君と迎える、終着駅。

終電エレジー

shuden elegy

終電エレジー
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×212
  • 萌12
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
110
評価数
33件
平均
3.5 / 5
神率
15.2%
著者
 
媒体
コミック
出版社
一迅社
シリーズ
GATEAU ガトーコミックス(コミックス・一迅社)
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784758072946

あらすじ

駅のホームで出会った、けんじとタマ。

彼氏にふられたと丸くなって泣くタマが、まるで猫みたいで、
赤くなった目に睨まれて、一目惚れが本当にあるんだと知った。
会うたびに好きになるのに、タマは元彼のことを話し、笑い、泣く。

それなのに突然、キスをしてきて――。

好きだからこそ、背中を押す。
そんな優しさもあるんだって、君に知ってほしい。

優しく切ない恋のお話、詰め込みました。



【収録作品】逆走エスケープ/alone again/空気の境界/赤と青/終電エレジー

表題作終電エレジー

もとみやけんじ 大学生
たまい 大学生

同時収録作品逆送エスケープ

三木 高校生・後輩
良 高校生・先輩

同時収録作品alone agein

遠山 高校生
綾瀬 高校生

同時収録作品空気の境界

大橋恭介 サラリーマン
池谷優 看護学校生

同時収録作品赤と青

蒼井
赤坂

その他の収録作品

  • サッカーと肩車

評価・レビューする

レビュー投稿数8

とげとげした気分のときに

表題作は一番最後に入っています。
どの作品もやわらかくほわほわとしていて癒し系でした。
ガッツリストーリーがあって面白いとか、しっかり恋愛ものでドキドキするとか、残念ながらそこまでではなくて、ふわふわと優しい雰囲気を楽しませていただきました。
この雰囲気が合えば、中に入っているどのお話も楽しめるのではないかと思います。

がっつりしたラブシーンはないので、あまりBLBLしたお話ではないかもしれませんが、たまにえろのない静かなお話しが読みたい時にオススメです。とげとげした気分の時とか、はらはらするラブストーリーはちょっとお休みしたい、というときによいのではないでしょうか。

全体的に学生ものが多めでした。
キャラクターもかわいらしい系が多いです。

「終電エレジー」
終電で出会った男の子に一目惚れしたお話。
終電のホームという雰囲気がいい。
このお話はせつない系ですが、ラストシーンがすごく好きです。
初めて読んだ作家さんだったのですが、他の単行本も読んでみたいと思いました。

1

君と一緒に居たいから

■感想
本書には「逆走エスケープ」「alone again」「空気の境界」「赤と青」「終電エレジー」が収録されています。
どの作品も「恋愛の気持ちを相手に上手く伝えられないが為にすれ違ってしまう」という王道のストーリー展開です。
しかしながら、同じ題材をモチーフにしつつ、作調の異なる5作品を描き分けているムノさんのセンスが光っています。
どの作品にも味わいがあり、同じようなストーリーにも関わらず全く別の印象を受けると思います。
登場キャラクター達もとても愛嬌があり、癒されます。読んでいて幸せな気分になったので、評価は「萌x2」とさせて頂きます。

0

余白のある恋の話

ムノさんの初コミックスは、
5作品(+巻末描き下ろし)からなる短編集。

表紙には、『終電エレジー』のけんじくんとたまいくん。
線路の上でしゃがんだまま、互いに向けて傘を差し合い
雨が止むのを待つような上目線の表情が、とても可愛い。
タイトルロゴも格好良いですね!

○逆走エスケープ
好きだと告白されて以来
毎日追いかけてくる後輩と、逃げまわる先輩の話。

○alone again
根暗な男子高生とクラスの人気者同級生の話。

○空気の境界
再会を切っ掛けに想いを知る、仲が良かった元同級生の話。

○赤と青
卒業式にふんぎりをつけるつもりで告白をした蒼井くんと
『いいよ』と無表情で応える赤坂くんの話。
__
私的萌えポイントは、こちらから。
蒼井くんに『木ドン』された赤坂くんが放った
顔を隠しながらの『思春期ガード』という一言。
思春期ガードって何...!可愛い!わたしも言ってみたい...(無理)!

○終電エレジー
恋人に振られて駅で泣く、猫みたいなたまいくんと
彼を拾ったけんじくんの話。


この本の中の片思い男子たち続きは、『逆走エスケープ』を除き
恋した相手に、気持ちこそ否定されていないものの
『好き』という言葉・気持ちを最終的にもらっておらず
相手の気持ちに余白を残す形で、物語が終わっています。

でもその余白にこそ意味があり、
”いつか余白の先に見えるのが、好きだという気持ちであればいいな”
と、そんなメッセージが込められているように思いました。
『恋を願う』という形による終わらせ方が、ムノさん流!という感じで
ムノさんにもキャラクター達にも、とても好感が持てました。

余白のある恋の話、余すことなく堪能させていただきました。
読み応えがあって面白かったです!

1

とにかく可愛い。

前々からキラキラふわふわした表紙に惹かれ気になっていたのですが、ついに先日ちょっとした機会に購入することに。

何本かの読み切り短編でどの話もほのぼのしてちょっぴり切ない感じでした。表紙のイメージと合った作風だったので裏切られた感は無かったです
。絵柄だけでなくキャラクターも皆可愛いし、純粋でキラキラ。見ていて癒されました。

私は良いのですがエロはほぼ無かったのでそれ目当ての方は物足りないかもしれません。
逆にエロが苦手な方には強くオススメしたい作品です。

2

表紙に惹かれ買いましたが

物語の内容やキャラには萌えられるものの、(◜◡◝)←こんな顔文字が多々あるので苦手な方は萎えてしまうかもしれないです。
次回また新刊が出るとのことで、これからの期待を込めて”萌”で。

1

gateauらしい一冊

全6作からなる短編集です。そのどれもが表紙で描かれるふたりのように優しくほんわかとした雰囲気にあふれています。
とても優しい気持ちになれて、安心できる作品でした。

[逆走エスケープ]
快活な三木に翻弄され続ける良先輩、の図が微笑ましくて可愛かったです。
今はまだ不明瞭な感情でも、いつかは本当の恋に落ちるんだろうなと思いました。

[alone again]
ムノさんの描かれるキスシーンってロマンティックだなぁ。
遠山が焦がれていたつるつるおでこにちゅっとするときも、悩む綾瀬へ不意打ちのように(でも計画的に)口づけるのも、すごく素敵。
いかに遠山が綾瀬を愛おしく思っているかがよく伝わるんです。

[空気の境界]
※返事だけはいい!(笑) ギャグコマにはこれまた<らしさ>が溢れています。些細なところがツボになる方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。かくいう私もそうですから。
今後どうするのかはとても気にかかるのだけど、恭ちゃんと優の恋を応援したくなるお話です。

[赤と青]
描き下ろし4コマがとてもとても可愛かった二人! 蒼井くんてば先輩になんちゅー説明続きをかましているんだか…(笑)
蒼井よりは幾分おませな赤坂がドギマギする様子にニヤニヤしちゃいます。本編での立場と見事に逆転ですね。これからもずっとこんな感じで、一進一退ふたり揃って行くんだろうなぁ。

[終電エレジー]
表題作であるこのお話が一番好きです。可愛らしさのなかに漂うほんのりとした切なさが絶妙でした。
たまの存在を期待するけんじ、それを分かって寂しさを紛らわせようとするたま。ふたりそれぞれの利害は一致しているのに、でも明確なことはなにも起こせないからただただ曖昧な関係。
猫のように気まぐれで、だからこそ会えたときには側に居たくて、けれども自分の恋人ではない、そんなけんじのジレンマと寂し気な瞳に心が揺り動かされます。
この作品でもロマンティックでドキッとなるキスシーンは健在でした。そっと触れるだけのものなのにとても魅力的です。
哀しい歌が幸せの歌へかわりますように。

そしてなによりのお気に入りが最後のあとがきで語られるムノさんご自身のことですよ!
なぜにあの自画像! ねっムノちゃん!の破壊力!(笑)
あと断線したペンタブを直されるという荒業…すごい。作品も素敵でしたが、ご本人のことも好きになる描き下ろしでした、おススメですすごく!

gateauのキャッチコピーでもある「こっそり愛を信じてる、よいこのためのBLレーベル」がぴったりはまる一冊です。

3

なりたいのは

なりたいのは友達じゃない。

ずっと見ていた自分だけが気付いてる。
あいつのほんとの顔。
近づきたい。
でも、なりたいのは友達じゃない。
ただ一緒にいて気が休まるだけの、
そんな友達になりたいんじゃない。

恋人になりたいんだ。

でも、それは無理でしょう?

だから、そばにはいられない。
いたくない。
このまま見ているだけでいい。

そんな関係から、一歩を踏み出す短篇集。
絵も、ストーリーも雰囲気はいいので、出来ればその踏み出した一歩先のお話を、もっと読んでみたいな。
その先を期待して、萌は2つで。

2

淡い恋のゆくえたち

ムノさん、初コミックスおめでとうございます!
Gateau2014年1月号でお見かけして「いいな!」と思っていたので
もうコミックスでお会い出来て嬉しいです!!
ほわほわな気持ちになる短編集でした。

◆『逆走エスケープ』
ノンケの良は、以前後輩の三木に告白されて
「ホモじゃないし」と断ったのに妙なポジティブさの三木!
それ以来校内で毎日つけまわされ迷惑だったはずなのに
クラスメイトと「男は無理だわ」と言ったのを三木に聞かれてしまい
焦って追いかける途中で想いを自覚します。
男とか女とかじゃない。“三木”が好きだと。

◆『alone again』
クラスで人気者の綾瀬を好きな、根暗で友達が少ない遠山は
皆に好かれて囲まれていても綾瀬が心から笑っていない事に気が付きます。
それをつい当てつけのような言い方で伝えて自己嫌悪になるのに
何故か「一緒に帰ろ!」と言われます。
戸惑いながら一緒に公園で話をすると
偽らない自分を遠山に知られて嬉しかったのだそうです。
人に嫌われたくないから、無理をしていただけで…。
遠山はわざと綾瀬にせまって突き離します続き
次の日の意味ありげな視線にまた動揺しつつ
待ち伏せられたところで自分の内面も晒します。
まだ綾瀬にとっては恋じゃないかもしれない関係性だけど
キスを嫌がらないところを見ると、これからゆっくりできっと大丈夫。

◆『空気の境界』
ゲイ(タチ)の恭介は、中学から友達で密かに想いを寄せていた
ノンケの優(彼女連れ)に偶然出会います。
当時から彼氏が出来たと紹介しても何も変わらずいてくれた優。
ただ、恭介に何か言いたげな眼差しをむけることがありました。
現在の彼氏(ネコ)の木田に、何故か迫る優を目撃してしまい
問い詰めると意外にも本心は昔から恭介に向けられていて…。
誘い受けって……美味しいものですね…。

◆『赤と青』
ちょっと無口でとぼけたような蒼井を好きだった赤坂は
卒業式に3年間の想いを告白して勿論玉砕覚悟で別れようとしますが
予想外に「いいよ」と返事をもらいます。
ノンケのくせに買い物に付き合せる蒼井の本音が見えず焦る赤坂。
一日だけ、今日だけだとアイスクリームを食べながら
思わず涙をこぼして(アイスもダブルのうちひとつ落としてしまう)
好きではないんだろ、の問いに「…うん」と言われショックでしたが
他人にまるで興味が無かったけど
赤坂に言われて嬉しかったと淡々と話します。
赤坂に手を握られても嫌じゃない、赤坂の顔に触れても気持ち悪くない。
まだわからない事だらけでも、きっと少しずつ進んでゆく恋の道なのでしょう。

◆『終電エレジー』
……すみません、表題作ですが
それこそgateau2014年1月号のレビューに書いてしまったので
こちらでは省略させていただきます;;

◆『サッカーと肩車』描き下ろし
蒼井と赤坂の4コマチックな3頁ですが
なにこのゆるいけど愛おしい雰囲気!!
ギャグがツボって可愛いです……。

更に、ムノさんの自己紹介も
なんで顔は簡素で体はムキムキ!?みたいな自画像(?)にふいてしまいました!
ペンタブが壊れて分解して直してしまった凄腕です!ww
あー、なんか好きだなぁと思ったエピソードでした(そこ!?)

やわらかな絵柄と同様に優しさが伝わるムノさんですが
時折訪れるギャグがなんか好き!!!!!
これからもとても期待できそうなので
ちょっと上乗せで萌×2です!!
まさにgateauのキャッチフレーズ、
“こっそり愛を信じてる、よいこのためのBL雑誌”に
相応しいような作風だと感じました♪

ちなみに、『alone again』『空気の境界』『赤と青』は
WEB掲載だったそうです。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ