんと前野さんで。
お題は「映画」
前野さんは当時付き合っていた彼女を自分から誘って映画を見に行ったんだけど爆睡してしまったことがあったとか(爆)。
羽多野さんは感動する映画を見て泣きすぎて立てなくなって、なんと一緒に行った女の子の肩を借りなければいけなかったとか…い、一体どんな映画を見たのだろう??気になるw
あとは最近の3D映画を見る時のこととか。短かったですが楽しいお続きしゃべりでした。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ