神々の、悪戯な指。

神々の、悪戯な指。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
3
評価数
1件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
集英社
シリーズ
コバルト文庫(小説・集英社)
発売日
価格
¥476(税抜)  ¥514(税込)
ISBN
9784086147675

あらすじ

王都クシュリ・エジャに出向いたヤシュダは、偶然悪鬼の長ラシュナーンと再会した。直後、ラシュナーンは何者かに指を食いちぎられる。王都では似た事件が頻発しており、二人は謎を追うことに…。

表題作神々の、悪戯な指。

悪鬼 ラシュナーン
行者 ヤシュダ

評価・レビューする

レビュー投稿数1

指が・・・

 『神々の、麗しき額』の続編、神々シリーズの第二弾です。と言っても、この巻からでも登場人物と物語は分かるので、一巻を読んでいなくても安心して読めます。
 ストーリーは前巻での冒険(?)を終えて寺院に帰っていたヤシュダが、再び王都に赴くところから始まります。随行していた師の望みで娼館に泊まることになりますが、そこで女に化けた悪鬼のラシュナーンと再会します。その直後、ラシュナーンは客の男に指を食いちぎられ・・・。

 人と悪鬼が反目していた『神々の、麗しき額』に比べ、この巻は双方が協力していて、好感が持てました。ただ、どぎつくはないですが指が食いちぎられるシーン(挿絵付きで)があるので、そういったものが苦手な方は止めた方がいいかもしれません。 

1
PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ