ニライカナイ~永遠の道連れ~

niraikanai

ニライカナイ~永遠の道連れ~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神10
  • 萌×212
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
9
得点
112
評価数
33件
平均
3.6 / 5
神率
30.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
白泉社
シリーズ
花丸文庫black(小説・白泉社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784592851172

あらすじ

魔を払う手を持つ骨董店の主人伊織を守るのは、端正な妖怪水虎。ところがある事件を境に、その存在も、伊織の記憶からも、水虎が消えてしまい……。何度忘れても蘇る恋う想い、命がけの奪還劇!!

骨董店「青嵐」の主人・池端伊織は、魔を祓う手―いわゆる物についた邪念を祓う浄化能力の持ち主。ときたま店に持ち込まれる品を浄化しては具合が悪くなるが、2年ほど前からともに暮らすようになった居候の水虎(命名=たま)のおかげで、それは長引かなくなった。
普通とはいえないが、優しく穏やかで満ち足りた日々。だがそれは、ある日突然終わりを告げた。逆上した客に、伊織が刺殺されたことによって。
――伊織っ、伊織っ……!? 死、ぬな……死ぬな、死ぬな!!
こんな運命、認めない!! この世とあの世を行き来する命がけの奪還劇!!

表題作ニライカナイ~永遠の道連れ~

水虎・たま(春雷)
骨董店の店主・池端伊織 28歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

痛くて怖くて読めないよう

せつない?せつないをぶっとばすほど痛くて、無理ーーーーーー
表紙が素敵な感じだったので、つい購入。
だまされた。
だって表紙みたら もふだ! って思うじゃーん。しかも青いし。
クール~ってgetしたのに、ちっとも、もふらないんだもん、詐欺ー
おまけに痛いし。。。。目がー目がーえーん。

単なる凌辱はちっとも平気なんだけど、
物理的損壊を伴うものはだめ~吐くー
スプラッタものはダメだとはっきりわかった作品でした。

痛い にマーク入ってる場合は、
先行しておられるお姉様方のレビューはきちんと読むべし と
心に刻んだ今日でした。

0

ストーリーがよくわからなかった

【だいぶ辛口です】

主人公がサバサバした性格なのは女々しさが薄く好感が持てたし、攻めの水虎の寡黙さも好感がもてるものでしたが、いかんせん作中に解説不足な所が多いように思いました。

まず、主人公は何度も自分の身代わりに地獄に落ちた攻めを助けにいくんですが、その度にその出来事が夢であったかのように視界がホワイトアウトし布団で記憶を無くした状態で目を覚まします。←なぜ記憶を失うのか?その後なにがあったのか?そもそも契約とは?主人公を刺した男はどうなった?

また、攻めの心中も謎な所がただ見受けられます。受けが地獄に最初に向かった時に、受けの協力者の舌を抜くというせめ苦を閻魔に命ぜられ報酬に女を貰います。←受けが好きじゃないの??

他に、地獄の獄卒にされている時にうれうれとして俺は適任だろと性格が変わったかのように自慢したりします。←地獄の庠気に当てられたってどういうこと?

どちらも受けが見ている前と思しき場面なのに彼の心中を語る描写がないためここまで何があったのかどうなっているのか全くわかりません。

ついでに言うと受けは何度も死にますし、その度に生き返ったり続きなんだったり、もう死生観が滅茶苦茶で意味がわかりません。

ただ、最後に擁護しておくと、ストーリーや世界観はいまいちよくわからず疑問だらけでしたが、不思議と読後観は悪くはなかったです(良いとは言ってない)

1

何度でも求める姿がグッときます

もうすぐ続編が発売されるということで、再読しました。

何度読んでも、2人の深くて強い絆にキュンキュンします。
2人の、イチャイチャしてるわけじゃないのに、甘々なのが伝わってくる関係も好きです。

伊織の代わりに死を選んだたまや、そのたまを取り戻そうと何度も地獄に行く伊織が、カッコ良くて切なくて胸にグッときます。道連れや運命共同体という関係が本当にしっくりくると思いました。
一番の山場の、地獄での描写はいつもなら地雷なのに、この作品だと大丈夫なのは不思議です。重く辛い内容だったのに、読後感がイイのも…。
続編では、伊織の叔父さんが主役みたいで、とっても楽しみです!

1

逆転カップル

 昔から、住宅事情さえ許せば、大きな生き物と一緒に暮らすのが夢でした。BL作品ではないのですが、小野不由美さんの「十二国記」を読んで、その願いに拍車がかかったような気がします。そういえば、延王尚隆は愛騎の騶虞(すうぐ=虎に似た妖獣)に「たま」と名付けてましたね。
 本作のたまは「水虎」。体長はゆうに3メートル。見た目は白虎だけど、水に棲むいきものなので指には水かきがあります。骨董屋の若き店主伊織が、2年前偶然拾った、といっても子猫じゃあるまいしそうそう道端に捨てられている代物じゃありません。なんだかいわくありげな古い壺にお札を張って封印されていたのを開けた途端、ランプの精よろしく水虎が飛び出してきたのです。弱っていた水虎に、せっせと清らかな水を与えて介抱するうち、次第に1人と1頭は心を通わせます。「お前に助けられた命だ、これからはお前のために生きよう」水虎の恩返しです。あやかしのくせに妙に律儀なヤツなんです。おまけに過保護。

 伊織には物に宿る邪気を浄化する不思議な力がある。評判を呼び、店には次々といわくつきの品が持ち込まれる。ただ、浄化した邪気は自分の体内に取りこまれるので当続き然身体には負担がかかる。このままでは長生きできそうもないと思ってたけど、なんとたまは伊織にくちづけてその邪気を吸い出し、ただの黒い玉に変えちゃうのでした。(あっ、このときは虎の姿じゃなくってちゃんと人型をとってますよ。こちらも身長2メートル近い美丈夫で、着流しに長髪というナイスないでたちです❤)

 この伊織というひと、モデルのような繊細な見た目を裏切る、かなりの豪傑で、少々のことには動じない。そして自分の身体とか生命に対しても、無頓着すぎるきらいがある。それは、生まれ持った特殊な能力のせいで、家族からもうとまれ、「誰とどこにいても居心地が悪かった」という生い立ちとも無関係ではない。時に自分の身の安全を顧みず暴走する伊織を、たまは常に案じて、護ろうとする。2人の関係は、邪気を受け渡しするためのキスから発展して(というか、欲情した伊織が誘って)セックスもありなんだけど、閨においてもたまは細心の注意を払って伊織を傷つけないように大切に抱く。逆に閨での伊織はケダモノ同然となる。やさしい獣と獰猛なヒトという逆転カップルですが、相性は抜群なんです。

 1人と1頭の穏やかな暮らしは後半一転、血みどろの地獄めぐりに突入します。斑目ヒロさん描く表紙の端正な美虎と、口絵のデビルマン(?)が同一人物だとはとても思えませんが、そのくらいの落差があるのです。伊織は地獄の獄卒どもに犯され、右目をえぐられ散々な目に遭うし、彼を護ろうとするたまはもっとズタボロに。地上で3年、地獄で3百年もの間、この世とあの世を何百回と行き来して、それでも互いを求めあう2人に、とうとう閻魔大王もギブアップ。2人してこの世に戻ることを許されます。「右目と尻で平穏な暮らしに戻れるなら安いもの」なかなか言える台詞じゃありません。豪傑受けコンテストがあったら伊織はランクイン間違いなしです。やっぱ、大きな生き物とくらすには、広大な住環境もですが、広いふところと太い肝っ玉が必要なんですね。


1

大切な人のため、地獄の責め苦を味わえますか?

骨董についた邪気が見え、浄化が出来る伊織。
浄化の仕方は自身に取り込むこと。
伊織が取り込んだ邪気を結晶化できる水虎のたま。

ある日、共同不審な客の後を追い、猫又に出会う。
客が心配で助言するが、激昂し刺されてしまう。
この時、伊織は死んでしまった。

伊織の身代わりに地獄へ落ちるたま。
その代償としてたまの記憶を失う伊織。日々に何かが足りないと感じる。
それは決定的になり、虚無を埋める術を探し地獄に辿り着く。

地獄の案内人に連れられ、たまを探しに地獄へ。
そこで伊織が見た、たまの姿…

愛する人のため、死ねない苦しみを永遠に味わえますか?


泣いちゃいました…。
幾度となく地獄に行ってた事とか。 
蛆もわき、肉が腐り、醜くなっている自分を見てほしくない気持ち。
愛する人を、自分のためとはいえ犯される様を見せられるとか…。

お互いの気持ちが通じ合う事の幸せを教えてくれます。

3

これはコメディとして読むべきか?

タイトルや表紙からして、異界人外ものであろうことは承知だったが
読み始めて、段々自分の立ち位置に迷う作品だった。

というのも、斑目さんの表紙も美しく、
当初は、シリアスであろう前提で読んでいたのだが……
んん?これってコメディとして読むべき?
と、ちょっと気分的にウロウロしながら読み終わりました……

個人的には「コメディ」認定なんだけれど、賛同者は少ないかも?


祖父が残した骨董店を営む伊織は、邪を祓う手を持っているが、
ある日河原で拾った壺から出てきた水虎(命名たま)と暮らすようになる。
このたまが口づけると、伊織の身体に吸われた邪は黒い玉となって
彼の中から出て来る……という、超便利なたま。
そんな彼といつでぃか口づけだけじゃなく身体を繋ぐようになり
それなりに穏やかな暮らしが続いていたのだが、
ある日伊織は刺されて命を落とすこととなり……。

その後は、一言で言えば地獄編。
(近頃地獄は何かと人気なのね……w)
身代わりになって地獄に囚われたたまを、伊織が何度も助けに行く。
その地獄におわすは勿論閻魔大王な訳だけれど、この彼がドS続きな美形だったり、
伊織のおじさんと曰くありげな黒スーツ姿の冥官篁とか、
おじさん含めて脇役が楽しい。

とはいえ、地獄の描写はなかなかエグイので
そういうのが苦手な方には地雷かも……。

LOVEは、サバサバした性格の伊織と
無口で何を考えているかよくわからないけれど、
伊織を守る……と誓ったたま、
地獄から無事に(無事というのかな?w)戻ってからは、甘々。

しかし……水虎って……、虎……なのか……?
胡瓜をお土産に持って来るおじさんが正しいような……
‥‥やっぱりこれコメディ……だよね?

おじさんと篁編も、この不思議なテイストと美麗な絵で希望。



*「ニライカナイ」
沖縄県や鹿児島県奄美群島の各地に伝わる他界概念のひとつ。
人間界とは隔絶した「異界」または「神界」のことで、
遙か遠くの東の彼方、または海底や地底にあるという。
柳田國男は、ニライカナイを日本神話の根の国と同一のものとしており、
一般に根の国は、黄泉の国と同じものとも考えられている。

4

片目と尻でお安いなんて男前受けです

まるまる人外ものファンタジー、それも和風ものです。
主役は異能力を持った人間の伊織ですが、普段は老成した雰囲気を見せながらも
モノに取り付く悪意や災いが自分に降りかかると知りながらも人助けしてしまう、
そして、相手が人外なのに寛容すぎるくらい同居人、いえいえ、自分の男だと
堂々と言ってしまうかなり男前の受けがカッコ良かったです。

そんなある意味図太いと言ってしまえるような伊織のお相手の人外が水虎。
水虎と言えばカッパの妖怪がイメージされますが、さすが高岡さんです、
萌が解っていらっしゃる、読んで字のごとくの水掻きを持った白虎姿に描いてます。
そうすることで、更に萌心をくすぐられるのに、伊織がつけた名前が「たま」なのも
またステキネーミングで以外にもツボでした。

伊織とたまの絆の強さを地獄の閻羅王が契約に基づき試練を繰り返し与える内容で
表現的にはかなりグロイ描写もあって文字通り痛いですが面白い。
グロテスクな表現が苦手な人はちょっと引いてしまう気がしますがそこを堪えて
読んで欲しいと思えるお話です。
それに高岡さんの作品にご友人である橘さんのあの狸や続き猫や鳥さんがユニットを組む
作品がちらりと出てくるのも既読している人にはフッと笑みを誘うコラボかも。

相手が人間でないとは言え伊織はたまの前で陵辱されたり目玉をえぐられたりして
痛々しいことこの上ないのですが、伊織のたまを想う気持ちと意外なまでに男前気質が
作品を明るくしてくれているように感じます。
逆にたまの方が心配性で伊織に振り回されていて、どちらが人外なのかと思える内容。
個人的にはかなり楽しませて頂いてありがとう、面白かった満足ですと言いたい作品。

7

VIPシリーズが終わりそうな気配で、ちょっと寂しく思ってたんですけど…。

確かに高岡ミズミ先生の人外モノって少ないよね~。…おおっ、いい雰囲気じゃないですか…と、思いながら読んでたら、どんどん妖しい方向へ…。中盤のあたりは、読み進めるのに気力要ります!(痛そうなもの、血しぶきダメな方はアウトかも?)そこを越えれば、それがあるからこそのラストです!!…いやぁ~。伊織も、たまもしぶとい(≧Д≦)本の帯に“諦めない愛の絆に感動です”…と有りました。まさにその通りのお話しでした。ラスト辺りはまた、面白いことになってるので、続編あるのかな~と、ちょっと期待してます♪

3

道連れ。

今まで高岡ミズミさんの作品は読んだことがなかったのですが、斑目さんの絵が好きなので購入。
表紙の絵がすっごく綺麗で、うわ~!となっていたのですが扉絵でちょっと違う意味でうわ~…!となりました。。

話の内容は、主人公・伊織には特殊な力があり、祖父から譲り受けた骨董店で気ままに働いていた。ある日、何となく行った河原で壺を見つけ家に持って帰ると中から水虎が現れる。伊織は水虎を‘たま’と名付け、最初は伊織に警戒心を抱いていた たま も次第に心を開き、いつの間にか二人は身体の関係を持つように…
そんな時、伊織は猫又に騙されていた男性客にハサミで腹を刺され、命を失ってしまうが、たまが地獄で閻魔さまと交わした契約により生き返る。しかし、たまとの記憶を失い、たまは伊織の代わりに地獄へ落とされてしまう。
伊織は日々何か違和感を感じながら生活し、ある時、伊織と たま との事を知っている叔父・清貴に相談している最中に、たまとの記憶を取り戻す。すると、とある住所の書かれた紙をもらう。
その住所の場所へ行くと篁という男が、渋々ながら伊織を地獄へと案内した。そこで伊織は人が変わってしまったような た続きま の姿を見る。しかし、気が付くと人間界へと戻っていて、またも記憶を無くし、叔父の所で紙をもらい……ということが何度も続き、3年(地獄では300年経っていた)もそれを繰り返して…やっと決着の時がきます。

ここからは少し割愛しまして…、伊織は獄卒共に右眼をくり貫かれ犯されたりしますが、閻魔さまの手足となり働く、という条件で たま と共に人間界に戻って普通に暮らせることになります。

長くなってしまいましたが内容としてはこんな感じです♪

少しグロテスクなところもありますが、面白いお話だと思います。伊織も、個人的にはもっと繊細な感じかと思っていたのですが結構さばけていて、こういう受けキャラもいいなーと思いました。そして何より たま がクールで美しくて尚且つカッコいいです!(←人型の時も獣型のときも)
ぜひ、いろんな方に読んで頂きたいです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ