恋愛前夜

renai zenya

恋愛前夜
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神25
  • 萌×212
  • 萌6
  • 中立4
  • しゅみじゃない9

207

レビュー数
8
得点
195
評価数
56件
平均
3.7 / 5
神率
44.6%
著者
イラスト
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
鈴木潤一朗
脚本
野中幸人
原画・イラスト
穂波ゆきね
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
アルパカレコード
収録時間
126 分
枚数
2 枚
ふろく
ブックレットに書き下ろしSS「俺の幼馴染みがこんな変態なはずがない」
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

FARM RECORDSネットミュージックコンテンツから、新レーベル設立してのリリース 第一弾 !

BL老舗ブランド 「キャラ文庫」 から人気作品 、「恋愛前夜」をドラマCD化 !
CVは うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 「一十木音也」 役でも知られる
寺島拓篤 と 小野友樹 ( 黒子のバスケ 「火神大我 」役 等 )が担当。
また、ヤコ先生役 にて 木村良平 が BLCD 初登場 ! 豪華2枚組 !

【ストーリー】
お隣同士で幼馴染み。漫画家を夢見るトキオと、得意の料理を作り応援するナツメは、家族同然に育ってきた。こんな毎日がずっと続くと思っていたのに、ナツメと友人との間に起こったトラブルが原因で、事態は予想外の方向へ。プロの漫画家になるため突然上京を決めたトキオ。上京前夜「一回でいい、明日になったら、全部忘れるから」と懇願するトキオに応え、体を重ねたナツメは――。

表題作 恋愛前夜

仲村時生 → 小野友樹

萩原なつめ → 寺島拓篤

あて馬
ヤコ先生 → 木村良平

評価・レビューする

レビュー投稿数8

攻めさんが女々しい気がする・・・

原作未読です。

好きな声優さんばかりで、あらすじもなんとなく好みでしたので、聞いてみたんですが、私にとってはそれほど感動も萌もあまり感じませんでした。声はそれほど問題なく(原作を読んでいなかったので)、聞き進んで行けたんですが、ストーリが・・・ごめんなさい、攻めさんがあまり好きではありません。なんか女々しくて・・・

木村さんの演じるヤコ先生は優しくて、可愛いですね。何もしないと言いながら結局は最後攻めさんを後押しするんですから。

CDの声、雰囲気は全体的に良かったです。

0

期待しすぎたかな

面白かったです。ただ、とても好きな原作でこちらの評価も高いので期待しすぎたかもしれません。原作の文字そのままに再現されないことは当たり前ではあるのですが、凪良ゆうさんの表現豊かな切なさの描写が抜け落ちているように思えて(特に一枚目)、少々残念でした。

小野さんは受しか聴いたことがなかったのですが、トキオのカッコ良いんだけど不器用な感じがよく出ていてとても良かったです。攻も受も達者とは…逸材ですね。木村さんのヤコ先生も、原作でイメージしたよりもちゃんと大人の男性になっていて、緩急も絶妙で、私は好きでした。寺島さんのナツメは、泣いていたり弱っているシーンは非常に可愛くてきゅんとしたのですが、戸惑っている時の間の雰囲気などがふわっと浮いているように感じました。うまく言えないのですが…。個人的に寺島さんのイメージが、こう、元気でポジティブなキャラクターだからかな~。

フリトは短いですが作品について語っていて、和気藹々としていて楽しかったです。

1

寺島さんがきれいでグッときた

小野友樹さんは硬派で抑えた演技。
寺島さんは前半が特にブリ声ですね。

幼馴染み設定。
漫画家志望の攻めが告白&高校中退して上京→答えられないまま卒業後に受けも上京。

上京前夜の絡み(途中まで)の寺島さんの上手さは特筆すべきものがある。

丁寧であたたかい、まさに恋愛前夜な話。

後半は、木村良平劇場。絡みのない役だけど木村さんの初BLですね。
楽しい役で、全部持っていった感じがします。
とても生き生きとした演技で、ああ本当に上手いんだな!とわかる。

一般作がほとんどの方だと思うので、ちょっと空気感が違うのですが、
それもまた良しと思わせる演技でした。また出てね!

思いを確かめ合った後の絡みの寺島さんがまた良くて。
喘ぎ声というより、はあはあいう感じ。掠れた息が震える。こういう受け声の人は珍しいですね。

19歳役の寺島さんは、きれいでグッときた。
臨場感が凄いですね。ちゃんと抱かれている感じがする。これは上手い。

絡みになるとブリ声になったり絶叫系になったりする人はいるけど、
寺島さんは逆にハスキーになるんだなあ…。これはいいな続きあ…。

またBLにちらほら出るようになりましたよね。上手な方が出てくれるのはうれしいので…。ありがとうございます。

正直先は読めたけど、これはいい王道。
しかし、虐待やイジメの描写があるので、聴いていてつらい人もいると思います。

2

大ボリューム

原作でボロ泣きした作品。
まだ学生だった二人からのプロローグ。
しょっぱなからボロ泣きでした。スイマセン。゚(゚*´Д⊂グスン

幼馴染の二人。唯一無二な二人。
ずっと続くと思っていた関係は突然な形で崩れていく。
嫌いで離れたわけではない
けれど、離れた年月の間に・・・・

意を決して愛に行ったものの
相手にはすでに新しい恋人が居て。
そのシーンは切なくて先に進めなかった。
ヤコ先生の「オムライス~」のでだし。
原作でもイラっと来たのだけれど、音になると
更にウザイなと思ってしまったのは本音。
原作の雰囲気そのままに、楽しませていただきました。

ヤコ先生ってこんなだっけな~
音声になると更にうっとーしーなーと
違う意味でも楽しく聞かせていただいたかなと思います。

なんだろう、、、音声になったさらにウザさ倍増。

1

心に沁みる良い作品でした

原作未読です。
小野友樹さん目当てで聞きました。
途中から、小野さんだということを忘れてしまうほど、
「トキオ」と「なつめ」そして「ヤコ先生」に感情移入してしまいました。

3人の思いの擦れ違いがとても切なく、ほろりとしました。
原作未読なので、それぞれのキャラに対して先入観なく聞くことができ、
だからこそ、感情移入できたのかもしれません。

キャストトークで「普通であることが根底のテーマにある」とおっしゃっていましたが、
本当にその通り。
普通の話なのに、なんでこんなに心に沁みてくるんだろう。
実はBLCDで泣いたの、初めてでした。

1

ヤコ先生浮いてます(笑)

原作既読。
2枚組でとても丁寧に作られた作品になってます。
元々が幼馴染みで日常系の内容なので、これといって大事件が起こるわけでもなく、その辺に普通に転がってそうなエピソードを大事に拾って、心の動きを丁寧に追うような話です。

幼馴染みのなつめのことが、ずっと好きで片思いをしていたトキオを小野さん、そしてずっとトキオを親友だと思ってたちょっと鈍感ななつめを寺島さんが演じてます。
小学生、高校生、現在と、時系列を追って綺麗に展開されてますので、頭がこんがらがることもなく、子供時代を演じる女性声優さんも、珍しく甲高いうるさい声の方ではなかったので心地良く聴くことができました。

小野さんは、淡々としてて感情起伏の乏しいトキオを、少ない心の動きを見逃さないよう丁寧にすくい上げていらっしゃり、とても好感が持てます。
なつめも普通の子、というある意味一番難しい役を、寺島さんが器用に演じてらして作品世界にしっかり色が付いていて良かったです。
あまりに普通なふたりだと話も進みにくいので、ここでヤコ先生が登場するわけですが、作中ひとりだけ浮いてる彼は、見事にCDでも浮いてました(笑)続き
木村さんお見事です!

はっきり言って良い人しか出てこない優しい話なので、人によっては退屈に感じるかもしれませんが、仕事や人間関係に疲れてるときに聴くと癒されます。
世の中が、ヤコ先生やなつめみたいに、良い人ばっかりならいいのにねー。

1

幼馴染の時間差擦れ違い恋愛

新レーベル設立してのリリース 第一弾 ということで、声優さんはアニメなどでも人気の方をそろえて力を入れて作られたという印象です。
原作のあらすじを読んだ時にはあまり惹かれなかったので未読ですが、そんな三人の声優さんのドラマを聴いてみたくなりました。

お互い片親で複雑な家庭に育った幼馴染の二人が成長して、時生だけがその想いを早く自覚したことで離れてしまうことのなる。遅れてその恋心に気が付いたなつめが追いかけて行ったときにはすでに相手には恋人がいて…。

出逢いから高校までがじっくり描かれていたので好意をもって行く過程とか友情以上への想いがあふれていく気持ちがよくわかり聴き入ってしまいました。

上京する直前での時生の告白は狡いと思いました。
それも一度だけでいいから…とか。
思い余ってかもしれませんが、どうせだめだけどもう会わないから言っとくみたいなのが言い逃げみたいでいやだでした。
それを聞かされた方は青天の霹靂でじっくり考える時間もなく去られるのですから酷いですよ。
そして、2年近くもたってから気づいて決心したときには手遅れなのは仕方ないですけど切ないです。
続き
なつめが好きだと言いながら上京後間をおかずに次の恋人作ってしまったことを時生に指摘してしまった時「一生お前だけを思っていろというのか」と言い返される場面が印象的でした。
どっちの言い分ももっともで両方とも悪いわけじゃないけからなおさらどうしようもないですよね。
時生は何年も思い続けていたのでしょうが、なつめにも時間を与えてあげてほしいと思ったので時生が自分勝手に思えて仕方ありませんでした。
二人が同じ時に同じように燃え上がれるとかは限らないんですよね。

上京後の二人がじれったい。
時生の今カレがなつめとは正反対の年上で手のかかる我儘さん。
まとまる気配がなくて辛かった。
思いを告げるつもりが好きな人の恋人の世話をしなくてはならない切なさ。

主役カップルより注目してしまったヤコ先生の木村良平がキラキラしてました。
後半しか出演していないのに濃いせいか全編にいたようにも感じます。
ヤコ先生は恋人が故郷にいる想い人に心を残しているのとを知りながらいつ終わりになるかと不安になっている思いが伝わりとても不憫でした。
最後はきれいに身を引いてくれたヤコ先生にもいい人を。。。とフリートークで皆さんもおっしゃっていましたが賛成です!
ということで『恋愛前夜』もCD化を待ってます。

1

ヤコ先生!!

これは原作も好きなお話だったので、ドラマCD化を楽しみにして、
楽しみにしすぎて、つい、ダブり予約までかましちゃった作品だったのですが、
期待に違わず、実によかった。

2枚組の1枚目が高校時代編、2枚目が上京後編。
原作自体、幼馴染みの二人が各々自分の思いが恋愛感情であると気付く時がズレてすれ違ったのが、ようやく二人の思いが釣り合って結ばれるまでを丁寧に描いた物なので、エチっぽいシーンは各ディスク1回?と、長尺な割には少なめですが、そこに至るまでのすれ違いのもどかしさにこそ萌を感じてキュンキュンがグッとくる。
寺島さんのなつめも小野さんの時生も、声はもう大人でも実はまだ高校生だったり19歳の子どもだったりして、幼さ故に言葉の選択を間違えたり、それを後悔したりして、その揺らぎがとってもいい。
そして、何と言っても木村さんのヤコ先生!
30過ぎで、オネエ言葉で、世間知らずのようでいてちゃんと大人なヤコ先生!
原作の描写や挿絵では、もっと子どもっぽくて女っぽいイメージだったけど、この木村さんのちょっとだけ低めな声っていうのが大正解!
ほんとにヤコ先生メインで、ヤコ先生が続き幸せになるお話を聞いてみたい。

ブックレットの書き下ろしSSは、最近のラノベで流行り風の長いタイトルで、節分の夜のお話。
時生が鬼のお面の代わりにと買ってきた角には三角のモフモフがふたつ並んでいて、、、
って、これってネコ耳じゃん!
オマケに超ミニのセーラー服って!
そんなコスプレエッチのお話ですが、、、やっぱり朝チュンで、オチはナツメ母の襲撃です。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ