マジックメールチョコレート

magic mail chocolate

マジックメールチョコレート
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神38
  • 萌×233
  • 萌16
  • 中立5
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
375
評価数
95件
平均
4 / 5
神率
40%
著者
 
媒体
コミック
出版社
リブレ
シリーズ
スーパービーボーイコミックスDX(コミック・リブレ)
発売日
価格
¥629(税抜)  ¥679(税込)
ISBN
9784799714386

あらすじ

「ダイスケのこと好きな奴、絶対いるって」
そう言ってくれるのは、親友のタケだけ。
苦節17年。
全くモテない人生を送ってきました。

迎えた17回目の聖バレンタインデー。
神が降臨した。ゲタ箱にチョコレート。
女の子と初めてメールのやりとり。
嗚呼!素晴らしき哉、薔薇色の日々!

けれど初めてのモテ期には、予想だにしない結末が待ち受けていて――。

表題作マジックメールチョコレート

高校生 高畑ダイスケ 17歳
クラスメイトの親友 竹田幸広

同時収録作品もしも29歳草食系マスターが肉食系にロックオンされたら

バーのアルバイト従業員 肉食系 コウキ 20歳
草食系のジャズバーのマスター 29歳

同時収録作品片恋モノマニア

同時収録作品週刊恋茶屋劇場/ヒゲとアフロの消失

同時収録作品アフターダーク

大学生 狩野
高校の時の同級生 悠弥

その他の収録作品

  • Re:マジックメールチョコレート(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数8

思ってたのと違ったな



チョコ貰えなくてガッカリしてるダイスケの下駄箱に念願のチョコが。
で、現れる幼馴染みのタケ。

もう、結果が見えていて微妙でした。

表紙はすごい惹かれるんですけど…。
中の絵とは違う気がします。

短編集って事にもガッカリです。
この表紙の二人の話がじっくり読めるのかと思ってました。

混色メランコリックも読んだんですが、こっちも同じ意味でガッカリ…。
購入前にチェックしろよってことなんですが。

話が短すぎて登場人物のお互いにどんなに好きかとか感情がわかりづらいです。

私にはBLとしての萌えもそんなになくて、短編集が嫌いなわけじゃないけど評価良いわりには面白いと思わなかったです。



0

にゃあ

ゆき林檎先生の2冊目?の単行本(短編集)です。1冊目と同じく借りて読みました。
『マジックメールチョコレート』『Re:マジックメールチョコレート』
ダイスケのことがずっと好きだったタケ…バレンタインにタケがダイスケにしたある行動がきっかけで幼なじみで親友の2人(高校生)は友人から恋人へと少しずつ関係が変化していく。ピュア!

『もしも29歳草食系マスターが肉食系にロックオンされたら』
先生の1冊目の単行本(短編集)の『もしも29歳草食系マスターがジャズバーを…』の続きです。ラブコメディ!
やっぱりマスターが受けでした!
コウキはタチ・ネコどっちでもOKなゲイなのか^^

『アフターダーク』
この単行本で唯一ダークなお話。
8年!?って出会ってから?それともペットになってから?
飼ってどのくらいか聞かれて…もう8年くらいと答えているから…やっぱりペットになってからですよね…ハッピーエンドではないと思います。
「にゃあ」……衝撃的でした!
ダークな話…嫌いではないです^^

…他3話+あとがき

乱文失礼いたしました!

2

ゆき林檎さん見本帳

『玉響』読了後、読んでみようと思いながらそのままになっていたが
巷はValentine’s Dayで盛り上がっているので、
そうだ!と手に取りました。

なんといっても表紙が可愛い!
(裏表紙とつながっているので、広げてみましょう。)
中身も可愛いけれど、絵が表紙のクオリティに比べて
気になるといえば気になる部分もあるが、
抜くところと書き込むところがもう一息整理されると、魅力的な画風。

7つの短編、色合いはそれぞれで
ゆきさんの引き出しを少しずつ覗いている感じ。
繊細さは持ち味だと思うけれど、それだけじゃあない
ユーモラスさやコミカルさも出ていて、なかなかいい。
(ライオンと鹿に笑った!)
セリフも作者ならではの個性を感じる場面多し。

ただしそれぞれ短いので、見本帳のような趣で
物足りなさもある。
それぞれをもう少し長く読みたかったか。

最後の『アフターダーク』は一転病んだ雰囲気。
ダークな世界は嫌いじゃないのだが、これは今ひとつ……。
最後の「にゃあ」こそが作者のセンスなのだと思うが
そしてそれはかなり好きだったのだが
そこま続きでの展開の仕方が練れていないというか、
個人的な感想としては説得力がない。

散りばめられた光るセンスに、
非常に楽しみな作家さんだということがわかる。
それを大きく構築する力を今後に期待したい一冊だった。

2

澄んだ心とひずんだ心

繊細かつ丁寧な絵柄で彩られる短編集です。
前作も同様の雰囲気を持った作品集でしたが、この一冊の方が格段に濃密になっています。お話の深みと萌えの厚さが増しているように思いました。

[マジックメールチョコレート]
お話の筋とは違うのですが、ダイスケが紗知ちゃんに直接尋ねたところで頭抱えました。その後大丈夫だったんだろうか…(●組の眼鏡の男子がさ…とかならんのだろうかなんて)
臆病なのに大胆であれたからこそ、タケもダイスケの感情を掴むことができたのだから、騙してはいたけれど勇気を出せてよかったんじゃないのかな。なにしろダイスケはずいぶんニブいようですし…描き下ろしでは思いのほか男前度をあげていましたが!(笑)
タケの静かで一途な愛の勝利ですね。

[もしも29歳草食系~…]
前単行本に収録されていた四コマの続編でした。カワイイ攻め好きなので嬉しい収録です。ずっとマスターはネコ確定だと思っていたのですが、もしかしてタチの可能性もあったのでしょうか?!
優しいお話も暗いお話も描かれますし、そのうえこういったギャグテイストの引き出しもお持ちなのだから幅の広い作家さんだなぁと感続き心しきりです。

[片恋モノマニア]
甘酸っぱい青春の香り漂う一作。本庄の矢印をなんとか自分に向けたいものですね。
今はまだ本庄の気持ちが三木から遠ざかりきれてはいないけれど、里中が根気よく本庄がいかに素敵かを語ればきっといつか向けてくれるはず。
なにせ里中だって、本庄の写真を好きだなぁと思ったんですから。魅力は十分に気が付いているんだものね。

[週刊恋茶屋劇場]
不器用な恋愛でいいなと思いました。二次元の小汚いおじさんはいい萌えです。
本編後にヒゲもアフロも消失したようで、あらあらそのままでも良かったのに~と感じたものの、木瀬くんが楽しそうなので何よりです。
よく行くお店(飲食店でも普通の雑貨店でもなんでも)に、恋どうのこうのがなくとも気になる人がいるとそれだけで楽しくなりますよね。ですから来栖先生の気持ちがなんとなく分かるんです。自身のあるなしも。好きなお話でした。

[アフターダーク]
読みながら色んなオチを想像してしまうくらいにブラックな内容でしたが私はコレが一番好きです! 歪んでいて!
この一冊の最後がこれか…と考えるのもありますが、すごい〆方だなとも思うわけです。
で、よりどちらがアカンッのかと自分なりに巡らせましたが私としては狩野君の方がアウトかなぁ…なんて。悠弥君も相当最低な人間だと思いますが、狩野君の歪み具合はそのうえをイッています。
しかしながらこの歪みはどこからキたかとなると、悠弥君由来なわけですからどっちもどっちなのかな。最終的に悠弥のトラウマになっているであろう<男性同士の性行為>を強要するのは狩野君だしなぁ…悩ましい。
もちろん、これが正しい愛のカタチだなんてちっとも思いません。8年もかけて人ひとりを壊しているのだから、赦されるものではないです。
でもこの短いページ数でドン暗いBLを綴られる筆力は確かなものだなと感じます。あとがきで書かれていた初老×初老もぜひ見たいな…。

以上おおまかに5編と描き下ろし諸々を含む非常に濃厚な短編集です。
アフターダークの作風に関しては受け入れがたい人もいると思いますので、実際の書店で帯(裏表紙側)の確認をおすすめいたします。

3

起伏が激しくていいと思いました

物語の。

表題作の『マジックメールチョコレート』は
素敵な恋の始まりの予感な物語でした。
さっさとくっつけ!ってな最後で締めくくられてて
もちろん巻末で無事くっつくのですが自身的にはもうちょっと進めてほしいような気もしたりしなかったり・・・
でも、うまくまともっていたのでこれはこれでありなのでしょう。

『もしも29歳草食系マスターが肉食系にロックオンされたら』
素直に面白い作品でした。
題名のとおり、マスターが草食動物で描かれていたりで表現が楽しくてついついにやりと笑ってしまいます。
最終喰われちゃうのですが、異種獣姦っぽく(マイルドに)描かれてますのでどうしても無理な方はやめといた方がいいかもです。

もしも~以外は割とローテンションな作品でした。
特に『アフターダーク』はいわゆるヤンデレジャンルです。
暗すぎて、見た話が全部喰われる勢いです。
自身はあまり好きなジャンルではありませんでした。
やみ過ぎてる。。。コワイヨー。。。という思いでしかなかったです。

ふんわり書かれてる絵柄が全体を通した物語に合っていると思いました。

0

ふり幅広い!けどトーンで統一されてます

前作で気になる作家さんだったのでこれも買ってみました。
タイトル的に甘いお話かな~と思っていたら、そうでもないお話も入っていたりしてアソート感覚が楽しめるようになっていました。

以下はネタバレあるのでご注意くださいね。

『マジックメールチョコレート』
一番よかったのは、ラスト。できあがるまで、ではなくてカップル成立ルート確定のところで終わるなんてなかなか小憎らしい!やるのう!あとがきではあと100Pくらい描いて結ばれるところまで描きたかったとありましたが、私はむしろこれで正解なのでは?と思います。

「もしも29歳草食系マスターが肉食系にロックオンされたら」
タイトル長いよw前作にも入っていた小話の続きです。いい感じのラブコメで、アニマルバージョンの部分とか、くすっとくる小ネタがかわいい。

「片恋モノマニア」
一方通行の三角関係が切ない。里中が不器用だけどいいヤツで、かっこよかったです。

「週刊恋茶屋劇場」
年上ヘタレ攻め(たぶん)が、一人で悩んでいるときの顔がよかったです。相手を前にすると形無しになっちゃってみっともないほど恋してる様子がかわいか続きった。

「ヒゲとアフロの消失」
これをリブレプレミアムで読んだ時はなんのこっちゃわからなかったのですが、こうして読むと笑えました。

「アフターダーク」
帯に書かれていた作品。どっちもひどいし後味も悪い。だけど妙に引っかかるのはやはりラスト1ページの強烈な印象なのでしょう。登場人物に感情移入するのはとても無理なんですが、「作品」としてみると面白いものになっていると思います。

「Re:マジックメールチョコレート」
表題作のその後。匂わせるところで終わっていたところを描き下ろしで。

絵のメリハリがよくて、キメゴマの美しさで先に引っ張っていかれました。前作もそうでしたが、そういういいところをチラ見せしながら持っていくのがとても上手な作家さんだと思います。書きたいものを好きなように書く、というよりも、一つ一つを「作品」として考えて作っているような感じがあって、その意識がいいなぁと思います。

今後の作品も期待しています。

3

どこかで起きてる事だと、いいな…

ゆき林檎さんの2ndコミックは、
Valentine’s Dayにキュン♡とできるお話が表題作でした♪

■「マジックメールチョコレート」
生まれてこの方ずっ~と無縁だったのに、17歳の2月14日に下駄箱にチョコが!
送り主の名前はなくて、チョコレートの箱にはメールのアドレスだけが記載。
仲良しの友達に相談しながら、そのアドレスに浮かれてメール。
でもその友達こそが、そのチョコレートを下駄箱に入れた本人で…

どこにでもいそうな、ごくごく普通の高校生の友達同士、というのがいい。
最初は嘘をつかれていたという怒り、
でも相手の事をよく知っているからこそ、表情が、言葉が、後から心に響いてきて…
切なさと温かさと愛おしさを感じる、余韻の美しいお話でした。

描き下ろしの「Re:マジックメールチョコレート」では、
ゆっくりながらも、ふたりの間にちゃんと恋人同士の愛が育まれているのが分かって、
じんわ~りきましたよ。
こういうCPが、今年もどこかで誕生しているといいなぁ…なんて思ったり…☆


■「もしも29歳草食系マスターが肉食系にロックオンされたら」
続き
1stコミックにあった「もしも29歳草食系マスターがジャズバーを始めたら」の続き。
読んでなくても分かると思いますが、せっかくだったらそちらも是非に~

草食系マスター(バンビ)をロックオンした、かわいい年下肉食系の子(ライオン)が、
今回は温泉への一泊旅行で、ついにヤってしまいます!
動物の姿でも描かれたエッチシーンが、とても可愛くて笑えますよ~~w


あとは、不毛な片思いをしている有名写真家の息子と、
その子の事が気になる卓球部の男の子の、若さ溢れる高校生同士のお話。

もさもさヘアでヒゲのゲイのおじさんと、キラキラな大学生との、
喫茶店でのハプニングと嘘から始まるお話。
ヘタレなおじさんと、ちょっと強気な大学生との力関係が素敵でほのぼの。


■「アフターダーク」では一転して、描かれているのは人の黒い部分。
帯では、犯罪者のクズ受と最凶病み攻、あなたは、どちらが最低だと思いますか?
そんな言葉が目を引きました。
集団強姦、麻薬、ゆすり、脅し、監禁…
高校時代の過去を交えて淡々と描かれていき、どんどん引き込まれました。


1stコミックでも、色んな魅力を見せてくれる作家さんだなぁと思いましたが、
今回は更に!!という感じでした。
全体的にエロ度は低めですが、雰囲気や余韻の良さがとても印象に残ります。
ますます今後の作品が楽しみになりました。

10

7つの味の短編集

 表紙が綺麗だったので、内容もおとなしめだろうと勝手に思っていましたが、各方面に弾けた短編集で楽しかったです。短編ですが詰め込んだ感じはなく自然に読める&読後に妄想する余地があって、お得な1冊でした。 

◆マジックメールチョコレート
 同級生。片想い。自覚前のいちゃいちゃ。甘くて切ない、青春の味!
◆もしも29歳草食系マスターが肉食系にロックオンされたら
 年下攻め。ほど良い甘さがたまらない、鹿肉の味。
◆片恋モノマニア
 高校生。好きだからいじめられるのだと思う倒錯的な関係も捨てがたかったですが、本庄の殻を破った里中に拍手。光が差し込む予感の味。
◆週間恋茶屋劇場
 学生×作家。異才を放つ学生が冴えない作家に惹かれた理由が分かりませんでしたが、だんだん冴えない作家が魅力的に見えてきました。この魅力を見抜いてたのだとしたらすごい。コーンポタージュ味。
◆ヒゲとアフロの消失
 学生×作家のとある1日。ソーダ味。
◆アフターダーク
 ダークな2人のダークな話。全編こんな味だったら食欲なくしそうですが、良い感じのスパイスになってました。
◆Re:マジックメールチ続きョコレート
 切ない同級生のその後。一番優しく甘い味。 


6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ