昭和元禄落語心中(5)

shouwa genroku rakugo shinjuu

昭和元禄落語心中(5)
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神6
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
34
評価数
8件
平均
4.4 / 5
神率
75%
著者
 
媒体
コミック
出版社
講談社
シリーズ
ITANコミックス
発売日
価格
¥581(税抜)  ¥627(税込)
ISBN
9784063806700

あらすじ

落語を捨てた助六が、暮らす田舎の温泉街。
愛想尽かしたみよ吉は、子供を置いて出たっきり。
「八雲を継いで 落語なさい」。
言って聞かせる菊比古に、
助六、ひねくれ駄々こねる。
引っ張り出された場末の高座。
それでも演れねぇはずがない。
娘・小夏を笑わせて、
も一度あの日の夢を見る――。

八雲と助六篇、完結!
そして物語は再び与太郎のもとへ――!


表題作昭和元禄落語心中(5)

評価・レビューする

レビュー投稿数2

この内容でBLだったら・・・!

前巻が気になるところで終わっていたので、どうなることかと読み始めました。

八雲と助六の過去編が完結し、与太郎編に戻ってきます。

わだかまりの謎がやっと全部解けて、新たな気持ちでお話は続きます。
この収集のつかなさそうな人間ドラマも、きっと雲田さんは飄々と予想外の着地をやってのけて読者を驚かせてくれるのでしょう。先がどうなるのかは読めないけれど、なぜだかそう確信してしまいます。

この濃さでBL作品も書いてくれないかなぁ…。

1

過去編完結、未来に向かう

過去編が完結して、後半助六編が再開。

田舎の温泉宿での寄席の後、
菊比古、助六、みよ吉の間に起きた事件が明らかになる。

久しぶりに客の前で演じる助六の「芝浜」、
それを袖で聴く菊比古、かぶりつきで聴く小夏、そして……
その後に起きた事件……
この一連は読んでいて鳥肌が立つようだった。

時は巡り、与太郎を巡る話に戻って来る。
孤独の中齢を重ねた菊比古改め八雲の心と、落語界の変遷。

八雲とは真逆な、バカというか真っすぐ明るい与太郎を軸に
どう盛り上がって話がまとまっていくのか。
八雲や小夏、凍えた彼らの心の行きつく先は……

毎度のことながら、落語シーンも素晴らしく
読みでのある一冊だった。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ