キモチの行方

kimochi no yukue

キモチの行方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神11
  • 萌×21
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
13
得点
84
評価数
24件
平均
3.7 / 5
神率
45.8%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一水社(光彩書房)
シリーズ
光彩コミックス(コミック・光彩書房)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784877750633

あらすじ

啓治の身体のいくつかのボディピアスは秘密の契約の印。彼は、双子の兄弟、総と洋に飼われているのだった。でも、初めての友人深山の出現で、その秘密の関係のバランスが崩れ始めて…。

表題作キモチの行方

双子の兄弟 総と洋
啓治くん

評価・レビューする

レビュー投稿数13

痛すぎる愛の形

明治カナ子作品のなかで一番パンチ力のある一冊だと思います。愛はあるんだけどそれ以上に精神的・肉体的痛さが勝ち過ぎて愛が霞んでしまいます。明治さんの作品はすべて読んでいますが今のことろ私的ベストワンです。でも読む人を選ぶので積極的におススメし難い作品ですが、読んでもらいたい!これだけ大変な作品なのに一応ハッピーエンドなのでバッドエンドを疑っている方心配いりませんよ!出版されて何年もたっていますが続編出版の夢はまだまだ諦めていません。新装版ではなく新刊をよろしくお願いします。

0

衝撃的な作品


明治カナ子先生の世界が素晴らしいです。
狂気染みていて苦手な方もいらっしゃるでしょうが、私は大好きです。

乳首にピアスしていたり、亀頭にピアスを開けられるシーンがあります。
いきなり、挿入したり、薬や玩具でイキっぱなしにしたりと盛りだくさんです。

尿道責やフィストもあります。

亀頭の左右にリングピアスが付いてるんですが、穴に指を通して亀頭をグリグリするのには萌えました。

汁だくエロエロな物とは違う感じのエロさがあります。
キャラの感情とか、ずっしり来ます。
全体的に暗い印象です。
受は自分の気持ちを理解してるのか疑問なところです。
親友との関係もお礼のキス止まりなのが、少し残念です。
個人的には親友とくっついて欲しかったです。

とりあえず、神評価ですが神評価じゃ勿体ない作品です。

1

むずかしい

このわからなさは、なんだろう。

本当に捕らわれているのは、誰?

ってことを描いているんだとは思うのだけど、
多分、、、

単にSMが地雷とかいう訳じゃない、
それとは違う別の次元で、
この手の共依存?
みたいな、
歪んだ愛?
が、理解できない、のかなぁ、、
理解できないのは、作品のせいじゃぁない。
外の人にはわかりにくくても、この3人にとっては、これも愛なんだ、って事を描いているというのは伝わってくるんだけど、でも、その愛の形を、私が、受け入れられない。
そんな感じでしょうか。

本が古いだけに、修正薄めでエロ度は高いです。
ただしプレイがかなり痛そうなので、個人的にはかなり拒否感ありました。

2

痛い

3Pなのかなって思ってたけど、違いました。最初は啓治は嫌なのに無理矢理されてるのかなって思ってたけど、読んでいったら合意の上のHでした。そのHが痛いです。性器にピアス穴をあけられたり手を挿入されて出血したり、痛い場面が度々。でもアナルが裂けて血が出てるってことは切れ痔じゃないのって思ったりヒェ~って感じでした。啓治はそんな痛いことされながらも満更じゃない様子。SMは読んだことあるけどソフトSMだったので、痛い場面がでてくる度に「え~」「ヒェ~」って思いながら読んでました。

1

3Pというよりは、3人で秘密を共有という感じでした。

明治さんの著作が読みたくなって、読みあさってます。
あとがき読んで「ああ、これBLって言葉が出始めの頃か」と懐かしく思いました。
それまでは、耽美やら、JUNEやらでしたよね。
いい言葉が出来たと思います。
耽美は好きですが、自分が好きな男同士のお話は耽美じゃない事が多いので。

双子に飼われた主人公のお話。
3Pは基本苦手ですが、思い入れが強いのがオネエ言葉の方だったので普通に読めました。3Pというよりは、3人で秘密を共有という感じの方が近いかも。
そこに主人公に初めての友人が出来て、その子は主人公に気がある………此処で終わりって!?
え?これからじゃないの?
何も決着ついてないんじゃ?
とてもこの先が読みたいので話は好きなんだと思います。あまりに物足りないので、評価は低めで。
同じような3Pものを読んだのですが、それは登場人物の想いが理解出来なくて全く受け入れられなかったのですが、これは何を考えているか分かったかといわれると微妙ですが、気持ちのベクトルは分かるのでそこまでなんかいな話ではない気がします。
友人と何かあって欲しいような、このままでいて欲しいよ続きうな、何となく先がはっきりするのも嫌なので、この話は此処で終わりが正解なのかもしれません。

1

とても味わい深い読み込む楽しさ

かなりハードなSMで、痛いシーンも多いのだけれど、お話の軸はどこまで行っても気持ちだったので、最後まで読めました。
正直、ここまでのHシーンはいらないなぁと思うくらい多かったのですが、このカップルの関係性を描くには必要だったと思います。
とても特殊な関係性は、紹介文を読むだけでもわかります。そこからどう収束させていくのか楽しみにしていましたら、納得のいくラストに続いていました。
最初は、あまりに痛いことをしているので、ケージ君の気持ちがさっぱりわからなかったのです。それで読み返していくうちに、わかってきました。

ほかの作品も含め、面白い表現の仕方をする作家さんだなぁと思います。ざらざらした耽美。少し川原由美子さんを思い出します。

表面上、性的描写が多いのですが、絵本やおとぎ話をほうふつとさせるのは、総のオネエ言葉がどことなく古びて魔女を思わせるからでしょうか。総というキャラクターは、オネエ言葉や職業に隠れてあまり男っぽさが見えないのだけれど、ふとした時の表情や体がとても男らしい。攻めですし。そんなとても男らしい総が使うオネエ言葉が、とても色っぽかったです。雲田晴子さん続きの落語心中なんかで感じる色っぽさ、艶っぽさと同じものを感じました。
どちらも好きです。こちらの方がより乾いていて、男っぽいかな。

こんな風にオネエ言葉ひとつをとってみても、そこを掘り下げて味わうことができるし、SMについて、大恋愛について、受けの子について、深山についてなど、様々な側面から見て楽しむことができる作品だと思います。

本当に味わい深い良い作品でした。

4

本編だけじゃ双子のキモチはわからない

表紙で損してるな~。なんでケバピンクのタイトルなんだろう・・・。
過去話と、この作品の後日談も収められている同人誌『mix』を、入手していたのですが、それを先に読んでいたため、アホな私にはすんなり内容が理解できたんじゃないかなと思います。

啓治の身体のいくつかのボディピアスは秘密の契約の印。彼は、双子の兄弟、総と洋に飼われているのだった。でも、初めての友人深山の出現で、その秘密の関係のバランスが崩れ初めて・・・。
と、裏表紙にあらすじがありますが、いやもうこってりSMでした。
でもソフトなほうなの?どうなんでしょうか。
明治さんのほのぼのした絵のタッチに騙されそうになりますが、かなりな感じです。
他の兄弟とは隔てた教育を啓治に施す父親にしろ、執着して束縛する双子の総にしろ、そうさせているのは啓治なんですよねえ。本人まるで自覚ないけど。

隣人の深山も、もし深い関係になったとしたら、やっぱり総と同じことをしてしまうんだろうなあという確信めいたものを感じました。
それがまだ深山に芽生えていないから、啓治も深山の元ではリラックスできるんでしょうし。

『mix』では続き総のキモチが描かれてあるのですが、啓治依存症と言ってもいいほどの不安定さを、玄関に飾る薔薇の花だけで表現されてあり、やっぱし明治さんってすごいわ~と、ひたすら尊敬してしまいました。
いつか同人誌も収録された新装版を出していただきたいです。

3

怖いもの見たさ

読んでしまいました。明治カナ子「キモチの行方」。
「痛い」「えぐい」とあちこちで言われるので、ずっと気になっていて、とうとう怖いもの見たさで古本を入手して読んでみました。

いや、痛いとは聞いていたけど……
マジ痛----------い;;;;;;;
乳首やペニスにピアス……ペニスに新しく穴あけるシーンもあり……寿命縮まります。
ってかフィスト! シーツに血!! 痛ぁぁあああーーーぃ!!!
やばい。
休憩をはさみながらでないと読みきれませんでした。

で、あとがき。
「イヤー恐しい本です」とあり、「やっぱり作者もそう思うんだ?!」と思ったら、ところがどっこい、恐ろしい理由というのは「毎回絵がちがう」から (^▽^) えぇー
つづく言葉が「ヌルいのようーー!!」とは……あれだけ激しくSMしといてヌルいの? あたしゃ、おったまげたよ。この作品が載っていたというSMボーイズアンソロジー「絶対麗奴」は、きっと想像を超えた代物にちがいない。世界は広かった!

心臓の弱い人が読むとキケンかもしれないと思って中立評価です。夜うなされちゃうかも?!
でもね。
たしかに痛続きいシーンがあって目をそむけたくなるんですが、それでもわたしは作品のもつ重力、濃厚な味わいに拍手を送りたい。痛いシーンを見るのは怖いから、わたしの場合は休憩をいれないと読めなかったわけですが、そんなに怖いならよせばいいのに、なぜか「また読みたい」って思ってしまうんです。こうなると、ただの怖いもの見たさではありません。不快な怖さではなくて爽快な怖さといったらいいのかな、心をつかんで離さず、どんどん引き寄せる重力のようなものがある。

つらい思いをしながらでも、読み終えると心にずっしり響いてきます。タイトルの「キモチの行方」ってそういうことなのか、と。いっそ清々しいですね。読ませる作品です。あっぱれ!

総(オネエ言葉)が啓治くんに執着する様子がなんだか……うまく言葉にできません。いまだ反芻中。

かめばかむほど味が出るようなホントに奥の深い作品なので、たとえ寿命が縮んでも(笑)、読んでみてほしいです。

3

青年よ、その道を選んだのなら精進しなさい

双子に飼育される青年と、その友人。
いつも痛い系の明治作品ですが、最初はモヤモヤしたものをぬぐいきれません。

イジメを助ける代償に彼らに性奴隷にされる啓冶。
自ら進んで選んだ道ですが、それが居心地のよいものとなっているのでしょう。
どんなプレイを強要されても、「嫌」と言いながらも進んで受け入れて、期待さえしている。
始めは双子2人との3Pでしたが、片われ聡のほうの執着が強く彼との1対1の関係になってゆきます。
そして、ひきこもりに近い啓治に初めてできた友達深山。
彼からは安らぎを得ているはずなのですが、それが恋なのかどうなのか?
余り深山は登場しません。
双子の片われ聡はその深山の存在に嫉妬しながら、啓治を調教しながら、啓治の心の成長を願っている風さえ感じられます。
果たして、啓治は依存なのか?
深山にキスされても、友達としか思えていない啓治。
「もっと奥までいらっしゃい、あと何年かかってもいいから」という聡
「恋人って立場も重要だけど、初めての友達というのもそれはそれで」という深山。
深山のスタンスはわかるにしても、聡も飼育・依存という部分を抜け出たい続きと思っているのか?そして啓治は聡に愛と錯覚した依存以外の感情をきちんと持ちえているのか。
その辺りがモヤモヤの原因です。
スルっと読んでしまえば「そうなのか~」で終われる話なのですが、ついつい考え込んでしまう話。
これは、何度も読み返して、きっとそのたびに違う視点が現れてきそうなそんな一冊でした。

3

SM

短編集だと思ったらずっと1つの話でした。
初めは双子攻めで3Pだったんですが、だんだん双子の片方との話になります。
攻めは見た目は普通ですがオネェ言葉です。
双子の片方は普通なのにもう片方はオネェ言葉。
オネェ言葉はちょっと正直萎えました;

エチシーンがかなりハードというかSMに近いです。
薬盛ったり、道具使ったり、ちょっと痛いシーンもありました。
エチだけ読むとちょっと怖いです。攻めがすごい受けに執着してます。
でも受けも嫌がるわりには攻めを嫌わないし、そう考えるとやっぱこの2人は本当にSとMなのかもしれませんねw
受けの体が心配です。

しかし友達の深山にも幸せになってほしいですw

0

たったそれだけが嬉しいんです。

表紙で3Pものかしら・・・と敬遠されている方に朗報です。
このお話はちらっと3Pですがきちんと総さんと啓二くん、二人の物語に仕上がります。
最初のころの3Pのシーンも3Pっていうよりも受けが二人に可愛がられてるって
感じなので一夫一夫主義の方にも受け入れてもらえるんじゃないかな?

各所で出てくるフィストだったりピアッシングだったりのSMシーンは見てる方は痛いですが
されてる啓二くんのキモチよさそうな顔(笑)
嫌がってるポーズの啓二くんの望みをしっかり叶えてあげるあたり総さんほどの
尽くし攻めはいないんじゃないかと。

当て馬くんの存在が最初読んだ時は邪魔だ・・・と思いましたが再読するたびに
彼がいなければ最後の玄関のシーンはなかったんじゃないかなあ、と思わせるあたり
明治さんやっぱりうまいなあ。
人の気持ちに鈍感で世離れしてる啓二くんが一歩だけ前に進む。
それをゆっくり見守ってそばで育てていきたいと総さんは笑う。
たったあれだけのことが嬉しいんです。いまはあれだけでいいんです。
ラストの玄関のシーンを見たとき、泣いてしまう人は
きっと明治先生の作品向続ききの人だと思います。
もちろんわたしは泣きました(笑)

3

オススメ

一見、「どうかな・・」というキモチにならなくもないんですが、読んでみるとコユイです。
凄く好きな作品。

受の子が、ウリをさせられたり。
オネエ言葉の男にお仕置と称して強引に慣らさないまま犯されたり。
遺体部分もチラホラですが、それもまたなんか受子にとっては茶飯事とというか。
それが「なんでもないこと」になってる部分があるというか。
違和感が無いです。溶け込んでるのです。
ん~だから・・なんっていったらいいのかな。
プレイ自体は【酷い」と想う部分があるんですが、これがまた一つの作品として新党してるからそこまでとは想わないというか。

まとめると。
面白いですww←そんだけかよ
エロ度高メ。味のある作品にしあがっているのではないでしょうか

3

明治さんははっきりいうと絵が下手じゃないかなと思います。
でも、この作品は、そんなことは忘れてしまう複雑な読後感あふれる作品です。
ピアスされたり、お尻から血が出たり、うぅ…イタイ、イタイ。
でもそんなひどい仕打ちに健気に耐える啓治くん。
なんとなくSMの真髄というか、そういうものに惹かれる人の気持ちというのがわずかでもわかったような気になりました。
自分も啓治くんがひどいことされているのに、ちょっと楽しんでいたりしました。すみません。
これが気になるっているのは、自分の中に、明治さんと同じ感覚があるんだろうな。
ところで人間関係、啓治の友人と双子の兄弟のちょっとこじれそうなところで、なんとなく収まっちゃうみたいな…そっちのほうは、SMのほうが激しいだけに物足りないかも。
私の見方って、あまり主流派じゃないかもしれないけど。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ