町でウワサのすごいゲイ(!?)にいろいろ教わっちゃう!?

なつみちドライブ

natsumichi drive

なつみちドライブ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神14
  • 萌×215
  • 萌10
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
7
得点
162
評価数
43件
平均
3.9 / 5
神率
32.6%
著者
 
媒体
コミック
出版社
エンターブレイン
シリーズ
B's‐LOVEY COMICS(コミック・エンターブレイン)
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784047293809

あらすじ

高学歴の家族の中で、一人だけ落ちこぼれの道春。
そんな彼に父親は親戚の家に行って、勉強を教えてもらうように言う。
夏休みに親戚の家に行くとそこには街中で「すごいゲイ」と噂のいとこの夏樹が待ち構えていた!
夏樹はお勉強だけでなく、夜の遊びまで教えてやると言い出し……!?

表題作なつみちドライブ

岩井夏樹,道春の従兄弟
河名道春,高校生,18歳

同時収録作品みちはるドライブ

岩井夏樹,道春の従兄弟,高校教師
加賀道春,大学受験に合格

同時収録作品つめたい指の向こうで笑って(秋山&水沢)

評価・レビューする

レビュー投稿数7

2人とも好印象でした

初読み作家さんです。
表題作シリーズの他に短編が1作品収録されています。
今どきのスッキリ綺麗な絵柄で中身も読みやすかったです。
東京に住む成績の悪い高校生の道春が広島の従兄弟の夏樹の元にひと夏勉強を教えてもらいにやって来るお話。
向かったところは田舎なのですが、この従兄弟はゲイで「色々凄いらしい」という噂まであってやけに垢抜けています。
何かされるんじゃないかと警戒する道春ですが、意外に面倒見のいい夏樹に徐々に懐いていきます。
遊び慣れてそうな夏樹が意外に誠実で男前な所があるのに好感を持ちました。
道春は平凡な高校生なのですが、純粋で自然な感じが可愛いです。

同時収録作品は同じネイルスクールに通う男の子たちのお話。
こちらも可愛くてよかったのですが、これから!というところで終わっています。
クールな水沢君が可愛くなった所だったので、え~!もっと見たい!と思ってしまいました。

1

なつみち

けっこう頑張ってて、けっこう努力してて
一生懸命に見えるのにあほ。。。。悲しい( ノД`)シクシク…
家族はみんなエリート。
「え?なんでそんなこともわからんの?」
そんな家庭に育った受。
このままではいかんと親戚のお兄さんに勉強を教えてもらうことになるのだが~からのお話しですな。
ただのあほかと思いきや、頑張ってても報われていないところが
なんだかちょっと切なくなった。
こりゃ家族も悪いわなというところ。

夏のひととき。
最初の印象はマイナス。
でも日がたつにつれ心を許ししまいには体まで~。
実は実家から徒歩圏内に住んでるのに~な種明かしまでの
部分がすごく好きです。
あの別れ際はなんだったのというww

ほか、ほのぼの短編集。
見多作品は癒されるから好きだ。

0

可愛さに身悶える

最近個人的に集めている見多ほむろさんの本です。
これで既刊1冊を残すのみになりましたが、いまだハズレなし。この本もとても可愛らしく、楽しく読めました。

優等生ばかりの家の中で、身の置き場のない劣等高校生・道春(受け)は、家族から広島の親戚宅の夏樹(攻め)という従兄に勉強を教わるよう命じられる。
着いてみると攻めは町でうわさのすごいゲイ? らしく、受けは戦々恐々。しかし相対した攻めは、受けを川遊びに引っ張り出したり、わかりやすく勉強を教えてくれたり、俺様ながらもとても優しい。そんなとき、攻めに手を出されそうになり、それ以来攻めを意識してしまって勉強も手につかない。どうしようもなくて、受けは東京へ帰ると言い出すが…。


ひたすら受けの道春が可愛かったです。家庭環境のせいでひねくれてるのかと思いきや、全然そんなことはなく、純情で素直。とても好感の持てる受けです。
攻めはすごいゲイなのかどうかは不明ですが、まあ少なくとも普通には遊んでいたゲイで、やんちゃしてた過去もあるみたいです。そんな攻めが一瞬にしてハマるような質の受けの可愛らしさ。顔が可愛いとか、そういう特別な可愛さで続きはなく、普通のまっとうな高校生の、一見平凡そうに見えるけど実は非凡な可愛さ。あざとさはまったくない、100%天然の可愛さ。
いかにも主導権を握りそうな世慣れた攻めが、天然の可愛らしさに振り回されるさまは見ていてキュンキュンしました。

短い同時収録作が1本。
ネイリスト志望の男子同士の話で、エロどころかキスシーンさえないのでどちらが受けか攻めかはまったくわかりません。ワンコな秋山くんと、ツンデレ優秀な水沢くんの話です。
恋愛前夜、みたいなかんじで、この先が読みたいんじゃ! とは思いましたが、ほのぼの可愛くてこちらの話もよかったです。
評価は限りなく神に近い萌×2。

3

前作が…

なんとも評価が割れる作品のまとめだったので。
またも、同人誌はお気に入りもあるし!ってことで、エイヤー!!と購入。

こちらは好みでした♪

勉強のため、田舎の親戚を訪れることになった主人公。
そこには、得体のしれないゲイという噂のある従兄弟がいた。
その男に、勉強と称して子供のような遊びに連れまわされたりして、最初は怪しんでいた主人公が、だんだんと従兄弟に心を開き、コンプレックスもどうでもいいや、みたいな感じになっていくのが良かったです。
そして、やはり、従兄弟の正体が!
個人的には凄くツボでした。

という感じで、BLとしてのノリとシチュエーションはとても好みだったのですが、残念だったのは設定というか現実味が薄いとこですかね。
親戚と疎遠というわけでもなさそうなのに、従兄弟の正体を知らなかったり、正体が「それ」だとしても、夏休みそんな長期間取れないよ!とか。

前作でも感じましたが、設定力が課題の作家さんかも知れませんね。
って、ちょっと偉そうなこと言ってみたり(^^;

0

さわやか~

さわやかそうだったので手に取った一冊でした。
まぁ、さわやかではありました。

■【なつみちドライブ】
高学歴一家の中で一人落ちこぼれの道春(受け)が勉強を教えてもらうために田舎の親せきの家に行かされることになり…
という話なんですが。
絵が奇麗&白すぎて「田舎にやってきた」という空気感が全く感じられない^^;;
別にわざわざ泥臭く描く必要はないんですが、もっと田舎感を出して欲しいというか。
マンガだからこそやりすぎなぐらいに演出してもいいと思うんです。
例えば攻めさんの実家は「わらぶき」で「囲炉裏」があって「五右衛門風呂」があって…とかでも良いと思うんですよ、マンガだからw
攻めさんの登場シーンも、攻めがカッコイイスポーツカーで登場するわけなんですが、
これも軽トラや、いっそチャリアカーwや耕耘機で登場でもいいんじゃないかと思うんですよね。
そうすると受けさんの「マジでこんな田舎に来たちゃったよ帰りてぇよ!!」感が伝わるじゃないですか。

それから、まずは緊張している受けさんの気持ちをほぐすために攻めさんが遊びに誘うんですが、その展開自体はまぁ良いとしても続き
川に網を持ってエビを取りに行くとかどこの小学生だよとw
普通に考えて「お前一人で行け」と言ってしまうお誘いだよ^^;;;
せめて魚釣りにしませんか!?釣り道具持って行くとか。
そして川でびしょぬれになって「水も滴るいい男」「透けチクビ」「なんだこの色気はぁぁぁ」っていうイベントあってもいいんじゃないですかどうせお約束なら。

そういえば夏樹(攻め)がなんかドリフトwwwしてましたが、なんでいきなり速度上げたし???みたいな意味不明さが残ってしまいました。
例えばその昔はやんちゃしてました的なオチがあったら納得するんですが。
地元では頭文字N(夏樹のN)と呼ばれる伝説の走り屋とか。
峠になると目つきが変わってついつい昔のクセでぶちかましたくなるとかそんな感じはどうですか(提案)。

あ、でもキスの絵が良かったです。
寝転んでる道春に上からキスする夏樹の図。あの角度好きでした。(P78参照)
都会に戻ってからの二人は当たり障りなく、という感じでした。
あと描き下ろしの二人が温泉に行く話もお約束ですが甘甘で良かったです。

導入部となるところの見せ方が端的で色々空気感が感じられなかったのが残念でした。
受けさん攻めさんの見た目は苦手要素もなく、お話の展開によってはもっと萌えれた気がしています。

■【つめたい指の向こうで笑って】
ネイル学校に通う生徒同士のお話。
ネイルを志す男性という設定は現実にも少ないでしょうし、面白そうだと興味ひかれました。
優秀な水沢と最下位の秋山のコンビで作品を作るという展開。
男同士でお互いの爪に練習をするわけですが、絵的に何とも倒錯的でイイいなと思いました。
と言っても、いかんせん絵がさわやか系のため、今一つ艶っぽさが足らないのが残念でしたが。
でも私的には良いところついて来てる感じでした。
私も趣味でネイルアートをやっているので、分かるだけにもっとつっこんだ小ネタを仕込んでくれてもいいのにと思いました。
ちなみに男性用のネイルアートっていうのもあるのでそういうお話を絡ませても良かったのに~と思ったり。

もしかして、アパレル、メイク、美容師など、少しスタイリッシュなお話のほうが絵的にはハマる作家さんなのかもしれないと感じました。

1

夏樹と道春の、恋のドライブはまだまだ続く!

見多さんの絵柄はさっぱりして読みやすいですし
タイトルの“なつみち”って、夏の爽やかな風が吹き抜ける印象を受けたのですが
読んでキャラ名を見て一人でガッテンガッテンしましたw

出来の悪い四男の道春は兄3人が皆眼鏡で頭が良すぎる為、眼鏡が嫌いw
大学受験をひかえているというのにまるでダメ。
親の言いつけで広島の従兄弟のもとを訪れ
勉強を教えてもらうことになるのですが、
駅についても誰もいない、何もない、スマホも圏外…。
途方にくれそうになっていると荒いどころじゃない運転の車が現れ
それが夏樹なのでした。

家につくと、夏樹の妹から「うちのお兄ちゃん男の人が好きなんよ。
町でも噂になっとるけん、ようわからんけどいろいろすごいんじゃって」と
こっそり耳打ちされます!
そんな事聞いてしまったら意識しないでいられない道春ですが
突然川遊びに誘われて呆気にとられます。
遊んでいる場合ではないと断りますが
きっと夏樹なりの思いやりでリラックスさせたかったんでしょう。
獲れた川エビを食べると言われ、「かわいそうだろ…」と
飼ってもらえることになり安心した後は
続き
ちゃんと夏樹に勉強を教えてもらいます。
それがすごくわかりやすいのですが
夏樹のあれやこれやが気になって(DT的妄想w)集中できません。
「今度は夜のお遊び」と誘いかけられますがなんとか回避。

眠れず部屋から出ると風呂上りの夏樹と廊下で会ってしまって
押し倒されてしまいます。
「こういうこと、平気で誰にでもやれんのかよ…!!」と責める道春に
悪びれもせず夏樹は「まぁ、わりと」。
枕を思い切り投げつけ「そういうのは特別なやつとだけやれ!!」
道春は部屋へ帰ろうとしますが
夏樹に引きとめられ、結局何もせず眠ってしまいます。

その後も毎日遊んでしまうのですが
どうしても「勉強しないと」という気持ちが残る道春は
自分の家は学歴重視だと夏樹に吐露します。
でも夏樹は、道春の川エビがかわいそうとか
Hは特別な人とって思う感覚が一番大事だと手を繋ぎます。
一度離れたその手を握る道春は、
誰からも呆れられていた為、自分を肯定してくれた夏樹を
もうただの従兄弟として見られず、恋に落ちてしまったわけです。

どうしたらいいかわからないまま、戯れに抱きつかれると
テンパってしまい、東京に帰ると意地になり
荷物もまとめないまま夏樹に送ってもらうのですが…。

今までわりと奔放な恋愛だったと思われる夏樹と
恋に慣れていないウブな高校生の恋、
きっとお互い何もかもが新鮮で眩しいものだと思います☆

実は東京で高校教師をしている夏樹と夏以降も一緒にいられて
夏樹の的確なアドバイスのお陰もあり、
勿論道春の努力にほかならないのですが頑張ってて偉かったです。

夏樹の幼馴染という豊が道春をひっかきまわしてくれますが
そこは道春の気持ちも揺るがないし
最後には言いたい事もちゃんと伝えられなくて
嫌いだと突っぱねる豊が気の毒だとまで思うお人好しっぷり。
優しいんだなぁ…。

入試前夜にドタバタとハプニングがありましたが
夏樹から欲しかった言葉もちゃんともらえて
道春、お疲れ様!w

『みちはるドライブ』
免許取りたての道春の運転で温泉へ向かう二人ですが
のっけから「ギアをP」「Dね」って言う時点で怖いww
せっかくの個室露天風呂付きの豪華な宿なのに
ぐったりして到着…。
夏樹を労って誘った温泉だからと、一緒に入らず
背中を流そうと思っていたのですが
襲われて抗えなくなってしまいます。
でも隣で他のお客さんの声が聞こえてきたにもかかわらず続行する夏樹!
なんでこんな意地悪するのかと不思議に思った道春に
一か月前、「教習とバイト始める」とメールして来たきり
連絡が無かったことに腹を立てていたと暴露します。
大人で余裕があるのかと思いきや、
そんな面も知って嬉しいやらおかしいやらの道春でした。

……露天風呂でH、非常にスリリングではありますが、
肘とか膝とか痛くしないかな!?と妙な所を心配してしまいましたww


『つめたい指の向こうで笑って』
ネイル学校に通うセンスが無く最下位の秋山と
愛想の無いトップの水沢。
その二人が校内コンテストでペアを組めと先生に言われて…。
キスもHUGも無いのですが、
お姉さんの披露宴で欠けたネイルをすぐ直してくれた
見ず知らずの男に憧れて入った学校で
それが水沢だったとわかった嬉しさと
なかなか仲良くなれないもどかしさが可愛らしかったです。
あの時見た笑顔をもう一度見たくて…。

水沢の隠していた努力をちゃんと見ていた秋山に
心を開きつつある秋山がツンデレっぽくて良かったです♪
どっちがどっちだろう…。
個人的に秋山が攻め、水沢が受けでお願いしたいです。


ライトな感覚でさくさく読めるので
あまり好き嫌いが別れない作風だと思います!

5

さわやかな読み応え

見多ほむろ先生の作品、前作『キミの傍でやみくもな夢を見る』、表紙は見覚えがありましたが、果たして読んだかどうか・・・あらすじを読んでも思い出せません。でも、今回の作品は、ちゃんとこれからも覚えていると思います。

試し読みを読んだときに受けた、さわやかな印象を裏切りませんでした。少女漫画のような構成とタッチが特徴ともいえる作家さんです。ほぼ一冊表題でとても読み易い上、ストーリーも王道をいっているので、間違いなく初心者でも読めるBLです。

あらすじには、『夏休みに親戚の家に行くとそこには街中で「すごいゲイ」と噂のいとこの夏樹が待ち構えていた!夏樹はお勉強だけでなく、夜の遊びまで教えてやると言い出し…!?』とありますが、どちらかといえば、「夏休みに従兄弟の家に着くと、その妹に「お兄ちゃんは町で噂の男好きで色々とすごいらしい」と告げられる!夏樹は、怯える通春に「言うことを聞かないと犯すぞ」と脅し!?」の方が内容に近いと思います。


表題作についてですが、脅しはするけれど、通春を遊びに連れ出し、彼のコンプレックスを克服、尚且つ勉強も丁寧に教えてくれて着実に実力を伸ばす夏樹。そ続きんな夏樹に通春は惹かれていくのです。そのコンプレックスの克服から通春との関係、そして勉強の教え方の上手さには、ちゃんと隠された理由があり、互いに惹かれ合う根拠があるので、共感が持てます。その後の、『みちはるドライブ』の浴衣エッチで☆を増やしました。特に鮮明な描写はないのですが、なかなかエロティックでした・・・が、欲を言えば、是非とも『その日通春は「声をこらえる」の技を身につけました』の内容を披露して欲しかったです笑 テンポ良く、コミカルな要素を加え、主人公の表情がコロコロと代わり、少女漫画のように攻の魅力・トキメキをクローズアップしたのはいいのですが、もうちょっと夏樹(攻)の感情/表情の変化もみせて欲しかったです。あと、当て馬君の言動と感情に少し不明瞭な点があったと思います。


短編は『つめたい指の向こうで笑って』ですが、これはネイリストを目指す(専門学校には珍しい)男子生徒2人のお話です。あらすじ:

姉の結婚式で助けてくれた高校生に憧れ、ネイリストを目指す秋山は、いまいちセンスがない成績最下位。ところが成績も性格も正反対の、無口な水沢とコンテストのペアを組まされることに!嫌そうな水沢に、なんとか近づきたいと思う秋山だが。。。

という感じでしょうか。ネイルアーティストという分野を当てはめてきたのは新鮮で良かったと思いますし、短編ながらも、なるほどという驚きの事実も発覚します。好きな人に後ろから寄りかかられるドキドキも、共感が持てました。うまくまとまっていたと思います。


見多ほむろ先生には、その少女漫画的な要素を活かした上で、ストーリーもラブシーンも少し長めに描いて、攻と受の両方の感情を丁寧に描いてみて頂きたいです。当て馬ストーリーやふたりの関係の障害も、(山田ユギ先生のような感じに)主人公達を、そして我々読者の心をウ〜ントと揺さぶっていって欲しいと思いました笑

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ