子捕り

kotori

子捕り
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
4件
平均
3.3 / 5
神率
25%
著者
 
媒体
コミック
出版社
ステップラボ
シリーズ
100%男子(電子書籍・ステップラボ)
発売日
ISBN

あらすじ

八歳のとき、遼平の目の前で誘拐された、幼馴染みの幸人。10年の時を経て突然消息が明らかになった幸人は、なんと誘拐犯と生活を共にしていた。すでに帰る場所を失っていた幸人。不幸な親友を放っておけない遼平は幸人の不幸を背負い、自身の運命を自らねじ曲げていくことに……。辰巳ドロ子が描く、禍々しいカルマに捕われた青年たちの純愛。

表題作子捕り

遼平
誘拐され10年間行方不明だった幼馴染み 幸人

評価・レビューする

レビュー投稿数1

優しい狂気

怖い話、哀しい話が多いドロ子さんの作品の中では
比較的救いがあり、結末にホッと息をつける作品。
(しかし冷静に考えるとやっぱり怖いですw)


8歳のとき、遼平の目の前で誘拐された、幼馴染の幸人。
10年後、遼平は近所の子供たちから
「ゆきと」という青年がドヤ街に越してきたと聞く。

荒れ屋を訪ねてみると、そこには成長した幸人が。
誘拐犯の男・黒田を「父さん」と慕っていた。
連れ帰ろうとするが、幸人はあの家には帰りたくないと。

しかし、黒田はすぐ自首し、幸人は実家に戻る。
後継のことで幸人を疎んじる弟に折檻を受け、
幸人は日に日に憔悴していく。

10年前、自分が幸人を誘拐犯から守っていれば――
10年後、自分が幸人と再会しなければ――
これ以上、幸人の苦しむ姿を見たくない。
そんな想いから遼平のとった行動は…。


ラスト、二人の優しい笑顔に
最初はホッとしたけど、
そのあとすぐ手前の壁の貼り紙が目にとまりゾワッと。

親は子を選べない、過去は取り戻せないから、
せめて行き場のない子を救いたいという事か。

優しく美しいラ続きストシーンを演出する一方で、
決して彼らが正義とは言えない、
ある意味「狂気」の人たちであるとも示唆するかのような
ラスト一コマの構成が巧い。

温かな感動と恐怖を同時に味わえる、なんとも言えない読後感です。

好きな話なんですが、
もっと掘り下げてほしかった部分もあります。
◆誘拐犯と幸人の、擬似親子の絆とか
(黒田の自首が、アッサリしすぎていて…)
◆遼平が、いくら罪悪感があったとはいえ、
ここまで幸人に尽くすかなーとか、
ちょこちょこ気になったので、萌評価です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ