ダリアデビューコミックスフェア第二弾!!

うそつきとおおかみ

usotsuki to ookami

うそつきとおおかみ
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×29
  • 萌7
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
9
得点
90
評価数
31件
平均
3.2 / 5
神率
19.4%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861346835

あらすじ

俺はうそつきだ――。天邪鬼な崇良は、大好きな幼馴染みの光月をいつも言葉や態度で傷つけていた。心で好きと呟く度に、口では嫌いと告げてしまう。でも素直になれない自分が、本当は嫌で嫌でたまらない。そんなある日、光月に「好きな子ができたから協力してほしい」と相談され……。
不器用で切ない、青春ラブストーリー。ほか、描き下ろしや短編を加えた可愛くてちょっと病んでる作品集。

表題作うそつきとおおかみ

光月,高校生
崇良,幼馴染み

同時収録作品ふまじめなキス

新座喜平,ヘタレわんこ
昭島 ,眼鏡優等生

同時収録作品俺が好きなら手をあげろ

宮瀬壱成,後輩
堂ヶ島碧,先輩

その他の収録作品

  • ふまじめな視線
  • ふまじめな舌先
  • 俺が好きなら口を割れ
  • あとがき
  • おおかみのてまねき

評価・レビューする

レビュー投稿数9

定番幼なじみとエロコメリーマン

電子でちょい読みして気になってたので、コミックスも読みました~。
デビューコミックで、初読みの作家さんでした。
絵は、ちょっと雑な感じもあるけれど、許容範囲かな。(上から目線すみません!)

高校生2編と、リーマン上司部下ものの3編。
表題作はおさななじみもの。好きなのに全く素直になれず...
という定番ですが、いじらしくて可愛い、最終的に
ベタ甘カップルになるだろうな、って感じでよかったです。

もう1つの方は、ちょっと強引過ぎると言うか、流されるにも
程があるだろ...って感じで、ちょっと受け入れがたかったです...。
(BLにはよくあるんだけど、それでも大丈夫な時もあるけどこれはダメだった...)

リーマンのは、年下わんこ(M)攻めの、精神的Sの女王様(M)受け...?
エロコメです。ネタ的に好物過ぎた(笑)
言葉攻め&軍服、ひとりHとか、もう...
なので、このお話が一番面白かった!年下わんこの、変態執着っぷりが楽しい!
なんだかんだラブいちゃなので、ふたりで変態度上げていったらいーよ!と思うCPでした!

ただ画力が追いついてないと言う続きか、表現しきれてない感じもあって
ちょっと残念...。でもこの作家さんの、エロがなかなか好みな気がするのでw
(まだ1冊しか読んでませんが)機会があればまた読んでみたい
作家さんです。

0

なんで俺、亀甲縛りとかできちゃったの

意外や意外、面白かったです!あ、意外というのは私があまりこういうふんわりした絵が得意ではないというだけの意味です。

表題作は1話(+巻末のオマケ)だけで、他に学生もの(おバカわんこな高校生×まじめな委員長)が3話と、リーマンもの(ヘタレでキモウザなわんこ×美人でツンデレなゲイ)が2話収録されています。

私はこのリーマンものが非常に好きでした。他の2作品とは異なりコメディー色もエロも濃い目ですが、それよりなにより攻のミヤがキモウザなところがとても楽しかったです。受に軍服プレイを強要…じゃなくて懇願する攻って初めて見ました笑 堂ヶ島がなにげにミヤにメロメロなところも良かったです。続編があったらぜひ読みたいと思いました。変なカップルだ、うん。

0

意外にH度高し

初読み作家さんです。
絵柄は特に好みではなかったのですが、やさしい雰囲気の絵柄なのに結構エロい描写もあって、表紙から受けた印象とはちょっと違いました。

高校生のカップルが2組、社会人カプが1組の合計3組のお話が収録されています。
電子書籍や同人誌で発表された作品が多かったです。
個人的には表題作の高校生カプのお話が一番好きでした。
天邪鬼の受け様が意地らしくて可愛かったです。

リーマンカプのお話は若干H重視かな~?と思えなくもなく、その分ストーリー性は薄目かなぁという印象でした。

0

全部で3作

表題作とおバカと真面目くんの高校生ものシリーズ、そしてM同士?の上司と部下のシリーズの3作品がまとまってます。

どれも良かったですが表題作が一番好きです!読み切り1話なのがすごく残念でした。もっと読みたい…。

昔おもちゃの取り合いをして以来、大好きな幼馴染みの光月に対して嫌い嫌いと最悪な態度をとってきた崇良。一方の光月はそんな崇良を包み込むように優しく接してきた。けれど、長く続く崇良のツンツン状態に光月は策を講じる…という話。女の子の当て馬の登場とか、王道のシーンはあるけれどタミィさんが描く人物の表情や涙にやられました。光月がキツイ態度をとらなければ、崇良が本当の気持ちを話すことはなかったんだろうなと思うと、あのシーンは辛いけど必要。そのあと苦しむ光月も健気でした。ボロボロに泣く崇良は切ないけれどすごく可愛いです。

ラストのおもちゃのオチはとても良かった…!!



この作家さん、不器用な男の子とそれを包み込む男の子の関係を描くのがすごくお上手だと思います。

1

限界があるよなぁ

大好きなのに、素直になれない。
逆に、嫌いって言っちゃう。

その気持ちはわかる、わかるんだけどさ~、限界があるよなぁ。

天邪鬼な崇良が、正直に自分の気持ちを光月に表さず、真逆のことを言ってしまうのは、まだ許そう。
幼なじみなのだから、そういう面倒くさい性格をある程度は理解しているんだろうから。
でも他人に相手の悪口を吹き込むのは話が違う。

そして、だからと言って、それまで必要以上に物分りの良い態度をとり続けていた光月が、崇良に打って変わって冷たく酷い言葉を投げ掛けるのは趣味が悪い。
この場面を読むたびに、私にその言葉を投げられたようで、胃が痛くなる。

「破れ鍋にとじ蓋」
実はこのカップル、二人とも結局は似た者同士。
お似合いのカップルだとは思う。
だけど、この二人と友達になりたいとは思えないなぁ。
(向こうも私と友達になりたくないだろうけど)

そもそも、私は幼なじみカップルが大好きなんだけどねぇ。
(だから読んだのだけど)

1

絵柄は可愛いです

表紙買いしました。
カラー絵がキレイ!
絵柄は可愛かったのですが、話にもう一捻りあると良いかなーと思いました!
表題作は幼馴染同士のすれ違い物。
なんでお互いが良かったのかいまいちピンとこず、そこにもう少し深みがほしかったです。
素直じゃないツンデレな受けも良いですが、あまりに嘘つき過ぎちゃうと、捻くれてて可愛くないし、攻めも可哀想ですよね。
3つの短編でしたが、表題作をもう少し読みたかったです。
作者様の今後の更なるご活躍を期待しております!

0

すんごいかわいい、やばい!!

タミィ先生初コミック!短編集でした~!
短編とはいえ、シリーズものもあり、わりと盛り沢山な一冊。

表題作のうそつきとおおかみは、とりあえず可愛かった!
主人公くん、崇良は天邪鬼。ずっと片想いしている幼なじみの光月に対しても素直になれず、いつも言葉や態度で築けていた。口から飛び出す言葉は「嫌い」、心でいい続ける言葉は「好き」。

そんな崇良ですが、光月と一緒に帰った時に好きな子がいるから協力して欲しいと頼まれます。
そこでも素直になれない崇良。ほんとは協力なんてしたくないのにと思いながらもキューピットになります。

まあ実は光月の本音が知りたくて崇良が行動に出ただけなんですけどね笑

もう告白シーンの光月のデレが可愛くて可愛くて……
今まで天邪鬼だった分デレます♡可愛いです。

また単行本の最後に描き下ろし漫画があるのですがそれも可愛くて面白いので期待しといてください笑

他に収録されていたお話もタミィワールド炸裂です。
1回ハマったらどんどんハマってしまう作者さんです。
ぜひぜひ読んでみてください。

1

せつない!わんこ!えろい!の3本勃て。

 表題作で泣きました。『ふまじめ』で笑いました。『俺が好きなら』でもよおしました。ぎゅぎゅっと鷲掴みです。内容は濃かったと思うのですが絵柄が優しいので全く痛くなく、読後感はスッキリ爽やか。至る所から汁が滲み出てものすごいデトックス効果でした。

◆『うそつきとおおかみ』
 嘘を口にするたびに心の中では本音を叫んでいるタカラ。嘘は人を傷つけて、自分を傷つけて。けれど今更本当の事なんて。引くに引けないタカラの嘘を責めずに包み込んでくれる幼馴染みのミツキ。お前、苦しかったんだな。
 思う存分ひねくれていたい気分の時、ミツキの言葉に癒されます。

◆『ふまじめな視線』『ふまじめな舌先』
 ポジティブさが取り柄のお馬鹿ワンコが苦しさを覚えて、馬鹿は嫌いなはずの優等生メガネが馬鹿を抱きしめたくなる、心と体が思い通りにならない高校生の初々ラブ。
 不器用ながらにまっすぐな2人がみずみずしいです。

◆『俺が好きなら手をあげろ』『俺が好きなら口を割れ』
「ああ堂ヶ島さん、かっこいい…ちょっと口が悪いところとか素敵です。踏まれたい、罵られたい、縛ってください、俺を…!」
↑【宮瀬続き壱成・25才・攻・オナニー中】
「ミヤ…1人でばっかすんなよお前。…挿れんぞ……きもちいいだろ…? 俺本当はSMとかしたくないんだけど、なんで亀甲縛りとかできちゃったんだろう!?」
↑【堂ヶ島碧・27才・受・恋人を鞭打ち中】
 妄想癖が激しくつい1人で耽ってしまう攻め(後輩)と、そんな攻めに焦れ焦れな男前襲い受け(先輩)。すれ違い気味だった2人の気持ちがHを通して1つになっていく、心も体も温まる爽やかエロラブ。

5

かわいい!!

レビューなど恐れ多いと思っていましたが
興奮抑えきれず初レビューです…
私の感想を書かせて頂きます!

好みの絵と表紙で衝動買いしました!
初めて読ませていただく作家さんでしたがもうきゅんきゅんです//´`//


*うそつきとおおかみ
大好きなのに「嫌い」と嘘をついてしまう崇良(受け)と
その幼馴染み光月(攻め)のお話

あくまでも私の感想ですが10ページ目を読んだところで
「これは絶対萌えるお話だ…」と確信しました(笑)
設定的にはわりとよくある話ではありますが
箱石さんの描くキャラクターの表情と崇良くんの内心の感情がなんとも切ないです。
そして崇良くんは本当にずばすば酷いことを言います笑
光月くんは崇良くんにどう本音を言わせようかと試みているのですがその方法が王道かと思いきや、一味違いました。
読んでいて「おぉ……」となりましたが
崇良くんの泣き顔がとても可愛かったので私的には有りかと(笑)
最後の描きおろしがかわいいです!崇良くんの笑顔天使;;

収録作品の中で一番短いお話だったのですが
もっと続きが読みたい作品でした(*^^*)
続き


*ふまじめなキス
お馬鹿わんこ新座×優等生昭島

もともと眼鏡受けがあまり好きではないのですがきゅんきゅんしました!
新座くんは前半本当にお馬鹿です(笑)
自己中?自意識過剰?笑
なんだこの子!と思いましたが後半は恋に悩む高校生で安心しました笑
一言でいうとお馬鹿わんこ攻めがぐいぐい攻めて嫉妬したり我慢したりなお話です。
昭島くんはとことん振り回されていますが最終的に幸せそうで良かったです(笑)


*俺が好きなら手をあげろ
どM変態宮瀬×男前堂ヶ島

1ページ目から宮瀬くん変態でした(笑)
この1冊の中で一番えろなお話です。
堂ヶ島さんは男前なんですけどお話の始めから受け側だったのでもともとネコなお方です。
一向に触ってこないで一人でやってる宮瀬くんに
「俺いらねぇ…? 俺だって…したい」
と不安になりながら誘う堂ヶ島さん激かわいすぎて
1度本を閉じ、悶えましたw
帯にはツンデレと書いてありましたが私はあまりツンデレ感は感じませんでした。ヘタレな変態宮瀬くんのせいで少しツンデレっぽくなってる気も…?笑
そんな感じなのでツンデレ受けが苦手な方でも読めると思います。

宮瀬くんはどMですがえろ的に責められたいといくより
蹴られたいとかの願望が強いのかな…?笑
天性のどMというよりは
堂ヶ島さんだから何されても良い!!って感じです(笑)

一方堂ヶ島さんは
酷いことをしても罵倒しても「もっと言ってください!」な宮瀬くんに押されてどSになってしまい(亀甲縛りとかしちゃったり…)、
好きなのに酷いことをしている状況に耐えられなくなってしまいます。
やれと言えばなんでもやる宮瀬の本心はなんなんだと悩む堂ヶ島さん本当かわいいです(笑)
まぁ宮瀬くんの本心はただのど変態なんですけど(笑)

宮瀬くんはえろ的にはSだと思います。
むしろM気があるのは堂ヶ島さんですね(笑)
ほんとかわいいです!!


全体的に受けの泣き顔と笑顔が本当に可愛くお話もきゅんきゅんでした…!
何より絵がとても好みで!神評価を付けたいと思います;;//
箱石さんの次回作も期待して待ってます♪

10

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ