秘虐の花嫁

higtaku no hanayome

秘虐の花嫁
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立3
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
4
得点
16
評価数
11件
平均
2.2 / 5
神率
9.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784344830592

あらすじ

若き皇帝ヴァシルは好奇心から周辺の小国・ヴァロス王国の第七王子アイシスを十二番目の妃に迎える。大国を治めるヴァシルと母が侍女であったため周囲から疎まれていたアイシス。境遇は全く違うものの孤独を抱え本質的には共鳴するところのあるふたりは無意識のうちに惹かれあうが、ヴァシルはアイシスを慰みもののように扱い淫虐の限りを尽くし!?

表題作秘虐の花嫁

ヴァシル,レティクリオン帝国の皇帝,27歳
アイシス,ヴァロス王国から嫁いだ第十二妃,18歳

その他の収録作品

  • 後日譚 猫と少佐と庭園で
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

…痛そう

いやぁ…清々しいほどのダークエロティック作品でした…。攻が受をここまで一方的に虐待する展開がある作品は初めて読みました。

前半がハードな陵辱シーンの連続なので、苦手な人は早々にリタイアしそう。受があまりにも痛そうで、読んでいて辛くなりました。あらすじに「無意識のうちに惹かれあう」とありますが、「本当に…?本当にヴァシルはアイシスに惹かれているの?」と不安になること数回。

すごく痛々しい展開があってもそれを凌駕するカタルシスが用意されていれば素直にハッピーエンドだと思えるのですが、この作品はちょっと物足りない気がしました。一難去ってまた一難、いつになったらアイシスに平穏が訪れるのかな…というかヴァシル、いい加減にしろよ…と。

プレイとしては「しゅみじゃない」ですが、アイシスが可愛く、少佐のキャラクターが結構好きだったので「中立」とします。

1

痛めつけるだけでは芸がない

基本的には、大人同士の場合、当人たちさえ納得ずくなら、どんな過激なプレイもNGではないと思ってます。ただそこにはやはり最低限守りたい一線はあって。受けと攻めの立場に極端な差のないことがひとつの前提になります。 
 本作のヴァシルとアイシスの場合、形の上では夫婦ですが、大国の皇帝と、彼が気まぐれで見染めて第12妃とした弱小国の王子ということで力関係は圧倒的。しかもアイシスは母の身分が低かったため生国にも居場所がない。婚家を追い出されたところで帰るあてすらない不遇の身。たとえSMプレイがエスカレートした挙げ句に命を落とす羽目になっても、どこからも苦情は出ない。そもそも国内外を含めて最高権力者であるヴァシルにたてつける者などいやしない。攻めが受けの生殺与奪の権利を握った状態で、一方的に受けに凌辱の限りを尽くすというのでは、あまりにも救いのない話になってしまう。受けにとっても、読み手にとっても。

 特に、12人の妃のうちアイシス1人が男で妊娠の心配がないからと、有象無象の男どもに投げ与えて嬲り者にし、それを高みの見物するという行為は、ある意味せっかくのBLの特性を踏みにじるようなもの続きではないかと。痛めつけるにしても自分の手を汚すのが最低の仁義ってもんだろ、と思うので。

 一方の受けのアイシス。どんなに虐げられても、ヴァシルを憎んだり、恨んだりしない。「愛されなくても愛することはできる」と信じている。そうすることが困難の多い自分の人生で、唯一自分をまもるすべのように。とてもけなげでいじらしいのだけれど、その美徳が本作の場合は裏目というか、相手を増長させ、苦痛を長引かせるもとだったようにも思える。
 かのBLの巨匠山藍紫姫子さんが昔「アレキサンドライト」の後書きでこんな感じのこと言ってました。「ものすごく酷いことをしたあとでやさしくすると、相手はついほだされてしまう。それはまさにヤクザのこましの手口そのもの」だと。でも本作のアイシスは、ひどくされてもやさしくされても一定の気持ちで相手を想っている。こういう振れ幅の少なさは、読み応えという点でやや物足りない。やっぱり、前半鬼畜の凌辱系、後半一転してあまあまになる話の場合、受けには地獄から天国へ一気に浮上する歓喜を、そして攻めには相応の報いとしての苦悩と葛藤を存分に味わわせてやってほしい。それでこそ、読み手もカタルシスを堪能できるというもの。

4

徹底的な被虐でSMとは違う痛さ

凄すぎですね先生と言いたいくらい徹底的に受けのアイシスを虐め尽くしてます。
これは被虐系で健気な受けをドS鬼畜攻めが肉体的にとことん虐める作品が
意外に好きなのという人にはオススメなのでしょう。

個人的に言うならば私は受けに対して自分では抱かないで他人に抱かせて
それも複数人数で毎日被虐という内容には食指が動きませんのでダメでした。
そのへんの美姫よりも美しい小国の王子を12番目の妃にしてその美しさに
一目惚れしているのに、大国の王だというプライドが強すぎて執着しているのに
それすら認められないで嫉妬心も認めない。
見方によっては意地っ張りな子供みたいな王のヴァシルなのですが、
そこまで酷いことをされていても、アイシスは恨み言一つ抱かない。
これは無自覚の健気M受けさんですね。

もっともアイシスは生まれ育った国でも虐げられていたのでそこから連れ出してくれた
ヴァシルには感謝していて、こちらももの好きにもヴァシルが好きみたいです。
相愛なのに素直に愛を語れず被虐三昧、でもヴァシルの従兄弟がアイシスに
本気の恋心を抱いていると知った頃から他人には抱かせな続きくなりますが
手ひどい抱き方には違いなく、どこまでもエロエロなのです。

頑なまでのアイシスへの思いを認めようとしなかったヴァシルですが、
次第にアイシスへの思いを認めるようになりますが、そこでハッピーにはならない。
王はアイシスに出会うまでかなり淡白で他にいる妃にも子供が出来るまで義務的に
回っていたに過ぎず、アイシスとの出会いが初めての本気の恋なのかもと思えます。

でもヴァシルがアイシスへの気持ちを自覚してしまったことで他の妃が妬みから
アイシスへ牙をむく、攻めの因果応報が受けにとばっちりパターンなのです。
しつこいくらいの被虐で痛いけど、ネトラレがツボなんて人にはオススメかな。

3

ちょっとやりすぎかな。

好きなテイストでお話を書きたくなるのは解りますし、
でもってこの方の傾向として強気で傲慢な攻めがお好きなのは判りますし、
私自身もそういうのが嫌いって訳ではないですが、何事も匙加減が大事なのでは。
過ぎたるは及ばざるが如しな一冊でした。限りなくしゅみじゃないに近い中立です。

アイシスを興味本位で娶ったヴァシルは決まりに則って初夜のみは済ませるのですが、
元々同性愛者ではないため、アイシスに対し特に愛情がある訳ではない。
そのためそれ以降は家臣や使用人等、実に様々な男達にアイシスを抱かせて
自分は眉一つ動かさずにそれを眺めるだけという仕打ちをするのですが、
その抱かせ方がもう酷い。何と言うか、個人的には生理的に駄目でした。
せめてきちんとした寝室で、暴力的や荒くれ者でない者に任せるとかして欲しい。
その他にも、身体的な痛みや苦痛を与える行為が多過ぎるので、
怨讐が絡んだ関係性でもないのにちょっと不釣り合いでは?と思います。
遠野さんは好きな作家さんなのですが、度を越した虐待は読んでいて苦痛です。
この方は「自分の気持ちに気づいていないから」という設定を大義名続き分に
受けに対して酷い事をしたり見せつけたりするような攻めをよく書かれますが、
そのアプローチ方法もそろそろ幼稚っぽいと言うか、使い古しに映ります。
後から攻めの気持ちの中に愛情がわいてくることになる、
その前振りと言われればそれまでですが、そういう方法をとる必要があるかな、
と疑問に思うことが度々あります(『桔梗庵の花盗人と貴族』とかね。あれも酷い)。
それと、個人的に納得出来なかったのはヴァシルの気持ちのあまりの鈍感さ。
後半、そして最後はアイシスに対して心からの愛情を抱くようになり、
めでたしめでたしと言いたいところなのですが、自己批判が無さすぎる。
普通、過去に自分が愛する人にした仕打ちを省みて自問したりしませんかね?
しかもこの人の場合、人権を踏みにじるような酷い行為ばかりだったから、
本来なら正気でいられないほど動揺するはずなんですけど、そんな様子もほとんど無い。
皇帝って設定だから仕方ないのかな?でも物語としては説得力に大きなマイナスです。
酷い行為を描写するのは構わないのですが、物語の中でのその必要性、
させている側の心情の変化、そして目が覚めた後の内省まできちんと書いてくれないと
読み手としても納得がいきませんし、釈然としないです。
まぁ、愛情を自覚してからのヴァシルは可愛いと言えなくもなかったので、
これからの月日でアイシスに十分なつぐないをして欲しいものです。

人物関係は率直に言って源氏物語の『桐壺』と『若菜』のパッチワークです。
読みながらそのイメージが頭から離れませんでした。
桐壺:桐壺帝=ヴァシル、桐壺更衣=アイシス、弘徽殿女御=ヴァシルの正妃である皇妃
若菜:光源氏=ヴァシル、女三宮=アイシス、柏木=攻めの従弟・オレスト
攻めは桐壺帝や源氏のような性質ではないため感情面ではそっくりではないですが、
人物の関係性だけで言えばこの構図に限りなく似ています。
あ、でも皇妃は弘徽殿女御みたいな意地の悪さでした、まさに。
最初は好奇心だったオレストは次第にアイシスを本気で望むようになり、
行為は完遂出来たような未遂だったような、そんな感じです。
(オレストは単なる当て馬ポジションというだけではなく、
ヴァシルにアイシスへの想いを自覚させた重要人物と言って良いかも。)
この物語の唯一の救いは虐待されながらもアイシスはヴァシルを慕っているという点、
それだけかな。オレストの方がよほどいい男だったと思うのですが、
なぜか受けはそういう当て馬を選びはしないんですよね、やれやれ…。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ