between the sheets

between the sheets

床笫之间

between the sheets
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神41
  • 萌×214
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

83

レビュー数
13
得点
271
評価数
62件
平均
4.4 / 5
神率
66.1%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
72 分
枚数
1 枚
ふろく
メーカー初回特典:描き下ろしプチコミックス
フリートーク
なし
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

誰からの誘いも受けない眉目秀麗な
魔性のバーテンダー・高史と出逢った一瀬。
言葉巧みに口説いては、にこやかに躱される
やりとりを楽しんでいた一瀬だけど――!?

表題作 between the sheets

一瀬 → 浜田賢二

高史 → 阿部敦

その他キャラ
坂入[樋口智透]/ 福原[山中真尋]/ 常連客[箭内仁]

評価・レビューする

レビュー投稿数13

BLCDとしてイイ

阿部さんは落ち着いた硬質なトーン。ブリショタ受けではない!
バーテン中もおせっせ中も欲望に忠実でしかし品があり、つまり原作通り。
「なんだこのギャップは」の台詞通り濡れ場のギャップも凄い。
うーん。さすがの貫禄。男のままで色っぽい受け。

仕事中のツンツンした女王様が「本気で俺を口説け」と宣言するシーンは格好良くてユーモラス。
このどこか大人でラグジュアリーで力の抜けた空気感が魅力の作品。

話自体は軽く、よくまとっている。そしてエロい。
わかる。BLCDとしてイイ。
脇の二人も良いスパイス。聴きやすいなあ。

「残念ながら、あなたと話をするのは嫌いじゃないんです」で少し軟化しているのがわかる。
同じことを繰り返しているようで、丁々発止のやり取りをしながら二人の距離が近付いている。それが声色ひとつで伝わってくる。

二度目の絡みの後処理で、お風呂で掻き出すシーンの艶っぽいこと…!
浜田さんのナイスミドルスパダリも阿部さんの女王様受けも最高♡
甘やかす戦法になってからの浜田さんは更に最高。
それに戸惑い落ちる受けちゃんはマーヴェラス。

絡みは原続き作通り4回。
4回目が濃い~♡
なのでSEがおかしいのも許す。

1

声があって、さらに作品大好きに

漫画が良くて、CDも良かったです!漫画あってのCDですけどね。

まず、受けの高史が阿部さんの声ですが、それ聞いてほんとはまりました。
漫画の時でもエロくて可愛かったのに、声があって、もっと可愛くなりました~。エッチシーンの時も、積極的で、美しいお声が・・・(言葉に表せることができない)。

攻めの一瀬さんは浜田さんで、初めて聞いたと思います。いいですね~大人の余裕があるような感じで、かっこいいです。

お二人の違ったキャラでも聞いてみたいですね。

1

この作品は・・・

この作品はまさしく神作品です!
一瀬さんの大人で優しく包み込むような低音ボイスを浜田さんが、落ち着いていて妖艶に誘うけれども子どもっぽくツンデレな高史を阿部さんが演じていて、まさしく大人の恋でした!


原作に忠実でエロエロすぎです!二人でご飯を食べてから高史から誘う場面は一瀬さんでなくても付いていくでしょう!また、一瀬さんの包容力は高史でなくても魅力を感じると思います。脇も社長に容赦のない福原さんや高史の幼馴染みたっちゃんがいい味を持っています。特に福原さんのツッコミは的を得ているけれどかなり毒を含んでいて気持ちいいような痛いような(笑)でもこのやり取りは聴いていて面白いです。

1

やっぱり一瀬さんが好き過ぎる!!

明日続編発売!!
ということで、何回リピしたかわからないくらい聴きまくってるこの作品を、今更ながらレビューしてみます(笑)

とにかくですねぇ、一瀬さんな浜田さんが理想的過ぎて脳内が沸騰するかと思いましたよ!!
大人の落ち着きと天然の可愛らしさがうまく同居している感じが、まさに一瀬さんそのもの!
あのソフトなお声で激甘なセリフを囁かれた日にゃ、高史なんか捨てて私をシーツの波に誘ってーな気持ちになりました(笑)
あぁ…一瀬さんが素敵過ぎる…好き過ぎて如何ともしがたいです(笑)

で、高史な阿部さんもすごく良かった!
お客様の相手をする時はクールなバーテンダー、たっちゃんの前では無邪気な幼馴染、一瀬さんの前ではツンデレな駄々っ子、そして忘れちゃいけないのはエロシーンの喘ぎ声ね!!
ほんと色っぽくてゾクゾクします☆

そんな一瀬さんと高史の軽妙なやり取りと、濃厚なエロスが全面に散りばめられていて、何回聴いても楽しいCD♪
原作がほぼ再現されていてストレスもないし、たっちゃんや福原さんとのやり取りも面白いので、今後も定期的に聞いちゃうんだろうなぁ☆



3

可愛げのあるヘタレ気味セレブ×ストイックなバーテンの恋の紆余曲折

浜田賢二さんは『サウダージ』のレオンが超お気に入りで好きな声なのですが、それ以来なかなか萌なCDに出会えていませんでした。
評判がいい原作だったので聴いたのですがすごいよかった!!
レオンはマフィアの幹部で重苦しい低音でいい声でしたが、この作品の明るいセレブ声もいいなと気に入りました。

阿部敦さんもいいですね。
喘ぎが色っぽくて。
幼馴染とはしゃぐ幼めな声もいいし、バーテンのストイックな声もいい、けど何よりエッチシーンの喘ぎがすごくいいです。
ちくび攻め最高!

お話は、惚れ込んだ美形のバーテンとやっとデートできたホテル経営者。
手に入れたと思ったら相手からはセフレ扱い?
ツンデレを装った意地っ張りなバーテンが素直な気持ちを口にできるまでの紆余曲折。

イタリア男並みに甘い台詞を囁く一瀬に照れながらも好きになって焦ったり怒ったりするシーンがかわいらしかった。
一瀬が弄ばれ状態を楽しんで居る様子がほほえましく秘書との掛け合いが面白かったです。

2

大人な雰囲気を堪能

阿部さんの受けを初めて聞いたのですが、
喘ぎ声が…たまりませんでした(笑)

一瀬さんの声をあててらっしゃる浜田さんは、
まさに余裕のある大人という感じが、一瀬にぴったり。
音声になると、どこか天然だよね一瀬って、とより感じました。
いい意味で、です。一瀬は恰好良くて可愛い大人でありますな。
エッチシーンでの甘く攻める感じは、ぐっときました。
一瀬…格好いいよ一瀬…笑
阿部さんは、いつもは冷静ぶってるのに時々ムキになる高史を、
まさに高史!という感じで演じてらっしゃいました。
喘ぎ声含め、様々な表情を持ってるんですよね、高史って。
どの高史も可愛かったです。

エッチシーンでのお気に入りはシャワーを浴びながら…です。
原作を読んだ時も好きでしたが、
高史がめろめろになって、ねだって…というのを音声で聞くと、
より可愛く感じました。
漫画を読みながら聞くと、よりリアルです(笑)

秘書の福原役の山中さんも、たっちゃん役の樋口さんも、
「大人のいい声」が勢ぞろいしてます。

4

ギャップがいい

コミックで良かったのでCDも購入。
読んでいるときも、バーテンダーの時の高史とベッドの中での高史のギャップに萌え
でしたが、声優さんの声が入るとまた一層グッと来ました。
クールな高史とエロセクシーな高史、どっちも良い。
また、一瀬さんの声もすごく合ってると思いました。

たびたび出てくるHシーンも、さすがにお二人ともお上手で
聞いていて恥ずかしくなるくらい、色っぽかった~
また、脇役の秘書さんや幼馴染の坂入くんとの掛け合いも楽しめる一つです。


1

エロイセクシー

原作とドラマCDも完食でした(´∇`)
すごく素晴らしい作品です
エロばかりではなく内容が少しずつ進んでキャラクターの個性と繊細な部分も少しずつ現れました。
浜田さんと阿部さん二人とも凄かったです
でも自分はマンガを先に読みましたから頭の中で勝手にキャラのイメージとキャストに入りました。
ドラマCD発表した時自分と想像したキャストが全く違うから少しがっかりしました(笑)
ドラマCD聞いたらもし高史さんの声がもっと大人ならよかったと思います。
けど阿部さんの高史さんが可愛いから満喫しましたヽ(*´▽)ノ♪

3

セレブでセクシー

原作未読です。
浜田さんメインのドラマCDって、あんまり記憶になかったのですけど、
いやぁ、実によかったです。
おっとりとしたお声が、ホントにBLの中のゴージャス&セクシーなセレブ感たっぷりで、台詞的にはギャグになりかねないような甘い言葉も、本気でサラサラ言っているように聞こえます。
阿部さんも、なんとなくイメージ的にカワイイ系、ショタ系の思いこみがあったのですがちゃんと大人の男の人で、お仕事モードの声はしっかりしつつも甘さがあって、それがエチシーンとなるとメロメロに乱れて、この振幅がなんとも絶妙にエロくて、実によかったです。

3

やっぱり一瀬は40代設定が良かったと再確認

……と言いつつも。
もう、これを聴き終えた後、神評価以外考えられない自分が居ました。

トップに君臨していると言っても過言ではないホテルの社長と、魔性な雰囲気をまとうバーテンダーの、夢のようなストーリー。
あの橋本あおいさんの甘い世界観を崩さずいてくれればイイなと願いながら聴いたこちら。

有名ホテル会社社長・一瀬を浜田賢二さんが、バーテンダー・高史を阿部敦さんが演じてらっしゃいます。

高史の声を聴いた時、
「甘くて少しクセのある感じがいい♪」
と、阿部さんのお声を聴いて思わず顔がほころびました。
若くて落ち着きのあるような、それでいて一瀬と居る時は素のつっけんどんな感じが可愛くて。
そして、致すシーンでは淫らな彼が、もうもう目の前に!?ってくらいの迫力すら感じました!

割とドラマCDを聴いていると、受け役の方に聴き入る事も多いのですが。
BLCDでは初めて聴いた、浜田賢二さん。
……。
いや、もう、……鼻血出るかと思いましたホント……!

何ですかあの「THE・一瀬」感は!
何ですかあの「セレブリティ」な雰囲気は!
何ですかあの「天然そう続きで計算高い」意味深な空気は!

もうどのシーンも全て浜田さんのおかげで一瀬と言うキャラクターがリアルに動いて居て。
高史に振り回されている感じも、高史にベタボレな感じも、高史を甘い蜜に溺れさせている感じも……全て全て期待値以上。
『こんなに一瀬と言う人を見事に演じてくれる人って考えられない!』
とすら思えました!

ただ。
原作のレビューでも個人的な感想として書かせて頂いたのですが、ドラマCDを聴いて改めて思った事、それは。
『一瀬は40代設定が良かった』。
これに尽きます。
原作を読んだだけでも、一瀬の貫録は凄いなぁと思っていたのに、ドラマCDを聴いたら尚の事そう思ってしまったのです。
というのも、浜田さんの大人な空気が、一瀬を更にアダルトな魅力倍増にしちゃっていた訳で。
いや、もう聴いているこちらとしては大変有難いお話なのですが……(笑)

そうは言いつつも。
何だかんだでやっぱり「神」以外は考えられない!
もっともっと浜田さんの作品が聴いてみたい!
甘くていやらしくて豪華な気分に酔える1枚かもしれません♪


((余談))
ジャケ写の一瀬さんは黒髪なんですね!
コミックスではロマンスグレーに見えたので尚更40代がイイと思っていましたが……
いや、でもやっぱり黒髪でも40代を推進したいです(笑)

9

一瀬さんが理想過ぎる!

CDがやっとこ届いたので、早速聞いてみました。

うひゃあああああ!一瀬さんの声が理想的過ぎる!
もうこの声でコミックスは脳内再生されると思います。
素晴らしい!
高史は矢張り、声が若いかなあ。高校生に聞こえるのです。
もう少し大人声だったら、神評価だったかも。
あ、でも原作も結構子供っぽかったからこれでいいのかも?

あと何よりも一瀬さんと秘書さんの掛け合いが素晴らしい!
漫画そのままで、聞いていてにやにやしてしまいました。
原作がお好きな方には、文句ないドラマCDだと思います。

2

上質な大人エロスを堪能♡

蜂谷さん演出のCDはほんとハズレがないですね。
原作に忠実で、主張が強すぎないBGMが流石の安定感。
そこにキャストの演技も加わって
最初から最後まで耳に心地よい、
大人っぽく上質なドラマCDに仕上がっています。

ただ、絡みのシーンの時間配分とか、上品すぎるSEとか
無難にまとまりすぎな感はあるかも?
原作ほど「うっはーーー!エロwww」
みたいな感動はありませんでしたが
ほどよく濃密に艶っぽくまとまっていました♪


■一瀬社長(浜田賢二さん)
文句なしに格好良い!ナイスキャスティングです。
冒頭の、耳に優しい低音のモノローグにうっとりします♡
高史の幼なじみと張り合って飲み比べするときの
「店はクローズだ!
 一日の売上など これからゆうに越えるだろうからな!」キリッ
結果、酔いつぶれてムニャムニャしながら
「ここ…電話…」 ←か、可愛い・・・

大人の男の格好良さと、ヘタレ可愛さが同居した一瀬社長を
ダンディにコミカルに演じて下さってました☆


■バーテン・高史(阿部敦さん)
文句なしに可愛い!
でも、もっと大人声&メリ続きハリある演技でもよかったかも?
クール美人かと思いきや、ツンデレで淫乱で結構庶民で~…と
ちょっとずつ明らかになるギャップが楽しいキャラなんですが、
阿部さんは基本ずっと可愛めなので、ちょっとインパクト弱いかも。
あの、ちるちる広告で有名なw 名台詞
「話はそれからだ!」とか、もうちょっとドス効かせてほしかったかもw

でも、絡みのシーンはすごくエロ可愛いし
たっちゃん(幼なじみ)に気を許している感じとか
可愛い高史のシーンはすごくよかったと思います♪


■秘書の福原(山中千尋さん)
一瀬社長に対する容赦ないツッコミが面白すぎて、
漫才のような会話シーンを何度もリピりたくなりますww
「あなたのような子を産む予定は
今後一切地球が滅んでもございません」(たまらない冷たさ!w)
「…は?」(高史との会話にて。この素っぽい驚き方が好きすぎるw)

山中さんは
つい最近「茅島氏の優雅な生活」で
儚げ美人役を聞いたばかりなんですが…同じ人とは思えなくてびっくり!
もっとメインで聴いてみたい声優さんですv


あと、CDをケースから外すと
カラーイラストで乳首をいじられてる高史が現れます!!
しかも「ン や… あン」なんてセリフ付き!!
ツルンとしたピンクの乳首に目が釘付けになりましたww
カラー自体は、雑誌で(原作の最終話です)見たことあるんですが
こういう不意打ちのエロ仕掛けは嬉しいですねw

3

ハマケンさんのお声に酔っちゃいますw

待ちわびていたCDが届いて、
聴ける時間になるまでだいぶもだもだしましたw
ジャケも美しいのですが、開けて驚いたのが
CDが収まる箇所の下にもイラストがあったんです!!!
コミックスでの“last shot”のカラーです!
(というより雑誌掲載時の、ですね。コミックスはモノクロですので…)
高史が両TKBを弄られて感じているのですが
ピンクで瑞々しくてエロい!!w
個人的にはもう少しベージュっぽくても良かったですがww

さてさて、CDは始まってすぐハマケンさん(一瀬さん)のモノローグからで
既にニヤニヤが止まらないんですよ!!!!
だってやっぱり色男ボイスなんですもの!!ぎー!!

そして、ちょっと気になっていた阿部さんの高史、
思っていたより高めではなく、美人っぽいです!!良かった…!!
(ここでホッとしてしまった私です…
すみません、きっと高いだろうと覚悟してしまっていたので;)

オワジヨンへ誘って美味しいワインを飲んでいる高史の
嬉しそうな様子がありありと伝わって、可愛いなと思いながら
そのすぐ後に「これに上等なセックスがあったらパー続きフェクトですね」のくだりから
急に阿部さんが艶めいてどきどき!!!!!
更にHシーンの、原作では「ここが好きなのかな?」が
CDでは「乳首が好きなのかな?」っておっしゃってて
は、ハマケンさんが乳首言ってる!!!!みたいなww
まだまだこれからだというのにテンションダダ上がり!!!
乳首をこするすりすりしたSEも細やかでした。ええ。
おねだりする阿部さん、可愛くて色っぽいなんてずるいわーww

コミックスで気に入ってしまった秘書の福原役・山中さん、
冷たく言い放ってそうだけど優しさが見え隠れして
やっぱり福原は受けだ!と思いましたw

高史の幼馴染、坂入役の樋口さん、いい意味でやんちゃっぽい感じで
阿部さんと相性良さげに聴こえました♪
タメ口きく阿部さんが敬語より幼くて、言葉遣いで全然違うなーなんて感心しました!
そこは幼馴染に向けてるのと分けて演じていらっしゃるんでしょうね!

ネクタイ掴んで「話はそれからだ!」が強めでクール!!!
さすがにリチャード・○アの固有名詞は出なくて
一瀬さんは“ハリウッド俳優”って言われてました☆

Track3のお風呂Hでは、もっとぱちゅぱちゅ音が欲しかった…!!
容赦なく突き上げてる感じなのに…(泣)
「…わざとやってるでしょう…」はもっと溜めて言ってほしかったし…うう…。
思ってたよりさらっとおっしゃってたなぁ、と…。
食べ物とお酒が美味しかったと事後まくしたてるところは可愛かったですけどね!

一瀬さんと坂入の飲み比べシーンが期待以上に楽しかった!
一瀬さんが大声はってたりして!!w
たっちゃんがゴキゲンな感じも素敵♪

迎えに来た福原と高史の会話の間がすんごく好き!!
福原「………は?」
高史「いや、だから恋人では…」
福原「……ない…?」
山中さんお上手―!!!
コミックスで感じた愛おしさがまんまで満足ですww

ラストトラックのHシーンはなかなかの濃厚さで
原作までとは言えないかもですが
(やっぱり原作の擬音がしっかり欲しかったので…)
お二人ともセクシーでしたよ!!!
あっまぁぁぁぁぁいハマケンさん!!!
感じ過ぎてわけわかんなくなる阿部さん、可愛いです!!
ここでもSEがくどいくらい欲しかった私は色々麻痺してるのかな…?w

全体的にBGMが大人っぽくて、しっとりしてるのに
コミカルな部分は適度なライトっぷりで非常に聴きやすかった!

個人的に、とにかくハマケンさんのバリ甘なセリフが
これでもかと聴けてうっとり!!
たぶん原作未読の方にもCDだけで楽しめるんじゃないかなー♪
もちろん、原作既読の方にはもっと楽しめると思いますが☆

少しでもいいから、キャストトーク聴きたかったです…(泣)
(ブックレットにはインタビューが少し載ってますが
あのお声で聴きたかったのですよ…)
と思ってましたら、シェリプラス・フユ号のふろくCDにあるらしいです☆
良かったぁぁぁ!!

ほぼ原作そのままで“大人の恋愛”が聴けたので嬉しかったです!!

……ちなみに、ハマケンさんが某バスケアニメでK吉を演じられていて
真っ最中ハマりまくりな私は
K吉に近いトーンで甘々なセリフが聴けて更に楽しませていただいたのでした!!w
(勿論、こちらの作品の方がアダルティ&セクシーですが!)
これ、興奮すんなよって方が無理ですわww

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ