抱かれたい男1位に脅されています。

dakaretaiotoko 1i ni odosareteimasu

让最想被拥抱的男人给威胁了

抱かれたい男1位に脅されています。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神220
  • 萌×2127
  • 萌55
  • 中立32
  • しゅみじゃない69

134

レビュー数
73
得点
1805
評価数
503件
平均
3.8 / 5
神率
43.7%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799714430

あらすじ

「一生、俺から離れられない体にしてあげますね」
5年連続「抱かれたい男1位」の西條高人がついに首位陥落。
その座を奪ったのは芸歴3年のド新人俳優、東谷だった…!
敵意ムンムンの高人に対し、東谷は邪気ないキラキラ笑顔で懐いてくる。
警戒心MAXの高人だったが、酔った勢いで東屋に醜態をさらしてしまってから立場が逆転!
握られた弱みの交換条件として「抱かせて下さい」と提案されて……?

「抱かれたい男1位だった俺を抱く? 何言ってんだコイツ!」
な表題作と、ほかハイテンションドエロ読みきりを大量収録? 

表題作抱かれたい男1位に脅されています。

東谷准太,若手人気俳優,今年度抱かれたい男1位
西條高人,ベテラン俳優,抱かれたい男2位

同時収録作品迷える神様に愛の手を

タケル,下界で出会った男
天津満星命,神様

同時収録作品ネトラレトライアングル

二宮雪生,高校1年生,写真部
高原星悟,高校3年生,生徒会長

同時収録作品ネトラレトライアングル

藤崎優也,高校1年生,可憐な恋人
高原星悟,高校3年生,生徒会長

同時収録作品彼のドSスイッチ

桜田幸太郎,大学生,受に憧れている新人劇団員
小窪信夫,劇団の看板役者

同時収録作品校舎裏の夏

その他の収録作品

  • おのおの、その後。(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト・漫画「その時天使は萌えを理解した。マフラーしまい髪編)

評価・レビューする

レビュー投稿数73

期待しすぎた感

評判が良く以前から気になっていたので購入。
全体的に期待しすぎた感があります。
まず表題作の『抱かれたい〜』ですが、思っていたより展開が早く、受けはあっさり受け入れて絆されてますが、やってることはただのレイプです。レイプと言えるのに、受けが本当にあっさり受け入れるので拍子抜け…ノンケ受けなのでもっと抵抗なり葛藤なりして欲しかったかなあ。その辺が軽かったのは個人的に残念。

読み切りの分量が多く、もっと1巻でしっかり読めたらまた評価は違ったかなあと思います。キャラクターや設定は良かったので、気になる方は既刊を一気に買う方がいいかもしれません。1巻があまりにもあっさりしているので、纏めて読むと面白いと思う。

個人的に読み切り『ネトラレトライアングル』の設定が好みでした。3Pモノでほぼエロ、まあこれも強姦なんですけど、やっぱり表題作はハードルが高かったのと、読み切りなのでエロ重視急展開でも見れた。表題作も元々読み切りなんでしょうか。一話完結になっているから駆け足で物足りないのかもしれない。

1

かわいい!!

前々から気になっていたのですが、中々買うに至らず思い切って買ってみましたが、何故もっと早くに買わなかったのだろうと非常に後悔しました。高人さんがかわいすぎてキュンキュンしました。チュン太といる時の高人さんのかわいさは破壊力バツグンです。酔っ払って、チュン太に絡んでいる時の高人さんもすごくかわいいです。チュン太は、かっこいいですが、無自覚?に怖いことをする時があるので、高人さん不憫だなぁと思いながら、かわいいなぁと思ってよんでました。

1

期待しすぎたかな、、、

結構良いという話を聞くので買って読んでみたんですが、話の展開が速すぎて、
え!?もうここまでいっちゃうの?
っていう展開でした。
ストーリー性が薄くて私にはあまり合っていませんでした。
期待しすぎていたというのもあったのかもしれません、、、。

6

エロい

めっちゃエロい好き...

0

抱かれたい

いきなりこんな展開だとは思ってなかった。

強姦だよね?レイプだよね?から始まりました。
かなり、強引に突っ込んだよね。ならしてないよね。

なんか、本当いきなりな展開でびっくりしました。

普通、殴ったり蹴ったりしても良いんじゃ?
もっと怒ろうよ。本当はセックスして欲しかったの?
無理矢理が好きだって?
好きでもないのにセックスさせるってことは快楽に溺れたって事なのかな。

なんだか、さっぱりでした。
好きだからさせたのかなと考えても
お互いの好きがどこにあるかわからん。

こんなにエロ盛り込んでるのにエロいと思えないからな。

あ、でも、神様の出てくる話は設定とか好きかな。

3

手書き擬音がエロい(ネタバレ)

表題作「抱かれたい男1位に脅されています。」
題名長いですねw。
現抱かれたい男1位×元抱かれたい男1位(今2位)です。
受け、西條高人は5年連続「抱かれたい男1位」で、俳優です。ですが今年は攻めの芸歴3年の新人俳優、東谷准太にその座を奪われた。
西條さんはかなりプライドが高いです。その座を奪われて悔しいようです。でもツンデレ。なんだかんだ言って、東谷さんのこと、役のことで色々アドバイスしたりする。カワ(・∀・)イイ!!
東谷さんは一言で言うと天使の翼を持った悪魔ですねw。西條さんに言わせれば。
あらすじにも書いてあるので、あまり多く言いませんが、二人のエッチの最初は東谷さんが西條さんへの強姦です。その後は西條さんが東谷さんの真剣な告白を聞いて、流される。そして最後はラブラブエッチです。
途中のエッチで、西條さんは准太と呼ぶのに、ちゅんた、っと噛んじゃいます。めちゃくちゃ可愛かったです、その時。それ以後、ちゅんたと呼んでいます。

迷える神様に愛の手を
エロエロ

ネトラレトライアングル
三角関係。ほとんどエロ。

彼のドSスイッチ
攻めに実はドSスイッ続きチが隠れている。エロエロ。

桜日先生の絵、って本当にエロいですよね。特に受けの蕩けた顔や、手書き擬音やハート。慣さなくても気持ちいいとか、そういうことはもう全然気にしませんw。

0

年下彼氏の〜より好みでした。

結構前に読んだものを、今更レビューします^_^;笑

こちら、私にとって人生初のBLコミックでした。

年下攻めが、大好きなので買わせてもらいました‼︎
高人さんは、普段強気な人ですが…ちゅん太に
抱かれる時はトロントロンで、すごく可愛いく
なっちゃいます。もー、ギャップがね‼︎萌です♡
ちゅん太も、普段は天使で可愛いかんじなんですが
Hする時は、ちょっとS入っちゃうんですね。
最初は、嫌がってる高人さんが次第にトロ顔に
なっていく様がたまらん。笑

表題作以外の4作も面白かったっです‼︎
どれも、エロかったけど最後の「校舎裏の夏」は
エロ要素ほとんどなくて、内容が切なく心に
ジーンときました。これ泣けます°・(ノД`)・゜
他3作は、私の好きな年下攻めが多かったから
満足っす。笑

0

テンポが良い

ちるちるのレビュー評価や、カップリングの組み合わせに興味を持ち購入しました。

攻めにほだされる受けの反応や、典型的なワンコで、どこかエスっ気のある攻めがものすごく可愛かったです。

ですが、ノンケのはずの受けが攻めを好きになる心情変化の描き方が少し浅いと感じました。「ええ?!もう好きになってんの?!」と突っ込みを入れたくなりました笑
ノンケ受けの醍醐味である、いかに男である攻めを好きなのか?という葛藤をもう少し楽しみたかったです。

ですので、エロ本としてのBLとしては展開やテンポも良くて良かったですが、なにか深くきゅんとするものは残念ながら、私は感じることができませんでした。

1

エロが多い

なんか壁ドンのようなシーンが迫力ありすぎて怖いし、蜂蜜エッチもうわーって初めはひいてしまったし、ネトラレもこんなんないわーって思っていたけど、読めば読むほどはまります。
実際にあったら苦手なシーンも漫画だときゅんきゅんしたりするんですね。
高人さんが普段とエッチのときとではギャップがありすぎてもう可愛いです。この作品はエッチも多めでドキドキしっぱなしで良いですし、エッチの音も多くて?ひゃ〜ってなりました。
高人さんが脚閉じてるのに、無理やり手を入れて触ってくるときのチュン太の手がエロいし、初めは拒んでたのに、途中から脚を思いっきり広げてチュン太に身を任せるのも最高です。

0

正統派ツンデレ

ツンデレ好きにはたまらないです。
ツンデレ・ほだされが好きなので1巻はたまらなかったですが
2巻はデレが高まりすぎて1巻の高人さんが恋しい・・・

0

ネタバレ含みます

最初はちゅん太に犯されて惨めな気持ちでいっぱいだった高人さんだったけどだんだんちゅん太に惹かれるようになります。
そんな中ちゅん太が高人さんと距離を置くようになり、高人さんは飽きて捨てられたのかと思って、自分から誘っちゃうところがもうとんでもなく可愛いかったです。でも飽きられたわけではなくてちゃんとオチがあるっていうね。かわいいですww

ひとつだけ気になったのが、高人さんが最初っから痛そうじゃなかったということです。むしろ気持ちよさそうなくらい。
そんなに中慣らしてないのに急に挿れられて擦られて痛くないのかなあと心配になりました。
処女のはずなのに初っ端から良さげな声とか顔とかしちゃってる高人さんは天才なんでしょうか。生来の受け属性とか萌えますね…!
きっとちゅん太が上手かったというのもあるのでしょうが…
まあ気持ちいいならそれでいいんですけどねww

1

パタパタ羽が可愛い

いやぁ〜エロかった。

表題作は面白かったけど、他2つはあまり。
あんまり私は好きなほうではなかったです。

表題作、初めのトイレでの所は
初めて読んだ時はちょっと引きました。
おいおい、私だったらあんな事あったら一生許しませんわ。
それでもって立ち直れませんわ。
一生トラウマ。
でもま、その後チュン太の背中でパタパタしてる羽を見たら、
可愛くって…もぅどうでも良くなりました(笑)
あ、後、高人が名前を噛んだ時は笑った。
役者だもん。
噛むのは、そりゃ悔しいわ(笑)

1

表情を読む

表題作は、考えるよりも、感じる作品かなと感じました。

受→高人さん(去年までの抱かれたい男No.1、芸歴20年ベテラン俳優、)
攻→ちゅん太(抱かれたい男No.1、若手俳優、暴走発情天使)

1話目の半分いかないくらいのところで、ゴーカンに近いことされます。
愛のある…みたいなのがお好みの方は、回避したほうが無難かも。
愛はありますよ?一方的ですが。

高人さん大好きちゅん太君。高人さんが好きすぎて、暴走します。もはやゴーカンです。肉体的にも、精神的にも高人さんの受け入れレベルが高すぎる。芸歴20年の精神力は伊達じゃない。

ちゅん太君は、1話ゴーカン中も、2話ゴーカンに近い和姦でも「好き好き大好きアプローチ」。
高人さんはほだされちゃったんですね、わかります。
最初からきもちよさそうなんで、ちゅん太くんはテクニシャンです。
3話にて「最初は嫌だったのにッ…」という気持ちがあるからなのか、「好きになってやるつもりなんかなかった」なんて素直じゃない表現をしてますが、もう、トロトロです。
完全に落ちました、ごちそうさまです。
そんなこんなで最終的続きには愛ある関係へ変化していきます。

私的な萌ポイントは「表情」です。
トロトロに融けきった顔が堪りません。
トロ顔をするのは、高人さんの方ですね。
ちゅん太君は「もう辛抱堪らん」的な切羽詰まった顔がイイです。
ゾクゾクします。

表題作以外も、表情がとにかく好きです。
迷える神に愛の手を
 →喰うつもりが喰われる話。ストーリー展開はとても好み。

ネトラレトライアングル
 →こちらも喰うつもりが喰われる話。こちらも表情がイイ。会長のトロ顔と攻2人の攻め顔?もグッとくる。

彼のドSスイッチ
 →もっと読みたいなーと思いました。桜田君と小窪さんの表情が好きすぎる。劇団員二人、居残り稽古が発展しちゃう系です。
攻:桜田君。小窪さんに憧れるわんこ。劇団の新人。「カチッ」とSへ変貌。
受:小窪さん。イケメン。劇団の看板役者。たぶんMっ気がある。
桜田君のスイッチは小窪さんの存在そのものか、小窪さんが近すぎて、テンパる時か、のどっちかな気がしますね。
カチッとスイッチ入った時の「表情」がイイ。S顔が好きには堪らんかと。
小窪さんの「表情」もいい。さわやかなお顔がMっぽくのまれて、融けていく顔がイイ。事後に「溺れそ…」とつぶやくんですが、そこの表情がすごくいい。
続きがあるなら、ぜひ読みたいなーと。
校舎裏の夏
 →切ない。エロなし。実らない二つの恋の話。うん、切ない。

1

うーん、惜しいなぁ

なかなかの人気作ということで、読んでみました!

桜日先生の作品は『年下彼氏〜』も読ませていただいてまして、今回もワンコ攻め好きの私としては、なかなかツボをついてくる作品でありました。

ただ、うーんと思ったのは、他の方もあげていらっしゃいますが、エロだけに走ってしまっていて、登場人物たちの心の動きがちょっと見えずらい気がしました。
まぁ、個人的主観で桜日先生の作品はエロエロが多いからなぁとは思いますが、私的にはもう一押し、おしいっ!って感じです(笑)
なんでちゅん太が高人さんに惹かれたのとか、高人さんもちゅん太を受け入れていく心の過程が見えずらくて、読み手としてはちょっと置いてきぼりな感じです。

私個人としてはエロエロでも過激なものでも、二人に愛(笑)があれば楽しんで読む派なのですが、だからちゅん太がいきなり過程をふっとばしての犯罪行為?を犯しても(笑)、高人さんが好きでたまらんかった上での行為なら全然かまわないと思うのです。(→いいんか!)
というか、勝手にそういう風に解釈してます
( ̄▽ ̄)

少ないページ数ということで、致し方ないのかもしれませんが、【続きワンコ攻め×ツンデレ受け】という私のツボを的確に貫く設定なだけに、ものすごく惜しい気がします。

エロエロが好きな方にはなかなか萌えるのでは。
逆にストーリーや登場人物の心の揺れを重視する方には向いてない作品かもしれません。

まぁ、私的には高人さんがめろめろにきゃわゆかったので♪(//∇//)

同時収録は、『迷える神様に愛の手を』がよかったです。
受け神さまがかわいかった!
まぁ、期待を裏切らずエロエロですけどねぇ(笑)

1

最高に萌えました!

電子書籍で試し読み後、続きが気になり本屋に走りました。
年下攻め、強気受け最高です!(ツンデレ)
ストーリー度も高いですし、買って良かったと思いました♪

受けが受け受けしくないのがいいです。


0

酷評です

申し訳ありませんが酷評です
嫌な方は読まないでください・・。


抱かれたいNO1男だった彼が現NO1の男に抱かれてしまうという設定には
おおっと思ったのですが・・・感心したのはこれだけでした
他の方も書かれていますが内容重視でエロは少しでも平気だという方には
この作品は向かないですね
内容が深ければ深いほど、ただの手つなぎシーンでもとてもエロくみえる
ことがあります。行為のエロさじゃないんです自分にとってのエロさは

この作品は私にとっては「エロい」ものではなく「グロイ」ものでした

BLってほんとに好みが分かれるのもなのですね
高得点だから読んでみましたが・・・
自分の求めているものとは遠くかけ離れたものでした・・・。

11

個人的には神評価です!

元から桜日先生のファンという事で購入しました。
発売されてからこの一年と約半年。
この長い間に何度読み返したことか!(笑)
簡潔に言うと、「どたばた☆ラブコメディ!」みたいな感じでしょうか(笑)

エロシーンは多めで、小文字や♡表記など苦手な方は苦手かもしれませんし、濃厚なエロシーンを好む方にはとてもオススメです!
絵の方は好みが分かれる絵かもしれませんので、絵を重視する方はsampleなどをご覧になった方がいいかもしれません^^;
桜日先生の作品は同時収録も面白いということですが、私は特に「迷える神様に愛の手を」を気に入りました!
早めの段階でエロシーンに突入するのでストーリーはあまり深くはないのですが、舞台俳優という設定がとても面白かったです!

個人的にはとても面白かったので神評価を付けましたが、人気作にもなると評価が二極化することが多々ありますので、やはり自分の目で見ることが一番だと思ってしまいました^^;

3

再読してみましたが。

CD購入にあわせて再読。

初回に読んだときも思ったけど、
やっぱり慣らさずに突っ込んじゃダメだよ、ちゅん太…。(笑)

あまりの人気に試しに…っと思って購入したんですけど
エチシーンのハート乱舞に『なんだこりゃあ』って思ってました。
基本的に読み切りの短い中にエロを詰め込んでるので仕方ないのかなぁ
とは思うのですが、ちゅん太の天使って評されるバックボーンも、
その天使力に絆され流される高人もどうなのよ、と
微妙に気になって萌え度は低かったです。


個人的には「迷える神様に愛の手を」の方が大好物の
俺様&ツンデレの組み合わせでおいしくいただきましたが。
満星の泣き顔がイイッ(・∀・)


あ。でもCD聴きながら読むと萌え度が上がりました~。

2

高評価が多いですが、わたしには合わなかった。

高評価が多くて人気っぽくて読んでみたんですが......BLではエロよりストーリー重視です。エロシーンが嫌いなんじゃなくて、エロシーンはおまけ感覚で何の意味もないエロシーンは要らないタイプだからか、エロ多すぎ唐突すぎ脈絡なさすぎ!と感じてしまい趣味じゃなかったです。
雰囲気と設定とキャラクターは良かったですが…。

10

嫌いではないけど

同性愛のお話というよりも、これぞBLという印象を持ちました。
人の心の機微云々よりも、くっつくことが大前提としてあるドタバタに安心感をもって読めます。
ラノベっぽいなと感じていて実際とても読みやすかったです。
そういうのも以前だったら大好物だったのですが、今回は物足りないと感じてしまいました。

各話もっとじっくり読みたい気もしますが、この短さもスピード感があって良いのじゃないかなとも思います。
仮にお話が長くなってもくっつくまで(=受けの無駄な抵抗)が長くなるだけな気がします。
私の場合イライラしちゃうかな…
登場人物にもっと思い入れができるようなエピソードや人間としての生々しさがあったら好きになれたかもしれません。
でもそれをここで言うのはお角違いだと思うので、単純に読むジャンルを間違えたという心境です。

”受け受けしい”とか、”攻めスイッチ”とか表情がとても分かりやすくて、BLのお手本のようだなと思いました。
アニメ化したら凄く面白くなりそう。そんなコミカルさや華があると思います。
エロくなくなっちゃうかもだけど、エロがなくなっても魅力が落ちるとは思え続きない作品でした。

3

爽やかなんてとんでもない、執着攻め様でした。

1巻より執着の度合いが増してきた攻めのちゅん太。
1巻より表情がエロくなってきた受けの高人さん。
2巻ではエロのバリエーションが増えましたね。
カーセッ○○、コスプレ、命令系だったり。
高人さんのフェロモン駄々漏れの感じがスゴいよかったし、ほぼ1冊「抱かれたい~」のカプだったのでガッカリ読めました。湿度高めのエロが読みたい人にはおすすめです。

1

あなたの好みは?

全部で5つのストーリーが入っていました。
なので、全部短い感じですね。

1つめが表題。
2つめは地上に降りた神様同士のお話。
3つめは高校生の3人のお話。
4つめは劇団員の2人のお話。
5つめはファンタジーで高校生なんだけど幽霊と人間のお話。

この作家さんのは、1枚にたくさんの事が描かれているので
どっちかっていうと絵がゴチャゴチャした感じな印象。

そこにストーリーがキッチリしていないと
読みにくかったりするのですが・・・
案の定、私にはちょっと読みにくかったです。

今作は、1冊に5つ入っているわけだから
短い中でのストーリーの流れって難しいかと。
なのでしょうがないのかもしれませんが、
ナンデその流れで許しちゃうんだ??と
気持ちが解らなかったりしましたねー。

人気作のようですが、好みに合わなくって残念でしたぁ。

9

ひぃ~~。好きっすw

BLはファンタジーですからッッww些細なことは気にしません!
てか、些細じゃなくても気にしません!大好きです(笑
なんてったって、合意じゃないけどするっとできちゃうし、こんなの強姦だぞって言いながら終わった後に嫌悪感なんてないですし。
だってBLはファンタジーですからねッッ(大切なので2度:笑

『天使面した絶倫悪魔』と重度なツンデレ先輩のやりとりったら、ほんとドエロですww
2話では「どうせ… 俺に拒否権なんてないんだろ…」って発情天使をぎゅっ…て高人さんがすんのッ!もうこれ好きじゃん!バッチ来いじゃん!!
って思ってたら3話。
『今更なんだよ 気ィ許し始めた俺はどうなんだよ』ってあなた。その行為は気を許すレベルじゃないっすッww どうみても大好きですからッ!!

でも、抱かれたい~ではちゅん太が『俺の事好きですよね?』とか聞いて聞いてるけど、高人さんは一回も好きって言ってないんですよね。抱いてとは言わされてたけどwww

はぁ~~。また続きが読みたくなるシリーズが始まってうれしいかぎり♪
ストーリーに重点を於かれている方、細かい事が許容できない方にはお勧め続きはできませんが、「BLだしね(笑)」と割り切れるBLファンにはおススメです。ぜひぜひ。

1

これぞマジック。

いきなりいれたらさぁ…スプラッタだと思うよ。
だけどそうならないのが、BLマジックなんです。ビバ!笑

ちゅんたが多少病んでますww
絆されるの早いです、高人さんww

なんだろうな。この二人、いちいち体のポジションが甘エロいんですが(笑)
そして案外乙女だね、高人さん。


【迷える神様に愛の手を】
どちらかというと本編よりこっちのお話の方が好きです。
罪悪感に駆られたタケルにニヤニヤ、お召し物が崩れた満星にニマニマ。
かわいいぞう、満星よ。
そのままタケルに愛されてしまいなさい。


【ネトラレトライアングル】
ご愁傷様としか言いようがないww
そうなんですよ。理想と現実は違うんです(笑)


【彼のドSスイッチ♥】
切り替わりがすげぇww
いやー、どんどんスイッチ入れて欲しいですね!


【校舎裏の夏】
ヤベ。泣いた。
あーーー。うん。失恋、か。
……切ない。

0

ラノベみたいなタイトルの割に面白い! S攻祭です

表題作
画:攻の金髪なのに下が黒いプリン頭が田舎のヤンキーみたいで嫌だなと思っていたら、エピ後の紹介文で「スペイン人クォーター」だったことが判明。その情報は本編で出した方がいいような

エロ:とにかくエロい……
受が泣きそうな顔で〇頭にキス、蜂蜜まみれのア*ルを両手で開かれるなど……。一番エロいと思ったのは、2人で床に座って大股開きにされた受が後ろから指で掻き回されるところかな
でも、前戯も無しにいきなり捩じ込むのは切れると思うよ!

内容:お仕事シーンが薄っぺらい。
受のドヤ顔の説教シーンがあるんですが、この手のシーンは読者もハッとするようなよっぽど含蓄あること言わないと安っぽくなると思います。
受が攻の演技に飲まれてゾクッとくるシーンもあるのですが、飲まれるような演技に見えません。 

それからエロ終了→「この絶倫!」というコメディパートでオチという流れがワンパターンです。

『ネトラレトライアングル』
可愛い攻めキター
でも優也はすぐ素のヤンキーキャラになっちゃって(可愛い腹黒攻好きとしては)つまんないなー
バレてからも普段は猫かぶった敬語攻で、ブ続きチ切れたときだけ乱暴な口調になる方が個人的には萌えます。

3

嫌いではない。

桜日さんの作品は明るい雰囲気だし、
嫌いじゃないんです。

今回も設定が面白くて、
「おお、目新しい設定かも」
と思いつつ読みました。

抱かれたい男ナンバーワンかー。
現実に置き換えたらだれだろうとか思いましたが、
すぐ打ち消しました。
ナマモノは想像したらダメですね。

明るい雰囲気、
個性的なキャラ、
やっぱりきらいじゃないなぁ…と思ったんですが、
エロがね…エロシーンに入ったらね…。

あああああ、なんでこんなになっちゃうんだろう。

擬音がやっぱりダメですね…。
愛がないエロなのに、擬音の下にハートマークの乱舞…。

ううーん、疑問に感じます。

いや、愛があれば、ハートマーク乱舞してもいいってものでは
ないのですが。

でも、この作品も
次作も買ってしまうんだろうなー…。

明るいもんなー、この雰囲気。
何度も言いますが、雰囲気、設定、嫌いじゃないんです。

1

新しい発想・・・!

よく女性誌で「抱かれたい男」特集してますが、まさか旧第1位が新第1位に襲われるなんて・・・・美味しすぎる!と飛びついた作品です(笑)。内容はキュンキュンしたり心理描写に重きを置くものではなく、ノリが良いもので楽しくニヤニヤ読めるのでストレス発散にも大変良いものかと思います。総合的にとても満足してるのですが、欲を言えば今後の展開もう少し心理描写を増やして頂けると嬉しいです!それだけキャラが魅力的なので彼らの関係性がどう発展していくのか見守りたいですvvv

1

エロ満足^^

好みのカップリングが多かったので^^
あと攻めがSっぽくてよかったです。
エロも満足(´v`)
擬音がいい感じですねw

1

そしてその男は変態でしたw

この作者特有のエロ描写が半端なかったですね
とってもおいしくいただけましたw

表題作も勿論すきなんですが、
特にツボに入ったのは劇団の話です。
攻めのスイッチが切り替わり
ドSになり、受けにひどいことを強いるところが
めっちゃ好きです。明らかに目が違っており、
読んでいてその変わりように、どきっとさせられましたw
普段、攻めと受けの性格が反対の物を好んで読むので
自分がこの作品を好ましく思うのが自分自身びっくり
なんですが、こういうスイッチ系男子すきですw

あと、学園もの3Pの話も好きです。
自分が攻めると思ってたら、付き合ってる子の
友達にまんまと食われてしまうところとか最高でした。
この人の作品は意外性といいますか、実は・・・という
展開がすごくちりばめられていると思うんですが、
そこに大変魅力と可能性を感じます。
携帯小説によくある設定なので、それを商業でやるとなれば、
結構ハードルが上がってくるかと思うんですが
そのハードルを軽々しく超えて、しかもものすごいエロを
付け加えてきてくれるので、大変楽しませてもらえます。
あと、余談続きなんですが、恋愛管理癖から入った人間で
作者のエロのイメージが強かったので
最後のお話が悲恋で、しかもエロ描写が一切ないことに
驚きましたw この人の切ない描写はほんとに
切ないので、もの悲しい思いにさせられました・・・。

1

いい

短編というのが非常にざんねんでした。どの話も続きがよみたくなる...そんな感じでした。私は抱かれたい男一位に脅されていますが一番よかったです。クールな受けがhのシーンになるととてもかわいく、攻めもわんこな感じが可愛かったです。彼シャツとかかわいすぎる!!

0

エロい!エロい!とにかくエロい!

桜日梯子さんの作品はこの本が初めてだったのですが
とても、とてもドツボでした!

甘々で絵も好みだったので本当に楽しめました。
抱かれたい男以外にも短編が数本入っていたのですがすべてよかったです!
雰囲気とか台詞、それから登場人物が物語を引き立てていました!

そしてなんとしてもエロシーン!
あまりモノが見えるのは好きじゃないのですが絵がよく、思わずニヤニヤして夢中になっていました!

ショタっぽい受けが苦手な人は特にオススメです!!!

1

なかなか盛りだくさん

5部作で盛りだくさんでした。

ジュンタの普段は天使キャラ(ワンコっぽくもある)なのにプレイ時鬼畜なギャップは中々良かったです。あそこの描写が非常に生々しいです。苦手な方は注意ですね。
彼シャツの時は最初のタカトの印象とはガラリと変わりとっても可愛くなっていたのは、彼シャツ効果・・・なんでしょうか 笑

一番好きなのは彼のドSスイッチです。普段可愛いキャラなのにスイッチ入るとドSとか・・・やはりギャップって良いですね。大人で男らしい人が喘いでる姿も萌えます。その後の最後の二人のやりとりがやはりプレイ時とは全然違って良かったです。

1

期待していたからこそ物足りなさが…

「抱かれたい男1位に脅されています」

試し読みで読んだ段階で絵の綺麗さ、登場人物の関係などが
とても魅力的だったので購入しました。

実際に読んでみた感想を一言で表すのなら、
ちょっと物足りない…でした。

受けの高人のツンデレ具合がたまらんし、
攻めの東谷の肉食わんこっぷりもたまらん!

濡れ場も高人の反応が可愛くて、そしてエロい。

ストーリー展開、キャラ設定、エロさ…
重要事項すべてが申し分ないのだけど、
あまりにも展開が速すぎて…それだけが残念。

1冊丸々表題作だけだったらな、と
物足りなさを感じてしまいました。


「迷える神様に愛の手を」
「ネトラレトライアングル」
「彼のドSスイッチ」
「校舎裏の夏」


表題作以外の作品も、じっくり読みたい!と思うぐらい萌えの宝庫です。

校舎裏の夏は異色でエロさがなく、切ないお話。
エロさ満載の流れでストンと落とされた切なさに何とも言えない気持ちにさせられます。


4

怯える受が可愛い...!

桜日先生の作品はこれで2作目。
桜日先生が出された商業BLも今の時点で2冊のみになります。

表題作+4作品収録されてます。

[抱かれたい男1位に脅されています。]
3話収録。
攻 : 東谷准太 / 金髪。受様大好き。芸歴3年の若手俳優。今期抱かれたい男1位。受様から年中発情期、絶倫天使と言われている。
受 : 西條高人 / 黒髪。攻様に強姦されてしまう。芸歴20年の実力派俳優。今期抱かれたい男2位。

内容 : 5年連続抱かれたい男1位の受様が、攻様に抱かれたい男1位の座を奪われてしまった上に、いつも主演だった受様が攻様の主演作品に借り出されてしまう...挙げ句の果てに強姦までされてしまって...!?

強姦から始まるストーリーといってもいいと思います。
このお話のキュンポイントは、なんといっても高人さんが可愛い!!
そして、エロエロです!!
擬音たっぷりです(笑)
[抱かれたい〜]はまだ続きを描かれているので、気になる方はジャンクボーイ2014はるやすみ号で読めます♪


[迷える神様に愛の手を]
1話収録。
攻 : 天之猛彦神 / 武芸続きの神。実は受様より女たらし。
受 : 天津満星命 / 大神の孫。女たらし。

攻様が受様に罰を与えようとしたら、案外攻様がハマっちゃった話。


[ネトラレトライアングル]
1話収録。一応3Pモノですが、3人でのそういうシーンはありません。
攻1 : 二宮 雪生 / 1年生。
攻2 : 藤崎 優也 / 1年生。受様と付き合っている。
受 : 高原 星悟 / 3年生。生徒会長。攻2様と付き合っている。

受様が攻2様と(受様が攻で)シたいと思ってたら、攻1様に強姦(寝取られ)され、それを見た攻2様にも挿れられちゃう話。


[彼のドSスイッチ]
1話収録。
攻 : 桜田幸太郎 / 新人劇団員。スイッチが入るとSになる(受様限定)。
受 : 小窪 信夫 / 劇団の看板役者。攻様の憧れの人。

受様が攻様に演技指導してあげようと思ったら逆にされちゃった話。


[校舎裏の夏]
1話収録。攻受不明。
不憫BLに掲載されていただけあって切ないお話です。
非恋...だと思います。


作品的には[抱かれたい〜]と[迷える〜]が好きで、CP的にも[抱かれたい〜]と[迷える〜]が好みです。
最初に怯える受が好きなのかもしれません(笑)

2

買ってよかった笑

無理矢理って…いいですね( ´ ▽ ` )
初めの勢いは、すごい好きです

主人公の人には、もう少し終わった後の抵抗感を出して欲しかったですが…

なんせ、相手は抱かれたい男1位ですからね!
って感じです。

後、絵が綺麗。
すごく好きです。

主人公の言動、行動、表情も全て好きです


二作目は、普通にいいです。
ノーマルがおどおどしながら責められるっていうね
この設定好きですね
こんなの、気持ちいいはずないのに…的な

三作目も好きです
取り合いもの大好きです
…受け専門ですが…(・_・;


四作目が一番好きですかねー
ヘタレが豹変するがんじの

受けも、大人びた人でまたそこがいい!!
年下責め万歳ってとこですかね
てかなんですか、あの受けは
天然なんですか?かわいいですね!!?
ってところです


最後の話はちょと悲しいかな

夜中読んでたら、あーってなります。


で、結論的に言うと、
この本は買ってよかったです。
他の人はどうかはわかりませんが、自分は好きかな…
他に本を出しているらしいので続き
またそっちも読みたいくらいです。

3

きゅんきゅんしますね!


なんといっても絵が綺麗。
ただ、キャラの特徴がちょっと似ているなーと。
作者さんが一緒なのでそれはよしですかね?(笑)
でも、性格はみんなそれぞれで面白い作品です!

買って損はない作品だと思います◎

1

うーん…


前作の「年下彼氏の恋愛管理癖」が気に入ったし
神評価や萌2評価も多かったため購入したのですが
少し期待しすぎてしまいました。

絵はとてもきれいなのですが
ストーリーの展開が早すぎたし
ん?ここでエッチシーン?と思うような
ところがありました。

エロ重視の方にはオススメですが
ストーリー重視の方には
あまりオススメできないですね。

7

ん・・・?天使??

表題作の「抱かれたい男1位に脅されています。」
攻めの准太は天使と評されていますが、天使にしては強引すぎやしないかと・・・。
私の中の天使像は恥ずかしいところを撮影したり、それをネタに関係を強要したりはしませんよ!!ほぼ強姦です。
最初はいきなり凌辱されて悲壮感漂う受けでしたが、割とすぐに気持ちよくなっちゃって結果的には攻めのいいように流されまくってましたね。
あんなにチョロくて今までよくぞ無事だったなと思います。

3

私も抱いてみたい!

桜日さんの作品は二冊目です。
前作の「年下彼氏の~」も良かったので購入しましたが、
さすがの桜日さん、エ、エロい……

表題作品の「抱かれたい男1位に脅されています。」
主人公が黒髪受けで、攻めと受けが俳優同士という
美味しい設定なのも良かったです。
強気でツンデレな高人さん、私も抱いてみたい!

収録作品の「ネトラレトラアングル」
良かったですねー。
攻めるつもりでいた星悟が受けに回ってしまったのが
可愛くて萌え萌えでした。

他の収録作品もエロさ満載、目つきの悪いキャラも
沢山出てきたので楽しめましたが、私も少し、
前作とお話のパターンが似てるかな~と思ってしまったので、萌×1です。

2

つゆだく、エロス

一言でいうなれば、エロです。エロエロです。最初から最後までエロエロです。

短編集であるため若干の超展開があるように感じましたが、さくっと読めたと思います。

内容的にはBLでよくある感じの、
好きです大好きなんです→勢いあまって強姦→その後いろいろあって両思い
といったものですが、私は好きです。

はちみつプレイなんて最近ぜんぜん見かけなくなりましたね。

年下攻め、芸能もの、エロエロ、この三つから成り立っているといっても過言ではないでしょう。一つ一つのお話がそれぞれ好きだったのでぜひともそれぞれの話で続編が欲しいです。ちょっと短かったかもしれません。
個人的に最後に収録されていた校舎裏の夏が不憫BLに収録されていたときから好きだったので短庫本に収録されてうれしく思います。桜日さんの困ったように笑う表情が好きです。

1

ほぼ短編集。

【抱かれたい男1位に脅されています】
若手俳優:東谷准太×ベテラン俳優:西條高人です。
いや~。前回の「年下彼氏の恋愛管理癖」でも思いましたが、
やはり、桜日先生の受けちゃんは某エレガントヤンキーに見えて
しまってですね・・・。

年上ぶっているキャラが受けになるとか大好物なので問題は
全くないんですけどねw
でも今は某バスケ漫画に激ハマり中なので、その熱が収まってから
もう一度読んだら見る目も変わるかもしれないので、再読しようと
思います。

内容は軽い強姦まがいなことをされたけど段々好きになって・・・
みたいな話でわりとBLでは普通の話でした。

【迷える神様に愛の手を】
天之猛彦神×天津満星命の神様同士のBLでした。
神様同士のBLって珍しいと思ったのは私だけでしょうか?
ていうか、神様のくせに知識ねーなwwって普通に思っちゃいました。

【ネトラレトライアングル】
遊也×高原・二宮×高原の高校生ものです。
これは個人的にダメなやつでした。3Pはダメですね。
こればっかりは何回読んでも苦手でした。

【カレのドSスイッチ】
後輩続き:桜田幸太郎×先輩:小窪信夫の舞台役者ものです。
短編すぎてレビューがしにくいのですが、この話の受けちゃんが私好みの受けちゃん
だったので結構好きな話でした。

でもこの話も強姦・・・
ていうか同じ劇団の先輩を強姦して、次の日に普通に劇団に来て謝るだけって
いうのもすげぇなって思いましたね。
劇団を辞めるくらいの勢いでやらんと!って感じですよね。せめて退団届け
くらい提出するシーンくらいほしかったなぁと思いました。

【校舎裏の夏】
ショータとマナブの話です。普通にエエ話でした。
一応、フ○ラはしていたのでBLとは思います。
でもこれは、そういうのはいらなくてもよかったんじゃないかなぁ~
って思いましたね。

1

やっぱりすごい!

前作の「年下彼氏の恋愛管理僻」でド肝を抜かれ、桜日さんに目覚めた結果、この作品を読ませていただいたんですが…。
…やっぱりすごかった!作画が綺麗な分、よりエロさが伝わってきて…笑
もう、次のページ、次のページって捲らずにはいられませんでした!「魅せるエロさ」ってこういうことなんですかね!?←
桜日さんの作品に出てくる受け様攻め様の一つひとつの仕草が色気に溢れていて、こっちがなんか恥ずかしくなってきます笑笑

次回作にも期待の意をこめて、星5です!!

0

ワンパターン

絵は凄く好きです。
多分、今後も話の内容はどうであれ絵が好きだから買ってしまうであろう作家さんです。
魅せ方も上手いし、強引な攻が好きな読者は多いと思うし
ツボにハマると堪らなく萌えさせてくれる方です。

ただ、どうしてもワンパターンさが否めなかったです。
一冊目も読んでますが、一冊目はそれでも良かったです。
でも二冊目まで代わり映えしない設定を引きずっていると、三作目もまた
話の流れは全部こんな感じかな?と。

私が贔屓している「絵」と言う要素を抜いたら
強引に襲われてヤられちゃって、流されちゃって結局いつのまにか
“アレ?両想いなの?それでいいの?”という、受の葛藤も無い話。

うーん、ズバリこれは話の内容云々と言うよりも
襲われている描写のプレイを楽しむ漫画!ですかね。

8

大好きな桜日梯子さまで、120点!

これもアマゾンに持ってこさせました。アマゾン、便利。請求書が怖いぜ。

『抱かれたい男一位に脅されています』
高人さん、かわいいなー。ちゅんた、とかね。もうかわいさクライマックス。んで、連絡が久しいと寂しくなって襲っちゃうとか、ね。私の中の『抱きたい男一位』です。

『迷える神様に愛の手を』
オリジで初めて読んだ作品。大好きだー!!怖くて泣いちゃってるとことか、かわいすぎです。『その後』もいーかんじなので、続きあって欲しいです。

『ネトラレトライアングル』
先輩、可愛い。年下に振り回される年上ってすごく好きです。

『彼のドSスイッチ』
アニキな小窪さんが自分で脚開くとこ、ゾクゾクします。エロい。ラストの小窪さんの言葉に愛を感じた。

『校舎裏の夏』
切ない…。

0

ものっすごく普通のBL(高性能)

なんだろうなぁ、攻めが物凄く受けが好きなワンコで、
その反対に受けは自分の立ち位置奪ってくる攻めがうっとうしくて、
だけど強引に抱かれてしまって、段々攻めワールドに引きずり込まれていく

ビックリするくらい典型的なBLやなぁって思うんですよ、これ。
しかもそういうパターンのBLが一寸ずつ立ち位置替えてどんどん続く。

・・・そういう普通のBLなんですけどねぇ。
でもワンコのワンコぶり、押し倒される方の綺麗ぶりなど
「BLはこーでないとな」と思わせる物がいちいち高水準なんですよね。

一読してすーっと右から左へ抜けるような話なのに、
気が付くとまた読んでしまってる不思議な本です。
別に萌えてはないんですが、謎の中毒性が高すぎるので評価上げざるを得ない。
「引力」というパラメータがあるなら、引力だけ満点です。
どんな話か印象にないからってうっかり中古に売るとまた間違って買いそうです。

4

壁ドン!と扉バン!!とマフラーでドキドキ激萌え!

前作『年下彼氏の恋愛管理癖』の表紙の印象が強く残っていて、
また、雑誌連載の際の、雑誌の試し読みで読んでいて、
試し読みと新刊発売公表時の粗筋の範囲しか内容は分かりませんでしたが、
今回、特典ペーパーが付くということで、予約できるお店の分は予約をして、
予約できない店の分は入荷された頃を見計らって新本で購入しました。

『抱かれたい男1位に脅されています。』
「壁ドン!」は萌えの定番ですが、「扉バン!」で萌えたのはこの作品が初めてです。
1話目の12ページ目に「扉バン!」が描かれていますが、
逃げる受けを追い詰めて迫る攻めがとても強く印象に残りました。
実際に「扉バン!」をされるのは恐怖でしかないですが、
漫画で読む「扉バン!」は、とても萌えるのだと新たな発見をしました。
2話目の13ページ目には「壁ドン!」が描かれていて、
この場面はドラマの演技での描写ですが、とても萌えました。
1話目の13ページ目、壁に押さえつけられている受けの表情の描写が、
臨場感がとても伝わってきて印象に残りました。
攻めはヤンデレで病み具合が少し怖いと感じました。
その怖さ続きが受けのツンデレで上手く中和されているように感じました。
裏表紙カバー下の描き下ろし
『その時天使は萌えを理解した。マフラーしまい髪編』では、
私も同じく「マフラーしまい髪」に激しく萌えました。
また一つ、新たな萌えを発見しました。

『迷える神様に愛の手を』
収録作品の中で最も面白かったです。
ちょいワルな感じで何だか危険な感じがするワイルドな攻めに萌え、
女王様な神様の受けとの組み合わせに萌え、攻めの正体にも萌えました。
一話だけというのが非常に物足りないです。
もっと二人のお話を読みたいです。

『ネトラレトライアングル』
寝取られる前の藤崎くんと高原くんの組み合わせでは、
攻め受けが逆だと知った時には意外な思いで一杯でした。
高原くんは攻めでも受けでも似合うけれど、
藤崎くんは高原くんより背が低く可愛い顔をしているので、
先入観も入っていますが、どうしても受けにしか見えないので、
藤崎くんが攻めというのがなかなか慣れないです。
一話だけなので、まだ三角関係に決着がついていませんが、
最後はどう決着がつくのか楽しみです。

『彼のドSスイッチ』
桜田くんが初々しい感じで、可愛い顔をしていて、
小窪くんよりも背が低いので受けかと思っていたら、
攻めだったのが意外でした。
桜田くんが攻めというのがなかなか慣れないです。
また、スイッチが切り替わった桜田くんは少し怖いと感じてしまいました。
『抱かれたい男1位に脅されています。』と『ネトラレトライアングル』を
組み合わせたような印象を受けました。

『校舎裏の夏』
この作品は『不憫BL』に収録されていたということですが、
不憫というよりも『泣けるBL』だと思いました。
ショータくんが無事に成仏できたようで良かったとは思いますが、
残された吉見くんのことを思うと、心苦しい思いで一杯になりました。
ショータくんと吉見くん、お似合いだと思うのですが、
何とかならないかという思いでいっぱいです。


今回の評価は、あまり迷うことなく「萌×2」です。
前作『年下彼氏の恋愛管理癖』では表紙絵が一番の評価に繋がりましたが、
今作は萌えツボが一番の評価に繋がりました。

総合的な評価は「萌×2」ですが、今回は各作品で評価の過程や基準が違ったため、
それぞれの内訳は以下のようになりました。

『抱かれたい男1位に脅されています。』
物語の内容や展開、人物設定は「萌」ですが、今回は新たな萌えツボの発見と、
萌えツボの刺激が非常に強かったのが評価に繋がり、「神」に近い「萌×2」です。

『迷える神様に愛の手を』
物語の内容や展開、人物設定、舞台設定など全体的にバランスが良く、
「神」に近い「萌×2」です。

『ネトラレトライアングル』、『彼のドSスイッチ』
物語の内容や展開、人物設定など適度に萌えたので「萌」です。

『校舎裏の夏』
物語の内容や展開、人物設定など、「萌×2」に近い「萌」です。

2

ひとつひとつの要素は凄くイイ

すごくツボなポイントは山ほどあります。
たとえば、この目つきの悪さや細い首の描き方といったイラストに対するツボ。ストーリー内での設定やそれに準ずるイロハなどなど(今作では役者としてのポイントなど)を綴ってお話に厚みを持たせているところも好感が持てるしこちらも楽しめる、というツボ。エッチシーンで魅せる、受けの心地よさそうな顔や攻めのSッ気孕んだ表情もツボ。
挙げるとキリがないですが、ツボはたくさんあります。
桜日先生らしさや良さは存分に表れている作品集です。
ただ、そうしてツボが集まってはいるのですが、あまりにも速やかにコトが運ぶのが……どうにも個人的にはいまいちなのかな……と考えます。体を繋げることに違和感を覚えるよりも前に快楽に溺れる。そんな描写も素敵だと理解はできても、脊髄反射的萌えがついてこないのです。
芸能モノも、神様云々も、そして学生や受け攻め逆転的なことも、全部全部大好きですし桜日先生との萌えツボはこれほど(おそらくは)合致しているのに、どうしても展開の素早さが引っかかってしまいました。
もちろん、絡みも見たい気持ちはあります。でも、こう、セックスに至るまでの過続き程をあと数ページでも繰り広げて頂いていれば、と望んでしまうのです。(いやでもそうすると桜日先生の作品に共通する、疾走感がなくなってしまうのだろうか)

[抱かれたい男1位に脅されています]
高人さん大好きワンワン攻めとツンデレですね。いやツンツンか。
甘くてエロティックで、ハッピーな作品! 決して嫌な気持ちにはならない、ポジティブな作品だと思います。
あんたが欲しい、で飲まれてしまうシーンはすごく良かったです。

[迷える神様に愛の手を]
擬音の書き文字に ☆ が付いている、そんな細かいところが可愛いなと思いました。
しかしこのタケル、妹の想い人に手をつけちゃうって……!(笑)

[ネトラレトライアングル]
優也に対する理想と現実の差たるや!
二次元においての生徒会長は基本的に愛されるものなのだと、ウン十年も前から決まっているのです諦めるがよろしい星悟さん。

[彼のドSスイッチ]
切り替わるといいますものね。
キャラクタに対する設定を細かくつくられる桜日先生だからこそ、こうしてお芝居ネタも楽しく読めるのだと感じます。小窪さんは小動物みたいな桜田にガッといかれちまいましたね!(笑)

[校舎裏の夏]
不憫BLレビューの際にコメントしたため割愛。
こういった、目立った接触のないお話、もっと拝見したいです。

萌えた! けど萌えきれない! の微妙な狭間ですので中立といたしました。

6

タイトル通り

「年下彼氏・・・」に引き続き、期待大で購入。

5年連続「抱かれたい男№1」に選ばれていたベテラン俳優、高人×高人に憧れていた芸歴3年の準太
酔った勢いで、いろいろぶちまけた動画を見せられ、「なんでもしてやる」という高人に準太は「抱かせてください」と。
そこから2人のお話がはじまります。

初めは準太が何を考えているのか理解しがたい高人でしたが
一緒に仕事をしていくうちにだんだんと気持ちが変わっていきます。
知らず知らずのうちに高人も、準太にひかれていき・・・
いつのまにか、準太のことばかりを考えてしまいます。
イライラした時にケーキをホール食いしてしまうなど・・・かなり可愛いです。


0

表情だけで読み取れてしまう感情

人気急上昇中な新人俳優東谷准太にタイトルのまんま1位の座を奪われ、映画の共演ですら主役を取られ面白くない西條高人。
何故か無邪気に懐かれ、気に入らないけど全力で好意をぶつけ続ける東谷に求められることに麻痺し始め、自ら火中に飛び込む結果に。

据え膳を前に狙った獲物は逃がさない東谷のギラつきや、西條の喜怒哀楽から蕩ける表情の豊かさに文字を追うよりも絵に見入ってしまいました。

他短編4本収録。
先輩のふとした表情でスイッチが入ってしまう「彼のどSスイッチ」
強気の俺様に強引にいたされてうっかり嵌っちゃった先輩の素直さがとても可愛くて、桜田の豹変にもっと振り回されて欲しくなります。

「ネトラレトライアングル」では一人を巡ってヤってヤリ返す。
優也の豹変ぶりと高原のヤられてもヤル事だけは諦めないちょっとズレた所がツボを刺激してくれます。

SMまではいかないけれども軽いプレイに切り替わる。
その展開の小気味良さに充分楽しませていただきました。

1

直球タイトルwwww

前作が好きだったので迷わず購入(^////^)
タイトルままのお話でしたw
表紙をみて攻めが腹黒と想像していたのですが天然ちゃんでした♪
受けにとぉ~~~~っても憧れていて暴走しちゃう系です!
本当に本人!?っていうぐらい暴走しちゃいます( ´////`)

表題作の外にもいくつか入っていて、もれなくどれもエッチでしたwww
最後に入ってたのだけちょっと違ったけど、
こーゆー話はいっぱいあるのであまり印象に残りませんでした・・・・
最後の話ぶんだけ☆ひとつ減らします(´・ω・`)

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ