真白のはつ恋 子狐、嫁に行く

mashiro no hatsukoi kogitsune yome ni iku

真白のはつ恋 子狐、嫁に行く
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神2
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
2
得点
27
評価数
12件
平均
2.8 / 5
神率
16.7%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784344830653

あらすじ

小説家の近衛はしばらくある村で過ごすことに。そこで世話をしてくれる真白は冷たくされても近衛に懸命に尽くすが!?ケモミミラブ。

表題作真白のはつ恋 子狐、嫁に行く

近衛一成 真白の名付け親・ミステリー小説家
真白 人間に変化できる子狐(18)

その他の収録作品

  • 子狐の新婚生活
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

大人に振り回される子狐ちゃん

秋山先生のケモ耳ですね、好きな作家さんのケモ耳だから楽しみにしていました。
そして読んだ感想はと言えば、普通に面白かったですね。
ただ、欲を言えばもう少し子狐真白ちゃんとお相手の近衛さんとの心の交流が
濃密だったらもっと嬉しかったかもと感じます。

両親亡き後の親戚や様々な人間に対してある種の猜疑心がトラウマのようにある近衛、
信じていた人に裏切られることがかなり根強く心に巣食っているみたいで、
中学時代に同級生に誘われるままに、過疎の進んだ村に人との付き合いでストレスが
溜まっていた近衛がやって来て、その面倒を見ることになるのが真白ちゃん。

近衛の中学時代からの友人で村の出身で医師でもある葛城が弟のように面倒を見ている
真白ちゃんは、葛城に頼まれ近衛のお世話をするのですが、人間きらいのある近衛は
真白ちゃんへの態度が初対面からかなり冷たいと言うか無関心。
でも真白ちゃんは始めて会った時から何故かドキドキ。

近衛と真白ちゃんは次第に心を通わせるようになるけれど、真白ちゃんの本当の姿を
近衛に秘密にしていることが真白には辛いのです。
でもそれは葛城に続き秘密にしろと厳命されているので言いたくても言えない。
結果的に最悪の形でバレて、ふたりの気持ちがすれ違う。
真白ちゃんは純粋でピュアだけれど、この村の秘密を守ってきた葛城も
やはり、近衛とは違う意味で人を心から信用できなくて、そんな大人に真白ちゃんが
振り回されて悲しい思いをしてしまう。

命懸けで近衛を救うことですれ違いは解消されるけれど、既に時遅しで
真白ちゃんは命を助けるために妖力を使いすぎて子狐ちゃんになって人型になれない。
もちろん最後はハッピーエンド展開ですが、真白ちゃんと言うより近衛と葛城の
関係に巻き込まれてしまった感が大きかったように感じました。
でもやっぱりケモ耳、それも発情期みたいになってエグエグ泣いている姿は萌です。

3

『ケモ耳・もふもふ』です。

という以上に言うことないんですが・・・

もともと『ファンタジー・人外』が堪らなく好きなのと、秋山さんの(特に甘い王道)ファンタジーは時々個人的当たりがあるので、結構期待していました。

それにしても、確かに私は『王道』は大好きですが、あまりにも『王道』過ぎませんか!?

なんというか、本体(本性)が人外で人間に変化できるという設定でありがちな要素を思いつく限り詰め込んだかのようなストーリーでした。
まあ、とりあえず可愛い『ケモ耳』受ですね、としか言いようがありません。

キャラクターも、いかにも秋山さんらしいと思ってしまう。 特に真白(受)が、必要以上に従順で健気なピュアっ子です。

ただ、近衛(攻)が(秋山さんの攻キャラクターによくいる)私の大キライな『話を聞かない俺様』じゃなかったけどね。だからって魅力も感じませんが。

個人的好みからは、特に真白は決してキライなタイプじゃないんだけど・・・何故か乗れなかったんです。
エピソードのひとつひとつまでがあまりにもお約束で型通り過ぎたから?

スト-リーとしては、まあ『名付け親(命名者)』に関わる部分続きだけはちょっと別だとしても、それ以外の『繁殖期(発情期)』『番になれば・・・』あたりは、正直読みながら『あ~、ハイハイ(やっぱりそう来るんですね)』という感じでした。

何よりも、肝心のラブへの流れが安易過ぎる。というより、これは本当にラブですか?なし崩しHにしか思えないんですが。

個人的に、ケモ耳よりもH描写よりも『ラブ(心情等)』がいちばん大事だと思ってるので、そこがしっかりしてないと入り込めません。
と言いますか、そこさえ押さえてあれば他はもうお決まり展開の連続でもいいんだけどな~(私はね)。なんだかんだ言って『王道』大好きなので。

このところ(結果的に読んでるものに)何故かそのテが多かったので余計かもしれませんが、もう『またかよ!』が真っ先に出てきてしまう。

ただ、逆にそういうのがお好みならピッタリ嵌まるんじゃないでしょうか。
『可愛いケモ耳・もふもふ』成分だけは間違いなくたっぷり盛り込まれてますから。

ホントに、そこまで悪くはないんですよ。
見事なくらいに『王道』のパターンを外さないので、逆に安心して楽しめるとも言えるかな。
それこそ『ケモ耳・もふもふH』特化として、何も考えずに気軽にサラ~っと楽しむには最適かもしれません。

あとがきで『プロットは3年前に考えたが~』とあり当時はお蔵入りになったようですが、今となってはまさしく『二番(どころじゃないか)煎じ』としか。ある意味お気の毒な気さえしました。←3年前に出てればまた違ったんじゃって意味で。

そして、続編・シリーズ化構想があるようですが、こちらを読んだ限りではどうなんだろう・・・と懐疑的になってしまう。少なくとも私はどーでもいいです。
もちろん、実際に読んでみないとなんとも言えませんが、そもそも読みたいとは・・・


秋山さんの『甘い王道』は基本的に好きなんですが、こちらは↑にも書いたようにラブ面が物足りない(Hは十分だけど)のとキャラクターがあまり好みじゃなかったので、どうもいまひとつでした。

おそらく『何を求めて読むか』で評価が大きく変わる作品だと思います。


でも、高星さんのイラストはとても綺麗でした。

7

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ