ねこねこハニー(2)

nekoneko honey

ねこねこハニー(2)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神20
  • 萌×219
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
10
得点
188
評価数
44件
平均
4.3 / 5
神率
45.5%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
ビーボーイコミックス~BE×BOYCOMICS~(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784799714379

あらすじ

凹むと猫になってしまう体質のせいで、引っ込み思案な亜以。
絶対秘密なのに、クールでかっこいい隣の席の黒川君にばれてしまう。
しかも、人生ではじめて「好き」と告白された!
意識し過ぎて、不自然なリアクションになってしまう…(汗)
そこへ強力なライバル(可愛い男子&猫)登場で、ますます波乱の予感ーー!?
雑誌で人気のシリーズ完結巻。
描き下ろしあり。

表題作ねこねこハニー(2)

黒川正道,同級生
猫谷亜以,落ち込むと猫になる高校一年生

評価・レビューする

レビュー投稿数10

1巻よりも猫度が高め

1巻よりも亜以が猫に変身するシーンが多く、半分くらい猫になってるんじゃないか?と思うくらい。
猫になる=悲しいときなので可哀想な展開ではあるんだけど、やはり可愛いので猫の姿になるシーンが好きです。

黒川に告白されて、学校生活も落ち着いてきて、頑張って部活にも入って…。泣き虫で引っ込みがちだった亜以の、ずっと後ろ向きな人生が好転しているように思えたのもつかの間、恋のライバルが現れて意地悪されたり、黒川の気持ちを勘違いして落ち込んだり、ナーバスになる展開が続きます。流石にちょっと亜以のメンタルが弱すぎですね^^;

自分に自信がないことも、黒川を信じていないことも何だ後ろ向きすぎるのですが、それを叱咤するお兄ちゃんがカッコイイ。
ここで変わらないとと頑張る姿がよかったです。
しかし、カップルにはなったものの結局最後までするシーンまではなく、終わり方もふわっとしていたのであれ、続くのかな?と思ったらこの二人のお話はここで終りなんですね。
ちょっと物足りないし、せっかく素敵なお話だったのでもっと読みたいなぁという心境でいっぱいです。

カップリングにも、萌えたことは萌えた続きのですが、それよりも猫萌えが激しくて、単なるBLとしての良さだけだとそこまで高い評価はつけなかったと思います。
いろんな意味で女性ならこのお話は悩殺されそう…と思ってしまいました。
リアルでもなく、ファンシー過ぎでもない、猫の描き方可愛さが絶妙です。

1

電子書籍の<単行本未収録コミック付>がオススメ!

ねこねこダーリンをきっかけにハマり
こちらも購入しました。

これで本当にシリーズ完結巻!?
まだまだ続いても面白そうなのに勿体無いなぁ
という印象の終わり方でした。

~ここから、かなりネタバレ~
そして電子書籍では、あの後
裸で人間に戻った彼が、黒川に見られたままでは
恥ずかしくて着替えられずオロオロ。
そんな意識過剰な態度に気付かれて、、、
という続きの話しが少し読めます。

そこまで凄い展開にはなりませんが
キュンキュン出来て楽しかったのでオススメです♪

0

ちょっと成長できたかな?

猫が可愛くて癒される『ねこねこハニー』の2巻です。

1巻で、黒川くんに告白された亜衣。少しずつ、黒川くんへの想いを自覚していきます。初めて二人で出掛ける約束をして喜んでいた時、翔に「正道は、同情で仕方なく付き合っているんだ」と言われます。

翔の言葉をうのみにしちゃったのはう~んと思ったけど、その後の自分の気持ちを翔にも黒川にも伝えられたのは、やっと言えたね~と嬉しくなりました。他の猫に嫉妬してぐるぐる悩んだり、相変わらずだけど、ちょっとずつ黒川に想いを伝えられるようになって、頑張ったねと褒めてあげたい心境です(笑)

お兄ちゃん編も、楽しみに待ちたいと思います。

4

ねこねこねこね ♥

2巻です。
黒川君に告白されて、どうする亜以…ですね。
ライバルも現れて…今回もよく泣きます。
そして、よく猫になります。
本当に、にゃにゃ~です。
もっと、しっかりしろよ~。そんなに、ところ構わず猫になったら、見世物小屋とかに売られるぞ~(発想が古いかな…)と説教したくなります。

まあ、黒川君が割と積極的だから、消極的な亜以にはぴったりですね。

最後は、お互いに気持ちが通じあってよかったです。
さらなる発展を応援させていただきます(^^)

脇役のお兄ちゃんも良い味出してますね。
特に長男は…実は亜以より猫になる頻度が多い気もする(^O^)

やっぱり…猫に弱くて萌×2かな。

3

ラブの萌えとは違うけど。好き。

連載一応終わったのですが、次男んくんのバージョンがはじまってますので、又あえますね。

このシリーズはとっても好きです。

人間化状態で耳が生えているのではなく、猫になる。
猫が人間になるのか?

猫好きにはオススメします。
凹むと猫になってしまうって設定かなり過酷ですよね

凹む度合いによるのでしょうけれど、生活できるレベルじゃないのに。。とかあまり深く考えず楽しんだ方が良いです。

つっこみどころは満載なのですが。猫がかわいいのでそれが全てです。

苗字が猫谷。それだけで、かわいいけど。人間時も瞳が猫ちゃんみたいでかわいい。

お相手の黒川くんは、猫好き。
そのため、猫の扱いがうまい。
ゴロゴロいっちゃってる感じはほっこりする。

お話としては、2巻なので、進んでおり、黒川くんが、猫好きだから、自分を好きなのか。
猫だからか・・・といった
言われてみれば・・・という
疑問にぶつかりグルグル状態になってます。

黒川くんより、親友の玄ちゃんがとっても好きです。

こんな優しい友達まずいない。

数年後でもいつでも、この2人のお続き話は読みたいなぁと思います。

1

テンプレ展開すぎる

総評的には1巻に引き続き、ほのぼのとしていて落ち込む亜以がとても可愛くて良かったです。
でも、ストーリーがテンプレ展開すぎる!
亜以の反応や行動、ストーリー展開が簡単に読めてしまい正直つまらなかった。(お話はですが)
もちろん猫になってしまう亜以は可愛いし、それをあやす黒川とのいちゃいちゃは萌えます。
ねこねこハニーの魅力はそこだと思うので、あまりストーリー重視で見ても仕方ないのですが・・・。
今回は萌評価に。

2

…買ってしまった…紙媒体。

小説だけでも、溢れ返ってるからコミックは電子書籍だけにするつもりが…我慢出来ませんでした~!!だってカワイ過ぎるんだもん、亜以くん♪猫バージョンも頬ずりしたくなるくらい可愛いし、人バージョンのおしりプリンもチャーミング。…他にもあられもない姿さらしちゃって、よくぞ襲われずに済んでるな~。黒川くんの理性に感動しますよ。あと、たっ!っと逃げる猫亜以をガシッと捕まえられるようになった反射神経にもビックリ?!(愛故に?もしくは条件反射?!)…雑誌で次男の紗以編が始まったようですし、この『ねこねこ』シリーズほのぼのと長く続いて欲しいです!

2

やっぱり可愛い☆

落ち込んだりテンションが下がると猫に変身する家系の3男である高校1年生男子が主人公の作品。
1巻、滅茶苦茶萌え萌えしちゃいました♪
猫に変身するっていうのもですが、主人公の亜以の健気でかわいらしい頑張りと
相手となる同級生・黒川のイイ奴なんだけどちょっぴり天然な部分、
亜以の兄弟はじめ家族もまた(お父さんヘタレすぎw)
黒川に「好き」って言われた亜以が、どうやって黒川と丸く収まるのか?
期待した2巻です☆

1巻で随分月日が経ったと思ったら、まだ1カ月だったんですね(汗)
好きって言われて、亜以も黒川が好きですごく嬉しいんだけどドキドキしちゃって、何だこの二人かわいいな~と思っているところへ現れるのはアテ馬君!
黒川の中学の同級生。
彼は黒川が好き(?)で黒川が亜以を構うのを快く思わなくて意地悪をするんです。
それに傷付いて落ち込んで授業中でも猫に変身してしまう亜以(かわいー!)
黒川にとっては元同級生は友人だからそれ以上の感情はないんだけど、友達だから何かあるとは考えつかないちょっと天然さん。
亜以をみていればわかるのに、そんな点にヤキモキしながらも、そん続きなすれ違いも初々しくていいな~とほのぼのニヤニヤしてしまう自分♪

アテ馬君については黒川がはっきりさせることでケリがつくんだけど、猫を可愛がる黒川を見て亜以は「黒川は猫が好きだから僕を好きなの?」と悩んでしまう。
ラストで黒川が話をしますが、亜以が亜以だからだよね(笑)
ただ猫になるのはかなり+ポイントかも!

この二人はゆっくりゆっくり、上がったり下がったりして楽しく恋人をやっていくだろうな~ってほっこりほのぼのしちゃいました。
ああー。猫の亜以かわいいよ、涙を浮かべた顔がかわいいよ!

そして、今回亜以の兄が亜以にかなり協力してくれる形で登場しました。
このお兄ちゃん編も大変愉しみにしています。
新しく登場した学校で世話しているという主というバーマンもなかなかにもふもふ具合がよろしくて、猫カワイーヨーな一冊なのです。

この「ねこねこハニー」何も考えず純粋にキュンキュンしたい!と萌え萌えさせてくれるかわいらしい1冊で大好き☆

5

憧れの家族です~

とっても素敵な変わった体質の猫谷家、びっくりしたりするとニャンコになるなんて
相変わらずキュートな内容の2作目です。

前作で、クラスメイトの黒川くんに告白された猫谷くんですが、
その後の二人はいったいどうなるかと楽しみにしていました。
それに変身してしまうラブリー萌な猫姿も堪能出来るのだから楽しみ倍増。

黒川のことが好きで気になるのに恥ずかしくて告白の返事すら未だに言えない。
そんなジタバタしていたら、なんと黒川の友人が実は黒川に・・・
まさかのライバル出現かと言う流れありでしたよ。

気弱で人見知りの猫谷くんが、ちょっと変わる感じが、よしよし撫でたくなるくらい
頑張っていて、可愛いのです。
そしてやっとこさふたりの恋が実る時がくる!と思ったらまたしてもな展開。
僕が好きなの?猫が好きなの?これが今回のポイントですね。

3

やっと・・・・

この巻でやっとしっかりキスですね・・・できましたねw
この分だと先は長い気がしますが・・・もっともっと見たい気持ちになるので
終わらないでほしいですw

受け様は相変わらずおたおたしていますが
恋のライバルに、変な事吹き込まれてすんごい落ち込んでしまいます・・・が!
最後は自分からはねのけて、きちんと攻め様が好きだと言えました(*´∀`*)

猫→人間に戻った時の お尻プリン♪が大好きなので
攻め様にはきちんとプリンなお尻をなでなでしてもらいたいものです

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ