残念な情熱

zannen na jounen

残念な情熱
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×24
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
35
評価数
15件
平均
2.7 / 5
神率
6.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784778115920

あらすじ

黒橡流の家元の息子でありながら箏を捨て会社員になった葵竜は、従叔父の太獅に連れ戻され演奏会に出るよう命じられる。だが葵竜が家を出たのは、そもそも太獅のためだった。幼い頃は優しかった「太獅兄」が突然冷たくなったのは、家元の座を渡したくないからだと気づいてしまったのだ。太獅の特訓を受けつつ逃げ出す機会を窺っていた葵竜だが、ある夜から、誰かに躯を弄ばれる淫夢を見るようになり……。

表題作残念な情熱

黒橡派の箏奏者で従叔父・黒橡太獅・32歳
箏曲の家元の息子・黒橡葵竜・24歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

かっこ悪い攻め

面白かったです。自分は攻めはカッコいいほうがいい!と思うタイプなのですが、この作品の攻めは非常にカッコ悪い。
それが、だんだん、どんどんカッコ悪くなっていくんです。
タイトルの「残念な」って、何が残念なんだろうと思ってましたが読んで納得。

攻めの太獅は最初は非常にかっこよくて、完璧に近く、正直少し怖いです。
主人公の葵竜はお箏の家元の跡継ぎですが、大好きな親戚の太獅と跡継ぎあらそいをするのが嫌で家を出ます。
しかし、資金がつきて家に無理やり連れ戻され、太獅の監視下に置かれます。


太獅は葵竜にとても冷たくて怖い。
葵竜はそれを跡継ぎあらそいのため、自分は嫌われていているから仕方ないと思っています。
しかしその展開が覆されるのはけっこう早い。
太獅は葵竜が大好きで大好きで可愛くて可愛くてしかたなく、物語半ばからなりふり構わず突撃してきます。

このへんから太獅のダメっぷりが果てしなく、本当に同じ人なのか、と思うほど。
こんなにイケメンで誰からも頼りにされている完璧に近い男が、自分のために床に転がって求愛してくる…
本当に情けない姿なんですが、私はきゅん続きときてしまいました。
葵竜はそんな太獅の思いに後半は胡座をかいている感じがしますが、しかし、ここに至るまでにいろんなヒドイめにあってきたからこれでプラマイ0かなあと思います。

できるなら今後のこの2人がどうお付き合いしていくのか見たい。
どんどん情けなく、かっこ悪く、変態的になっていくイケメンな攻めがインパクトのあるお話でした。
反対に、主人公の主張や気持ちがわかりにくく、優柔不断に感じたのは少し物足りない箇所だったかも、と思います。

0

あぁ、確かに残念…

家元の息子でありながら箏を捨てて就職した葵竜。
ところがうまく行かない社会人活動、業を煮やした父の元、連れ戻しに来たのは大好きだった従叔父の太獅だった。
家元に相応しいのは太獅の方だとずっと思ってきた葵竜。
幼い頃は自分を可愛がってくれたのに、急に冷たい態度をとられ、それはきっと自分を疎ましく思っているからだと、葵竜は家を出て行ったのでありました。

最初はストイックで大人な太獅と意地っ張りな葵竜との、すれ違いや太獅に対しての思いに徐々に引き込まれていたんです……が。
太獅のあまりの変わりぶりに、あれ、これってコメディかしら、と思ってしまうほど残念な彼でした(笑)

実は葵竜の事が大大大好きすぎて、いつか手を出してしまうのが怖すぎて避けていたという。
だけどたがが外れたらなかなかの執着っぷりを見せる太獅。

一方葵竜は、セクシャルな興奮を太獅の指に覚えて、それをたどって自慰までしているのに、いざコトに及ぶとそういう意味じゃない、と。
うーーん。指萌え?指萌えなの?

まぁ太獅の変態ぶりは嫌いじゃないので、もうそのまま突っ走ってくれたらいいと思います。笑

続き
しかし。
黒橡、これなかなか頭に入らなくて、あれ何て読むんだっけ、と気になって気になって。
くろつるばみ、くろつるばみ、くろつるばみ。
…舌噛むわっ!と思ったのはわたしだけでしょうか………。

0

人物像がブレすぎてつかめず。

家元の息子(受)x8歳年上の従弟(攻)。
出だしから気持ちがすれ違ってるんだなーとわかる展開で
意外性はまったくなし。
シリアスなのかコメディなのかもあやしい感じなまま話は
すすんでいき、家元争いとか才能の片鱗とかのせっかくの
設定も生かされないまま終わりました(はやっ)。
大好きなヘタレ攻設定なのにタイトルどおりの残念な一冊でした。



小さいころから無自覚に好きだったというわりには盛り
あがりに欠ける受の気持ちや、夢での出来事で済ませるには
無理があるだろうというおさわり事件、下手に動くと床が軋む
という離れなのに覗いていた場所からいそいで階下に降りる
ときには音さえもでないという矛盾…。
攻は攻でかわいがりたい、いじめたいという相反する気持ちが
極端すぎて人物像がはっきりせず、しかも中途半端にヘタレて
みたり強引だったりとスイッチが切り替わる瞬間がさっぱり
わかりません。
顔の傷はどうしてできたのか、三日もどうしていたのか、
父親は「不器用な人だから」の説明だけで息子にほぼ
関わらないのは不自然すぎないか、、、ちょこちょこと
腑に落ち続きないことがあっても説明はないまま、なのに
スピンオフ狙っているのかサブキャラの恋愛してます~って
いうどうでもいいネタを挟んでこられて集中が切れ、
読むのを一旦中止してしまいました。
どうせなら攻のタガが外れてずっとラブモードでいて
くれれば、あるいは諦観モードをつらぬいてくれれば
よかったのにと思います。

0

成程これは残念ww

今までの萌えを返してくれ!!
そう叫びたくなるほど前半と後半で
キャラや作品への印象がガラリと変わる作品でしたw

前半は、
伝統芸能(箏曲)のシビアな世界や
葵竜(受)が年上の従兄弟・太獅(攻)に箏曲の指導を受けつつ
募らせていく恋心、すれ違いの切なさ…など、
ややコミカルながらも美しく奥ゆかしい情緒があり、
あぁこの世界観好きだなー、純愛だなーーなんて
浸っていたのです。

なのに後半の展開が…w

口論になったことで誤解が解け、両想いと知った太獅は
葵竜を無理やりヤっちゃいます。
そう、前半までの、ストイックで格好良い、 
葵竜の憧れのお兄さんだった太獅は
葵竜への想いを自重する太獅が演じてきた仮の姿で、
本来の太獅は、
葵竜にローターを突っ込んだまま自分のを挿入したり、
葵竜を地下牢に閉じ込めエロいことして喜んでるような
ちょっとヤンデレ入った残念な人だったのでしたw

でも、根底にあるのは葵竜を可愛がりたいという
子供の頃からの一途な愛情で、
(エピローグの、太獅視点の話は
 暑苦しいほどの葵竜への愛に溢れていましたw)
続き
幻滅した葵竜に冷たくされて寂しそうな太獅には
(自業自得とはいえ)ちょっと同情してしまいますw


キャラのギャップが面白く、
箏曲の世界も雰囲気があって楽しめましたが、
展開には、もうひと捻りほしかった気も。

葵竜が、変態な太獅でもやっぱり好き…と思い直す経緯が
ちょっと決め手に欠けて、
起承転結の結が弱い感じがしました。
(”転”がインパクトありすぎたのかもw)

そもそも、自分だって太獅をオカズにしていたのに
恋じゃない!と言い張るのも無理あるし、
初エッチの後、いきなり尻に突っ込まれたことを怒るのは
普通の男子の反応っぽくて良いなと思ったけど
案外すぐほだされちゃうし…。

ツンデレとも天然とも常識人ともつかない、
ちょっと共感しづらいキャラかな~と思いました;
いっそ、葵竜も太獅にデレデレになって、
変態バカップルと化しました…くらい
振り切ったラストにしてくれた方が自分好みだったかもしれませんw

でも、ラストはなんだかんだラブラブ甘甘になっていて
可愛く微笑ましい二人でしたv

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ