ダリアデビューコミックス第三弾!!

愛のかたち

ai no katachi

愛のかたち
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神0
  • 萌×29
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
3
得点
52
評価数
20件
平均
3 / 5
神率
0%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861346866

あらすじ

愛を知らずに育った充樹は、男に振られ職を失いボロボロになっていたところを、洋食店を営む久我に拾われる。無愛想な自分にも、暖かい笑顔で接してくれる優しい彼に想いを募らせる充樹。勢いで告白してしまうが「一人息子のために生きる」と振られてしまい……。切なくて健気な恋を描いた表題作は63ページ描き下ろし。
ほか、眠る幼馴染みにイタズラしちゃうラブコメなど様々なジャンル作品を同時収録。

表題作愛のかたち

久我,洋食店を営む一児の父
充樹,洋食店アシスタント

同時収録作品恋するパンツ男子

雪名,会社の後輩で片想いの相手,24歳
間宮,地味なサラリーマン

同時収録作品あいのうら

隼太,カフェ店員
野衣,恋人のサラリーマン

同時収録作品ビンカン眠り姫

本宮慶悟,高校生
遥斗,天然でドジな幼馴染

その他の収録作品

  • 愛のかたち-after story-(描き下ろし)
  • 顔射感激!パンツ食い競争
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数3

いわゆる子連れBLですが

描きおろし&同人誌からの再録などからなる一冊です。
表題作 「愛のかたち」
主人公・充樹が「愛を知らずに育った」という設定なのですが・・・その過去が掘り下げて書かれていないため、実際どういう環境で育ったのか、どんな生活をしてたのかがわからず、言葉で一言だけだとあっさりしすぎていたのでちょっと共感しにくかったかも。
お相手は子持ちで勤め先のレストランの店長久我。けっこう大きな子供がいますが、とても若い感じです。

充樹は久我が好きだと告白しますが、妻に死なれたあとは子供が一番だからとフラれてしまいます。
それが後半であっさり受け入れられたのがあまりに突然だったのでちょっと驚きました。
最初は受け入れられないと思っていたのに次第に…という自然な流れがあればよかったのに、と思います。
充樹の恋愛体質に見えてクールな部分は可愛いと感じました。

「恋するパンツ男子」
こちらはパンツを題材にしたお話で、表題作から雰囲気が一転。
正直コメディーなのかシリアスなのかわからず、どんな顔して読めばいいのか…ちょっとのりそこねたお話でした。
主人公が好きな同僚を追って怪しいパーテ続きィーに紛れ込み、そこでへんな下着を着せられて…というお話。
主人公が着せられている下着もいやらしい感じでなく、かといってギャグ??という感じで、う~ん、テイストをいっそえろえろにしてしまえば好みだったかも。読み手を選びそうなシュールな作品、て感じでした。

表紙はきれいなのですが、中のキャラの表情、身体の関節やお話のテンポは固いと感じて、初コミックだからかあんまり漫画を描きなれていない印象を持ちました。

1

ハートフルな表題作+マニアックな雰囲気の短編集

 胸があたたかくなる表題作と、身体の奥が熱くなるエロエロ短編。自然と体温が上がって気持ち良くなってしまう1冊でした。ほわんとした繊細な絵柄の表紙ですが、中身は少し雰囲気が変わって線が細くシャープな印象。どちらも綺麗です。

◆愛のかたち(ほんわか)
 洋食屋を営む久我(7歳の息子持ち)×愛され方を知らない充樹。3人が心を通わせていくまでの話です。愛されなくてもいい、必要としてもらえるだけで嬉しい。そんな充樹の健気さが、切ないというよりは暖かくて癒されました。

◆恋するパンツ男子(エロエロ)
 イケメンの雪名(会社の後輩)×黒髪メガネの間宮(先輩)。
片想い中の雪名を追ってパンツパーティー会場に迷い込んでしまった間宮。白鳥チュチュパンツを履かされ、変態パンツを履いた男達に囲まれます。パンツごしにはむはむと食まれる間宮。我慢できなくなった雪名が公衆の面前で間宮をさらに攻め立てます。お互いパンツごしの擦り合いが熱いです。
◆顔射感激!パンツ食い競争(続・エロエロ)
 次のイベントに向けて、口だけで雪名のパンツを下ろす練習をする間宮。思うように下ろせず息がかかる萌え。そして続き魚が跳ねるような活きの良さで飛び出る×××。間宮の目の前で踊る雪名の分身の姿が頭から離れません。

◆あいのうら(ほんわか)
 なかなか素直になれない受の本音に気付いて愛を深めた、付き合って3か月目の2人。
「好きだと言ってほしい」という気持ちには今いち萌えないのですが、照れる受が可愛い話でした。

◆ビンカン眠り姫(エロエロ)
 幼馴染みの男子高校生、慶悟×遥斗。寝ている遥斗の身体をいじりまくる慶悟。寝ながら感じる遥斗。ぷっくり腫れたちくびが何かのトップ3に入るぐらいの可愛らしさでした。

 突き抜けたマニアックさではないですが、全体的にねっとりとしたエロがマニアックさを醸し出していて、大満足でした。 

5

乳首にパンツに子育てセンシティブラブ!

デビュー作だそうですが、切ない系からアホエロまでバラエティに富んでいて期待以上に楽しめました!


■【愛のかたち】【after story】
男にフラれ職も失った充樹(受)を、洋食店に雇ってくれた久我(攻)。
充樹は優しい久我を好きになり、ある日はずみで告白してしまう。
久我には亡き妻の忘れ形見の息子がいるから、充樹の気持ちに応えられないと断られ…。

充樹(受)の不器用さと健気さが愛しいです。
親に愛されず男にも重いとフラれてばかりで、人との距離のつめ方が分からない。
でも久我のことが好きで、恋人にはなれなくても役に立ちたいと仕事や息子の世話を手伝う姿が本当にいじらしい!

そんな充樹の可愛さにほだされる久我(攻)もすごくいい人。
恋人になってからは、トラウマでエッチができない充樹を辛抱強く待って、自分の誕生日なのに充樹を楽しませることばかり考えて…。
充樹が、久我の誕生日のことを知ってとっさにあげた「プレゼント」もひたむきすぎてキュンキュンします。

ちょっと久我がいい人すぎる感じはしますが、優しい愛情にあふれたとても素敵な話でした。


続き【恋するパンツ男子】【顔射感激!パンツ食い競争】
地味なリーマン間宮は、誤って男だらけのパンツプレイ会場に迷い込む。白鳥のついたパンツを履かされた間宮の前に、片想い相手の後輩・雪名(によく似た男?)が現れ…。

カオスすぎるパンツパーティーに笑いました。
パンツ王に俺はなる!って何なんだww
雪名に触られて白鳥をプルプルさせる間宮がエロいです。
恋人になってからのオフィスラブもいいパンツでした☆
トンチキだけど二人の想いは真剣ってところが萌えるし笑えますw


■【あいのうら】
カフェで働く隼太(攻)の恋人はシャイな年上の会社員。ポーカーで勝ったら「好き」と言ってくれと野衣(受)に勝負を持ちかけるが…。

シャイなりに一生懸命気持ちを伝えようとする野衣がかわいいですv
野衣を追いこめない隼太の甘さもいいし、ほんわかラブラブな二人に萌えました♪


■【ビンカン眠り姫】
高校寮モノ。
幼馴染で片想い相手の遥斗(受)を、一時的に寮の部屋に泊めることになった慶悟(攻)。
欲望に抗えず、毎夜遥斗の乳首を攻めたり、イチモツをこすりつけたりしてしまい…。

乳首がビンビンに腫れてるのに気づかない遥斗、天然にもほどがありますww
両想いなのにヘタレ×天然でなかなか進展しない二人の背中を押してくれたのは後輩の当て馬君、瀬戸。 遥斗を狙ってる風ではじめはやな奴っぽかったのにオチがわかるとなかなかいい奴でしたw
これもエロかわなお話ですごく楽しかったです☆


絵がきれいで、引き出しも広いしエッチシーンもエロいしで次回作が大変楽しみな作家さんです♪

7

Krovopizza

ピーチパインさん コメントありがとうございます!

>パンツ王
私もイミフすぎて爆笑してしまいましたよ~!
シリアスな表題作のすぐあとに、こんなパンツパンツ言ってる話がくるとは思いませんでしたww

表題作はオール描き下ろしで、パンツとか乳首攻めの話は電子書籍のようです。
もともとはハジけた作風の作家さんみたいですね。
表紙を見てセンシティブ系だとばかり思っていたので、同時収録作のギャップには仰天しました(いい意味で☆)

パンツ王の話はイチオシです。
パンツパーティーに迷い込む下りから何から脈絡は全くないですが、その訳わかんなさが自分的にかなりツボでした!

どの話もラブラブハピエンなので読後感は非常に良いですよ~
機会あったら読んでみて下さいませ。
ピーチパインさんのレビューもぜひ読んでみたいです(*^^*)

ピーチパイン

はじめまして!
パンツ王に俺はなる!が爆笑してしまい思わずコメしちゃいました!

表紙を見る限り、表題作は切ない系!?と思いました。
でも、やはりこの表紙からは同時収録作品だとしても、「パンツ王に俺はなる!」が出てくるとは思いませんね(笑)

しかし、どんな状況でパンツパーティーに迷い込んだのやら・・・(笑)
気になる・・・非常に気になります!!

このレビューを見て非常に興味がわきました^^

すべてハピエンの様なのでますます読みたくなりました!!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ