フロムイエスタデイ

from yesterday

フロムイエスタデイ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
30
評価数
10件
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
コアマガジン
シリーズ
drapコミックス(ドラコミックス・コアマガジン)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877344054

あらすじ

美術界ではとっても有名人な蓮水先生。そんな彼に憧れて助手になった流一だったけれど、想いはいつしか愛へと変わり…。人を愛する心を丁寧に描いた、心温まるハートフルラブ。

表題作フロムイエスタデイ

大学助教授・蓮水彰(35)
助手・朱音流一(26)

同時収録作品それは青くて透明でとても不思議な

川上天 高校生 17歳
光家友己 高校生 17歳

同時収録作品保健室へいらっしゃい/フロム イエスタディ 1 旭先生と市川くん~復讐ですか愛ですか~

旭敬一 中学校の養護教諭 28歳
市川悠 中学2年生

同時収録作品HOME

統理
清治

同時収録作品雨音を聴きながら

鳥屋海里 高校生 17歳
山本福 古本屋店主 26歳

その他の収録作品

  • SAY YOU LOVE ME
  • たまにはこんな休日を
  • でも蓮水先生大好き
  • フロム イエスタディ 2 蓮水先生と流一くん~冗談ですか愛ですか~

評価・レビューする

レビュー投稿数5

5カップルの楽しい話

5カップルのショートの詰め合わせです。表題作は1・2で2作品あるというのが面白いです。
はっきり分からない作品もあるのですが、すべて学生が登場するという共通点があるように思います。

助教授×助手
「SAY YOU LOVE ME」
「たまにはこんな休日をでも」
「蓮水先生大好き」
「フロム イエスタディ2 蓮水先生と流一くん ~冗談ですか愛ですか~ 」
女装して劇に出ることになった流一に嫉妬する彰先生。ペットが死んでしまう切ない話。電話が来ないと不安になる流一、ネコ扱いされて怒る流一の話でした。

高校生同士(たぶん)
「それは青くて透明でとても不思議な」
静電気体質の友人と、その幼馴染のほのぼのラブストーリー。やらしいことしようとしたら今まで平気だった静電気が発生するようになるというラストが面白かったです。この後どうしたのかな。

中学校養護教諭×中学生
「保健室へいらっしゃい」
「フロム イエスタディ1 旭先生と市川くん ~復讐ですか愛ですか~」
ピュアなのは演技ではと疑っていたら、やっぱり10年後に本性発揮!に笑いました。

大学生?×フリ続きーター?(なんとなく)
「HOME」
放浪癖のある恋人に不安になる統理でしたが、誕生日に帰ってきたという甘い話。場面は夏。

古本屋店長×高校生
「雨音を聴きながら」
雨、晴れ、雷と天気が効果的に使われていて、素敵なショートだと思いました。

スピンオフ作品にしっとりとした雰囲気の「うつむく視線」がありますが、そちらは全4話の長編ということもあり恋人になるまでの過程もじっくり描かれています。こちらはポップで楽しい作品集でした。

0

大人カプだけど、可愛らしい恋のお話!

スピンオフ『うつむく視線』を読んだ時から気になっていたお話です。
古い作品なので見つけ出すのにやや苦労しました。
絵柄も今とは違って懐かしさがありました。

メインカプ以外のお話も収録されていて、短編っぽい感じだったのは少し残念。
恋人になる展開があれよあれよと、結構唐突に感じてしまう印象でした。

『うつむく視線』の様なグッと胸に染み込んでくる感じではなかったものの、コメディタッチで楽しく読めました。
高久先生のらしい可愛らしい表現なので、キュンキュンはさせられます。

有名な画家で大学助教授の蓮水 × 助手の流一。
美術展で蓮水の作品に一目惚れし、助手をすることになってから、彼自身の事も好きになっていく流一。
大学のコンペで女装をする事になり、相手役にキスされている所を蓮水が見てしまい⁉︎
嫉妬した蓮水は…⁉︎

蓮水は35歳と大人なんですけど、オヤジキラーとしては、雄々しさが足らなかった点では、やや物足らない攻様でした。
でも、画家の先生だからか、やや天然系で繊細で可愛らしいのは好印象。
流一の事も一途に思っているし、長年買っていた猫の文ちゃんエ続きピソードは、蓮水の人間味が出ていてジーンとさせられて好きなお話でした。
あと、蓮水が流一にメイクするシーンが良かったです♡

そして同棲することになる2人。
蓮水が段々子供っぽいイタズラを繰り広げて、それに真面目に反応して不安に悩む流一の姿が可愛らしかったりもします。

ただ、流一が意外にもしっかりしているタイプだった事にビックリ‼︎
『うつむく視線』で登場していた印象と余りに違っていて、本当に同一人物なのか最初は疑ってしまいました(笑)

その他の短編で面白かったのが、
『保健室へいらっしゃい』です。
保健医と中学生のお話。
オ○ーの仕方が分からないと、迫ってきたと生徒とイケナイ関係を続けてしまう先生。
このままではいけないと思いつつも…。
まさかのどんでん返しが待ち受けます(笑)

中学を卒業して10年…。
成長した生徒が、今度はイケメン先生になって再び目の前に…(笑)

あんなに可愛い男の子だったのに⁉︎
もしかしてあの時から?
案外腹黒いタイプだったのでは‼︎
報いなのか…愛なのか…もしかしてリバあり⁉︎
ってとこで終わってしまいました(笑)

頼むから10年後カプの続き読ませてけろのあとがきは爆笑でした。

好みとしては『うつむく視線』の方が好きですけど、こちらの作品もほのぼの楽しめる一冊なので気になる方にはオススメします。

0

芸術家って神秘的だな

大学助教授の蓮水は、世界でも有名な現代美術家。
彼に憧れて大学に入る生徒も多い。

そんな生徒の一人が朱音流一。
今は蓮水の助手をしている。

流一は蓮水の事を尊敬しているが
1人の男として恋をしていた。

イラストが若々しいですが
キャラはしっかりしています。
別作品でその後の2人も見ることができるも嬉しいです

蓮水がかわいがっていた猫がなくなってしまうお話はとても
辛いです。
その辛さをわかる流一もとても優しい。

荒々しい中にある繊細な一面が素敵です。

0

なんだかちょっと初々しい

あとがきによると、高久さんが初めて漫画を書いた頃の作品から出版された2000年の頃の作品までが収録されているようです。
作品によって絵柄が結構違います。
コマ割や展開がちょっと昔の少女漫画っぽかった作品もあって(おそらく古い作品だと思われます)、なんだか懐かしい感じだなぁと思うものもありました。
Hは今と比べたら控えめな描写だと思います(笑)。
こういう作品も描かれていたんだと興味深く読みました。
乙女な展開やコミカルな作品が多いです。

0

不思議な魅力の大学助教授

現代美術作家兼大学助教授・蓮水彰(ちょっと変わり者?)と、
彼に憧れて助手になった朱音流一の恋のお話です。

大人なのに、我侭でヤキモチやきの蓮水も、
そんな蓮水に振り回されっぱなしの流一も、可愛かったです。

蓮水の飼い猫の文太が老衰で死んでしまった話は切なかった…。
何も聞かなくても、蓮水の態度で気付いて、お花を供えてくれた流一に
悲しいのに泣けないんだと言った蓮水。
素直に涙を流してくれる流一がいたからこそ、一緒に泣くことができたのかな…。
悲しみを分かち合ったり、心の隙間をそっと埋めてくれる相手がいるって
素敵なことだなぁ…と思いました。

ずいぶん前の作品なので、絵柄はちょっと古めだなと感じましたが
読んでいるうちに気にならなくなりました。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ