ブラザー・チャージ―泣かせてみたいシリーズ

brother charge

ブラザー・チャージ―泣かせてみたいシリーズ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
5
評価数
1件
平均
5 / 5
神率
100%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
徳間書店
シリーズ
キャラ文庫(小説・徳間書店)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784199001581

あらすじ

この一週間、毎日香水の匂いをさせて朝帰りする義兄の貴奨。
一人で過ごす夜が寂しいとも言えず、慎吾は密かに傷ついていた。
そんな時、元の上司・高槻に誘われ、慎吾は貴奨が毎晩通っているという会員制クラブに行くことに。
そこで見た、貴奨の意外な素顔とは…!?表題作他、三年半の空白を経て、ついに帰ってきた健と慎吾の再会を描く、「スイート・ペイン」等3編を収録。

表題作ブラザー・チャージ―泣かせてみたいシリーズ

健 刑務所でたてホヤホヤ
慎吾 コンシェルジェ目指して修行中

その他の収録作品

  • スイート・ペイン
  • ビューティ&ビースト

評価・レビューする

レビュー投稿数1

装いを新たに、新しい章へと突入したシリーズ

『泣かせてみたい1~6』の続きです。
ずっと一人称だったシリーズなんですが、この本から三人称になり、ありとあらゆる登場人物の角度から、物語が語られるようになりました。
深みが増して、面白さが激増してました。
『泣かせてみたい』の一巻を読んだときは、「こんなもんかー」ってビミョーに思っちゃってたんですが、ここにきて、このシリーズが大人気だった理由が分かりました。
めっちゃ面白いです。

慎吾の成長には目を見張ります。
相手を包みこむような強さを身につけている。
それに比べて、刑務所から出てきた健の、成長してないことといったらw
翻弄されるだけだった昔とは違い、相手を見抜き、見抜いても見ないふりをするオトナになっている慎吾。

いいシリーズだなァ。
勢いが落ちない。ただ加速している。

0
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ