ヴァンパイアは食わず嫌い(上)

vampire wa kuwazugirai

挑剔偏食的吸血鬼

ヴァンパイアは食わず嫌い(上)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神12
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
5
得点
118
評価数
31件
平均
3.9 / 5
神率
38.7%
原作
 
作画
 
媒体
コミック
出版社
徳間書店
シリーズ
Charaコミックス(キャラコミックス・徳間書店)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784199605789

あらすじ

「家政婦募集。日給2万円。ただし、恋人のいない方限定」
高額の報酬に釣られ、怪しい住み込みバイトに応募した高校生の湊。
その面接で出会ったのは、高飛車で尊大な美貌の主人・アンリ。
なんと、処女の生き血が食糧の、吸血鬼だった──!!
けれど、生きることに飽きているアンリは、湊の血を飲みたがらない。
見かねた湊は、「一日一回なら我慢する」と、血を飲ませる契約をしてしまい…!?

フレッシュコラボが贈る、年の差400歳の妖しの恋v
描き下ろし番外編「おつきコウモリの心配」も収録!!

表題作ヴァンパイアは食わず嫌い(上)

アンリ・シェペシュ/生き続るよりも死を望む吸血鬼
野原湊/高校ながら高額報酬につられて雇われた家政婦

その他の収録作品

  • おつきのコオモリの心配

評価・レビューする

レビュー投稿数5

吸血鬼×人間

吸血鬼が攻めというファンタジーで、でもちょっと所帯じみたお話でした。なんですが、攻めキャラで吸血鬼のアンリが見たことないくらいツンデレで、この攻めキャラが自分にはすごく魅力的でした。
前後編二冊ありますが、いいところで終わるのでセットで読むのがよいかなあと思います。

主人公の湊は大家族と病気の母親を抱えているため大金が必要で、家政婦の募集で怪しい屋敷にやってきます。そこで暮らすアンリは実は吸血鬼。
湊に家庭の事情がいろいろあるのに重たいお話ではなく、ドタバタした可愛い作品でした。

アンリは最初湊を邪魔者扱いして意地悪なんですが、ただのホントに意地悪な人でこの人酷い!て感じではなく、完全なツンデレで不器用なため、見ていてほほえましかったです。湊を次第に好きになっても認めようとしない、てもいざとなれば守ってくれる。
「誰がお前なんか見るか、見ていたところにお前が立ってただけだ」とか、なんてツンデレ・・・。
普段はツンデレ受けがすきなんですが、このツンデレ攻めのインパクトはものすごかった。

湊はスタンダードな面倒見がよく頑張りやの健気キャラ、そしてほどよくトラブルに続き巻き込まれる不敏キャラ。でも流されるま間になる守られるだけのタイプでなく、意志が強く逆境に負けないタイプです。

この巻ではまだ恋愛はさわりという感じですが、ツンデレ攻めと意地っ張り受けが好みならとってもオススメな作品です。

1

おもしろかったです!

買って大分寝かせていましたが、これの続編が新刊で出たので読んでみました。
もっと早く読んでいればよかったなぁ!!!
ツンデレで俺様で美形という設定も個人的にとても萌えますね。「おまえの血をのんでやってもいい」なんて上から目線……の割にはとても優しいんですよ、王道ですがむしろそれがいい。そしてイラストがとても丁寧でうまいです。
ツンデレ受けばかり読んでいるような気がしているのでツンデレ攻めは新鮮でしたね。
ツンデレはなんでも好きな自分なんでお気に入りの1冊になりました。
ツンデレ好きさんなら楽しめると思います。
脇役のヒナという子供(年齢的に?だけど見た目が子供)コウモリもかわいいです。
かぎりなく神に近い萌×2です。

1

俺様吸血鬼

何もかも面倒くさい吸血鬼と、家族のために一生懸命頑張っている湊との、年齢差400歳のラブストーリーです。

ある日、好条件なバイトの募集を見付けた湊は、面接で不思議な二人に出会います。吸血鬼の主人アンリとお使いコウモリのヒナです。バイトの募集は、ヒナがアンリのために薔薇を探していたのです。薔薇とは、普通の人間よりも吸血鬼を元気にできる血を持つ人間のことで、湊がそうでした。

湊のことを平凡・地味な顔と言いながら、見つめてしまうとキラキラして見えて、戸惑うアンリが可笑しかったです。文句を言いながらも湊に合わせて生活が朝方になったり、湊の貧血を心配して鉄分が入ったジュースを買ってきたり、普段の俺様アンリとのギャップに萌えます。
アンリのために一生懸命なヒナが可愛いです。コウモリ姿もキュートです。
湊はいつも一生懸命で、優しくて頑張り屋さんで、好感が持てます。

アンリが珍しく起きていると噂を聞いたアンリの従兄弟のエルがやって来て、湊を拉致された、気になるところで下巻に続きます。

3

可愛い吸血鬼モノ

湊は5人兄弟の長男。
女手一つで無理をしながら兄弟を育ててくれた母が入院し、
手術代を稼ぐ為に高い報酬に惹かれ
『家政婦募集。日給2万円。ただし、恋人のいない方限定』
なんていう些か怪しげなバイトに応募する。

由緒ありげな、でも忘れ去られたような屋敷。
面接に出て来たのは、小さな子どもで……。

吸血鬼もの。
この屋敷のご主人、世を倦んだ美形の吸血鬼アンリとにとって、
湊は「薔薇」と呼ばれる特別な血を持った存在だった。

最初湊は傲慢で俺様なアンリに腹を立てていたのだが、
彼の孤独に触れ、血を吸われる時の優しい触れ合いに少しずつ……。

繊細な線なんだけれど、ポップで現代的な感覚の絵が
樋口先生のどこかレトロなあざとさを消している印象。
それがよいような悪いような……。

人型の時には子どもの姿の、コウモリのヒナがめっちゃ可愛い。
湊がに攫われたところで、下巻に続きます。

4

人外大好きvv

父親が亡くなり母1人で兄弟を養ってくれてたけど
無理がたたって入院・手術が必要でお金を稼ぐために
金額のいいバイト面接にいくのですが、そこにいたのは…

小さな子供のヒナ。
笑顔で迎えてくれたかと思いきや、自分の姿を見た途端に上から目線。
この子が自分を面接するという…そしてなぜか聞かれたセックス経験?!
出されたお茶を飲んだ途端に眠気が…

はい、もうこの後はあらすじ通りで
出てきたのは吸血鬼のアンリ。(ヒナのご主人様)
そのアンリに必要な栄養源を与える血を持つ「薔薇」を探すために面接をしてるヒナ
だけどそのアンリ自体は薔薇に興味を示さず、自分はいつ死んでもいいと思ってる。
なので湊が「薔薇」だと解っても、血を飲むことを拒否。
だけどヒナにとっては家族のような存在だから大切なご主人様の為に頑張ってる。
とにかくこのヒナが可愛いのですっ!!
このヒナも湊のことを最初は見下していたのですが
湊からの接しか方に温かさを感じて、すぐにうちとけてます。


ですがそのアンリも最初は薔薇の湊を嫌がっていたものの
湊の性格を知るうちに1日に1度なら血を飲ん続きでやるって上から目線(^^;)
やはりこの性格はなおらない…
そしてほのぼのとした日常が続いてたある日、アンリの従弟とやらが現れて
湊を攫い次巻へ続く…


最後はヒナメインのショートストーリーで超可愛いです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ