臆病な大人の口説き方

okubyou na otona no kudokikata

臆病な大人の口説き方
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神9
  • 萌×25
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない10

--

レビュー数
6
得点
75
評価数
28件
平均
3.1 / 5
神率
32.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784344830585

あらすじ

海外営業部のマスコット系社員・日高が唯一苦手なのが、無愛想で厳しい年上の技術者・長月。しかし海外出張先で共同生活を送ることになった彼は、日本での態度が嘘のように面倒見がいい。さらには優しいキスや抱擁を与えられ、戸惑いながらも惹かれていく日高だったが、長月に想いを寄せる現地通訳・ボリスの画策で、彼から距離を置かれて……!?

表題作臆病な大人の口説き方

同じ会社の技師長・長月・37歳
地図コンサルタント会社海外営業部員・日高圭二・27

その他の収録作品

  • クロノグラフと万年筆
  • あとがき
  • おまけ

評価・レビューする

レビュー投稿数6

私も攻めが理解できないー

お仕事もの。今まで知らなかった職種だったので、そこは評価高!
そりゃ脚色色々あるだろうけど、でも面白かった!

ただ攻めの気持ちがなかなか理解できず、評価↓。
キルギス行く前から、人格破綻してんじゃん!というしかない根性悪なところが、今ひとつピンとこず。
会社なんて人間関係が八割だと私は思うわけ。
だから何にもしてないのに、あの嫌味な態度は理解に苦しむ…
まあ最後は癒されて、かなり人間ぽくなったようで一安心。

そもそも買ったのは、花小蒔先生の挿絵が見たかったから。
おまけに出てたサブキャラの方のお話を楽しみにしよっと。

3

どうしても攻めが理解できなかった

10歳差の歳の差ラブストーリー。
どうしてもどうしても読んでいて楽しい気分になれず、攻めの恋愛感も受けの一途さも納得がいきませんでした。
ここまでもやもやして納得がいかず、読んでいて辛い気分になった本は久々です。
読んでいてずっと攻めの長月の性格の酷さが腹ただしくて悔しくて読んでいて辛かった。

攻めの長月の性格がかなり悪いのですが、わざとそうしてる、という設定です。

海外営業の日高は海外出張中、紛争に巻き込まれ日本に帰れなくなってしまったところを、現地に派遣されている社員の長月のもとで世話になります。
長月は性格がきつくて社内でも有名で、日高も嫌な気分になったことが何度もあり苦手としていた人ですが、久々に海外で会う長月は別人のようなよい人に…

そんな長月を日高は尊敬し、慕うようになり、長月とキスを交わす中になります。

キスが重要なとなる作品で、それ以上の行為よりもむしろキスシーンがよいです。
「またキスしてくれないかな」とか、「どうしたらキスしてくれるかな」と毎日考えるようになる日高は可愛いです。
しかし二人の仲を怪しまれてからは長月はよそよそしくな続きり、日高はやりきれない思いを抱え長月に必死になったまま日本に帰国します。

ここから先はかなりネタバレになりますが…
日本に帰って再会した長月はもとのひどい性格に戻っているのですが、長月を好きなままの日高に対し、長月がする酷い行為の数々がもうどうしても受け入れられませんでした。

日高に対する仕事上での意地悪、馬鹿よばわり、完全無視、あげくは暴力…。

長月は同性愛者ということで辛い目にあってきた過去があり、「何も知らない日高は自分の過去を見ているようでイライラする」と何度も言います。
何にせよ、私情がからんで仕事上の人間関係が円滑まわせていないという部分が(それが理由で誰かを傷つけまくる性格になっているということは)果たして40も近い大人のとしてどうなのか。
昔自分が傷ついたからといって、あなたは誰かを攻撃し、傷つける権利はあるのか?と問いたくなります。大人気ない、なんて台詞では片付かず、一個人として嫌な人間としか思えませんでした。

もう自分が傷つきたくない、相手も傷つかせたくないという理由からくる酷い行為の数々は臆病というよりは弱虫で身勝手で卑怯に思えました。全く、一つも、日高がこの人のどこがいいのかわからず…。

この酷い行為の数々は日高を自分から離したいというよりは、読んでいて、自分がもう何にも関わりたくないというようにどうしても捉えてしまいました。
「お前は馬鹿だ」とか「いらいらする」とか暴言や意地悪、無視はまだしも、暴力は許せなかった。
自分の過去の臆病さからくる暴力なんて…。それなら最初から日高にキスなんてするべきじゃなかったです。
手を出してきたのは長月のほうなのに??その矛盾が一切説明されておらず…

長月のしていることはただの意地悪です。どんなに理由をならべたてても、これは意地悪であり嫌がらせだと感じました。
たとえ同性愛という道に日高を引きずりこみたくないという理由があっても、日高を傷つけて詰り、馬鹿呼ばわりして暴言を吐くことを肯定できませんでした。日高が何故怒らずに長月を追いつづけるのかも全く理解できませんでした。

最後に、日高が、絶対ばれないようにするからもう一度恋に踏み弾してほしいと説得されて、ここまで日高が後押ししないとダメなのか、というのも、ちょっともやもや。
果たしてそこまでして見守りたい恋には思えません。やはり私には長月がそこまで魅力的に書かれていないと思ってしまったからだと思います。

なので結果的に日高の必死の健気さも納得できないままでした。日高というキャラは前向きで健気で努力家でとても好きです。

お仕事ものとしては下調べをとてもしているなぁと感じたことと、舞台が2005年前後のキルギスということで、BLとしては仕事内容も珍しく感心しました。

否定的なことばかり書いて申し訳ないですが、私にとっては好みじゃない作品でした。

6

好みの一冊だった!

月東さん初読み……と思ったら、嘘でした。
ちょっと面白いと思ったアラブ物
「砂宮夜話~王子は御曹司に愛される~」を読んでいました。
そして本作、すごく面白かった!


いきなり舞台はキルギス。
(作者さん、何かあっち方面に縁がある方なのかな?)
しかも業種は地図コンサルタントという、興味をそそられる分野。

この馴染みの薄い土地での
これまた馴染みの薄い分野の仕事振りが、なんとも面白く興味深い。
それと恋愛との塩梅も、リアリティがあって、
仕事はできるのに恋愛では臆病な攻めや
振り回されたり悩んだりする受けの人間味が心に響く。

後日談のSSはとても甘い。
本編が一筋縄ではいかなかっただけに、この甘さはとても満たされる。


仕事ぶりも描写も読み応えがあり、
攻めは厄介な性格とも言えるが、絵空事じゃあない感じがあって
恋愛面でのヘタレぶりも含めて、大人の恋愛譚として
読み応えと心動かされるものがある一冊だった。
受けの男らしさや可愛らしさもよくて、
個人的にはかなりキュンとしながら読んだ。

この臆病というかある種ずるいと言える攻め続きを好きかどうかで
評価は分かれそうな気がするが、
それが大丈夫そうならば、お仕事BLとしても読み応えがあって
オススメの一作です。

6

耐えられません…!

日本ではとことん冷たくあたられて苦手意識を持っていた上司が、外国で仕事が一緒になった途端めちゃくちゃ愛想よく優しくなってあれれ…?っていう話 な ん で す け ど!!!

他の方も書いていらっしゃるように、この本は攻めが自分にハマるかどうかがかなり重要な鍵です。
というかこの本に限らずBLって、カップリングとかキャラクターが自分の好みでなければ読むのがかなり苦痛ですよね…。

今回の主人公、日高は明るくて素直で裏表のない、社内のマスコット的な存在。
私としては主人公として非常に好感が持てました。

ところが攻めです…!
ほんと、これは好みの問題でしかないのかもしれないですがとりあえず話し方がダメでした。笑

「〜なのかな?」
「〜かい?」

こういう話し方は攻め的には私個人的にはNG!

さらに一人称が「僕」なのもほんとダメでした…

さらにさらに、日本での態度がまじで酷いんです。
私M属性は無いので愛の感じられないタダのイビリみたいなのは本気で腹が立っちゃいますwww
海外でいくら優しくしてこようと、その意図も分からないし日本での態度が許され続きるわけもなく……

でも日高はそのギャップと海外での優しさや頼りになるところにころっといっちゃうんですよね、、、

私の心を置き去りにして(笑)、日高はどんどん攻めに惹かれてっちゃうのでなんかもうついていけない…という感じ。
私はまだ攻めの所業を許せてないんですけど!
とひとりイライラしっぱなしでした。

更に攻めのことが好きな現地人の策略もあって、あっさり手のひらを返すように態度が硬化する攻め。

あんっっなに自分から手を出してきたのになんだったんだ…?
過去に傷があるのか知らないけどだったら最初から手を出すな!!!!
振り回されすぎてイライラしすぎてストレスでしかなかったです…………
自分から手を出しておきながら何かというと子供だから子供だから、って遠ざけてくるところもイライラ。

しかもしかも(まだある)、
攻めがなんっっっか受けくさいんですよねえ……

外見や喋り方、それから過去の恋愛相手、精神のあまりの脆さのせいでしょうか………

私リバだけはほんと無理なので、攻めが過去に受け経験があったりするともう地雷なんです。

もし!
そんな地雷のない方で、
社会的地位は下だし10個も年下の受けが実は精神的にめっちゃ強くて、
仕事ができて大人な攻めを全て受け入れる
っていうシチュに萌えを感じる方なら!

このお話を楽しめるかとおもいます。

ただしこの本の8割、主人公は攻めから可哀想な目にあわされる。
しかもそれに対するフォローは一切なく、全てを受け容れられる器がないといけない。

それだけは、肝に銘じてお読みください………

8

理想のお仕事BL!

こういうお仕事BL作品を待っていた!気がします。

地図コンサルタント会社の海外営業・日高(受)は仕事でキルギスへ。
日本では気難しく怖い上司・長月(攻)だが、海外では別人のようにフレンドリー。
不可解に思いつつも、長月との海外生活や仕事は楽しい。
自然と惹かれ合い、キスや抱擁をする仲になるが…。

地図コンサルという業界の仕事の奥深さ、
海外で現地スタッフと働く楽しさや苦労、
日本のリーマン社会で男同士で付き合うことの大変さ…。
非常にリアリティがあり読み応え抜群です!!
共産主義の面影の残るキルギス(05年当時)の風景や、たくましく温かい現地の人々もいい味出してて、ちょっとした脳内旅行に浸ることができますv


長月(攻)の過去。
ゲイだとバレ、恋人(上司)は左遷、自分も会社を転々とする。
その上、逆恨みした恋人から嫌がらせを受け…。
そのトラウマがあるから、無邪気に慕ってくる日高に過去の自分が重なり、日高のためにも帰国後はわざと冷たくして離れようとする。
また技師としても、有能なのに予算の都合で海外のやりがいある仕事を任せられることが少なく、公続き私ともに燻っている…。
きっと根は優しいのに、過去に傷つきすぎたため
自分の殻にこもってしまった寂しい大人という感じです。

そんな長月に必死に食い下がり、
ありったけの優しさで包む日高(受)がとても良いキャラ。
営業の仕事にすごく誇りをもっていて、それでいて
長月に教わり技師の仕事を勉強する熱心さもある。
長月にやりがいのある仕事をやってほしいから、
自分が営業として案件を作ると異動を断るシーンには、
日高のプライドと長月への熱い想いが感じられ感動しました。


お仕事BLは、ともすると仕事描写の比重が大きすぎて
ラブ部分が物足りないな~と感じることもありますが、
本書の場合は、仕事を頑張る延長線上&原動力に
相手への深い愛情があり、働く男同士の恋愛ドラマとして
最高に面白かったです!

途中、長月さんの冷淡すぎる態度にはイラッとしましたがw
(日高が可哀想すぎて;)
恋人になってからの甘い関係はとても良かったです。
長月さんの、日高を抱くときの泣きそうな顔、
その後のすごく幸せそうな顔…この変化にじーーーんとキました。

巻末SSに登場する、同じ会社の二人も恋人同士だとか。
若い頃から長月を知っている甲斐室長(攻)も
どんな人生送ってきたのか気になる含蓄ある大人で、
星野(受)との馴れ初めが非常に読みたい!
こちらもいつか本になると良いなと思いますv

6

攻めが酷いですが…

リーマンもので、お仕事のお話がとてもしっかりしていて(わからない言葉もありましたが)すごくよかったです。

題名通り、攻めが過去の恋愛からとても臆病になっていて受けをとことん拒否します。だったら手を出すな!とイラっとしましたが、そこは攻めの長月さんがそんだけ受けを好きだったとのことみたいな。
受けの日高くんは仕事も恋愛もまっすぐですごくイイキャラでした。

海外出張中に恋愛関係になり、帰国後攻めは受けをバッサリ拒否します。
それは攻めが過去の職場で同性同士の恋愛がバレて転職を余儀なくされ人生が変わり相手からも恨まれたりしたせい。
攻めはそんな自分のように受けにはなってほしくないからこそ冷酷に突き放す。
しかもすごい突き放しっぷりです。仕事に絡ませて言葉責めで酷い!!です。
それでも、受けは健気に粘り縋って、攻めの心を開かせ両想いになります。
そんな受けの姿が切なくて辛かった(> <)。
そんな酷い攻めですが、過去の恋愛で受けた傷については、誹謗中傷はなかなか消えないというところで結構リアリティを感じました。
そう考えると、攻めの仕事できるのに、人間的には弱さもあ続きるっていう、キャラにまあまあ納得できた、かな。
なので、この本はこの攻めに納得出来るかどうかが、ポイントだと思います。

もとは同人誌作品のようです。
脇役(甲斐さん)のお話が先だったとのこと。
おまけの書き下ろし、すごくイイです。
続編なり関連作が出ることを期待します。

ワタシ的にタイトルとイラスト、お話とがマッチした作品でした。
なかなかこの3つが揃うもの難しいと思います。
なので、≪神≫です(^ ^)。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ