冬のお父さん

fuyu no otousan

冬のお父さん
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
9
評価数
2件
平均
4.5 / 5
神率
50%
著者
 
媒体
コミック(同人)
サークル
Fancy Guerrilla<サークル>
ジャンル
オリジナル(ジャンル)
発売日
ISBN
ページ数
40ページ
版型
B5

あらすじ

商業誌『お父さんは悩ましい』のその後編。
お父さんと一緒に過ごす年末年始

表題作冬のお父さん

元上司で恋人 安浦 48歳
支店にいる恋人 浅井 30歳

評価・レビューする

レビュー投稿数2

エロエロてんこ盛り

『お父さんは悩ましい』では、お父さんの可愛さの陰に隠れていた、浅井くんのお色気が全開の同人誌です。

病み上がりなのにお父さんを誘惑して、手で一回、口で一回、正面からの一回が終わった瞬間「やめないで」。
後ろからもしたあと、トイレに行こうとするお父さんを、がっしとつかまえベッドにひきもどして「ぎしぎし」。
やってる間に日付が変わって新年を迎えたら、今度は姫はじめのお誘いです。

ちんこの描写も見事な上に、大きめの乳首の描き方も、とっても色っぽくて気持ち良さそうです。

作家買いした上で同人誌まで追いかけるべき先生が、また一人増えました。




2

茶鬼

むぼちさん、こんにちは

マスコさん作品って幅も広いしエロも含め多様な面に実に味わいがありますよね♪
「夏のおとうさん」は入手されましたか?
参考になって幸いです。

遠距離恋愛

13年の4月に出たコミック『お父さんは悩ましい』のその後を描いた夏に引き続いて冬編。
夏編はで遠距離恋愛中の年下の恋人浅井は、ひょっとして安浦のチ○コが好きなのか?なチ○コ愛でぶりをみせておりましたが、今回は・・・


年末年始の休み、遠距離恋愛が為、どうしても安浦と一緒に過ごすんだと頑張って色々片付けて安浦の元にやってきた浅井だが、風邪で熱をだしてダウン。
安浦の家で横になっている。
見る夢は、家に着く間もそこそこに安浦に襲いかかっているところへ突然、安浦の息子が帰宅して、、、というどうにもこうにも悪夢なのです。
実際のところ、家に辿りついて倒れた所を安浦息子のたかしに発見されたということなのですが。

安浦に会いたくて、会いたくて、会いたくて。
そして抱かれたくて、愛しくて恋しくて。
そんな浅井の切羽詰まる気持ちが手に取るように見えます。
はなれているからこそ、たまにしか会えない一瞬を大事にしたい、
その短い時間で充分に補充したい、浅井の安浦への気持ちが執着となっているようです。

何とか起き上がった発熱後の浅井にうどんをつくってやる安浦とのやりとりは続き、安浦のおとうさんぽい、相変わらずのマイーペースぶりがうかがえ、そして優しさも。
せっかくだからと気分も盛りあがったけど、また熱がでるといけないと自重した安浦に不満を漏らす浅井。
安浦「ちょっとだぞ」
・・・ちょっとですむはずないですよね~!!(爆笑)

そして、深くエロく、二人の交わりが

ページに表現される激しさは、浅井のあえぎとベッドのきしみとお父さんのつぶった目と息遣いと。
生々しいほどの生の交歓に見える
このエロさがマスコ作品のいいところ!

エッチで無事(?)年を越した二人。
これから再びヒメハジメがまっているのか♪

後付けに二人の年齢変遷が書かれているのですが、出会った時安浦40歳&浅井22歳
浅井の転勤などがあった紆余曲折のコミック展開の間に、4年の歳月。
そしてこの同人でさらに4年。
安浦48歳。浅井30歳
離れてもちゃんと、二人の時間を積み重ねています。(ちょっと感動)
その間、安浦の息子まさるくんは25歳になり、獣医になって彼女とデキ婚ということでお父さんの元を巣立ってるんですね。

おとうさんも浅井もかわいくなってるこの本でした。

7

むぼち

茶鬼さん、お返事ありがとうございます。

「夏のお父さん」は残念ながら売り切れでした。
茶鬼さんのレビューを薄目で見ては、「絶対手に入れてから読ませてもらおう」と思っています。
商業誌も絶版のものが多くて、残念です。
両方とも、しばらく様子見して、再販されないようなら、先生には悪いですが、中古で買います。

一緒に買った、忍者の漫画の同人誌も大変気に入ったので、これから吉池先生の同人誌は見逃さないようにします。

むぼち

素晴らしい同人誌でした。

茶鬼さんの紹介がなかったら、同人誌があることに気付いていなかったと思います。

ありがとうございます。

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ